E235系

JR東日本の新型E235系の発表がありました。まずは2015年3月末めどに量産先行車が落成し山手線に投入されるようです。(なんだかんだで山手線なんですね〜)
仕様的にはまあ技術的なところはさておいて一世代前のE233系をほぼ踏襲し、一部手を加えてるような感じですね。E231系、E233系ときていますが進化はしつつも根底としてはほぼ確立されてきた感があるでしょうか。
客室設備として恐らくもっとも大きな変更点が、従来「車椅子スペース」として一部車両にだけ取られていた車端部のスペースが、その名も「フリースペース」として全車両に設けられるようになるようです。また優先席も増設され車端部の座席はすべて優先席になるようです。なんたってコンセプトが「お客さま、社会とコミュニケーションする車両」ですからね。なお重視されているんでしょう。
ただ、多目的に使え立席定員が増える反面、全車両にフリースペース設置により、編成全体の座席数は減ることになります。もっとも都心部の環状運転で平均乗車時間もさして長くないであろう山手線のことですから、そこはあまり問題視せずに行けそうだというスタンスでしょうか。また今回投入分はあくまで量産先行車ですから量産車や山手線以外への投入となるとまた変わってくるかもしれませんね。個人的には、車椅子などでもどこでも乗れるという反面、通勤時は立ち客で埋め尽くされる結果になる気もしますが、まあそれはそれでもいいんでしょう。
車体のカラーリングも変わってますね。個人的には都営10-300形の最新グループをつい連想します…。前面形状はまだイメージだからかもしれませんが、見るとちょっと四角が強調されたかなという感じ。コストも考えてかやっぱり切妻です。切妻以外が出るともっと面白いと思いますがもうないでしょうね。

山手線新駅

少し前に触れてスルーしてましたがwww、山手線田町~品川間の新駅設置について発表されたようです。場所的には以前の田町車両センターをの箇所でしょうか、現在の線路や車両基地を移設して東側に移動し駅を設置。かつて線路があった所は駅と一体化して街づくり、という構想のようです。2020年の東京オリンピックに合わせ暫定開業ということです。

田町~品川間は山手線で最も長く2.2kmあります。一応、すぐ隣の国道15号線の下を走っている都営浅草線に泉岳寺駅がありそう不自由しないのでは、という気もしますが、線路自体東に移動というところもあり反対側の芝浦あたり、ウォーターフロントの利便性は向上しそうですね。