新幹線で一気に(2)

IMG_3319

山に囲まれた広島、斜面も住宅で埋め尽くされなかなか壮観である。
岡山停車、岡山を出たところで夕陽が沈む。姫路に停車、山陽区間もあっという間に終わりという感じだ。通過線を持つが、今やのぞみもほとんど姫路に停車する。トンネルばかりの山陽新幹線だが、姫路~西明石間だけは播州平野となるので珍しくトンネルがない。景色をまともに拝むことができるわずかな区間である。

IMG_3331

IMG_3337

IMG_3334

 

 

IMG_3341

なんか気になる山だ。

 

 

西明石をすぎてもしばらくは平野が続くが、やがて六甲山地が迫ってきてトンネルの出入りを繰り返す。そして2つのトンネルにぴったり挟まれた箇所に新神戸駅がある。すぐ後ろは山で、地形的に熱海に似ている。通常新幹線駅は追い越しができるようになっているが、ここと熱海は上下でホーム一本ずつで追い越しができない。
新神戸ではかなり人が乗ってきた。時はお盆休み。自分は上りだが、下り方向はもう満席だろう。
長い六甲トンネルで六甲の山を抜ける。19時をすぎて外もかなり暗くなった。ゆるく右カーブして行って減速、山陽新幹線の起点新大阪に到着する。2時間強で到着した。多くの客が一斉に身支度を始める。やはり大阪、ここでおりる乗客も数多い。
きらびやかな夜景に囲まれて新大阪へ。19時15分着。関西から東京へ戻ってくる時ならそろそろ新横浜だが、今日はまだまだかかる。なんだか、もう帰ってきたような気になってしまうが、いかんいかん!増設された27番線に到着、背の高いホームドアがついている。
けたたましくベルがなって発車する。さあここからはようやくいつもの東海道区間だ。乗客は入れ替わりという感じで、やっぱり空くことはない。自分の乗っていた席の列だけ他に誰もいなかったが、他の列がほぼ埋まっていることだしまあこの先の停車駅で乗ってくるだろう。
そういえばさっきみた広島でのvs巨人戦の速報を見てみると6回に入ったところで、3ー0で巨人にリードされていた。筆者自身はまあそこまで広島、巨人とも贔屓というわけでもないですがね。

新幹線で一気に(1)

駅弁を購入、新幹線の発車時刻も迫ってきた。
ついに九州とこの旅もそろそろ終わりというところである。博多から東京行きの『のぞみ』で帰ることになるが、山陽新幹線はほとんど乗っていないので実は今回をもって初めて東海道・山陽全線乗車達成ということになる。少し前なら終点だった博多、達成する前に博多以南の九州新幹線が開業してしまったが、まあそれはまた別にということで。

IMG_3270

博多駅。前は隣の駅は小倉と、在来線扱いになる博多南だけだったが、九州新幹線が出来て新鳥栖が加わった。

 

IMG_3268

N700系の山陽・九州新幹線直通仕様車(無知なものでこれくらいしか・・・)

 

IMG_3272

そして乗車する「のぞみ52号」。おお、「東京」の二文字だ!

 

16時44分発 のぞみ52号に乗車する。車両はJR東海、Ambisious Japanのメロディーで発車する。
博多出て吉塚の先で分岐、内陸が山になっているので早速トンネル多し。それも結構長い。
小倉に停車、まだ九州なので九州の特急ソニックの案内がある。工場群をみつつ小倉に停車。北九州の中核都市だ。

IMG_3295

IMG_3296

駅を出るとすぐに新関門トンネルに入る。さらば九州!そして本州に戻る。
新下関、厚狭と通過するが、やっぱりトンネル多い。山の方を通っているし中国地方自体平野がほとんどないので車窓が見えても山ばかりだ。ついでにケータイもほとんど圏外だった。
新岩国を通過、山間にあり山陽本線など在来線との接続がなく、旧国鉄から転換した錦川鉄道線が接続するという特異な駅。それでも新幹線駅とあって駅周辺だけは賑わっているが、なんか場違いな感じもする。
山陽新幹線には東広島、新尾道など、在来線との接続のない駅がいくつかある。そしてそうした駅の開設の是非が問われたりもしている。
それにしても助かるのは700系には電源コンセントの口がついていてPCやケータイなどを電源に接続して使用できる。筆者のケータイもだいぶバッテリー消費していたのでここで大いに補給させてもらった。
17時46分広島着、反対側(瀬戸内海側)の車窓にはマツダスタジアム(広島市民球場)が見える。今日は巨人戦ということで観客で埋め尽くされていた。そこまで大好きという程でもないが、ネットの野球速報でも見ながら行くとしようか。