三段峡にて

廃止直前の可部線三段峡にて。広島(正確には横川)〜三段峡間を結んだ可部線、可部を境に広島側は電化され広島市内の都会路線という感じで今も続くが、三段峡側は非電化のローカル線となっていたが、2003年に非電化側が全て廃止された。しかし可部周辺は広島市安佐北区の中心となっていることもあり利用が見込める所である。兼ねてから可部と、一つ隣の河戸の間の電化運動が行われてきていたが、このほど廃止対象になったその区間が電化されて復活することになりそうである。

廃止直前可部線

廃止直前 三段峡