新幹線でひとっ飛び、初夏の北陸金沢の旅(6)

というわけで一日はあっという間に終わり、金沢駅前の居酒屋で地元の料理を肴に酒を酌み交わす。こうまでするとやはり一泊…と思いたくなるがそこはガマン。列車の時間があり限られた中だったのでちょっといそいそした感じだったがまあ続きは列車の中でw
19:18のかがやき516号で金沢を後にする。駅員さんにお願いして発車前に記念撮影。快く応じて下さり深謝。

列車の中でもプルトップを開けてさあ二次会の始まり、と思いきや富山あたりまで来てこっくりこっくり、疲れが出て来ましたかね。それと北陸新幹線のシートは枕がついてるので寝るのにもってこいという環境もあります。(笑)

最速達のかがやき号、長野に止まってあっという間に埼玉にもどり大宮へ。よく寝入っていた同行者もそろそろ起き出す。2時間前までの北陸の感覚はすっかり薄れて都会に逆戻り…。朝と同じ上野駅で列車を降りる。楽しいひと時は本当にあっという間だ。とりあえず今回は予定外の動きにはなったが無事に進められて何よりだったしそれはそれで勉強にもなった。毎年恒例となってきているこの旅だが今回も素晴らしかったし予定を合わせて機会を作って下さり企画手配と色々一緒に奔走して下さった仲間達に感謝したい。またこんな旅ができることを祈って今回の稿を締めるとしよう。

さいごに、今回乗ることはなかったが、たまたまタクシーを拾うべく訪問した北鉄石川線の野町駅。地方私鉄のターミナル駅、のんびりとした空間がまた心地よかった。北鉄は浅野川線に乗ったことがあるのみ、いずれまた改めて石川線の旅もするとしよう。(完)


新幹線でひとっ飛び、初夏の北陸金沢の旅(4)

さて、記録的大雨、各線運休発生というまさかの状況下で金沢に到着。とりあえず立て直しを図るべくまずは駅前のスタバに入る。外の雨は台風のように強烈で傘が役に立たない。駅前広場やバスターミナルが屋根に覆われているだけまだ有難い。

有識者会議の結果(!)金沢市内中心を巡ることにし、温泉も入ろうということになって金沢駅からバスで40分ほどの湯涌温泉へ向かうことにした。

9:55のバスでまずは湯涌温泉へ向かう。少し山に入ったところの温泉地で比較的アクセス性も良い。最近はアニメ『花咲くいろは』のモデルとなったことでも知られている。

相変わらず雨脚は強く、外に1分でもいようものなら間違いなくびしょ濡れになる。その程度ならまだしも車窓で時々遭遇する川の流れが尋常ではない。どこも濁流となっていて水位がもう少し上がれば溢れたり決壊したりしてもおかしくないのではという流れであった。湯涌温泉まで行ってはみたものの、無事帰れるだろうかという思いがよぎる…。

とりあえずは湯涌温泉に到着。生憎の天候も手伝ってか人影が少ない。温泉旅館が立ち並び街も昔ながらの風情を色濃く残している。幸いにも歩いている間、雨はだいぶ弱まってくれた。



少し散策の後、温泉に浸かることにした。湯涌温泉総湯 白鷺の湯


お湯加減も程よく、いい湯だった。

せっかく心身綺麗!になったのもつかの間、外に出たらまた凄い雨にたたられて一気にびしょ濡れに逆戻り…。まあ、仕方ない。靴の中浸水状態で帰りのバスに乗り込む。ひゃー!

奥多摩へ

すっかり更新が止まってしまった。

せっかくの連休ということで日帰りの旅へ。比較的近いもののあまり行ったことのなかった奥多摩に出向いた。

立川から青梅線に乗車。車両はとうに新型E233系で統一され中央線と遜色ない。数年前からドアは全て半自動化されボタンを押して乗り降りする。

御岳山、奥多摩といった観光地を擁する青梅線。行楽期とあって混雑も覚悟したが、青梅までは10両編成で本数も比較的多く、また乗った電車も立川始発とあってか空いていた。中央線直通だったらまた違ったかもしれないが、まあそれでも観光客の多い高尾山方面と比べたらちょっと勝手が違うだろうか。

静かな車内のまま郊外の市街地を進む。羽村あたりまで来ると山が少し迫ってきた感じもするが、まだ市街地が続く。新宿から40km少々離れた地域ではあるが、まだまだ通勤圏内でベッドタウンという感じだろう。

東青梅を過ぎると単線になり、左右を山に挟まれるように進み市街地も狭くなる。単線を一駅進んで青梅。以前はこの先奥多摩への直通も多かったが最近はほとんど青梅で乗り換えとなっており、この先は4両編成の奥多摩行きの区間列車が1時間に2本ほど走るのみである。

青梅で昼食を兼ねて少し散策する。レトロな街として知られており、古い映画のポスターが再現されているのが目立つ。駅構内も待合室を始めレトロ仕様で揃っている。ちょっと作為的な感じもするが味があって良い。


青梅駅。ホームは1面2線であまり広くない。観光客が増える繁忙期は乗換でごった返す。


ホームの増設工事が行われており完成すれば2面3線となる。(駅外の道から撮影)


駅ホームの待合室もレトロなデザイン。漢字が右から読む仕様。


階段には「昭和の街 青梅へ」と掲げられている。


至る所に名画のポスターが掲げられている。駅構内にあった解説を読むと作成?にはなかなか手間のかかる物である。

昼食後、下り列車で奥多摩へ向かう。青梅から先は全線単線、4両編成のローカル線となる。カーブしながら山間の集落を結ぶように走り、トンネルも多い。ここまでは空いていた青梅線だったが、この先は観光客で混雑している。


御嶽で御岳登山の客がどっと下車、少しマシになるが奥多摩方面へ向かう客でまだ少し混んでいる。

鳩ノ巣駅。奥多摩まであと2つ。ホームには標高が書かれた看板が立てられていたが306mだそうだ。東京タワーより少し低いくらいで、結構な高さまで登ったことになる。

最後の駅白丸を過ぎて、長いトンネルをくぐり終点奥多摩へ。急カーブの上にある終着駅。駅の先はセメント工場になっている。ちょっと秩父に似た感じの雰囲気。


駅前ではヤマメの塩焼きを売っていた。待つ人が多かったがなかなかすぐには焼けずお店のおじさんも困った様子だった(苦笑)

慌てずにゆっくり待って味わう。美味。


バスに乗って奥多摩湖へ。これまたバスがすごい人だったが臨時便があったのでまだマシなのだろう。青梅街道が通り車こそ多いものの、人工物が比較的少なく自然を満喫出来る。

多摩ニュータウンを行くE233系

小田急線に乗り入れたJR常磐線のE233系。少し前まではJRの車両が小田急に来ると話題になったものですが、乗り入れ開始からもう一年経とうとしています。小田急自体は通勤で利用するのでそれなりの頻度でE233系には当たりますが、今回は普段行かない多摩方面に出向いてみました。しかし多摩ニュータウンで見るとまだ違和感がなんだか隠せないな。

小田急多摩センターにて


終点唐木田へのラストスパートにかかったE233系。お馴染み多摩モノレールの軌道をバックに発車していくが、なんだか見慣れない。

京王バス復刻塗装

京王電車、バス100周年を記念して京王バスも復刻塗装されている。

80年代頃に運行されていたのはこの塗装のバスらしい。だいぶ昔のこと上にバスなんぞ乗らなかったから、覚えていないw


丁寧にも昔の名前の「京王帝都」と書いてある。名前変わってからも10年以上経過している。

渋谷駅から中野坂上駅まで移動するのに渋64系統に乗車した。渋谷区役所を経由して富ヶ谷から環六に入る。

たまにはバスの旅もいい。

北海道新幹線ほか

はい、もう言うまでもないですねw

ニュースは新幹線開業で沸いてますね〜 盛り上げムード満々ではありますが、「夢の新幹線」開業というのに早くもこの先の乗車率の懸念があるというのもなかなか複雑なことであります…。4時間の壁を破れず飛行機への対抗が危ぶまれる状況、筆者としてはむしろ長い乗車時間を利用し、かつて新幹線にも存在した食堂車を是非復活させて、クルーズトレインとはいかないまでもそれなりな観光列車として仕立てた方が良いと思う訳ですが…。一応座席にはグランクラスが設けられていて、相応なサービスが受けられるものの筆者利用したことがないもので、実際のところどうなんでしょうか?

さて、というわけでJRの大規模ダイヤ改正、東京メトロや小田急など乗り入れてる路線も一斉に改正ということで、小田急は快速急行と千代田線、常磐線直通の増発がされてます。梅ケ丘から先で各駅停車になる区間準急も廃止されました。そして今日から千代田線直通が増えるのと、JR常磐線の車両が小田急に、小田急車両が常磐線に乗り入れ開始です。

  

小田急線の経堂駅に堂々乗り入れのJR常磐線e233系。(なんという駄洒落だw)
 

2016渋谷駅

あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします。

って新年一発目がこんなに遅いってのはどういうこっちゃ!

このところ寒い日続いてるしで、大したもの仕入れてませんwというわけで?ちょくちょく来ている渋谷駅周辺の様子でも。東横線が地下になって、副都心線と乗り入れするのうになってもう3年経つんですね。早いもんです。しかし駅周辺の再開発や銀座線ホームの移設(現行の場所から表参道寄りに移動)がまだ残されており、東横線が地下になってだいぶ経つのに相変わらず派手な工事が続いています。

  
宮益坂下交差点。左側はヒカリエ。銀座線のホーム移設工事中。この辺りにホームが来るんでしょうか。
  
  
246を跨ぐ歩道橋から見た渋谷駅東口前の様子。上写真で画面左から東急前にかけて伸びているのはJRの山手線ホームから埼京線ホームへと伸びる長い連絡通路。その前に東急東横線の高架駅が構えていたが、既に跡形もない。駅前のバスターミナルも全て工事現場と化した。前はこの写真を撮ったポイントからまっすぐに階段で下りることができたが今はできない。駅周りの歩道もほとんどが仮設の通路にされており動線も変わってしまった。ここにでっかいビルをまた建てるんだろうか。埼京線のホームも恵比寿寄りの離れからこの辺りに移るらしい。

  
東横線ホームで246を跨ぐ所にかかっていたガードがまだ残っていた。
  
歩道橋の反対側。東横線ホーム跡地の横浜寄り。川に沿うように路線が通っていたがすっかり撤去されてわからなくなっている。
  
  
横浜寄りでJRの線路群と交差する地点には地下化後も長らくトラス橋がかかっていたがそれもついに撤去された。だいぶすっきりした印象。前はこの写真を撮った歩道橋からJRと東横の両方の電車を見られた名物ポイントだった。

天神橋筋商店街

大阪駅から環状線で一つ隣、天満駅から南北に伸びる商店街。すぐ隣を南北に走る天神橋筋に沿っており、その下を通る地下鉄堺筋線でも行くことができる。

日本一長い商店街として知られ、その全長は2.6kmに及ぶ。隣の天神橋筋を走る地下鉄堺筋線でいえば南から南森町、扇町、天神橋筋六丁目と3駅がすっぽり入ってしまう。これら3駅ならどこで降りてもすぐ東隣の道が商店街である。

キタやミナミなどとはまた違った趣が楽しめる。各種観光名所を回るのもいいが、スポットとして一度足を運んでおきたいところ。いや、いろいろありすぎて何回来ても足りないか…。

  

商店街近くを走る地下鉄堺筋線。

  天神橋1丁目側の商店街入り口。「日本一長〜い商店街」の文字が光る。ここからひたすら商店街が続くわけだ。商店街としては南が1丁目で、一番北の6丁目まであり実態としては別々の商店街である。

  

とりあえずごく普通のアーケード商店街、飲み屋あり、服屋あり、靴屋あり、書店あり、雑貨あり、なんでもありw

  

もうアメリカ村には行かせない!と張り合ってますなぁw ブランド古着店

  

   

 

しばらく歩くと曽根崎通(国道1号)と交差する。下を地下鉄谷町線、JR東西線が通る。堺筋線との交点で南森町駅がある(JRは大阪天満宮駅)。

  

  

3丁目までやってきた。商店街の中心部に入る感じ。スーパー玉出の看板が目立つ。

しかし、とにかく長い…

   

 

このあたりに地下鉄堺筋線の扇町駅がある。南森町駅からちょうど一駅歩いた形だ。

  

4丁目に入る。JRの天満駅近く。3丁目あたりまでは飲み屋などもありつつも衣類や雑貨など色々店があったが、このあたりからは飲食店の比率が高くなる。

   

  

 

キャベツ焼140円の文字に思わず胸踊る!

お好み焼とは似て非なる、また違った粉物!でも低カロリーで価格も安い。

豚肉入りのきゃべとんも210円!今回はそちらにした。

このあたりは本当に飲食店が多く色々入ってみたくなる。大阪トンテキも味わうw  

 

  

JR環状線天満駅、先のキャベツ焼は、駅を出てすぐのところ。

 

古い環状線の高架下にも店が並ぶ。雰囲気は良いが高架橋のくたびれ具合がハンパない。

 

 

まだまだ続く商店街!天五商店街、ついに5丁目に入った!

4丁目は飲食店が多かったがこのあたりからまた衣料、雑貨などの店が増えてくる。対象年齢層もちと上がったような気がするが。道幅がこれまでより狭くなり、店との距離が近い!古き良き下町の商店街といった印象だ。

 

とうとう最後の天六商店街 

日本一長い商店街もようやく終わり。ちょうど終点に地下鉄・阪急天神橋筋六丁目駅がある。  

 

  

商店街を出たところから振り返る。

  

 

天六の風景。阪急OASISが目立つ。上はタワーマンションのジオタワー天六。

数年前までは天六阪急ビルだった場所。もっと言えばかつての阪急の天神橋駅ターミナルでもあった。現在梅田から出ている阪急京都線だが、新京阪鉄道を名乗った当初はここ天神橋駅をターミナルとして京都方面に向かっていた。戦後阪急になってからは運行体系が梅田発着にシフトしていき、天神橋への発着は千里線など支線的な位置づけになっていった。

そして昭和44年、大阪市営地下鉄堺筋線が開業すると同線と相互乗り入れをすることになり、現在の天神橋筋六丁目駅(地下駅)に移転した。

設備は完全に地下鉄堺筋線と共有され、ここに発着する阪急の電車は始発終電近くを除き、すべて堺筋線に乗り入れる。京都線、千里線の一部列車が乗り入れるが、特急など花形が梅田に完全にシフトした今は、臨時や一部の準急を除けば普通列車ばかりとなっている。かつて華やかなターミナルだったことなど、もはや忘れられているかのようだ。

とりあえず

なかなか更新のヒマがなくテキトーなネタ、久々に千代田線に乗ったので。

メトロ千代田線の6008F
もう千代田線で田の字窓もこいつだけですが。意外としぶとく残っている。

IMG_8187.JPG

そしてもう一つ思いがけないのが小田急1000系1066Fにあたったこと。リニューアルされて今年に入り営業復帰したばかりだがリニューアルの内容が半端ないやつね…。よくわからんが、なんやらが世界で初めて採用されたとうたわれてるようです。そんなに凄いんですかそれ?w(要は超はしょっていうと走行機器の省エネ化、ですよね?)

乗った感じは大変静かですな。まあ最近の小田急に言えることではあるので乗り慣れてるとなあんだと言う気はするかもですが。
写真撮ってみたけど見事に失敗!車番もちっちゃいからこれじゃ一見して1066とわからないwww
よぉーくみると客用ドアも変わっているよう地味に変化がありますがまあそれもわかんないですね。

IMG_8188.JPG

新たな変革

って、別に企業のキャッチコピーとかでは全然ないのですが…。いいかげんボキャブラリーのなさを何とかした方が良いような…。

というわけで、接続詞としてまたおかしいですがw、昨日19日、東京駅100周年でお祭り騒ぎのさなか、狙ったように来年3月14日に予定されたJRのダイヤ改正について詳細が発表になっていますwww。
北陸新幹線開業、都内では上野東京ラインの開業と目白押しであります。
詳細は発表になっているのでここにいちいち書きませんが、まあこれでまたいろんなところがつながるんですねwww
新幹線で東京から金沢まで行けるという感動もありつつ、首都圏、ことに常磐線方面となれば上野東京ラインを使っての品川乗り入れがやはり大きな目玉という所でしょう。上野東京ラインについて少し触れると、気になっていた高崎線・宇都宮線と東海道線の乗り入れですが、結局品川などで折り返し、ではなく普通にそのまんま横浜、小田原方面へ乗り入れるルートになったようですね。今まで新宿経由の湘南新宿ラインを通じて高崎線と東海道線が乗り入れていたのが、そこに上野経由が加わることになります。また、湘南新宿ラインでは宇都宮線系統は基本的に横須賀線に乗り入れていましたが、この上野東京ラインでは宇都宮線の列車も東海道線に乗り入れることになりました。定常的にどれだけの流れができるかはわかりませんが、これで宇都宮線の蓮田や久喜あたりから、堂々と湘南は茅ヶ崎の海まで乗り換えなしに行けてしまう訳です。これで某オールスターズにも、会いに行きやすくなるんでしょうか(違)。それにしてもなんだか首都圏鉄道ネットワークも、各路線、乗り入れに次ぐ乗り入れで、ある意味本当に「オールスターズ」の様相を呈するようになった気がします(馬鹿)。(皆さん、ごめんなさい…私もサザン好きですから許してくださいたまwww)
なんていうところですが、関東としてはようやく広域なネットワークが整った感じでしょうか。実の所関西圏では普通のことではありますから。東京駅では山手線、京浜東北線などを除けばほとんどの列車が始発か終点になりますが、関西では大阪、そして東海道線の終点である神戸にしても、そこを終点とする列車は少なく、ターミナルとはほとんど名ばかりに直通してますからね。

ダイヤ改正がらみで地味に変わる気になった所がありますが、京浜東北の昼間の快速、この改正で神田にも停車、さらに土休日に限っては御徒町にも停車するんだそうで…。前に浜松町に停車するようになってから二度目の停車駅の追加です。でもあくまで「廃止」はしないんですね…。もともと京浜東北の快速は山手線とだぶる区間しか快速運転せずそんなに飛ばさないので、停車駅の追加するくらいだったら早々に止めた方が良いような気がしますが。まあ上野東京ラインを運転開始したらぶっちゃけそんなに意味ないと思うので、流動次第でなくなるのではと見てはいますが。東京国際フォーラムや日比谷を要する有楽町、サラリーマンで混み合う新橋は相変わらず昼間京浜東北には止まってもらえず、山手線頼みが当面続きます…。