ばたでん乗車記(7)

松江イングリッシュガーデン前をでていよいよラストスパートとなる。一畑で最も長いだけあってそれなりにスピードを出す。3000系、結構な走りっぷり!

 

温泉地らしく沿線に旅館やホテルが目立ちはじめ、減速すると終点の松江しんじ湖温泉に滑り込む。一畑の松江側ターミナルで、かつては北松江駅と称していた(その関係で路線名は今も北松江線となっている)。
名前の通り宍道湖畔の温泉地に立地している。松江市役所がすぐ近くにあり、市中心部への利便性は良いが、湖から離れた東寄りにあるJRの松江駅と2km近く離れている。両駅の間はバス連絡となっており鉄道網としては孤立している。

さあ、ついたぞ。

IMG_6942

IMG_6937

ここもRailways関連の広告が並ぶ。

駅前、リニューアルされていて綺麗な駅舎。一方で少々味気ない感も。
温泉地らしく足湯がある。

IMG_6949

 

到着後、せっかくなので誰もいない車内の写真を少しだけ。引退間近の3000系。南海21000系時代からしてももう50年以上になる。

IMG_6934

かつて南海高野線で山登りをしていたこの車両。山岳地帯の急カーブを行くために車体長は17m級と小ぶり、ドアも2ドアとされている。その分ドア間にはロングシートがずらーっと伸びており年代を感じさせる車内の雰囲気と相まって貫禄を感じさせる。
大阪はなんばを起点に、河内長野まで平野部を走り、橋本あたりからは一転して登山電車になる南海高野線。平野部では急行として高速運転し、山岳部では急勾配を低速で力強く登るという両方の性能を併せ持ち『ズームカー』と称された。平野部では大都市大阪の通勤・通学路線であり、混雑対応のため大型の20m4扉車が投入されているが、山岳部では大型車の運転が出来ず今に至るまで専用の車両が投入されている。が、スペースを取らず収容力を増やせるロングシートを主体としている所、やはり通勤路線であることを想起させる。

 

IMG_6932

ドア。いかにも「年代物」といった感じで、モノによっては少々痛々しい所もある。まあ50年以上の運用とあってさすがに途中で更新工事はされているだろうが。でもまあ長年働いてきたことを身をもってあらわしているような気がする。昔の車両と言わんばかりの片開き。定員が決まっており乗降りもそれほど激しくない特急車両はさておき、短い停車時間で大量の乗客を捌かねばならない通勤用車両にとっては、開口幅があまり広く取れずドアの開閉速度に少々時間がかかる片開きドアはどうにも不向きと判断されたようだ。昭和30年代頃から国鉄の101系などを代表に、以降登場する通勤車両はほとんどが両開きドアとなった。片開き扉の車両は昭和の末期から平成の頭にかけて、両開きの新型車両に置き換えられて急速に数を減らしていった。
別にドアの構造の違いだけという話ではあるが、片開き→両開きへの過渡期の時代に子供時代を過ごした筆者にとってはどうにも時代遅れに映った所はあり、今見ればノスタルジックとでも言えるんだろうから妙なもんだ…。まあ子供は新しいものが好きですからネ…。

 

IMG_6933

乗務員室の後部。運賃箱などワンマン運転の設備が搭載され南海時代とは少し変わっているだろうが、シートは健在で座りながら展望を楽しめる。昔の車両はこれがあったから楽しめたものの最近の車両にはなかなかない。

 

IMG_6939

IMG_6941

のんのんばあ電車のラッピングがされていた。そういえばこのあたりは水木しげるさんにゆかりのある所ですしね。お隣鳥取県の境線にも鬼太郎列車が走っています。(後々取り上げる予定)

ばたでん乗車記(完)

ばたでん乗車記(6)

一畑口を過ぎ、逆向きに進む。次は伊野灘(いのなだ)。映画『RAILWAYS』では主人公の故郷の家がある駅として登場している。
年代物の3000系。連結部付近に座っているが、カシャカシャ、ギシギシ…。津ノ森で3000系同士の交換。

IMG_6923

湖沿いをのんびり走る。並行する国道に松江12kmとある。確かにこのあたりからは松江市街が湖の向うに望めるようになってくる。でも出雲と松江、近そうに見えて意外とそれなりな距離があるものだ。地図で見るとそうでもなさそうに思えるのはやはり、宍道湖の広さによるものだろう。

松江フォーゲルパーク、洋風な名前だが駅の壁面は日本の城郭の壁を模しており和風な造りで名前とは不釣合いだ。駅名になった松江フォーゲルパークは駅の目の前、鳥類や植物などを展示する全天候型のテーマパークとなっている。

この先も宍道湖沿いを走り景色が良る。特に長江駅のあたりは少し高くなっていてなお眺めが良く感じられる。このあたりから湖を離れて少し山寄りのルートをとる。朝日ヶ丘、松江イングリッシュガーデン前と過ぎる。名前になったイングリッシュガーデンが近隣にあり、平成13年~19年にはそこにルイス・C・ティファニー庭園美術館が構えていたが後に閉館しイングリッシュガーデンだけが残っている。駅名についても元は古江駅と称していたのだが、平成13年の美術館開館に合わせて「ルイス・C・ティファニー庭園美術館前(るいすしーてぃふぁにーていえんびじゅつかんまえ)」と改称され、仮名で書いて23文字となった。平成4年に南阿蘇鉄道に開業した「南阿蘇水の生まれる里白水高原(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん、仮名で書いて22文字)」を抜いて堂々日本一位の座を獲得した。しかし平成19年の美術館閉館で現駅名になってからは日本一の座を南阿蘇に再び「返還」している。ちなみに南阿蘇の駅も本ブログで取り上げているので併せてご高覧くださいまし。

最終目的地〜日本一長い駅名の駅〜”

IMG_3132

松江イングリッシュガーデンを過ぎると、次は終点の松江しんじ湖温泉駅。いよいよラストスパート、なのだがここはそれにして一畑電鉄で最も駅間が長く4.3kmもある。所要時間にして5分くらいはかかる。普段はどうってことのない距離なのだが、少々便意を催し始めた身には心理的にちょっとこたえる距離だwww

ばたでん乗車記(5)

雲州平田を出て、松江しんじ湖温泉へと進む。湖遊館新駅、「こゆうかんしんえき」で一つの駅名となっている珍名な駅であり、看板や地図などに書こうとすれば「湖遊館新駅」駅と駅が二つ続く表記になってしまう。実際の所は紛らわしいためか「湖遊館新駅」と省略して表記することが多いようだが。平成7年に開業、近隣にある湖遊館の名前をとって駅名としたもので普通なら「湖遊館前」とすればよさそうなところ、わざわざ「新駅」を付けたのは新しい駅の喜びやアピールなどの意味でも含まれているのだろうか。ちなみに湖遊館とは宍道湖公園にあるスポーツ施設で中でもスケートリンクは山陰地方では珍しいもので目玉となっているようだ。ちなみに筆者、最初はてっきり「水族館」だと思っていた…。でもいまどきスケートリンク、都会ですらなくなってしまったところが多くなかなか滑る機会がない。小さい頃は割とよく楽しんだものですが。
少し走ると園(その)、一文字駅名。このあたりの町名にもなっている。そういえば割と最近やってたAKB関連のアニメでAKB0048ってのがあったが、それの主要キャラの名前が園智恵理だった(声優:渡辺麻友!)。ファンにとっては聖地だったりするのだろうか…。って変に火を付けてはいけませんな。

園を出るとこの鉄道の由来ともなっている一畑口(いちばたぐち)。一畑寺(一畑薬師 目のお薬師様として知られている)の最寄り駅で、一畑電車もそちらへの参拝ルートとして敷設されたものである。一畑寺はここから北へ4kmほど行ったところにあり、もともと鉄道も北へ行ったところに一畑駅があり最寄り駅として機能していたが、太平洋戦争中の昭和19年に不要不急線ということでレール等の資材が供出されて休止、その後昭和35年には廃止されてしまった。そのため現在は一畑口駅からバスで行くことになる。かつて一畑駅へ路線が通じていたことや、松江方面の路線が後から付け足されたことから、現在も途中駅でありながらスイッチバック型の配線になっている。そのためここで必ず列車の進行方向が変わる。ワンマン運転のため、列車が停車すると運転士が反対側の車両に移動する。

園を過ぎたあたりから南側に宍道湖が展開する。特に一畑口を過ぎてからはほとんど宍道湖沿いを走り大変気持ちが良い。

IMG_6926

IMG_6909

ばたでん乗車記(4)

出雲大社を参拝、出雲大社前駅から10分ほど。駅前の通りが参道を兼ねたメイン通りになっている。名物の出雲そばを食べる。今日は休日、どこも混んでいる。まあ、今日はもうあとは松江に泊まるだけなので時間がたっぷりある。

駅前の道を進むと出雲大社、鳥居をくぐるなり下り坂を降りて本殿へ向かうのが特徴的。神社、仏閣というと大抵は階段を登った高い所にある。

IMG_6874

IMG_6879

傍には島根県立古代出雲歴史博物館がある。存在が伝わるかつての社殿(推定48m?実物を見てみたくなるものだが)の模型や銅鐸、銅剣など出土品が数多く展示されている。実際に銅鐸を鳴らすこともできる。時が時だけに、ではあるが再現されたものはかなり美しい。
出雲観光を終えて出雲大社前から一畑電車で松江へ向かう。ホームには行きに撮影した3000系が止まっていた。松江しんじ湖温泉行きで終点まで乗車する。
川跡まで戻るがそこまではガイドのアナウンスがある。3000系車両のことも案内された。
川跡を過ぎて北松江線に入る。ここからやけに静かになったかと思うとガイドさんの姿がない。ここからは本来のワンマン運転のようだ。

 

IMG_6894

元南海21000系である3000系は昭和33~39年にかけて製造、平成8年に一畑にやってきた。既に登場から50年以上経過している車両である。同じく一畑で活躍する元京王5000系である2000系と比べるともう少し古い。車内、特にドア周りなどかなりくたびれた感があるが、走りは雄々しくがっちりしている。かつて南海時代は『ズームカー』として高野線の山登り選任を担当していたとあってパワーもある。

雲州平田(うんしゅうひらた)、車庫のある駅。途中下車も可と放送が入る。一畑電車ではここ雲州平田駅と一畑口駅で途中下車をすることができる。琴電でもやっているが、地方観光にとって普通乗車券で途中下車ができるサービスはなかなかうれしい所。前にも触れたが車庫ではデハニ50形の体験運転も行われている。

IMG_6897

IMG_6900

南海ズームカー時代の塗装になった3000系が車庫で休んでいた。

 

ばたでん乗車記(3)

さて、ばたでんで出雲大社前にやってきた。ここは出雲大社前の玄関口以外にもう一つ目玉がある。昭和3年に登場し映画でも主役級で登場した「デハニ50形」52号車が静態保存されている。

客室、荷物室を併せ持ち営業、近年は畳敷に改造されお座敷電車になっていたが保安上の問題から平成21年をもって現役を引退した。その翌年件の映画撮影が行われ、撮影用にふたたびロングシート座席を備える改造を受けひとたびの返り咲きを果たした。

現在2両保有され、相方の53号車は雲州平田駅構内で体験運転用車両として残されている。ということで毎週金、土、日曜には一般向けに体験運転が開催され、1日のうちに講習を受け、長さ120メートルの体験運転専用線を4回運転できるという、まさに映画さながらの夢のような体験ができる。子供の頃に多くの人が憧れたであろう電車の運転席、足を伸ばした際にはぜひひとつ、「夢」を叶えてみてはいかがだろうか。

IMG_6850-0.JPG

IMG_6849-0.JPG

ばたでん乗車記(2)

川跡で出雲大社前行きに乗り換える。一つ隣のホームから発車

IMG_6810.JPG

IMG_6811.JPG

出雲大社前ゆき5000系。京王5000系を特急仕様に改造したもの。3ドアロングシートから2ドアクロスシートに変更されている。右側は元南海21000系ズームカーから改造された3000系。京王5000系より少し古く、老朽化も進んでいる。今年度をもって新車に置き換えられ全車廃車になるようだ。
その代替の新車として決まったのは元東急の1000系、今回写真は撮れなかったものの、後で乗った北松江線で雲州平田駅の車庫に既に収まっているところを見ることができた。先頭は見れずサイドビューだけだったが、サイドの赤帯は東急時代そのままのようだ(中間車からの改造のようだが)。

田んぼの中をいく。高浜
出雲大社方面だけにガイドの放送も勢いづくw
高浜駅付近では沿線の幼稚園にデハ1型が保存されており、その脇を通る。こういうところもしっかりガイドしてくれるので嬉しいww

IMG_6815.JPG

IMG_6814.JPG

高浜を過ぎるともうひとつ見所がある。なんと鳥居が並ぶ中を堂々と電車が横切っている。ここは線路が稲生神社の参道を横切る。ガイドによるともともと神社の方が先に有ったものの、この路線を敷くのにどうにも最適なルートが取れず、やむなく横切ることになってしまったそうだ。
出雲大社と並ぶシンボルの出雲ドームを見ながら進む。出雲健康公園内にある運動施設。

IMG_6818.JPG

出雲大社前に到着。

IMG_6834.JPG

IMG_6833.JPG

IMG_6835.JPG

小規模だがローカル私鉄らしく味があるし大社の玄関らしく駅舎も整っている。

IMG_6840.JPG

IMG_6841.JPG

しかし駅舎が綺麗なのはよいが、デザインは出雲大社らしく神社風、かと思いきやどういうわけかステンドグラスなどが多用された教会風のデザインとなっている。

特急『やくも』で出雲へ

岡山と山陽本線の伯耆大山を結び、米子・出雲方面へ連絡する伯備線。特急『やくも』がこの間を3時間程度で結んでいる。国鉄時代から活躍する振り子機能付特急車381系6両編成、基本的に出雲市寄り先頭車はグリーン車となっているが、一部の車両は前面展望を楽しめるパノラマタイプとなっており岡山9時5分発の5号などが該当する(パノラマ車は数が限られているため日によってパノラマでないこともある)。せっかくの機会だし、国鉄型のパノラマ車となれば今後滅多に乗れることもないだろうということで頑張ってチケットを取り乗車した。グリーン車ということでちょいと高くついたがまあ乗った甲斐は十分!乗り込んで座席に座るなり一人興奮気味…www 1号車はほかに乗客はほとんどおらず最前列は独り占め状態であった。
小田急ロマンスカーなどとは違って運転席と客席が分かれている(運転席が2階にある)タイプではなく、平屋建ての構造で運転席も1階にあるので展望も運転席越しにはなってしまうが、運転士気分も味わえるしこれはこれで面白い。

IMG_6709

IMG_6711

IMG_6710

IMG_6712

 

岡山を出てしばらく山陽本線を走行、早速特急らしくぶっ飛ばす。倉敷から分かれて伯備線へと入る。いわゆる陰陽連絡路線は西から東までいくつか存在し、東海道・山陽新幹線連絡の意味も込めて特急列車も多数運転されている。が、経由地の大半が中国地方の山間部という事情もあってか電化され本数の多い路線は少ない。岡山と山陰本線の伯耆大山を結ぶ伯備線が唯一全線電化されて電車の特急が走り、他は非電化路線で気動車での運転である。気動車ファンにとってはたまらんことだろうが。

IMG_6717

岡山を出て瀬戸大橋線の『マリンライナー』と並走。

 

IMG_6728

倉敷から伯備線に入る。

山の比率が圧倒的に高い中国地方、伯備線に入って程なくして早くも登山モードになり、左右にカーブしたり時にトンネルをくぐりながら山間を進むようになる。もっともこのあたりはまだ岡山に近く、総社、備中高梁といったある程度の規模の駅が続き周辺も結構な町になっている。備中高梁までは複線化され本数も割と多い。

IMG_6731

IMG_6732

伯備線に入って最初の停車駅、総社に停車。吉備線が接続する。NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のラッピングがここでもされていた。

右から太陽が照り付け、まぶしい。備中高梁を過ぎると一部複線化された所を除き単線になる。特急『やくも』は本数が多いので、特急停車駅でなくても途中行き違いのために運転停車する。それも上下どちらかで遅延が起きると結構長い信号待ちになる。筆者が乗った際も岡山行き列車が遅延して途中信号待ちの駅で5分程待たされた。

新見に停車、姫新線、芸備線と接続しておりこのあたりの中心駅。接続する両線とも本数が非常に少ないしこの駅の乗客自体も減少傾向にあり、広い構内はあまり人がおらず寂しい。

ここから二つ先の備中神代まで芸備線が乗り入れる。布原、備中神代と通過していくが、ちょっとおかしなことに備中神代駅の看板には次の駅は「にいみ」と書かれ、「ぬのはら」とはなっていない。布原駅には芸備線の列車しか停車せず、伯備線は普通列車も含めてすべて通過するためである。

緑の中を行く。シートが良すぎて思わず眠くなる。新郷を通過していくと車掌によるガイドの放送が入る。この先トンネルで谷田峠を越えるが、そこが岡山県と鳥取県との県境であり、分水嶺であるということだった。
トンネルをくぐってしばらく行くと上石見を通過するが、標高が最も高い駅とのこと。とはいえ周囲は割と穏やかであまり変わった所はないが。

IMG_6746

IMG_6758

IMG_6768

 

生山(しょうやま)に停車、根雨(ねう)で行き違い停車、このあたりでは主流の「黄色い」普通列車が停車していた。本当にこればかりだな。
勾配を下ってだんだんおりてきて、周囲も山々から平野へと開けていく。米子市が近づき車掌による米子市についての放送が入る。ゲゲゲの鬼太郎関連のガイドもしっかりついている。
右から山陰本線が合流、伯耆大山を通過。伯備線が終わりここから山陰本線に入る。大部分非電化の同線だが岡山との連絡強化でここから西出雲までは昭和57年に電化され、山陰本線で最初の電化区間ともなっている。普通列車は気動車が多いが、電化されている京都近郊やこの区間については電車による普通列車が見られる。
米子を過ぎ、島根県に入り安来、境港から流れ込む中海を右に見ながら進む。

IMG_6782

 

 

高架で県庁所在地の松江を望み、この先右側は変わって宍道湖が占めるようになる。実際の所、中海は国内で5番目、宍道湖は7番目の湖であるが、宍道湖の方が東西に細長い形をしており、鉄道線路もその沿岸に沿うように敷かれているため、車窓を見ているとどこまでも続く広大な印象が感じられる。松江から出雲方面にかけて宍道湖を挟むように、南側を山陰本線、北側を一畑電車が走っている。

IMG_6786

IMG_6787

 

出雲空港にほど近い宍道に停車して宍道湖が終わり、荘原、直江を通過して一畑電車が合流、終点出雲市に到着する。JRで来ると出雲大社の玄関口、
駅前から出雲大社方面へバスも出ているが、一畑電車で途中川跡(かわと)乗換で出雲大社前まで行くこともできる(列車により出雲大社前直通もあり)。ローカルな雰囲気とレトロな車両が目玉、最近はすっかり映画『RAILWAYS』で全国的にも知られるようになった路線である。せっかく来たのなら後者をぜひとも味わっておきたい。

IMG_6793

IMG_6792

IMG_6795

山陰へ

いっつも後でまとめて適当に書いてますが旅先から初めて更新してみるw
というわけで休みを使って山陰地方に旅行中です。今日は島根へ行きまずは出雲大社へ、そして映画でもすっかりおなじみの一畑電車も乗車、松江へ移動して一泊という行程であります。京王や南海などの懐かしい車両はもとより宍道湖の眺めの良さもまた素晴らしいですね。
なんか凄い偶然なんですが前日に松江出身のテニスの全米オープンで錦織選手が決勝進出!松江行ったら号外もらい、食事処ではやっぱり話題になってました!いやあ〜凄いなぁ。頑張ってほしいです。

IMG_6879.JPG

IMG_6849.JPG

IMG_6810.JPG

宍道湖に落ちる夕日も綺麗です。

IMG_6963.JPG

IMG_6967.JPG

IMG_6974.JPG

新幹線で一気に(2)

IMG_3319

山に囲まれた広島、斜面も住宅で埋め尽くされなかなか壮観である。
岡山停車、岡山を出たところで夕陽が沈む。姫路に停車、山陽区間もあっという間に終わりという感じだ。通過線を持つが、今やのぞみもほとんど姫路に停車する。トンネルばかりの山陽新幹線だが、姫路~西明石間だけは播州平野となるので珍しくトンネルがない。景色をまともに拝むことができるわずかな区間である。

IMG_3331

IMG_3337

IMG_3334

 

 

IMG_3341

なんか気になる山だ。

 

 

西明石をすぎてもしばらくは平野が続くが、やがて六甲山地が迫ってきてトンネルの出入りを繰り返す。そして2つのトンネルにぴったり挟まれた箇所に新神戸駅がある。すぐ後ろは山で、地形的に熱海に似ている。通常新幹線駅は追い越しができるようになっているが、ここと熱海は上下でホーム一本ずつで追い越しができない。
新神戸ではかなり人が乗ってきた。時はお盆休み。自分は上りだが、下り方向はもう満席だろう。
長い六甲トンネルで六甲の山を抜ける。19時をすぎて外もかなり暗くなった。ゆるく右カーブして行って減速、山陽新幹線の起点新大阪に到着する。2時間強で到着した。多くの客が一斉に身支度を始める。やはり大阪、ここでおりる乗客も数多い。
きらびやかな夜景に囲まれて新大阪へ。19時15分着。関西から東京へ戻ってくる時ならそろそろ新横浜だが、今日はまだまだかかる。なんだか、もう帰ってきたような気になってしまうが、いかんいかん!増設された27番線に到着、背の高いホームドアがついている。
けたたましくベルがなって発車する。さあここからはようやくいつもの東海道区間だ。乗客は入れ替わりという感じで、やっぱり空くことはない。自分の乗っていた席の列だけ他に誰もいなかったが、他の列がほぼ埋まっていることだしまあこの先の停車駅で乗ってくるだろう。
そういえばさっきみた広島でのvs巨人戦の速報を見てみると6回に入ったところで、3ー0で巨人にリードされていた。筆者自身はまあそこまで広島、巨人とも贔屓というわけでもないですがね。

新幹線で一気に(1)

駅弁を購入、新幹線の発車時刻も迫ってきた。
ついに九州とこの旅もそろそろ終わりというところである。博多から東京行きの『のぞみ』で帰ることになるが、山陽新幹線はほとんど乗っていないので実は今回をもって初めて東海道・山陽全線乗車達成ということになる。少し前なら終点だった博多、達成する前に博多以南の九州新幹線が開業してしまったが、まあそれはまた別にということで。

IMG_3270

博多駅。前は隣の駅は小倉と、在来線扱いになる博多南だけだったが、九州新幹線が出来て新鳥栖が加わった。

 

IMG_3268

N700系の山陽・九州新幹線直通仕様車(無知なものでこれくらいしか・・・)

 

IMG_3272

そして乗車する「のぞみ52号」。おお、「東京」の二文字だ!

 

16時44分発 のぞみ52号に乗車する。車両はJR東海、Ambisious Japanのメロディーで発車する。
博多出て吉塚の先で分岐、内陸が山になっているので早速トンネル多し。それも結構長い。
小倉に停車、まだ九州なので九州の特急ソニックの案内がある。工場群をみつつ小倉に停車。北九州の中核都市だ。

IMG_3295

IMG_3296

駅を出るとすぐに新関門トンネルに入る。さらば九州!そして本州に戻る。
新下関、厚狭と通過するが、やっぱりトンネル多い。山の方を通っているし中国地方自体平野がほとんどないので車窓が見えても山ばかりだ。ついでにケータイもほとんど圏外だった。
新岩国を通過、山間にあり山陽本線など在来線との接続がなく、旧国鉄から転換した錦川鉄道線が接続するという特異な駅。それでも新幹線駅とあって駅周辺だけは賑わっているが、なんか場違いな感じもする。
山陽新幹線には東広島、新尾道など、在来線との接続のない駅がいくつかある。そしてそうした駅の開設の是非が問われたりもしている。
それにしても助かるのは700系には電源コンセントの口がついていてPCやケータイなどを電源に接続して使用できる。筆者のケータイもだいぶバッテリー消費していたのでここで大いに補給させてもらった。
17時46分広島着、反対側(瀬戸内海側)の車窓にはマツダスタジアム(広島市民球場)が見える。今日は巨人戦ということで観客で埋め尽くされていた。そこまで大好きという程でもないが、ネットの野球速報でも見ながら行くとしようか。