南海フェリーで四国へ(2)

和歌山港から南海フェリーに乗った今回の旅、2時間かけて徳島へ向かう。

淡路島を見ながら進む。
雲行きがあやしい。ポツポツくる。まあこの空模様ならそこまでひどくならないだろうが。
ちなみにソフトバンクは、圏外だすw

   
 

徳島港が見えてきた。

  
 

徳島港に到着、時刻表では10時35分着のはずだったが、時計を見るとまだ25分。10分ほど早く到着したようだ。

どかっと人がおります。
ここでの鉄道連絡はなく交通機関は基本的にバスとなる。かつては国鉄線が連絡していたが廃止されてしまった。ということでバス乗り場は長蛇の列、さあこれは何台待って乗れるだろうかというレベルだ。
徳島駅などがある市の中心部へは2kmくらいなので、歩いて行けないこともない。
ということで、迷わず歩く!(おい)
まあ、その方が楽しいっすけどね・・・。

   
 

30分少々あるいて徳島駅前にやってきた。ちょうどお昼時ということで徳島ラーメンでも、と思ったが、人気なんですかね。そちらも行列だす。時間も限られている日帰りの旅、迷った末に讃岐うどんを食べに香川に行くことにした。徳島の皆さん、ごめんなさい。。。

  
ということで徳島駅から高徳線の特急『うずしお』に乗車。二度目の高徳線、吉野川を渡って山の方へ。山が多いのが四国らしい。

途中、行き違いのために停車した阿波大宮で、下の特急が5分遅れているので車で停車するという放送。徳島駅や車内を含めて詳細は全く聞いてなかったが、その後たまたまニュースを見てびっくりしたのは高徳線でこの日の朝に、普通列車が大量発生した毛虫を踏んで、体内から出た脂で車輪が空転してしまい走行できなくなるトラブルがあったということだ。そのせいだろうか。しかし虫とはやっかいなものだ。

香川県にでて三本松に停車、サザンの時もそうだったが相変わらずうたた寝している。このところ、まじで疲れたしなぁ。
志度を過ぎて屋島を見ながら高松市街へ。久しぶりだ。
高松に到着、遅いお昼になった。前にも入った駅前のめりけんやで、さぬきうどんを食す。肉うどん特盛にてんぷら3個と奮発、東京でうどんをこんなに食うこともないな。まあ今は丸亀製麺とかも展開してるから割と気軽にうどんを食べられるようになってきていると思うが。

  
うどんを食した後は観光も兼ねて、まだ全部乗っていない琴電琴平線に乗るべく高松築港駅へ。

最終目的地は琴平の金刀比羅宮だが、まずは栗林公園を散策。前にも一度きているが、山がすぐ後ろに控える構図はなかなか綺麗だ。

   
   

  
栗林公園から先は初めて乗る。
先ほど海上でも少し降ったが栗林公園散策の頃からまた降り出した。弱い雨だからまだいいが。
雨の中を走る琴電、前は水滴でびっしり。
2両編成ではあるが座席は全て埋まっていて立ってる人もいる。メイン路線ということもあるのか、あるいは金刀比羅宮への参拝客か、それなりに乗っている。
仏生山、車庫があり各車両が止まっている。各鉄道から譲渡された年代物の車両たちが並ぶ地方私鉄の車庫、それを見るのも面白い。

  
香川らしく、とんがり山が増えてきた。香川県は本当に、わかりやすいほどのとんがり山とか、屋島のような特徴的な山とかが多い。
円座あたりからは国道32号が進路右に並行してくるようになる。香川県高松市と高知市と、県庁所在地同士を結ぶ国道である。考えたら琴電のとっているこのルートの方が高松から高知へ向かうには近い。JRで行くと予讃線を多度津まで行き、そこから土讃線に入るルートしかないが、特急など速いからあまり気にならないものの実のところ遠回りしている。もっとも今は高速があるから律儀に国道で行くことはないだろうが。

綾川町に入る。さぬきうどん発祥の地らしい。確かにうどん屋の本店らしいのを国道沿いに見たりする。でもイオンモールも負けないくらい目立っている。
滝宮、折り返し便の設定があるのでそこそこ広い。駅前に、森永ホモ牛乳!
昔の年代の人はまあ見慣れているだろうしあまり気にしないだろうけど、我々若い世代はまあ昔からの牛乳屋さんに出くわさない限り滅多に見ることがない。

雨が少し強くなってきた。並行する国道32号も車が多い。
岡田では綾川町のPR電車と行き違う。
琴平に近づいてきて、金刀比羅宮のある象頭山が見え始める。最後の駅、榎井を過ぎ、激しい縦揺れを起こして走るwローカル線ならでは、っていう感じだがちょっとひどいな。。。
JR土讃線をくぐり、左にカーブして終点琴電琴平。この日はなんと卒寿を迎えたかつての車両がお披露目されていた。ホームに普通に停車していて、高松築港行きとして営業運転されるようだ。琴電ならではのイベント。

   
 
   
 

というわけで今回も金刀比羅宮を参拝。四国に来たっていう感じがするなぁ。

帰りは土讃線の特急南紀で岡山、そこから新幹線で帰路へ。駆け足的だったけど満足。

瀬戸のあな子

松山駅ホームにて購入、瀬戸内海名産の穴子寿司。坊っちゃん辨當などほかにも目を引くものがあって考えたものの穴子飯食べたさにやっぱりこれにした。穴子数切れにエビ、山菜、煮物などが入り、たれと山椒が別に付いている。穴子は歯ごたえがあってうまかったしさっぱりの寿司飯にも合う。四国の駅弁選手権2013とパッケージにあるが、この旅の後の2014年4月に行われた模様。(金賞は中村駅の「こだわりの四万十うなぎ弁当」)

IMG_5078

IMG_5079

特急『しおかぜ』で松山から多度津へ

四国の旅、今回は予讃線の特急『しおかぜ』で松山を後にする。電化区間の少ないJR四国、ここまで気動車が続いたがここで久々に電車特急に乗る。やっぱり静かだ。ちょうどお昼になるので松山駅で穴子ずしを買っておいた。
しばらくは松山の町をいき、昨日乗った伊予鉄道高浜線も見るが、じき海沿いに出る。

IMG_5080

船や島々がよく見える。石油工場群も抜ける。瀬戸内が工業地帯であることを思い起こさせる。
波止浜通過、橋が見える。しまなみ街道か。
ほどなくして、タオルで名高い今治に停車。2面3線の高架駅。バリィさんとは松山駅でご挨拶してきた。

IMG_8612

IMG_5090

 

海を離れ山側へ入っていく。並行する道路にタオル美術館の看板!美術館にまでなるとは…。
しかしさっきから見てるとデッキドアはセンサー悪いのか、自動ドアなのに車体傾く時や揺れた時などに勝手にあいている。
石鎚山で運転停車、通過する下り特急と交換する。予讃線は本数がかなり多いが、それでも香川県内を除き大半が単線である。発車後すぐに伊予西条に停車する。ここで行き違いはできなかったか。眠くなりうたたねしてしまった。新居浜停車。貨車止まっている。
列車は8両編成だが。自分の乗った5号車10人くらいしか乗っていない。

遠く山裾に街が広がっている。
なんか急に小刻みな縦揺れが激しくなってきた。でもってまたデッキドアが勝手に開く。
伊予三島、川之江と停車していく。川之江は愛媛県最後の駅。
また海沿いを行く。次の箕浦までの間にトンネルを一つだけ通るがちょうどそこが県境。鳥越トンネルという。県境であることを感じさせないような短いトンネルだが、かつて非電化だった頃のサイズのままで電化されているトンネルのため高さ制限が設けられており、快速『マリンライナー』に使用される5000系など一部の車両はここを通過できず愛媛県内に進入できない。

IMG_5101

 

香川県に戻ってきた!別に自分ちでもゆかりがあるでもないが…。それに、もうなんか一回りした気になる。でもこれから徳島へ行ってはじめて達成なので、まだなのだが。
観音寺停車、香川県西部の主要駅で普通・快速は高松方面への折り返し便がある。113系が止まっている。しかし見ていると多度津以西電化区間の普通は大半が7000系だ。ワンマン対応も理由だろう。
讃岐の平野を走り、また海沿いに出て土讃線が合流し、多度津に到着。ここから先琴平で降りてこんぴらさん詣での後、阿波池田経由で徳島へ向かうために二度目の土讃線乗車となる。

IMG_8645

IMG_8648

 

四国鉄道発祥の地、とある。四国の鉄道網は明治22年、讃岐鉄道がこの駅を含む丸亀~琴平間で営業開始したのが始まり。当初はここで本州へ向かう航路と接続していた。かつて四国の地を走っていた8620形(通称ハチロク)蒸気機関車の動輪が記念物として駅前に保存されている。

IMG_5105

 

そのハチロクの一員である、58685号が駅からすぐの場所に保存されている。ハチロクは日本の鉄道開業当初の海外から輸入された蒸気機関車を参考にし、初の国産の蒸気機関車として設計開発されたという、日本鉄道史にとっても意義深い機関車である。実に700両近い数が製造され全国で活躍した。ちなみに東京は青梅鉄道公園に、トップナンバーの8620号が保存されている。

IMG_5107

愛ある伊予灘線

いきなり何だといわれそうだが、こやつはれっきとした路線の愛称でござる!少し前に四国は予讃線の特急『宇和海』で宇和島から松山方面への移動を取り上げたが、予讃線は途中伊予大洲で分岐して向井原まで新旧二つのルートに分かれている。2014年3月15日のダイヤ改正で、海側を通る旧線の方に『愛ある伊予灘線』の愛称が付けられた。まあこの区間の大半はこのあたりの予讃線にしては際立って海沿いを走る所であり、西を向いてるということもあって夕日も美しいんだろうし(前に取り上げた伊予鉄道梅津寺駅も同じ並びですしね。あそこは東京ラブストーリーのロケ地になってました)、そんな名前を付けたくなるのかもしれませんが。2014年夏からは観光列車『伊予灘ものがたり』の運行も予定されている。

というわけで今回は伊予大洲から愛ある伊予灘線のルートの方に乗ってみる。
伊予大洲から旧線経由松山行きに乗る。キハ32-2、オールロングシート。乗客は10人ほど。
内子線を含む山側の新線ができてからというもの、特急列車は一切この区間を通ることはなくひたすら普通列車が走るのみである。本数も1日わずか10本程度、昼間は2時間ほど来ない時間帯がある。予土線といい勝負か。本線格だし松山に割と近いはずなのだが、新線に代わられてからはまるであっけなくローカル支線に成り下がっている。観光列車運行もしつつなんとか活性化したいと思いたくはなる所。

伊予大洲からしばらく走行して新線と分岐する。分岐のなかったころは線路はまっすぐ進んでいたようだが、分岐を設けるにあたって新線をメインにするため、現在は線路がいったん進行方向右に少し逸れてからポイントになり、新線は直進、旧線が左側へと分岐する構造になっている。完全に枝線待遇といえる。
分岐後程なくして55キロの左カーブを過ぎて五郎。行き違い駅だったが宇和海方面のりばは廃止、線路も撤去されてしまっている。かつてはここから内子線が分岐していて、当時は内子が終点でただの支線だった。
山をすぐ後ろに背にして川沿いに走る。予土線に似てなくもない。
しかしトンネルないし駅間も割と短い。その分遠回りだろうが。急なカーブも多いので特急が走ったとしてもスピードは出せないだろう。
左には川と県道24号が並行している。その外は両側とも山、あとは駅付近に集落といった感じだ。レールのリズムがいい。ローカルムードを掻き立てる。

 

IMG_8622

長浜町に入って、ようやく行き違い駅の伊予白滝。反対列車は来ない。流れの広いところを通って、伊予出石(いよいずし)。
少し登りになる。
それにしても川幅広くは水も綺麗だ。そしてその先海が見えてきた。
ようやく海沿いの街に入り、伊予長浜。
予讃線ではあるが、例によって海辺の崖に面した猫の額ほどの地域を狭苦しそうにゆくので、たたずまい的にはローカル私鉄っぽい。
反対側には宇和海行きが止まっておりここで伊予大洲をでて初めての行き違いとなった。それほど列車は来ない。何人か乗って20人近くなった。
海の手前が工場や倉庫などで埋まっている。あまり綺麗な眺めではないが松山が近いことをうかがわせる。
すぐ右はずっと崖になっていて、シェルターやトンネルをくぐる。その先でようやく完全海沿いになる。崖の上のポニョ、と言いたくなりそうな…。そんなところに喜多灘駅。県道を挟むので昨日の梅津寺には勝てないがここも目の前海だ。
なるほど旧線回りもなかなか良いではないか!

IMG_5077

IMG_8625

IMG_8635

 

このあたりから駅間が長めになり、直線も多いので速度もちょっと上がる。
一文字の、串(くし)。下灘、親父が小舟で釣りしてる!

 

IMG_8636

遠く、海の右前方の陸地に街が見える。松山市だろうか。
しかし昨日の予讃線はほとんど海沿い通ってなかったが、今日は面白いほどずっと海沿いをいっている。
海を見下ろす高台の集落に出て、伊予上灘。海側も家や商店があるのでホームから海は見えない。ここでもまとまった乗車あり座席ほぼ埋まる。
トンネル抜けるとまた海だ!遠くに見えた海沿いの街が少し近づいた。高野川、こうのかわ。
高野川を出ると短いトンネルくぐり右にカーブして少し海から離れる。内陸の小高い山をカーブやトンネルでかわす。
途中廃駅と思しき、廃屋の付いた駅ホームらしいのを通過する、これはなんだろうか。後で調べてみたところ新線開業前に存在した三秋信号場の跡のようだ。

IMG_8637

 

上に松山自動車道が見えると右から新線が近づいてくる、こちらも高架に上がり新線に吸い込まれるように合流。片面ホーム高架駅の向井原に着く。海をバックに伊予市の市街地が広がっている。

松山へ

予土線で高知から愛媛県は宇和島へ出てきた。宇和島からは12時54発宇和海14号で予讃線を北上する。アンパンマン列車の3両編成、2号車に乗る。車内チャイムはアンパンマンのテーマソング、放送もアンパンマンの声が入る。車端の広告枠も天井の装飾もアンパンマン…

IMG_0080

北宇和島で予土線と分岐、予土線同様にこちらもしばらくは山間をいく。
トンネル抜けると海が見えてくる。伊予吉田に停車。しかし山ばかりで平野がほとんどない。なんか伊豆半島みたいだ。 トンネル多く、土讃線に負けてない。時々合間から遠くに海が見えたりする。

IMG_0083

 

IMG_0084

卯之町、このあたりから田んぼ広がって少し開けてくる。
減速し伊予石城で運転停車、下り特急を待ち合わせる。
八幡浜、特急停車駅らしい街。もっとも町並みはかなり古そうだが。ここから乗る人が数人いる。朝早かったこともあり、眠くなりうたたねする。景色は大きくは変わっていない。相変わらず山間の里を走っている。

 

IMG_0091

町に出て伊予大洲に停車、この先で予讃線旧線が分岐、特急を含むほとんどの列車は短絡ルートの新線に入る。
左隣に松山自動車道が並行している。暫定2車線で、狭い。
伊予大洲から一つ過ぎた新谷から路線名が内子線となるが、新谷駅自体なんの変哲もない中間駅。特急は普通に通過するだけだし意識することはない。一応運賃計算上、内子線は地方交通線なのでここでしっかり運賃計算の区分はあるが。元は予讃線旧線で伊予大洲から一つ過ぎた五郎駅から内子へ向かうだけのローカル線だったが、予讃線は海側を遠回りするルートであったことから内子経由の新ルートが計画されてそちらに組み入れられた。よって新ルートはひたすら山側を走行しており、トンネルも連続している。

内子。2面3線の高架駅で特急停車駅。ここから先は予讃線(新線)に戻る。内子を出ると長いトンネル連続、列車も高速で、ちょっと揺れる。ちょっと飛ばしすぎでは、と思う。
向井原で海側に出て旧線と合流、一つ先の伊予市に停車する。

朝の四万十から(4)

江川崎を出る。なおも川沿いを走るが、四万十川は江川崎駅付近で予土線と分かれて既に南下しておりまた別の川のようだ。西ヶ方を過ぎ、次の真土との間で県境を越えて愛媛県に入る。このあたりから山との距離が少し広がり、宇和島の海の方へ下っていく感じになる。沿線には集落も増えてきて乗客も宇和島に向けて増えていく。真土では数人の乗車、少し走って吉野生(よしのぶ)、松丸と過ぎ、駅間も予土線にしては比較的短い。ついでに線路の規格も低いようで列車はそれまでとはうって変ってスローペースで走る。沿線の様子の違いもあるが路線の成立過程の違いもあり、予讃線接続の北宇和島から吉野生までは戦前に宇和島鉄道として開業し後に国鉄路線となったもので、そこから東の窪川方面は戦後になって国鉄により新規開業した区間となる。速度の違いがあるのはそのためのようだ。

 

IMG_0057

完全に里の景色になり、道路も並行する。集落も多い。地形もだいぶなだらかでトンネルもない。飯田線とかでも見られるようなごく普通の田舎列車の光景。出目、近永とすぎる。速度はとろいが、逆に駅間がやや短くなるのでそんなに長いとは感じない。地元の利用増え学生多くなる。宇和島に向かって一駅ずつ増えていく。近永も予土線の中では主要な駅で、宇和島へ折り返す列車が何本か設定されている。ここまで3時間ほど列車がない区間だったが、ここから先は1~2時間に1本程度の頻度で運行される。鬼北町の中心的な駅で北宇和高校が駅前にある。

IMG_5035

 

深田〜大内間で宇和島市に入る。伊予宮野下で交換のため6分停車。ここで席はほぼ埋まる。少しホームをぶらぶら。

IMG_0058

IMG_0059

IMG_0060

 

行き違ったのはホビートレインだった。でも車内から撮るのがやっと…。

IMG_0067

 

しばらく走ってすぐ務田、純粋な予土線の駅としては最後の駅。ここまで穏やかな里の風景だったがこの先で久々にトンネルをくぐって山林に入り、崖にへばりつきながら蛇行しつつ走る山間ルートになる。もっとも四万十川流域ほど険しい場所ではないし、道路も並行している。
速度が遅いせいもあってか、駅間相当長く感じる。今までの何倍もある。10分近く走ったか、ようやく里の方に下りてきて、予讃線に合流し、北宇和島に着く。ちょうど予讃線の伊予市行きが待っていた。

IMG_0068

宇和島は海沿いだが、このあたりも決して広くはないようだ。北宇和島の周囲も山だ。
ここから一駅だけ予讃線を走行、町になってすぐ終着の宇和島に到着。

高松から走ってきた予讃線もここが終点で、四国島内の鉄路の最果ての駅の一つになっている。ホームは行き止まり式だ。現在高知県内は宿毛で終わっている宿毛線(開業区間は土佐くろしお鉄道が運営)は、もともとここまで繋げる計画だったらしいが未成に終わっている。この宿毛線の未成区間と、高知県内の室戸岬方面の鉄路(現在の阿佐海岸鉄道の甲浦から、ごめん・なはり線の奈半利までの間)がつながっていれば、四国島の沿岸部を一筆書きで一周できる周回ルートが完成、となるはずだったが…夢に終わってしまったようだ。

IMG_0071

IMG_0069

IMG_0072

 

駅前に出てみる。駅ビルになっていて上はホテルになっており結構な規模だ。背の高いパームツリーも印象的。冬だったが暖かく南国に来た感じ。ちょうどお昼になったので駅弁ないかとみてみるがここは現在残念ながら売っていないようだ。駅ビル内の売店にちょっとした弁当かベーカリーでパンが調達できる程度。パンもよかろうとベーカリーに入る。

IMG_0076

IMG_0077

 

宇和島は闘牛でも知られ、市営の闘牛場で定期的に闘牛大会が行われる。人対牛ではなく牛対牛の戦いである。ウッホウッホ!

IMG_0074

 

こちらは宇和島鉄道時代の蒸気機関車のレプリカ

IMG_0075

宇多津にて

朝の予讃線宇多津駅にて。特急『南風』を待つ間に往来する列車を眺める。

IMG_8450

121系、快速『サンポート』

 

IMG_8456

121系のワンマン化改造編成。帯色が変更され、登場当初の赤色に戻されている。

 

IMG_8441

113系。JR東日本からやってきたもので編成ごとに塗装が違っている。なおこの編成は『瀬戸内国際芸術祭』の作品のひとつとして写真家の荒木経惟氏の手でラッピングされた「アラーキー列車」。芸術祭の作品ということで期間限定の運行。これはラッキーだったかもしれない。

 

IMG_8460

お目当ての2000系気動車『南風』、岡山発だがここで高松発の『しまんと』2両を連結して5両編成で土讃線、高知方面へ向かう。

 

IMG_8463

岡山寄り先頭車の貫通扉が開けられ、連結準備。

 

IMG_8464

高松からの『しまんと』が入線。さて、今日はこやつで高知入りするぞ。

121系の車両紹介はこちら

2000系の車両紹介はこちら

まずはマリンライナーで

四国旅の様子をつづっていくことにしよう。
新幹線で岡山に向かい、まずは岡山~高松間を結ぶ瀬戸大橋線の快速『マリンライナー』で四国入り。降り立った6番乗り場では「瀬戸の花嫁」のメロディーに早速出迎えられる。
JR四国の5000系、5003号車乗車。基本5両編成、快速なので自由席で別料金がないが、高松寄りの先頭車は2階建てで、1階は指定席、2階はグリーン車になっており別料金が必要である。今回は自由席の一般車両に乗る。せっかく来たので外を見たかったが、窓際埋まってたのでドア際の補助席を出して座る。これがついてるのがいい。席は7割がた埋まってる。本州四国を結ぶだけあってか、昼でもそれなりな乗車率だ。

IMG_4631

IMG_4636

 

岡山~茶屋町まで宇野線、そこから本四備讃線に入って瀬戸大橋を渡り、四国に入って坂出で予讃線に入る。岡山を出ると山陽本線オーバークロス、高架で岡山市街を進む。沿線は住宅のほかに工場目立つ。工業地としての瀬戸内海を思い起こさせる。
5000系はJR西日本の223系ベースということで、高速スプリンター的イメージを持つが、駅間はそんなに長くないし、途中茶屋町まで走行する宇野線が一部単線とあって速度も223にしてはそんなに出ていない。80~90km/hくらだろうか。
郊外に出てきて田園も広がり、最初の駅早島に停車。ござの早島の看板が目に留まる。快速『マリンライナー』は1時間2本が基本で、昼間は岡山の次が妹尾停車になる便と、早島停車になる便が交互に運行されるようだ。しかし、妹尾駅が駅前にマンションが目立ちいかにも快速停車駅という雰囲気があるのに対し、早島駅はこういってはなんだが周辺がなんだか寂しい感じがするし、ホームの屋根もなく駅自体もなんだか、という感じがしてしまう。一応は早島町の代表駅だし、宇野線の普通列車の本数が少ないという事情もあるのだろうが、妹尾駅の方が岡山市内にあり乗降客数でも早島駅を大きく引き離している。
高架になり街になって茶屋町停車。宇野線はこの先分かれて宇野へ向かうが、今では大半が茶屋町折り返しにより担われており、茶屋町~岡山間は「瀬戸大橋線」の一部として組み込まれ岡山から四国へ向かう列車がほとんどである。かつて、というか正確には今もだが本州・四国の連絡に宇野・高松間の宇高連絡船が運行され、宇野線は瀬戸大橋開通前から本四連絡の要となってきた路線である。213系の宇野ゆきが停車中だった。
本四備讃線に入る。新設された路線ということで高架で線形もよく、速度も上がる。120キロくらい出てそう。しかしこの先海のはずだが、行く手は山が連なっている。海ギリギリまで山が続くのが瀬戸内の特徴か。木見を過ぎて長めのトンネルをくぐる。結構騒音。少し耳にくる。上の町を通過する頃、遠くに瀬戸内海見え始める。しかしすぐまたトンネル、本当トンネル比率が高い。
本州最後の駅、児島に停車。2面4線で大きい。ここからJR四国に入り、乗務員も交代する。瀬戸内海がよく見える。
高速道路の下に入り、瀬戸大橋を渡る。この手の橋はそうだが、高度がかなり高い。橋桁の高さは30~60m級はあるようでだいたいビルの10階は優に越える高さとなる。おまけに鉄道橋は普通に鉄橋で遮るものも柵しかないし下もスカスカなので水面がよく見える。海上をいっている時はそれほどでもなかったが、四国の陸地にかかりはるか下に工場群など見えてくると、ちょっと恐怖感が増す。高所恐怖症には、ちょっとビビるかもしれない。本来新幹線を通せるように両側のスペースがとられているというのもあるようだ。しかし風の影響か、速度が遅い。80キロくらいではないだろうか。

IMG_4646

数分の海上散歩を楽しみ、いよいよ四国島に”上陸”である。渡り切ると徐々に高度を下げ、高速と分かれデルタ線に入る。予讃線と合流し坂出。ついに四国入りだ!
坂出は高松にほど近い街で乗客も多い。ここから予讃線を猛スピードで走行、223系の本領発揮といったところか。高松に近いので都市近郊的風景だが、田畑も広がりのどかな雰囲気がただよう。それに、四国ならではの平野少なく山が多い車窓。このあたりの特徴として、独立したトンガリ山が目立つのが面白い。
高松に到着、四国の土を踏む。というかあまり時間ない…。ちょっと写真撮ったらさっさと讃岐うどんを食べに行くぞ。

IMG_4654

快速『マリンライナー』5000系の車両紹介はこちら!