静岡ローカル私鉄巡り(3)

IMG_3541

IMG_3542

IMG_3544

岳南江尾を発車、すぐ新幹線をくぐる。40キロくらいでゆっくり走る。沿線の幼稚園の子供の絵で車内が埋め尽くされてるのが微笑ましい。住宅街を進んで神谷。岳南鉄道とはなんか勇ましそうな名前で、子供の頃は文字からしててっきり登山電車かと思っていた。しかし標高が高く勾配のきつい山間部を走ることはなく、富士市の住宅街、工場街を走るごく普通の路線である。「岳南」は富士山の南という意味か。この日は見えなかったが快晴の日はその名の通り、姿を拝むことができるのだろう。
線路が付け替えられたのだろうか、この先かなり奇麗に見える。次は難読駅の須津(すど)。前方に煙突が見えてくる。工場街が近いようだ。踏切の音が電鈴みたいでチンチンチンと鳴っていてローカルさを一層かき立てる。岳南富士岡では電気機関車に、貨車のワムが繋がれて止まっていた。この貨物列車が動くことももうないのだろう。ここからは工場の中を走り、貨物ヤードも広がる。次は比奈(ひな)、右も左も工場、まるで鶴見線である。岳南原田で下り列車と行き違う。岳南鉄道は昼間は30分に1本程度の運行、7000系2本で賄っている。
工場街を抜けて吉原の町に入り、本吉原。ホームに地域の皆様の情報掲示板、こんな所も地域の足らしい。町の中心部にきたのかビルも目立って来て、吉原本町。駅周辺は結構栄えているように見えるが、こちらはマイペースにジリリリリとベルを鳴らして発車。左カーブしてジヤトコ前(ヤの字が大きいが、読みはジャトコまえ)、元は日産前駅で、その工場がジヤトコに営業譲渡された今も最寄り駅として営業する。国道1号線を渡り、新幹線を再びくぐる。東海道線が右から合流してまた工場のそばを走り、吉原着。20分程の小さな旅であるが中小私鉄らしいのんびりとしたムードが感じられると思う。利用促進策はとられているようだが、なかなか難しいようだ。なんとか頑張ってもらいたい。

静岡ローカル私鉄巡り(2)

IMG_3533

IMG_3536

IMG_3537

というわけで徒歩で岳南江尾駅に到着。ちょっと古びた駅舎、設備が味を出している(駅名の字体まで古い!)。駅舎はあるものの無人なので、改札をそのまま通りホームに入る。なんだか妙な心地だ。列車は1両か2両しかないが、構内は広めである。沿線に製紙工場が多いため、かつては短い地方私鉄にしては珍しく貨物輸送も盛んだった。しかし現在は廃止されてしまい、旅客輸送のみで賄わねばならず苦しい状況である。
先述の通り東海道新幹線が駅のすぐそばを通過している。ここに新幹線の駅を造って接続したら何か凄いことになりそうな気がするが、まあさすがにそれはないだろう。お互い全く関わりなく行き交っており、新幹線を取ってしまえば孤立したローカル線の終着駅そのものである。まあでもお互いの設備の違いが目に見えて面白い。架線からして全然違うしね。
ホームには1両の7000系(左写真の赤いやつ)と2両編成の8000系(緑のやつ)が止まっていた。8000系は公募によりつけられた「がくちゃんかぐや富士」の愛称を持ち、前面にはそのヘッドマークも付いている。岳南と沿線にまつわるものから取られたものだがなんか凄い名前だ。しかし稼働するのは基本朝夕のラッシュ時のみらしく、7000系のみが使用される昼間はここで休んでいるらしい。折角名前もついてるんだし、もうちょっと動かしてもいいんじゃないか?なお、いずれも元は京王井の頭線の3000系だ。京王からは昨年をもって撤退してしまったが、地方では車体の大きさ的にちょうど良いのか、多くの鉄道に譲渡されて今も使われている。前は東急の旧5000系(通称青ガエル)が赤に塗られて走っていた。ここ最近はもっぱら他社より譲渡された車両のようだ。ワンマン運転で無人駅が多いので整理券方式、運賃は後払いである。運転士がベルをならして発車、1両の小柄な列車がノソノソと動き出す。

静岡ローカル私鉄巡り(1)

IMG_3502

IMG_3523

IMG_3524

日帰りで静岡のローカル私鉄を巡った。まずは岳南鉄道、東海道線の吉原から岳南江尾までを結ぶ富士急系の私鉄だ。乗り換えは吉原のみで他の路線は接続せず、駅間、全長とも短い(全長9.2km、所要20分程)。もっぱらこの地域の足という感じだろうか。終点の岳南江尾も他線との連絡はないが、路線が東海道線に並行するように走っているため、同線の東田子の浦駅からそんなに離れていない。なので両駅間を歩いての訪問も結構あるようだ(朝夕のみだがシャトルバスもあるらしい)。せっかくだしちょっと散歩も兼ねて自分もそうしてみることにした。
東海道線の普通列車で11時46分に東田子の浦に到着、岳南江尾駅を目指す。乗客は少ないようだがさすがは東海道線の駅、ホームは長く駅舎も整っている。岳南江尾駅は2キロほど北にある。駅出口が南向きなのでまずは南へ歩き、左折して県道へ。ちょっと歩くと線路をくぐる道路が左にあるので、あとはそれを北へと歩く。日本の輸送を支える東海道線、今日も貨物列車がせっせと通る。くぐって少しいくと国道1号と交差、ここもトラックがひっきりなしに通るぞ。この先は農道みたくなり、正面は山、左右はひたすら田んぼ、稲穂に囲まれる。素直に感動したものの、なんだかんだで都会っ子だw。車の往来が割と多いようなので注意したい。まあ端を歩いていればまず心配はないだろうが。
前方に東海道新幹線が見えてくる。突き当たりのT字路に来ると住宅街になり団地もある。町になったということは駅も近い。T字路を左折した後、右の路地に入ると、家並みの中に架線と電車が見えてくる。そこが岳南江尾駅である。直接は入れず道をそのまま進み、新幹線の高架下で左折すると駅舎に行ける。新幹線車内からも注意していれば見ることができるが、本当にすぐそばにある駅である。写真も撮りながらだったが所要30分少々、程よい気分転換だ。