名古屋日帰り乗り鉄(3)

名鉄メインで移動している名古屋乗り鉄の旅。豊橋から名鉄名古屋本線、知立で三河線に乗り換えて猿投までやってきた。そろそろお昼ということで名古屋市内観光と昼食を兼ねて名古屋市内に出ることにしよう。

猿投から三河線を途中の梅坪まで戻る。そこからは豊田線に乗り換え、そのまま名古屋市営地下鉄の鶴舞線に入る。

梅坪に戻ると豊田線の上り電車が待っていたのでそのまま乗り換える。乗り入れの地下鉄車両の3000形。地下鉄鶴舞線のラインカラーは青で、ステンレスの車体に同色の帯が入れられている。赤い電車がメインの名鉄路線網の中では異色の存在。

急な上りを一気に駆け上がり、愛環を越えて高台へ。丘陵地でアップダウンが激しく、トンネルもいくつか通る。ニュータウンの中を行き、東京の多摩ニュータウンにも似ているが、開発はそれほど激しくはなく、もとからある緑も多い。ついでに乗客数や混雑度もまるで違い、運行本数ものんびりしたものだ。

黒笹の先で東名を渡り、さらに巨大な愛知池を渡る。本質的には通勤路線なのだが、あまりそれを強く感じさせないのどかな風景が続く。

日進市に入り、中心駅である日進を過ぎる。広大な名古屋市営地下鉄の日進車庫を見ながら地下に入る。

地下に入ると赤池駅。名鉄豊田線はここまで、この先は名古屋市営地下鉄鶴舞線となり、運賃も別となる。ここからは地下鉄の始発電車もあり本数が増えるが、土日の日中ダイヤは10分おき。昼間も5、6分おきで電車がある東京の地下鉄と比べると、ずいぶんと少ない印象である。

原、植田と進むにつれ、乗客が増え立ち客も増えてくる。八事では同じ地下鉄の名城線が接続し名古屋大学も近い。ここでもまとまった乗車で、通路が埋まるほど混んできた。土日の昼間だし、東京ほど混まないとはいえもうちょっと本数増やさないと、不便ではなかろうか。東京の地下鉄に乗り慣れている筆者としては、途中で降りて次のところに行くのにまた電車を待つと、ちょっと長いという印象を受けた。

都心部に入って、御器所。桜通線の乗り換え駅でもあり、一気に人が降りた。この先、JR中央線と接続の鶴舞、名城線接続の上前津など都心らしく乗り換え駅が多くなる。しかし、名古屋の地で「JR中央線」という名前を聞くとなんだか妙な感じもする。東京にいると中央線と聞くと中野、杉並、三鷹などが連想されるせいだろう。でも実際には東京〜名古屋を結ぶ長大な路線で、中野あたりなどそのほんの一角に過ぎないことに気づく。名古屋は名古屋で東京に負けず劣らずの通勤路線となっている。名古屋で中央線というと、どの辺の地名が出てくるのだろうか。

上前津を過ぎて、次の大須観音で降りる。今回はちょっとベタだが名古屋観光ということで、前から気になっていた大須観音に行ってみた。駅を出てすぐのところ。周囲は長い商店街が広がっていて人通りが絶えない。

   
 大須観音駅と鶴舞線。水色のラインは東京の東西線に似ている…。
   大須観音。土日とあってか結構な人だった。敷地はそこそこな感じだが派手な印象。裏手側に長い商店街が続き飲食店や土産物屋も多い。