そして広島へ

呉線を進み、乗り継ぎ駅の広へ。ここから先は広島の都市圏に入るので本数が増え、乗客も増える。この先も海沿いを行くので瀬戸内海は見えることは見えるが、ゆっくり楽しめるのはまあこの辺りまでか。

IMG_0011

広駅。どうでもいいが呉線には漢字一文字しかない駅名が揃っている。この先、路線名になっている「呉」と、「坂(さか)」という駅がある。

 

IMG_0012

13時3分発の快速安芸路ライナーに乗り継ぐ。ちょっと混んでいるが広島まで短縮してくれる。順調にいけば2時には広島に着ける。

 

IMG_0019

呉を過ぎる。路線の由来であり中心的な駅。戦時中に軍港として栄えたことは言うまでもない。当時はこの付近を走行する際、外を見えなくするようにする措置がとられたという。

IMG_0020

左側は海だが、右はすぐ山が迫っている。瀬戸内海一帯は、特に狭く険しいようだ。山もなんか岩肌むき出し。

ちょうどいい時間なので、三原で調達した駅弁でも食べるとしよう。

呉から先は快速運転、あっという間に広島市内へ入る。海田市で山陽本線に再び合流。おっと、左手の指が入っちまった。。。

IMG_0024

 

広島到着。ここから先は下関まで山陽本線をたどる。ちょっと用足し、買い物兼ねて一旦出よう。

IMG_0032

IMG_0030

 

広電止まってる〜。なんか久しぶりに見た。

IMG_0028

 

今日のおやつは、にしき堂の生もみじ。この後の列車でいただきました。

IMG_0041

瀬戸内海を満喫

三原から呉線に入る。三原から広島手前の海田市までの間を、瀬戸内海沿いに走る路線。山陽本線はここでも山側を通過しており、岡山県内の赤穂線との関係に似ている。ただ、呉線の場合赤穂線と違って海沿いを走る区間が割と多く、瀬戸内海の海の景色を存分に堪能出来る。人気も高い路線である。三原で予定通りの乗り継ぎにならなかったものの、やはり時間に余裕が有るなら少し待ってでも寄っておきたい所である。

IMG_7374

 

海沿いを走る。首都圏からだって海はたやすく見られるとはいえ、大小様々な島々が浮かぶ瀬戸内海の景色はまた違った趣である。

IMG_7392

IMG_7395

 

 

IMG_7402

IMG_7406

途中、竹原で20分程停車する。

 

IMG_7407

IMG_3047

IMG_7404

停車中に瀬戸内マリンビューと遭遇。広島〜三原間の呉線を走る不定期運転の観光列車。まるでクルーザーを思わせる外観がカッコいい!今日は残念ながらお見送りだが。。。でも長時間停車の竹原ですれ違ったおかげでゆっくり見れたもので、もし三原で予定の列車に乗れていたら見れなかったことだろう。

三原市内散策

三原で2時間ほど待ち時間が出来たので歩いてみることに。
福山から広島県内に入っており、三原は尾道と並んで県内の南東部に位置する都市で三原城の城下町。そして鉄道は大胆にもその三原城の敷地を横切るように建設されている。瀬戸内海に面し駅から数分歩けば三原港である。

IMG_7329

駅舎

 

IMG_7357

高架ぎりぎりに立つ三原城の石垣

 

IMG_3046

三原城遠望

 

IMG_7356

城を整備した小早川隆景の像もある

 

IMG_7344

三原港

 

IMG_7348

三原はタコの町としても知られる。駅前にはそのPRの場として案内所「みはら タコのつぼ」が開設されている。一休み兼ねてちょっと入ってみた。バケツに普通にタコがおる。

 

IMG_3045

たこつぼアイス。名前が気になるが、美味しいです。

 

IMG_7367

駅に戻る。看板にもタコの絵が描いてあるんですね。

 

IMG_7364

お目当ての呉線がやってきたのでこれで三原を後にする。途中広で乗り継ぎ、広島方面へ出る。105系だがやっぱり黄色い。