身延線

IMG_3009

IMG_3038

IMG_3081

18きっぷ旅を計画していたので、前哨戦も兼ねて乗車。久々なので、長いのにある程度乗っとかないと疲れます。富士と甲府を結ぶローカル線だが全長は88.4キロだが駅が39もあり(駅間距離平均2キロちょっと)、距離の割に全線走破に時間のかかるところは飯田線に似ている。
富士の市街地とともに、富士山麓の山肌に取り付くような富士宮の町も遥かに見える。雲に覆われていたのがちょっと残念。御殿場線の時もそうだが、あまり富士がまともに見えたことはない。富士山麓を通り標高の高い甲斐へ向かう路線らしく、長い上り勾配を登り続ける。途中下車して名物の焼きそばを食べる。聞いていた通り、麺が硬めで食べ応えがある。
富士宮から単線になり、次の西富士宮で大半の列車が折り返し、ローカル区間に入る。次の沼久保まではこの線のハイライト的区間で、S字カーブを描きながら山へと分け入っていく。ちょっと戻る感じになるので、今まで走ってきた富士宮の市街地が眼下に広がる。そこを過ぎると県道と並行しつつ杉林に入り、やがて富士川沿いのちょっと険しい地形を走る。無人駅が続くため一番前から降りるのが基本で、車掌も一番前にいることが多い。慣れた動作できびきび動くが、放送してドアを開けて回収して、と忙しそうだ。
市川三郷町に入ると甲府盆地に出て、沿線は家々や工場、田畑などで賑わう。本数は1時間に1、2本だが、駅間は山手線並ですぐ次の駅に着いてしまう。飯田線もそうだが、元々私鉄だったことによるもの。都会から始まって、自然豊かな川を登りつつ山間の都市へとコトコト走る構図は、やはり飯田線に近い気がする。
途中下車したこともあり走破に4時間近くかけた。夕刻近くなったので中央線特急「かいじ」で帰路へ。快適な車内でちょっとまどろんだ。