天神へ

太宰府訪問を終えて再び西鉄に乗る。福岡へ戻ったら博多に出て新幹線で一気に東京へワープ、この旅もついに終わりが近づいてきた。
二日市へ戻り、天神大牟田線の急行で福岡(天神)へ向かう。昼間の急行は主に3000形が使われる。以前使われていた2000形の設備に準じた3扉クロスシート車である。西鉄では初めてステンレス車体を採用しており、それまでのアイスグリーンにボンレッドという外観の通勤車両とは一線を画している。
国道3号や九州自動車道と並行して走る。下大利に停車、この辺りから高架化工事が行われていて、仮線の工事の最中であった。大都市の通勤路線となれば必ず持ち上がるのが「開かずの踏切」問題、西鉄も例外ではなく福岡都心部を中心に高架区間を年々延ばしてきた。
春日原停車、沿線は完全に福岡市のベッドタウンといった感じだ。ラッシュの混雑も結構なものだろう。
この先で福岡市に入る。読みの難しい雑餉隈(ざっしょのくま)を通過、ここで先ほど試験場前付近で渡ったJR鹿児島本線を再び渡って西側へ出る。その後同線は博多を、こちらは天神を目指しテリトリーが分かれていく。
井尻の先で九州新幹線をくぐり、その先は終点福岡(天神)までずっと高架になる。大橋に停車、この辺りまで来れば沿線は完全に大都会、福岡市街地の風景と化しており、高速道路沿いかと思う程沿線にはビルやマンションが立ち並んでいる。夜は夜景が奇麗かもしれないな。
最後に薬院(やくいん)に停車、福岡(天神)の一つ隣の駅だが、現在は特急を含めて全ての列車が停車する。天神にほど近い都心の地域であり乗降客が多い。天神のエリアが広がり、ここを最寄りとする企業や商業施設等が増えているのだろう。以前から福岡(天神)駅がターミナルの機能を請け負い乗降客数で群を抜いてはいるものの、ここ数年薬院駅の乗降客数が増え、福岡(天神)駅は今もトップではあるものの、乗降客数自体は大きく減少しているようである。上り列車からの下車、下り列車からの乗車が多い。

薬院を出た電車はさほどスピードを出さずに終点到着モードで進む。都心を900mほど走行、バスターミナルへのアプローチが上がってきて駅ビルに突入し、ターミナルの福岡(天神)に到着する。駅は1997年にリニューアル、場所も少し移転して現在の場所(ソラリアターミナルビル)になっている。3面4線の都会的なターミナル駅、博多駅と並んで150万都市、福岡の「顔」という感じがする。

 

IMG_3250

IMG_3253

福岡(天神)ターミナルと3000形急行。3000形は西鉄初のステンレスカーでシルバーメタリックのボディーをしている。首都圏ではくさるほど見られるような車両だし、今までステンレスのなかった西鉄だけにちょっと味気なさを感じてしまうところだが、都会のターミナル駅にこうして止まっていると違和感なく感じられてしまう。ところで、青色のラインを締めている所が都営三田線の電車になんだか良く似ている。伝統色のアイスグリーンでないのは、ステンレスに使うには色が薄すぎただろうか。

 

IMG_3262

天神の街、街の賑やかさもそうだが、交通の賑やかさも凄く、特にバスが多い印象である。西鉄がバスを運行しているが福岡市の地下鉄とは激しく競り合っているようだ。今回はライバルの地下鉄で移動するのだが。

西鉄特急で太宰府へ(5)

太宰府駅を出て右に折れるとすぐ参道が始まり、食事処や土産屋がここぞとばかりに並ぶ。ちょうどお昼になったので食堂でも入るとしよう。いや〜、それにしても暑い暑い!

IMG_3226

正月はこのあたりもきっと、モノ凄いことになっているんでしょうね!筆者も明治神宮や川崎大師に初詣に行ったことがありますが、とにかく動かないですからね〜!大晦日はもちろん終夜運転あり、三が日は臨時急行の運行があるほか、JR二日市駅からの臨時バスもあるようです。

 

IMG_3231

IMG_3234

というわけで天満宮へやってきた。学問の神様として有名な道真公、実は筆者もこの時某試験が迫っておりまして、しっかりお祈りしました!

 

IMG_3239

お参りを終えた後は今日のおやつタイム!旅と言ったらやっぱりソフトクリーム(はあ?)。参道の洒落たお店屋さんで売ってたはちみつソフト。

 

IMG_3242

帰りは7050形の二日市行き普通に乗車。

西鉄特急で太宰府へ(4)

二日市で太宰府線に乗り換える。二日市〜太宰府間、途中五条という駅が一つあるだけの短い単線の路線である。JR鹿児島本線にも二日市駅はあるのだが、西鉄の二日市からはかなり離れている上JRから太宰府へ行く路線はないので、交通アクセスはもっぱら西鉄が担っている。正月三が日ともなれば、大変な混雑だろう。西鉄の福岡側ターミナルは福岡(天神)なので、JRの通っている博多駅からだとまず天神へ行く必要があり、その点ちょっと面倒ではある。

 

IMG_7698

IMG_7716

太宰府行き普通、5000系

二日市を出て福岡方面へ向かう天神大牟田線から分岐、右カーブしていく。単線ではあるが福岡都市圏内ということもあってか沿線はそれほど特筆する所もなく普通の町といった感じ。途中五条で6000系の福岡(天神)行き普通と行き違い、あっという間に終点太宰府に到着である。

IMG_3214

IMG_3213

駅名票は通常版以外に、太宰府天満宮を意識したであろう「和風」のものも掲げられている。梅はやはり天神様にちなんだものだろうか。

 

IMG_3215

出口へ向かう。今日は休日、参拝客も多いようだ。

 

IMG_3217

観光地などでは照明が灯籠になっている所も多いが、ここもそうだった。

 

IMG_3220

神社風の駅舎

西鉄特急で太宰府へ(3)

柳川を発車、駅の周囲は都会だがすぐにまた田園風景に戻る。
矢加部を過ぎる。特に何もないのにここだけ不自然に高架駅になっているが、今はなき国鉄佐賀線が交差していた名残である。それに高架駅とはいっても古いもので、行き違いはできずホームも短いので停車する列車は大概一部のドアしか開けられない。次の蒲池からまた複線化されているが、どうにもこっちの方が風景が・・・。複線になると下り特急とすれ違った。やはり特急の為のという感じか。

IMG_3204

 

警戒信号が出て徐行になり大善寺に停車、特急は近年新たに停車駅に加わって、駅周辺はそれといったものはないようだが住宅地になっている。周囲の開発に合わせての通勤・通学需要向けという感じだろうか。ここもまとまった乗車があり立つ人が出てきた。昼間の福岡行き普通列車(4両編成)の一部はここで折り返しとなり、ちょうど折り返しの6000形が停車していた。久留米、福岡方面への通勤の流れがかなり加速してくるであろう駅だが、ここでまたも単線になる。

 

IMG_3205

久留米が近づいてきて、離れていたJRと再び接近、鹿児島本線、九州新幹線と交差する。試験場前で再び複線になって(ここからは福岡(天神)まで複線)高架で久留米市街地に入る。

 

IMG_3206

高架の花畑(はなばたけ)に停車、隣はすぐ久留米駅。「花畑」とはまた洒落た名前でありますが周囲はなんてことのない久留米の市街地。車窓は突如マンションが増える。地名は、久留米藩主の有馬氏邸宅にあった花畑に由来するのだそうで。昼間はここで福岡(天神)に急行が折り返し、ここから福岡に向けて本数がまた増えてくる。
900mですぐ久留米。久留米市の代表駅で、JRにも駅はあるが離れている上、西鉄の久留米駅の方が街の中心になっていて賑わっている。ホテルや商業施設が建ち並ぶ。さすがに乗客多く、少し混んできた。

ホームの短い櫛原を過ぎて筑後川を渡る。宮の陣で甘木線が分岐。このあたりでまた都市が途切れて田園風景に戻る。もう福岡(天神)まで30kmくらいの所にきているが。味坂(あじさか)、端間(はたま)と駅があるが、昼間は30分に1本の普通列車しか停車しない。ちなみにここ味坂〜端間間は田園風景で遮るものがないこともあってか、雑誌や書籍で西鉄電車というと大概ここで撮影された写真が必ず入っている、絶好の撮影ポイントである。今回は残念ながら立ち寄る時間がないが・・・。

住宅が増え再びマンションが見られるようになって小郡。この辺りから都市圏に入るのか本数も増えて車窓も賑やかになり始める。車両基地のある筑紫を通過、もう田園風景は少なくなり、首都圏とあまり変わらないような私鉄の通勤電車の車窓になる。二日市に到着、ここで太宰府線に乗り換える。

西鉄特急で太宰府へ(2)

11時54分大牟田発、さあ出発だ。特急車両とあってか発車は割と静かだ。
しばらくはJRと並走、出発したと思うとすぐに隣の新栄町に停車する。この辺りは大牟田市の市街地が続いており利用者も多いようで、事実ガラガラだった先頭車の車内はここで半分程の座席が埋まった。

新栄町を出ると柳川までノンストップとなる。ノンストップというには少し地味な距離かもしれないがこの路線にしては16km、間にある9駅を通過するので結構飛ばした感じがする。もっとも、こういっては何なのだがこの地域、大牟田、柳川、といった主要都市の周囲以外は特にそれといった所がなく乗客も少ないので、敢えて停車させる必要性もあまりないということだろうか。事実ラッシュ時には特急の他に急行も運転されるが、特急と急行で停車駅に差異があるのは久留米以北だけで、同駅以南はどちらも同じ駅に停車する。

銀水の先でJRと分岐、車窓が田園メインになり住宅が点在という感じになってきた。行きに乗った鹿児島本線もこんな車窓だった。大手私鉄ではあるがなかなかローカルムード満点な路線である。時間がかかるだろうが、ワンマンの普通列車に乗ってみるのも楽しいかもしれない。

IMG_3195

 

大牟田からしばらく複線で来たが、開(ひらき)という駅で一旦単線になる。久留米以南は元々単線だったそうだが、近年特急のスピードアップのために特急同士すれ違う箇所を中心に一部複線化されている。途中中島(なかしま)信号場を過ぎるが、ここで大牟田行きの普通がこちらを通す為に信号待ちで停車していた。信号場なので乗り降り出来ない。すぐ手前には中島駅があるが、そのあたりだけ町になっていて異様に住宅が密集している。同駅は線路1本しかなく駅での行き違いが出来ないが、周囲が密集しているおかげで拡張出来ない。こんな制約も国鉄だったら、多分あり得ないだろう。架線柱が木製だったりもするが、そんな所も味がある。
徳益(とくます)を通過して、車窓が一気に都会になって柳川に入る。

 

IMG_3200

柳川駅手前には柳川車両基地が広がる。天神大牟田線の車庫はここ柳川と筑紫にある。止まっているのは5000形ばかりだった。5000形は西鉄最多の勢力、見かける機会が一番多い。

 

IMG_3202

二つ目の柳川に到着。突如現れた都会、駅前はビルや居酒屋群で占められる。普通列車と接続、ここでも結構人が乗って座席が埋まってきた。しかし柳川周辺も未だに単線である。

西鉄特急で太宰府へ(1)

しばらくして福岡(天神)からの8000形特急がやってきた。これの折り返しにいよいよ乗車する。

IMG_3185

車内設備もさることながら、外観デザインも通勤車両の水色+赤帯(正確には、アイスグリーン+ボンレッド帯だそうな)というデザインとは違って、赤を基調としたロマンスカーを意識したようなデザインである。

 

IMG_3186

2ドアクロスシートの8000形では運転席の直後まで座席が有り、しかもそこの窓は最高にデカく、
『特等席』です!もう、今回の乗車は迷わずこの場所と決めていました!
特急券がないので座席は全て自由席ですが、時間帯にもよるのかもしれませんが、昼間の大牟田駅はほとんど人がおらず余裕で確保出来ました(これで特急券が要らないというのだから、本当に凄いわな)。
福岡方面を訪問される際は、一度乗ってみるといいですよ!

早速車内に乗り込む。昼間の大牟田駅、それも出入口から遠い先頭車寄りは本当にガラガラで乗客はほとんどいない。車内はずらりとクロスシートが並ぶ。有料ロマンスカーとは違ってデッキやトイレ、売店の類いはないものの特急に特化した設備といえる。以前は公衆電話が設置されていたらしいが今は撤去されている。窓には横引き式のカーテンがちょっと贅沢にも備わっている。
さて特等席に陣取る。誰もいないので気兼ねなく助手席すぐ後ろ、窓際の席に陣取る。座席は福岡から来たので反対向きになっていて、自動で方向転換されないようで自分で転換させる。よいしょっと!
8000形の座席は「転換クロスシート」というタイプである。よく新幹線や特急などで、ペダルを足で踏んで座席を回転させて転換することがあるがあれは「回転式」というやつで、椅子そのものがぐるりと回転する多オイプ。「転換式」というのはちょっとややこしいが、椅子そのものが動くのではなく背もたれの部分だけが前後に移動するように出来ていて、それだけを移動させて転換させるというものである。なのでペダルもついていない。関西方面で割と見られるタイプで、関東ではほとんど見られない座席なので、最初はなかなか取り扱いに戸惑うだろうと思う。筆者もほとんど見たことがない。

さあ、発車時刻が近づいてきた。11時54分にいよいよ大牟田を後にする。

西鉄電車に初乗車

熊本から鹿児島本線に乗り、大牟田まで戻ってきた。
太宰府訪問の為ここで西鉄電車に乗り換える。むろんここも乗るのは初めてだ。
どうにも、私鉄沿線で育ったこともあるのだろう。
遠路の旅となればJRにお世話にはなるものの、私は私鉄電車の方が好きで、場所を問わずその地の私鉄に乗れると思うと、どことなくソワソワしてしまうたちである。
違いって何って言われて、なかなか説明が難しい所だろうが。なんていうか、地域性というものが良く現れている気がする。沿線や車内の雰囲気などもそうだし、車両や駅などの設備にしても、標準化でどこも同じような感じになってしまうJRとは違って、そこの路線の表情っていうか、味っていうか、そんなものが現れているような気がする。
まあ、もっとも今回は「太宰府詣で」という目的もありますし(太宰府は鉄道アクセスが西鉄しかない)、後述する看板列車の8000形特急も、訪問したら一度は乗ってみたい列車です。私鉄の中では路線網も割と大きな規模を持ち、サービスも割と充実していると言えるのではないでしょうか。

さて、大牟田駅から西鉄に乗り込む。
大牟田駅はJRの隣に位置する3面3線のターミナル駅。JRでは隣の荒尾が熊本県になるということで、福岡県南端のターミナル駅とも言えよう。逆にいえば、西鉄は惜しい所で福岡県から出られていない。どうでもいいことだろうが。
太宰府へ向かうには特急で二日市まで行き、そこで太宰府線に乗り換えるのが最短となる。ホームに入るとちょうど6000形の特急が発車しようとする所だった。もう発車間際だったがお目当てではないこともあり、見送りで構わない。西鉄には特急、急行、普通の3種が運行されており、ラッシュなど混雑時間帯を除き、特急は2ドアクロスシートの8000形、急行は3ドアクロスシートの3000形、それ以外のロングシート車(いわゆる完全通勤タイプの車両)という風に「階級別」に使われる車両がほぼ決まっている。それもクロスシートだからといって特急券等はないので、おトクである(但しお手洗いだけは車内にはついてませんので、駅で行っておきましょう!)。関東でいえば、京急の快特がほぼ同レベルに相当する。
で、基本的には上に書いた階級別の運用で特急といえば8000形が基本だが、そうはいっても車両の数ややりくり、混雑具合の都合もあるので特急や急行であっても通勤用のロングシート車が割り当てられることがある。今発車した6000形は4ドアロングシートってことで、特急にしては助っ人的な存在である。
というわけで乗る気こそなかったものの、珍しかったので撮影だけはしておきました。

 

IMG_3165

大牟田駅。JR側が東口、西鉄側が西口となる。こちらが西鉄側の駅舎、ちなみに通路でつながっているのでこんな風に外に出なくても乗り換えられますので、ご安心を(笑)。

 

IMG_3174

駅構内。『天神へお出かけなら 片道1,000円 特急60分』と堂々のアピール。こんな所も私鉄らしい。東京でも始発ターミナル駅には『○○へは、○○電車で!』とかよくありますからね。
西鉄の天神大牟田線は福岡市のターミナル福岡(天神)(天神がなぜかカッコ書きだがそのまま「ふくおかてんじん」と呼ぶらしい)から終点大牟田まで74.9kmを結んでいますが、それを60分で走破するので表定速度(路線全長を所要時間で割って求めた速度)は、実際結構速いほうです。
大牟田や周辺地域の周辺としてどことなくのんびりした雰囲気(実際田畑がかなり広がってますからね)があるような気がしますが、ホーム土台部分の乗車位置目標「2ドア、3ドア、4ドア」と、けたたましく呼びかけるように並んでいる所を見ると、やっぱり私鉄の通勤電車という気がします。

 

IMG_3180

すぐ隣はJRのエリア。貨物の拠点でもあり今日も化学品輸送のタンク車が止まっている。

 

IMG_3168

見送った6000形の特急。片側4ドア、オールロングシートの完全通勤車両。特急運用は助っ人的立場。ちなみにこの日は同じくロングシートの5000形も運用に就いていた。

 

IMG_3175

7000形のワンマン普通列車甘木行き。昼間の大牟田寄りの普通列車は、大牟田〜甘木線甘木間直通の2両編成のワンマン列車のみである。

 

IMG_3177

駅名票と時刻表。大都会福岡市の周辺では本数が多いが、大牟田発着は昼間特急と普通が30分に1本ずつだ。

大牟田駅特急発車風景