名古屋日帰り乗り鉄(5)

終点上小田井まで地下鉄で出て、ここから再び名鉄エリアに戻る。何枚か撮り鉄した後、犬山線に乗り岐阜方面を目指す。普通犬山行き。岐阜方面なら急行と思っていたが、この列車が先着と聞いて乗ることに。どうせならのんびり行きたいw 名古屋近郊の私鉄電車で本数も多そうなものだが、犬山まで先着と言われると、のんびりだなあと感じる。しかし、「途中抜かれない」と思ってたら、隣の西春で特急通過待ちだったw 上小田井には特急が止まらないから「犬山まで先着」と言ったわけだ…。

ただ、東京の私鉄と違うのは、名古屋駅に乗り入れる普通列車でも時々2両編成とか短いやつがあること。筆者の乗っていた列車は4両あったが、徳重・名古屋芸大ですれ違った東岡崎行きの普通は2両しかなかった。それでも昼間は間に合ってしまうのだろう。

岩倉。折り返しの100系が止まってた。石仏に停車。普通のみ停車の小さな駅。名神高速が交差している。だいぶ郊外に出て来た雰囲気。家々は続くが田畑も目立ち始める。この先高架化工事中で仮線に移る。布袋。進行方向左手に大仏がある!

江南市に入り、江南。多くの列車がとまるが、隣の追い抜きは布袋で行えるため駅は小さめだ。このあたりで大きく北東へとカーブする。直線が多い犬山線では珍しい。

少し駅間開いて、柏森。2面3線で1番線には100系が留置されていた。柏森止まりの行き先表示。

進行方向に山が迫るが、まだ住宅地が広がる。扶桑。この電車は犬山まで先着だが、新鵜沼方面はここで急行に乗り換えるように案内された。多分犬山の到着ホームが違うからだろう。案内に従ってここで一旦降りて急行を待つ。

  
  
5000系4連の急行。さすがは急行、速い!犬山に停車、さっき乗ってきた普通は遥か離れたホームから回送で出て行った。駅前にでっかいヨーカドー。この辺はあるんだな。関西はほとんどないと聞く。

いよいよ山が迫り、左は市街地だが右は竹林になる。成田山の名古屋別院があるようだ。犬山遊園、かつてはここからモンキーパークへのモノレールがでていた。今も少しだけホームの跡が残っている。

犬山遊園を出るとすぐに犬山橋で木曽川を渡る。県境になっておりここから先は岐阜県となる。かつては鉄道と道路の併用橋だったが道路用の橋が作られ現在は分離されている。

  

木曽川を渡るとすぐに、犬山線の終点である新鵜沼。岐阜県に入ったと思うと終点でけっこうあっけない感じだ。駅間がそんなに長くないところは都市鉄道らしい?ところか。

  この先も線路は続くが、ここからは各務原線となる。後続の急行で、岐阜駅を目指す。

秋も深まり日が傾くのも早くなったな。

名古屋日帰り乗り鉄(4)

大須観音を詣でて昼食へ。名古屋に来たからには味噌カツにエビフライでも食おうと思い、地下鉄でほど近い栄へ。栄は前にも一回きたが地下街が広大な名古屋の中心街。

  
テレビ塔。前に来た時は工事中だったな。セントラルパークは道路のど真ん中に広がる。東京にはこんな空間はあまりない。

栄で腹を満たしたら今度は名古屋城へ。栄にいるんだったら名城線で行くのが早いが、ちょっと名古屋の街を歩きたさに伏見まで歩いて、鶴舞線で一つ丸の内へ移動、そこから城に向かった。そんな工程とらんでも、と思うがw
  
鯱が光る天守閣。天守閣は昭和20年の空襲で焼失後、昭和34年に再建されている。本丸御殿の工事に入っていて部分的に公開されている。襖絵など一部は空襲の前に退避されていて現存している。

背景に見事なうろこ雲。秋の空ですな。しかしうろこ雲が出ると悪天候になるとはよく言われるものでこの連休で天気が良かったのはこの日だけであった…。
名古屋城見学を終えたが、まだ帰りの新幹線まで時間がある。もうちょい乗り鉄をしてから帰ることにする。

少し休憩した後、浅間町駅まで歩きそこから再び地下鉄鶴舞線で終点の上小田井を目指す。そこからは接続する名鉄犬山線、その先各務原線、岐阜から名古屋本線で名古屋に戻るというルートをとることにした。鶴舞線沿線を途中下車するように移動して、今回結局全部乗っている。地下鉄の3000系にばかり当たっていたが、最後は乗り入れの名鉄100系に当たる。