南海汐見橋線

前回取り上げた南海の通称汐見橋線に乗る。
前にも触れたが正確には高野線の一部、といいつつも現在線路はつながっていない。南海線、高野線(難波・橋本方面)と接続する岸里玉出(きしのさとたまで)駅から、北西に向かって支線のように線路が伸びているだけである。
先にも書いたが2両編成の普通列車が往復するのみ。本数は終日ほぼ30分間隔。地理的に大阪都心部に乗り入れる路線としてはかなり異質である。利用客の姿もほとんどなく、この路線が残っているのは周辺の需要に応えてというよりは、汐見橋で接続(と決まってもいないようだが)の構想がある、なにわ筋線計画を意識したものと言われる。

南海線でやってきて乗り換えたので、岸里玉出駅から乗る。
元は岸ノ里駅と玉出駅という別々の駅で、難波から走ってきた南海線・高野線が分かれて汐見橋線が接続するのが岸ノ里駅で、そこから南海線を一つ南へ行くと玉出駅があった。しかし両駅の間は400mほどしか離れておらず、平成に入ってこの付近が高架化された際に、玉出駅を吸収するような形で両駅が統合されて、岸里玉出駅となった。

高架駅で、南海線、高野線二つの主要路線が接続し、汐見橋へ向かう線が接続する様は、さながら高速のジャンクションのような構造だが、実態としてはどの路線も各駅停車しか停車しない。そのため南海線と高野線の乗り換えは、一つ北に行った天下茶屋駅(ここは特急も含め全ての列車が停車)で行うのが一般的である。大阪都心部に近いのでそれなりに駅の利用客はいるが、広い構内の割に乗り換え客も少ないので、寂しい感じではある。

南海線の普通列車を降り、汐見橋行きの出る6番のりばに向かう。
列車は2両編成が岸里玉出~汐見橋を往復するのみ。高架化されたとはいえ、短くちっぽけなホームが、立派な南海線の線路の隅っこに、まるで申し訳程度にあるだけである。ホーム内は単線で1列車しか進入できないが、本数の少ない今となっては十分である。一応「高野線」でありながら同線とはつながっておらず、むしろ南海線と線路がつながっている。よって車両は同線の車庫から出入りしている。

IMG_9716

 

列車が来て乗り込むが、日中は2両編成でも乗客はわずか数人というお寒い状況だ。

時間になり汐見橋へ向けて発車する。
高架を左に向けてカーブし、華々しいミナミへ向かう線から離れて、我が道を行くように走る。しかし岸里玉出駅構内は単線だったのに、分岐してから線路は複線になった。かつて高野線だった頃の名残で、実は岸里玉出駅を除くと全て複線になっている。
とはいえ今や列車本数は終日わずか30分間隔、距離も短く起点から終点までたったの9分で着いてしまう。往復しても走行時間は18分、余った時間で折り返しが出来るので、2両編成の車両1本あれば事足りる。というわけで途中列車のすれ違いが全くなく、せっかくの複線も完全に持て余している。

線路の右側に片側二車線の立派な道路が走っており、その沿道は住宅街となっている。線路も複線で、これだけ見れば都会の私鉄電車の雰囲気そのものだが、実態はあまりにも違いすぎである。
そうこうするうちに最初の駅、西天下茶屋駅。
複線ということで上下線揃ったホームだが、屋根や壁など設備はほとんど昔のまま。
反対方向のホームには、この路線があくまで高野線であることを示すように「高野山・橋本方面のりば」と書いてあるものの、そちらの方面に向かう乗客はどれくらいいるだろうか。一応、岸里玉出で乗換が必要な旨が書かれているので別に間違ってはいないのだが…。ちょっと、かつての栄華に近いようなものがある気がしてならない。

IMG_9720

IMG_9722

 

津守、木津川と進んでいく。木津川あたりからは海に近くなり、阪神高速も通り工業地のような雰囲気になってくる。路線のローカルぶりも手伝って関東の鶴見線のような光景である。しかし鶴見線はあくまでも工業地帯への通勤路線であって、日中はローカル線になっても朝夕のラッシュ時は本数も増えるし通勤客で混雑している。
実はその昔、この汐見橋線も同じようにこのあたりへの工業地への通勤客でそれなりに賑わっていたという。しかし今となってはそれも想像がつかない。

IMG_9725

IMG_9727

 

阪神高速と並行しながら汐見橋へ向け走る。最後の途中駅となる、芦原町駅を過ぎる。隣に阪神高速の出入り口もある。どう見てもそちらの方が綺麗で目立つ存在である。

IMG_9731

 

芦原町の先でJR大阪環状線をくぐる。むろんそちらの方が本数、利用客とも圧倒的に多いのは言うまでもない。この汐見橋線の所だけ周囲から隔離されたかのような感覚である。
減速して終点汐見橋に到着。わずか9分の非日常的な空間が終わる。汐見橋駅の有様は、前回に書いた通りである。
こんな路線だが、ゆくゆく大阪の動脈の一つとなる地下鉄路線と接続する夢を期待されている。もっともそんな夢が本当にかなうのかどうか、という時勢になってしまった気がしてならないが。もっと早い時期にその夢の実現に向けて世間的に動いていたとすれば、この路線の姿はきっと、今とはだいぶ違っていたことだろう。

IMG_9738