埼京線E233系デビュー

本日、2013年6月30日(日)より埼京線にてE233系が営業運転開始となった。E233系は2006年から登場、中央線快速向けにオレンジ色で営業運転を開始、その後京浜東北線、東海道線、京葉線などに配備されている。今回は埼京・川越線向けに7000番台が登場、同線205系の置き換え用として投入され、300両程ある車両を今年度中に全て置き換える計画という。

 

IMG_6647

IMG_6643

新宿駅に停車中のE233系。かつての赤羽線を延長、東北新幹線の隣に建設していた通勤新線とを合わせて1985年に誕生した埼京線。当初は山手線のお下がりの103系がウグイス色塗装で活躍していたが、1989年から当時の新車であった205系に全面的に置き換えられた。ウグイス色の埼京線は、当時写真を撮るような身ではとてもなかったものの記憶の片隅にだけは残っている。さすがに、赤羽線(黄色の103系!)の頃までは知りませんが・・・。

 

IMG_6650

IMG_6651

LEDきれちゃったんでシャッタースピードを変えてみる、が、若干ブレが・・・。

 

IMG_6639

ヘッドマークもついていますね。

 

IMG_6652

サイドビュー。E233系ということで車体幅は広くとられている。そういえば、205系についていた6扉車はついてないんですね。幅広くなった分、定員増ではありますが。

 

IMG_6653

堂々のトップナンバー。

 

IMG_6626

IMG_6627

追い出される側の205系。製造から25年程度だがステンレス車体ということで基本腐食はそうないはずですが。まあいきなりザックリじゃなくて、どこかに転属か譲渡とかされんでしょうか?最近は本ブログでも取り上げている通り富士急6000系に変身したのがいますね。でもまあ受け入れ先も数多と有る訳ではないでしょうから、分かりませんね。同じく205系で統一されている横浜線にもE233系が投入される予定ですしね。

それでは最後に発車の様子を!