日帰り銚子の旅(5)

香取から鹿島線に乗り、鹿島神宮へ。鹿島神宮手前で北浦を渡る。一度来てはいるが何度見ても見ごたえのある景色。

鹿島神宮から鹿島臨海鉄道に乗り込む。ここからは初めてだ。


運転系統的にはここが鹿島臨海鉄道の起点ではあるが、隣の鹿島サッカースタジアムまでは、実際はJR鹿島線である。しかし鹿島サッカースタジアム駅が臨時駅という事情もあってか、運転系統上は鹿島神宮駅で区切られている。

その鹿島サッカースタジアム駅には臨時停車した。サッカーの試合があったようだ。



おかげで駅をゆっくり見ることができた。そして車内には多くの乗客が乗り込み、列車も一気に賑やかになった。

ここから先は路線上も鹿島臨海鉄道に入る。ここまで電化されていたがこの先は完全に非電化となる。

長大な名前の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」

駅名看板もデカイ。

日帰り銚子の旅(4)

犬吠で降りて駅付近を少し撮影、また 弧廻手形にぬれ煎餅一枚の引き換え券がついていたので、駅内の売店で交換。これで今日のおやつをゲットw

外川から折り返しの銚子行きで戻る。今度は終点銚子まで戻り、鹿島臨海鉄道へと向かうべくまずはJR成田線へ。
がら空きのボックス席でぬれ煎餅を楽しむ。真面目に「しょうゆ味!」と言いたくなるほど醤油にどっぷり浸かった独特の甘辛い味と、フニャフニャ(笑)しながらもそこそこに歯ごたえのある食感が最高だ。 

香取駅で列車を降り、鹿島線に乗り換える。香取神宮の近くとあって神宮を模した駅舎が立っているが、実態は無人駅で改札はなく、スイカの簡易読み取り機があるだけ。建物は待合室の役割を果たすのみである。トイレは駅舎の隣に備わってはいるが駅構内ではなく、一旦外に出なくてはならない。

のんびりとした雰囲気の駅構内。人気なく、物音もそんなにしない。静寂に包まれている。



香取16時1分発の鹿島線に乗車。鹿島線に乗るのも二度目だ。これで鹿島神宮へ向かい、その先鹿島臨海鉄道に初乗車する。