日帰り銚子の旅(6)

鹿島臨海鉄道に乗り水戸を目指す。旅も終わりに近づいた。長者ケ浜潮騒はまなす公園前を過ぎ、北を目指す。臨海鉄道という名前ではあるものの海はほとんど見えず、沿線は住宅街や田園も目立ち、また山近くも通っていて森林も多くトンネルも通る。北浦湖畔から高架区間もある。

旅の疲れで少しまどろむ。長いトンネルを抜け、高架になり市街地に入って大洗。ここからは区間運転もあり本数が増える。

あたりはすっかり暗くなり、月が見える。

進路を西向きに取り、海からからに離れていく。周囲は畑がひたすら広がり、何もないところを高架で快走する。

最後の駅東水戸を過ぎ、水戸市街地に入り常磐線と合流。水戸に到着である。


乗ってきた列車。沿線にゆかりのあるアニメ、ガールズパンツァーのラッピングがされていた。がんばっぺ!



すっかり暗くなった水戸駅前。実は水戸には初めて降り立った。ここまできたからにはやっぱり黄門様に謁見しないと…

(完)

日帰り銚子の旅(5)

香取から鹿島線に乗り、鹿島神宮へ。鹿島神宮手前で北浦を渡る。一度来てはいるが何度見ても見ごたえのある景色。

鹿島神宮から鹿島臨海鉄道に乗り込む。ここからは初めてだ。


運転系統的にはここが鹿島臨海鉄道の起点ではあるが、隣の鹿島サッカースタジアムまでは、実際はJR鹿島線である。しかし鹿島サッカースタジアム駅が臨時駅という事情もあってか、運転系統上は鹿島神宮駅で区切られている。

その鹿島サッカースタジアム駅には臨時停車した。サッカーの試合があったようだ。



おかげで駅をゆっくり見ることができた。そして車内には多くの乗客が乗り込み、列車も一気に賑やかになった。

ここから先は路線上も鹿島臨海鉄道に入る。ここまで電化されていたがこの先は完全に非電化となる。

長大な名前の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」

駅名看板もデカイ。