秩父鉄道1000系

秩父鉄道の1000系が明日で引退するようですね。秩父地方をはじめとする埼玉県西部、北部の路線ですからそちらに行く機会があるときくらいしか乗ったことはないですが、秩父鉄道の中では主力だった車種ですね。元をただせば国電の101系、昭和32年にそれまでの車両とは見た目も性能も一線を画したいわゆる「新性能電車」の始祖として誕生した車両です。外見は従来のチョコレート色一色だったのが、路線ごとに色が決められてその色で塗装されました。中央線の快速用としてデビュー、後に中央・総武各駅停車(カナリア色)などにも投入、一時期は山手線もこの車両でしたが塗装もカナリアだったので、まだ緑の山手線ではなかったんですね。101系自体は新性能といえども山手線などでは性能上どうにも適合しなかったようで、山手線などでも問題なくつかえるように手を加えた103系が昭和38年に登場、こやつは「ヒット作」になり全3000両以上という莫大な数が製造されました。ことに京浜東北線は路線距離が長いうえに、ダイヤも過密なため700両以上もの数が投入されました。
外観は101系、103系とも大差はなく、前面の「切妻、三枚窓の食パン顔」を蔓延(!)させたのも101系の功績といえましょうか。飾り気はまったくないですが「シンプル・イズ・ベスト!」を地で行ったような顔ですな。昭和三十年代~平成初期にかけての、日本の通勤電車というとやっぱりこの面構えに限りますwww
昭和38年の103系製造開始後は製造打ち切りになり、昭和後期に入ると201系、205系の台頭で中央線などからは撤退し転属や廃車が進みました。そんな中で、ここ秩父鉄道にまとまった数が譲渡され、1000系と改めて活躍しました。JRとしては南武支線に2両編成3本だけ残ったのが最後で(何度か乗っていますが撮らなかったのが悔やまれる…)、支線区ということもありかなり生きながらえましたが平成15年には205系に置き換えられてJRから完全に姿を消しました。そして秩父鉄道でも主力として活躍してきましたが、東急から8500系、8090系などの譲渡車が入り廃車が進みました。最後はオレンジ、スカイブルー、ウグイス色と、国鉄時代のリバイバルカラーを施し往年を彷彿させる姿に戻りました。昭和32年の登場から実に57年に渡る日本の新性能電車の終止符となります。

100_0094