乗り納め2013(1)

今年も残す所あと2日となりました。皆様方には今年も誠にお世話になりました。書きたい放題、書いてまいりましたが、果たしていかがだったでしょうか。ってなんでテレビ口調?そんなこんなですがひとつ、来年も宜しくお願い致します。
今年はカレンダーが良く、業種にも依る所では有りますが大概9連休になる方が多いのではないでしょうか。年末年始という特別なときではありますがこんなタイミングを有効に使わない手はありません。海外で年越しをされる方も多いんでしょうね。
筆者はまあマイペースなもんで休むときは休みたいし年末年始はゆっくりしたいと余計思うもんで、あまり遠出しないんですが、まあ、最後くらいは年忘れにちょっとどこかへいくことが多いですかね。ということで今年も乗り納めがてらちょいと乗り鉄してまいりました。

今回は常磐線の我孫子からスタート、成田線に乗り、成田を経由して香取からはまだ乗ったことのない鹿島線を訪問することにしました。
別に最初から総武線で千葉方面から行っても良かったのですが、わざわざ常磐線で我孫子を経由しました。そして時刻はばっちり、お昼時!はは、常磐線、成田線沿線にお住まいの皆さんや、そちらの方に良く出向く鉄ちゃんの皆さんなら、なんとなくお分かりでしょうかね・・・。名物唐揚げそばでおなじみの立ち食いそば屋さん「弥生軒」目当てでありました!チェーン店ならまだしもエキナカの立ち食いそば屋さんで名前を有る程度知られている所って、なかなかないですよね〜!筆者みたいにここ目当てでわざわざ我孫子を訪れる方も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか???

20131230-163020.jpg

というわけで常磐線快速で我孫子に降り立ちました。さあ、唐揚げそば食うぞ!www

各ホームにあるようですが下り快速と成田線の止まる1・2番線のお店は休業のようで・・・上りホームの3・4番線に移動、こちらはやってました!

20131230-163134.jpg

実はここ弥生軒、『裸の大将』でもおなじみの山下清画伯が働いていたことがあるそうです。お店にちょこっと書いてありました。働いていたといっても相当前のことでしょうから、そこからしても結構な歴史を持つお店です。

そして早速名物、唐揚げそば(2個入)の食券を購入。480円。気づかず2個入頼んじゃったけど、1個入もあるようです。
どうやら平成に入って新商品として投入されたらしく、それがヒットし見事に看板メニューになったということみたいです。立ち食いそばなのですんなり出てきます。

 

20131230-163105.jpg

確かに噂は聞いていたし写真も見たことはあるのだが、いざ前にして、デ、デカい・・・。(汗)
あったかいそばのどんぶりを覆うように唐揚げが「2体!」、ってロボットじゃあるまいしwww
だが思わずそう口に出しそうになった。
「1個、2個」っていうレベルじゃないサイズ。
別にそばはそばだし、定食やセットでもないので何もついていないのだが、それでもいざ前にすると思わずたじろいでしまった!そう、ラーメンはラーメンでも、ラーメン二郎を前にしたときのようにwww
名物というものはそれだけでも、心理的圧力を与えるに十分な威圧感を持って迫りくるものなのだ。
いやいや数年前なら二郎の「小」ならなんとか攻略していたおれだ。いけないはずはない!って、なんて弱々しい意気込み・・・。

スペースも狭いし次のお客さんも集まっているのでさっさと食べる。とりあえず唐揚げにがっつく。サイズがデカい上に切られていないので文字通り、がっつくしかない。そばと一緒に食べつつ、やっと1個食べる。もう1個食べただけでプチ満足、みたいな気分になるがここで満足してはいけない。2個目をがっつく。油混じりのだし汁でそばとともに流し込む。ふぅ〜。数分のことなのだが、えも言われぬ達成感!

さあ、腹ごしらえを済ませたら旅の始まりです。2番線の成田線に乗りこみます。

IMG_4269

成田線は総武線の千葉から成田を通って銚子へ向かう線ですが、途中成田で常磐線我孫子へ向かう線(これから乗る路線)が分かれています。しかし駅や路線図などではどちらも「成田線」と案内されているので、ちょっとややこしいところです。ちなみに成田からは成田空港へ向かう線も分かれているため、そちらも注意が必要だったりします。本線が総武線との結びつきが強くNEXなど空港アクセスルートにもなっていますが、我孫子側の線は常磐線との結びつきが強く、常磐線の快速が乗り入れたり、車両もそちらと同じエメラルドグリーン帯のE231系が使用されています。

時刻になり発車、ガードを渡って常磐線から分岐。全線単線です。
しかし常磐線経由で都心へ出られる利便があってか周辺はかなり開発され、綺麗な新興住宅地の谷間を行き、団地もあります。もっともこの辺りでは常磐線の天王台駅も近いため、そちらの利用者の方が多いようです。最初は東我孫子、早速上り上野行きと行き違いのため停車します。ホームは上下分かれてますが狭いです。地図でみると常磐線天王台駅がほど近く数百メートルしかないようです。そちらの方が上野へ一本ですし本数も多いですから、こちらの乗客は少ないです。

 

20131230-163050.jpg

20131230-163242.jpg

 

東我孫子を過ぎると畑や雑木林が増えてきますが。が、あくまで通勤路線、少し行くとまた住宅地に囲まれます。複線化を想定してるのか進行方向右側は広いスペース、でも全線あるわけではなさそうで。湖北、駅舎のある有人駅で駅前もスーパーあり少し賑やかです。家並みと畑を見ながら進み、新木。しかしこの辺りの家々はみんな真新しくて綺麗ですね〜!

ススキボーボーのなかをいきます。複線化用地でしょうか。開けて家並み広がると布佐。駅に着く手前に「平和の里あびこ」っていうそこそこ大きなビルが突如出現します(介護付き有料老人ホームだそうで)。駅前には何棟かマンションがあり、我孫子方面の成田線の駅の中では賑やかな駅と思います。が、それでも乗客数はお寒いようですが・・・。

IMG_4276

 

布佐の先で手賀沼から流れ出た手賀川を渡って我孫子市を出て、印西市の北端を通ります。
手賀沼というと以前は周囲からの排水での汚染が深刻で長年にわたり「日本一汚れた沼」(化学的酸素要求量=COD値が全国ワースト1)と言われてきました。今も汚染は続いているようですが、なんとかワースト1は逃れているようです。
印西市に入ると木下(きおろし)、ここでまた行き違いをします。駅前にくすりの福太郎のでかい店舗!

20131230-163321.jpg

 

しかしこの路線は踏切の音がいい味出してると思います。
木下を過ぎると右は森林、左手は田んぼといった車窓になります。利根川のすぐ近くにきたせいか北側が開けています。はるか向こうにはつくば方面と思しき山が見えます。右手の森には「印西動物霊園」なる看板が目に入ります。この辺りはひたすら直線なので、結構スピードが出ます。

20131230-163300.jpg

 

家並みにまた変わると小林。しかしこの辺りまで来ると、家が多いのは駅の周りだけで、駅間はそれといったものがないような風景が続くようになります。本当に何もないのでかなり遠くまで見渡せます。印旛沼が近いということもあるのでしょう。
長門川を渡りますが、汚いのがちょっと残念。印旛沼からのようですが、残念ながら現在印旛沼がCOD値ワースト1になってしまっているようで・・・。

栄町に入って、安食、昼間は上りホームのみを使っているようでそちらに着きました。下り線は一応使われてはいるようですが、線路は草ぼうぼう。
利根川から離れ、今度は北側が林になり南の方が開けた風景になります。印旛沼近くに出て、下総松崎(しもうさまんざき)、ここは駅の周囲も民家がそれほど多くなく、かなりのどかな感じです。田舎の小駅といったたたずまい。でも前方右手には、真新しい高架橋が横切っています。成田スカイアクセスです。

20131230-163350.jpg

 

林の中を左右に急カーブしながらゆっくり抜けて行きます。途中成田スカイアクセスをくぐり、同線の成田湯川駅と交差しますがこちらに駅はありません。成田のニュータウン向けに造られた駅のようですが成田線そのものの本数、乗客数とも少なく乗換駅にする必要があまりなかったということでしょうか。

IMG_4292

 

林をひたすら抜けてやっと町に出て、佐原方面の成田線が合流して、終点成田に到着です。
成田へはたまにきますが、いつもは千葉方面の成田線か京成線で来るので(まあ東京方面からの場合、それが素直なルートですから)、我孫子から来るのは滅多にないですね。
6番線に到着、ここで鹿島線に乗るべく向かい5番線の鹿島神宮行きに乗り換えます。

20131230-163436.jpg

20131230-163427.jpg