高山の旅(2)

名古屋発、特急『ひだ』での高山本線の旅。岐阜からはいよいよ高山本線に入る。
岐阜駅は立派な高架駅だが、高山本線に入ると単線になりすぐ高架を降りる。
同じ岐阜駅に乗り入れている東海道本線、高山本線、どちらも「本線」ではあるが、その格差は非常に大きい。
高山本線は岐阜駅から、飛騨地方経由で北陸は富山駅までを結ぶ。路線長は225.8kmと長く、美濃太田や高山といった沿線の主要都市を結び本線の風格はあるが、大半が山間部を通るため主要都市周辺以外の利用客は少ない。特急は岐阜〜高山でだいたい1〜2時間に1本程度、普通列車は名古屋近郊となる岐阜〜美濃太田間は本数が多いもののそれでも30分に1本程度で、それ以外の区間では昼は3〜4時間も列車が来なかったりする。全線が単線、非電化路線で、特急は、JR東海のキハ85系が4〜7両編成で走り本線の特急らしい感じだが、普通列車は1〜2両編成の気動車がコトコト走り完全にローカル線の運行形態である。岐阜から富山県に入ってすぐの猪谷までがJR東海、その先猪谷〜富山間がJR西日本の管轄となっており、特急以外は猪谷を境に車両も異なっている。

岐阜からはまず東へ向かい、各務原や鵜沼といった周辺の市街地を走っていく。本数が一番多い区間だが、ここでも単線である。ちなみに岐阜〜鵜沼間は名鉄各務原線と並行しており競合関係にあるが、名鉄側の方が複線で本数も多く優位に立っている。私も名鉄各務原線は、一度乗ったことがある。
大幅に遅れてはいるが徐行することなく、特急らしく走る。ただし単線なので所々で行き違い待ちのため運転停車はある。

鵜沼では並行してきた名鉄線が犬山に向かって離れていく。名鉄(犬山線・各務原線)は新鵜沼という駅名だが、連絡通路で繋がっており乗り換え可能である。以前は高山本線の富山側と名鉄犬山線は連絡線で繋がっており、名鉄の新名古屋駅から高山本線に乗り入れる特急『北アルプス』が運行されていた。小田急のJR御殿場線直通『あさぎり』などとともに数少ない私鉄・JRを直通する特急で、私鉄の気動車特急としても珍しいものであった。

 

鵜沼までは平野部に広がる市街地といった感じだったが、ここからは少し山越えのようなルートになり木曽川に沿ってカーブしながら走る。山を越えて盆地に出てくると町が広がって、美濃太田に着く。美濃加茂市の中心駅で、太多線や長良川鉄道が分岐し、高山本線の駅では利用客が多い。なお、岐阜から運行されている普通列車の多くは、ここから太多線に乗り入れて多治見へと向かう。普通列車はここまでが1時間に2本程度(約30分おき)の運行だが、ここから先高山方面へ向かう普通列車は極端に少なく、平成30年1月時点の時刻表では下りで見ると9時57分発の下呂行きの次は、なんと12時39分発の高山行きまで3時間近く来ない。この間に特急が3本走るダイヤとなっており、この先利用が多いのは、特急の止まる主要駅に限られることを物語っている感じがする。

 

途中坂祝で少し長めに運転停車した以外あまり異変がないような感じだったが、美濃太田の時点で列車の遅れは50分になっていた。
美濃太田を出ると太多線と分かれて北へ進むようになる。しばらくは美濃加茂の市街地を走り車窓は賑やかだが、やがて本格的に山間部に入っていく。飛騨川の渓谷沿いに走り、上麻生〜白川口間あたりは飛水峡と呼ばれる渓谷となっている。車窓からでも迫力十分、自然の叡智が感じられるスポットの一つである。

 

 

そうかと思うと少し走ったところで上麻生ダムを通過する。完全に人工物ではあるが、これもまた間近で見ると迫力がある。私はダムには詳しくないが(笑)、ダムもまた一つ一つ違っていていろいろと見ていると面白いことだろう。ダム好きにとってここはどう思われるでしょうか。しかし、こんなにダムのすぐそばを走る鉄道路線もそんなに数多くないだろう。

ダムから少し走ると白川口、ここでも運転停車する。同じ岐阜県内に、世界遺産にもなり有名な白川郷(白川村、この旅でも最終日に訪問した)があるがそちらのことではなく、ここの駅でいう白川は、沿線にある白川町のことを指している。私も駅名だけは前から聞いたことがあったが、ずっと白川郷の玄関口だと思っていた。地図を見ると全然場所が違う。
上りの普通列車を待ち合わせるがなかなか来ず、長時間停車した。ダイヤ乱れで上り列車もかなり遅れているようだ。単線であることもさることながら、この辺りは駅間距離が特に長く、間を埋めるために信号場も設けられているものの列車の行き違いは特に一苦労である。

飛騨金山通過、ここから下呂まで28kmの間、川の両岸は中山七里と呼ばれ国定公園に指定されているそうだ。列車は鉄橋を渡りながら川のこっち側向こう側と行ったり来たりしている。そして断崖の下の川岸のわずかな部分に線路が続いている。建設も一苦労だったことだろう。

そして1時間3分の遅れで下呂に到着。あたりは日本三名湯の下呂だけあって、温泉旅館に囲まれて車窓は賑やかだ。ちなみに、翌日に下呂温泉を訪問するスケジュールで行程を組んでいる。

この先も反対列車待ちが長く飛騨萩原、上呂と停車、長い…。

飛騨一ノ宮を過ぎ、山から町へと入ってようやく高山に到着。結局1時間の遅れとなり時刻はとうに18時を回っていた。通常なら、ひだ13号は高山着17時10分である。

ともあれなんとか高山に着くことができた。実質的には明日からの観光だが楽しみである。
この日は名物の高山ラーメンで締めくくった。

高山の旅(1)

更新が滞ったまま年明けを迎えてしまった。ということで2017年夏のことにはなるが、以前から行って見たいと思っていた岐阜県は飛騨高山に行ってみることにした。ついでに高山本線も初乗車となる。
行程としてはまずは東海道新幹線で名古屋へ。新横浜9時32分発の、のぞみ215号で名古屋に10時54分に到着、そこから11時43分の高山本線特急ひだ9号に乗り換える、はずだった。

東京を離れるときは天気も良く幸先の良いスタート、と思っていたが静岡県内あたりからちょっと空模様が怪しくなる。数日前に犬山あたりがゲリラ豪雨で、犬山城のしゃちほこが落雷で破損するほどの状態となり高山本線も運休になっていた。以前に書いた北陸日帰りの旅も大雨で予定変更を余儀なくされたばかりだった。

が、またも不安が的中。新幹線車内のテロップには無情にも高山本線運転見合わせ、特急ひだも運休との文字が…。ひゃああ!またも東海地方を記録的大雨が襲い、犬山、各務原、美濃太田方面で局地的にゲリラ豪雨となったのであった。高山本線の岐阜〜美濃太田間、名鉄の一部区間で運転見合わせとなってしまった。
今やもう夏に雨が降るとなると、タダでは済まないようだ。

雨の名古屋に降りる。運休の高山本線、この天気ではしばらくは動きそうにない。大人しく運行再開を待つが、まあ暇である。名古屋で観光しても良いのだがそれが目的ではないし、どこかへ行っている間に運転再開の情報が入る事を考えたら、あまり名古屋駅から離れたところには行きたくなかった。
事前に買っていた特急の指定券を払い戻し、矢場とんで昼食をとる。名古屋駅周辺は、昼食の間に天気が回復してすっかり晴天になった。だが列車はなかなか再開の気配がなく、運行情報を気にしながら駅構内をウロウロしたり、ドトールに入って時間を潰す。名古屋から高山方面へは高速バスも出ているので、念のためバスセンターで高速バスを調べたりもした。そうこうするうちに13時頃になってようやく高山本線が運行再開し、14時48分発予定のひだ13号に乗れることになった。
やれやれ。。。

特急券を買い直し、改めてホームへ。コンビニでコーラとおやつを仕入れておく。運転再開したとはいえ当然ながらダイヤは大幅に乱れている。高山本線は全線単線ということもあって、ダイヤの回復は難しい。なかなか列車が来ないしすることもないので、ホームに発着する在来線の列車の写真を撮りながらボーッと過ごす。名古屋も三大都市の一つで日中も乗客が多く、東海道や中央線は6・7両くらいの列車が走り本数も多い。一方で名古屋から西へ向かう関西本線は乗客が少ないのか、昼でも2両編成が見られる。近鉄が並行していて、そちらの方が乗客が多く本数も多い。

 

大都会名古屋でも昼間は2両編成、ワンマン運転の関西本線(313系)。のんびりしたものだ。

中央本線の313系8000番台。かつて運行されていたセントラルライナー用だったため特別な塗装となっている。

上りのひだが遅れて名古屋に14時58分頃にやっと到着、そのためひだ13号は約30分遅れて15時17分発となった。ともあれ、はじめての特急ひだでようやく高山本線の旅の始まりである。

 

高山本線自体は岐阜が起点で、名古屋〜岐阜間は東海道本線に乗り入れている。岐阜駅では構造上、直進して高山本線には入れずスイッチバックして入ることになる。座席の向きは高山本線での進行方向に合わせているため、名古屋〜岐阜間は逆向きとなっており、慣れていないとちょっと違和感を感じる。

名古屋の天気は回復しているものの、岐阜方面の空はまだ薄暗い。ダイヤ乱れの影響で列車はしばしば徐行運転したり、途中止まる箇所もあった。木曽川を渡るが茶色く濁り水量も明らかに多い。一部の木も倒れかかっている。一部の木も倒れかかっていて豪雨の爪痕を見せつけられる。

岐阜から高山本線に入るが、ここから単線となりダイヤ乱れのため反対列車待ちで長く待った。岐阜の時点で43分遅れとなる。
もっともこんな状況下ではあったが無事に乗れたことに、まずは感謝である。

お伊勢参りですが…(1)

友人達との飲みの席でまたどこかへ行こうということになり、10月の土日に4人で伊勢に行くことになった。
前回は日帰りだったが今回は幸いにも全員の予定が合い、初めて一泊二日の行程を組むことになった。
しかし、今年の旅行は天候のおかげでどこへ行っても偉い目に遭っている。今回は一体どうなることやら。。。

伊勢ということで名古屋まで新幹線、そこから近鉄で向かうことになったが、メンバーの一人の発案で近鉄はしまかぜに乗ろうということになった。ハイグレードだが切符を取るのもそれなりにハードルの高いこの列車、しかし今回も切符手配の達人の力を借りて(笑)帰りだけではあるが取ることができた。その代わり行きは伊勢志摩ライナーのサロンシートが確保された。まったくよくぞここまで・・・。

伊勢に昼過ぎにつく想定で組んでいたが、名古屋できしめんを食べてナナちゃんと再会しようということになり、早めの新幹線に。そのため6時50分に東京駅に集合となった。
が、当日が近づくにつれてまたも天気予報が不穏な動き。一週間前から、台風21号発生のニュースが入ってきてしまった。シーズンとはいえ今回はまさかの台風が相手か・・・。もう嫌な予感しかない。
友人からLINEで「すまん!しまかぜを予約できた強運で台風を呼び寄せてしまった!」と悲痛なメッセージ。もう苦笑するしかないわ。。。
なんとか持ってくれないかと祈る。幸い(と言えるのか)にも台風は速度が遅く、予報では日曜になっても西日本方面にいそうな気配で、なんとか台風本体に見舞われる前には東京に帰って来れるだろうと少し安堵する。が、その期待はやっぱり裏切られることになるわけだが(笑えないわ・・・)

当日を迎えてまだ夜の開けない朝5時台に家を出て、東京駅に向かう。この時点で雨が降ってはいたがまだ台風は遠く、まあ仕方ないと思える程度の天候。
新宿駅に出てそこから中央線で東京駅に向かったが、この時間帯中央線の快速電車はなく各駅停車での移動となる。事前にジョルダンで調べて6時20分新宿発の各駅停車で向かうことにしていたのだが、いつものクセか、早朝でちとボケていたこともあるのか何も考えずに快速線の上りホーム(8番線)に行ってしまった。エスカレーターを上がるがホームには当然誰もおらず、発車案内を見ると快速東京行き6時39分の表示。「列車遅れてるか、これでは間に合わない!」と焦ったが、そこでようやくこの時間快速がないことに気づいて、各駅停車の13番線ホームまで戻る始末。全くなにやってんだか。。。
20分の各駅停車に乗って時間内に東京駅に着いた。

友人と合流して朝食に弁当を調達し、いよいよ出発する。修学旅行的なノリで談笑しながら始まるが朝早いこともあって皆途中うとうとしてしまう。まあ混んでいる車内は、静かに過ごしましょう。(笑)

今日の朝食、朝のおむすび弁当
ワンコイン500円なのが嬉しい。サイズもコンパクトで内容もオーソドックスなおにぎりとおかずのセットだがそれなりに入っている。

グレーな空の中をずっと進み、名古屋に到着。そういえば3年前に4人でリニア・鉄道館に日帰りしているが、その時も天気はこんな感じだったかねぇ。晴れ男くんが同伴しているけれども雨男くんの私が足を引っ張ったかな(笑)そうそう、あの時にナナちゃんと初めて会ったんだっけ。私はそのあと個人的に大阪に行った時も名古屋で降りて会っているので、これで3回目になるかな。

まずは新幹線ホームにあるきしめんの住よしへ。駅ホームの立ち食いのお店で、こんなに有名なお店もなかなかないだろう。関東にも我孫子駅の弥生軒(唐揚げそば、書いてると食べたくなるではないか!)とかあるけど、知名度ではここには勝てない気がする。

立ち食いなので、店内空いたスペースにバラバラに立って黙々と食べる。さっと出てくるのが嬉しい。
しかし、まだ朝9時台なんだが(笑)

食べ終えたらいよいよナナちゃんとの再会だ。桜通口から外に出て名鉄のデパート伝いに歩いていくと、彼女は立っている。ただ、立っている。どこに行くこともなく、逃げも隠れもしない。進撃しない、巨人!(笑)

今回のコスチュームは明治のおいしい牛乳だった。
今日も多くの人のカメラに収められることだろう。

というわけでまたいつの日か会うことを心に誓って、近鉄線に乗る。(笑)
行きは伊勢志摩ライナーのサロンカーだ。
伊勢志摩ライナーは特急車23000系、色が赤と黄色の二種類あり今回は赤の方だった(設備は特に変わらない)。

サロンカーは2号車に連結されている。座席が4人用と2人用のクロスシートになっており、ドアで仕切られてはいないが、背もたれが高くゆったりした座席とテーブルが設置されており個室と遜色ない設備となっている。グループ旅行には最適である。2人用シートは2人以上、4人用は3人以上でないと利用できず、複数名の旅行用に特化した設備となっている。料金の特徴として、サロンカー利用には人数分の乗車券・特急券があれば良くそれ以外の追加料金が要らないというのが嬉しい。席数は限られているが、家族や友人との旅行に是非抑えたい席だ(関東では東武鉄道の特急スペーシアに個室車があるが、こちらは乗車券・特急券に加えて個室券が必要である)。
伊勢志摩ライナーには他にデラックスカーが設けられており、そちらはサロンカーほどではないものの、シートピッチと幅が広くとられておりJRのグリーン車並みの設備となっている。こちらはサロンカーと違い、利用には乗車券、特急券の他にデラックス券が必要である。こちらは一人からでも利用できるので、追加料金を払ってもゆったりした座席に座りたい向きには良いだろう。

乗り納め2014

というわけで今年も残すところあと1日とちょっとであります。昨年に引き続き今年もカレンダー通りで行くと9連休ですね。今年は国内中心に自然災害や大雪などに見舞われた一年でしたね。低気圧も「爆弾」という語が付くのがだんだん定着してしまったようです。来年は是非とも穏やかな年になることを祈るばかりです。
そんなわけでささやかながらの最後の旅に小田原へ。

小田原城あたり散策して、さらに御幸の浜というのがあったので行ってみました。明治天皇がこの地で地引網をご覧になったということでそこから付いたもののようです。湘南の海というと江ノ島方面が中心でしょうから小田原で海ってのはなかなか行きませんね。現在は西湘バイパスが海岸線をずっと走っていて、ドライブにも良いところです。

年末の海、波高め、風は冷たく吹き付けます。ここも初日の出ポイントとなるでしょうが、お越しの方は風邪をひかれませんよう…
それでは良いお年を。

IMG_8097.JPG

IMG_8108.JPG

IMG_8098.JPG

東海道新幹線50周年

色々新幹線の話題が尽きない昨今、東海道が今日で開業50周年なんですね。
グッズ関連の収集はほとんどしないんですが、新幹線乗車の機会に、50周年記念モノをちゃっかりゲッツw
というわけで50周年記念弁当であります。

IMG_7465.JPG

IMG_7467.JPG

中身は新幹線沿線にちなんだものがおかずになっていますが、関東(東京、品川、新横浜)、名古屋、関西(京都、新大阪)と、販売地域により3種類の異なる内容となっています。筆者は京都で購入。湯葉や西京焼きなどが入ってるあたり京都風という感じがします。ちなみに関東版だとご飯が深川飯だったり穴子の蒲焼があったりと江戸前な内容です。
卵焼きには50周年の文字!あとは特典として新幹線車両のカードがついています。

東京駅

何があったわけでもないが、久しぶりに東京駅に行ってみた。いやいや、通ったことなら何度もあるが、降りる用事はそんなになく、あたりをほっつき歩くこともない。
丸の内側の駅舎は復原工事が完成。シンボルだった南北の丸ドームが見事に復原された。美しい!

20140202-203152.jpg

20140202-203635.jpg

20140202-203939.jpg

丸の内南口と北口はドーム型になっている。

20140202-204412.jpg

東京ステーションホテル。列車の乗降だけではない東京駅のもう一つの顔だ!部屋もよーろぴあんくらしっくだかで優雅な雰囲気だそーで。しかしそのお泊まりのお値段は……私はとてもではないが、無理orz

20140202-205435.jpg

八重洲口もしばらく来ないうちに大きくリニューアル、なんだか六本木ヒルズちっくな。

新幹線で一気に(4)

夜の浜名湖を通過、暗いものの明かりに照らされて水面がかすかに見える。遠くにイオンの大型店舗が城のごとく煌々としている。
浜松を通過。急速に東京に近づいている。5時近くまでは九州は博多にいたのに。九州新幹線が通じたことで東京~鹿児島中央間が新幹線で結ばれ、現在鹿児島中央から新青森まで新幹線で移動できるが、途中新大阪、東京で乗り継いで、10時間強くらいで行くことができる。陸路をゆく新幹線でもこれだけの時間で移動できてしまう。10時間といったら普通列車(快速含む)で東京~姫路あたりまで行くのがやっとだろう。そうこうするうちに静岡通過。今回このレポはほとんど車内で書いているが、そんなことしてたら本当にあっという間だ。これはもう赤い彗星シャアのごとく「3倍のスピードで接近」、いや、何に対して3倍なんだ?とにかく新横浜に着くまでもう30分ちょっとだ。
三島を過ぎて新丹那トンネルを過ぎる。静岡県区間ももうすぐ終わってついに関東地方に戻る。思えば今日一日で中国、近畿、中部を素通りである。
小田原通過、新横浜到着15分前の放送が入る。名古屋~新横浜間は1時間以上ノンストップになるためか、下りは三河安城通過時に名古屋到着の、上りは小田原通過時に新横浜到着の予告の放送が入る。さあ、4時間50分の新幹線の旅も終わり、降りる体制を整える。

IMG_3349

というわけで新横浜駅。本当にテープを巻き戻すように帰ってきてしまった。

というわけでございまして(重ねてなんだ)、長々と書いて参りましたが、九州旅これにて完了となります。最初に書いたのいつだろ?ああ、8月16日から書いていたんですねぇ!夏から書いて4ヶ月、ありゃりゃありゃりゃで年末になっちゃいましたorz!まあ、毎日ではなく、途中脱線することもありましたが、なんとか書いてこれてホッとしています。まあ、コレに懲りずに(!)今後も日常の息抜きにでも大なり小なり旅をしていくことでしょう。長らくのお付き合い有り難うございました!

新幹線で一気に(3)

IMG_3348

一駅走って京都に停車。ここも一定の乗車がある。そういえば京都の夜景は今までほとんど見ることがなかったが、駅から見る限りそんなにギラギラはしていないようだ。景観の規制もあるためだろうか。光の強さが目立ったのは京都タワーくらいだ。でもそれくらいの方が本当はいいだろう。
明かりの点在する闇夜の中を行く。時々屋上にゆっくりとした間隔で点滅する赤い光は高層マンションか。草津あたりの東海道線沿いだろう。この辺り、本当にマンションが多い。
車窓が暗くなったりトンネルを抜けたりする。関ヶ原付近か。暗いと明かりを頼りになんとなくわかる程度だ。再び明るくなると岐阜羽島を通過していた。
名古屋20時11分着、次の停車駅はもう新横浜だ。名古屋~新横浜が新幹線で一番長いノンストップ区間で80分ほど停車しないが、博多から乗ってきた自分にとってはきっとそこまで長く感じられないことだろう。今回初めて博多から乗っているわけだが、さすがは新幹線でなんだかんだで博多からここまででも結構あっという間だった。日本列島の西から真ん中近くまで、夕方に出たというのに来れてしまったんだから、やっぱり脅威的と思う。何気なく耳にしては口にする「新幹線」、大人になるとその存在も当たり前のようになってしまうだろうが、改めてみればこれだけの長距離を毎日、遅れを出さずに運行しているんだから、まったく物凄いものだと改めて気づかされる。蛇足だが今の新幹線のダイヤは本当に『のぞみ』ばかりになってしまっている。ということで新横浜〜名古屋間ノンストップがほとんどで静岡に停車する新幹線列車は相変わらず少ない。いいかげん『のぞみ』の一部を静岡とか浜松あたりにでも止まればいいのにと思うが。新大阪止まりの列車くらい、なんとかならないだろうか。
さて広島巨人戦、広島は巨人に4点までリードされたまま無得点の状態が続いていたが、7回裏の攻撃でなんと一気に逆転して5ー4になっていた。やっぱり分からないもんですね。って、コレ書いてる頃にはもう楽天が日本一になって終りましたけどね。

新幹線で一気に(2)

IMG_3319

山に囲まれた広島、斜面も住宅で埋め尽くされなかなか壮観である。
岡山停車、岡山を出たところで夕陽が沈む。姫路に停車、山陽区間もあっという間に終わりという感じだ。通過線を持つが、今やのぞみもほとんど姫路に停車する。トンネルばかりの山陽新幹線だが、姫路~西明石間だけは播州平野となるので珍しくトンネルがない。景色をまともに拝むことができるわずかな区間である。

IMG_3331

IMG_3337

IMG_3334

 

 

IMG_3341

なんか気になる山だ。

 

 

西明石をすぎてもしばらくは平野が続くが、やがて六甲山地が迫ってきてトンネルの出入りを繰り返す。そして2つのトンネルにぴったり挟まれた箇所に新神戸駅がある。すぐ後ろは山で、地形的に熱海に似ている。通常新幹線駅は追い越しができるようになっているが、ここと熱海は上下でホーム一本ずつで追い越しができない。
新神戸ではかなり人が乗ってきた。時はお盆休み。自分は上りだが、下り方向はもう満席だろう。
長い六甲トンネルで六甲の山を抜ける。19時をすぎて外もかなり暗くなった。ゆるく右カーブして行って減速、山陽新幹線の起点新大阪に到着する。2時間強で到着した。多くの客が一斉に身支度を始める。やはり大阪、ここでおりる乗客も数多い。
きらびやかな夜景に囲まれて新大阪へ。19時15分着。関西から東京へ戻ってくる時ならそろそろ新横浜だが、今日はまだまだかかる。なんだか、もう帰ってきたような気になってしまうが、いかんいかん!増設された27番線に到着、背の高いホームドアがついている。
けたたましくベルがなって発車する。さあここからはようやくいつもの東海道区間だ。乗客は入れ替わりという感じで、やっぱり空くことはない。自分の乗っていた席の列だけ他に誰もいなかったが、他の列がほぼ埋まっていることだしまあこの先の停車駅で乗ってくるだろう。
そういえばさっきみた広島でのvs巨人戦の速報を見てみると6回に入ったところで、3ー0で巨人にリードされていた。筆者自身はまあそこまで広島、巨人とも贔屓というわけでもないですがね。

ムーンライトながら(3)

岐阜を過ぎると西岐阜、穂積と通過して終着大垣である。

IMG_6965

長良川を渡る。

 

IMG_6966

樽見鉄道が合流する。東大垣駅を通過。

 

IMG_2975

IMG_6970

そして5時51分大垣着、接続列車は網干行き快速。5分の接続。
乗り換えた列車は223系4両編成。いつも思うが接続列車はムーンライトながらの編成よりもはるかに短く必ず混んでいる。座れずに立つ人がかなり多い。着席を狙って、いわゆる「大垣ダッシュ」が展開される。京阪神まで直通するとあってどのみち途中で増結するので最初から8両以上にしておけばよいのにと思うが。
ともあれ、これで神戸へ移動する。