特急『やくも』で出雲へ

岡山と山陽本線の伯耆大山を結び、米子・出雲方面へ連絡する伯備線。特急『やくも』がこの間を3時間程度で結んでいる。国鉄時代から活躍する振り子機能付特急車381系6両編成、基本的に出雲市寄り先頭車はグリーン車となっているが、一部の車両は前面展望を楽しめるパノラマタイプとなっており岡山9時5分発の5号などが該当する(パノラマ車は数が限られているため日によってパノラマでないこともある)。せっかくの機会だし、国鉄型のパノラマ車となれば今後滅多に乗れることもないだろうということで頑張ってチケットを取り乗車した。グリーン車ということでちょいと高くついたがまあ乗った甲斐は十分!乗り込んで座席に座るなり一人興奮気味…www 1号車はほかに乗客はほとんどおらず最前列は独り占め状態であった。
小田急ロマンスカーなどとは違って運転席と客席が分かれている(運転席が2階にある)タイプではなく、平屋建ての構造で運転席も1階にあるので展望も運転席越しにはなってしまうが、運転士気分も味わえるしこれはこれで面白い。

IMG_6709

IMG_6711

IMG_6710

IMG_6712

 

岡山を出てしばらく山陽本線を走行、早速特急らしくぶっ飛ばす。倉敷から分かれて伯備線へと入る。いわゆる陰陽連絡路線は西から東までいくつか存在し、東海道・山陽新幹線連絡の意味も込めて特急列車も多数運転されている。が、経由地の大半が中国地方の山間部という事情もあってか電化され本数の多い路線は少ない。岡山と山陰本線の伯耆大山を結ぶ伯備線が唯一全線電化されて電車の特急が走り、他は非電化路線で気動車での運転である。気動車ファンにとってはたまらんことだろうが。

IMG_6717

岡山を出て瀬戸大橋線の『マリンライナー』と並走。

 

IMG_6728

倉敷から伯備線に入る。

山の比率が圧倒的に高い中国地方、伯備線に入って程なくして早くも登山モードになり、左右にカーブしたり時にトンネルをくぐりながら山間を進むようになる。もっともこのあたりはまだ岡山に近く、総社、備中高梁といったある程度の規模の駅が続き周辺も結構な町になっている。備中高梁までは複線化され本数も割と多い。

IMG_6731

IMG_6732

伯備線に入って最初の停車駅、総社に停車。吉備線が接続する。NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のラッピングがここでもされていた。

右から太陽が照り付け、まぶしい。備中高梁を過ぎると一部複線化された所を除き単線になる。特急『やくも』は本数が多いので、特急停車駅でなくても途中行き違いのために運転停車する。それも上下どちらかで遅延が起きると結構長い信号待ちになる。筆者が乗った際も岡山行き列車が遅延して途中信号待ちの駅で5分程待たされた。

新見に停車、姫新線、芸備線と接続しておりこのあたりの中心駅。接続する両線とも本数が非常に少ないしこの駅の乗客自体も減少傾向にあり、広い構内はあまり人がおらず寂しい。

ここから二つ先の備中神代まで芸備線が乗り入れる。布原、備中神代と通過していくが、ちょっとおかしなことに備中神代駅の看板には次の駅は「にいみ」と書かれ、「ぬのはら」とはなっていない。布原駅には芸備線の列車しか停車せず、伯備線は普通列車も含めてすべて通過するためである。

緑の中を行く。シートが良すぎて思わず眠くなる。新郷を通過していくと車掌によるガイドの放送が入る。この先トンネルで谷田峠を越えるが、そこが岡山県と鳥取県との県境であり、分水嶺であるということだった。
トンネルをくぐってしばらく行くと上石見を通過するが、標高が最も高い駅とのこと。とはいえ周囲は割と穏やかであまり変わった所はないが。

IMG_6746

IMG_6758

IMG_6768

 

生山(しょうやま)に停車、根雨(ねう)で行き違い停車、このあたりでは主流の「黄色い」普通列車が停車していた。本当にこればかりだな。
勾配を下ってだんだんおりてきて、周囲も山々から平野へと開けていく。米子市が近づき車掌による米子市についての放送が入る。ゲゲゲの鬼太郎関連のガイドもしっかりついている。
右から山陰本線が合流、伯耆大山を通過。伯備線が終わりここから山陰本線に入る。大部分非電化の同線だが岡山との連絡強化でここから西出雲までは昭和57年に電化され、山陰本線で最初の電化区間ともなっている。普通列車は気動車が多いが、電化されている京都近郊やこの区間については電車による普通列車が見られる。
米子を過ぎ、島根県に入り安来、境港から流れ込む中海を右に見ながら進む。

IMG_6782

 

 

高架で県庁所在地の松江を望み、この先右側は変わって宍道湖が占めるようになる。実際の所、中海は国内で5番目、宍道湖は7番目の湖であるが、宍道湖の方が東西に細長い形をしており、鉄道線路もその沿岸に沿うように敷かれているため、車窓を見ているとどこまでも続く広大な印象が感じられる。松江から出雲方面にかけて宍道湖を挟むように、南側を山陰本線、北側を一畑電車が走っている。

IMG_6786

IMG_6787

 

出雲空港にほど近い宍道に停車して宍道湖が終わり、荘原、直江を通過して一畑電車が合流、終点出雲市に到着する。JRで来ると出雲大社の玄関口、
駅前から出雲大社方面へバスも出ているが、一畑電車で途中川跡(かわと)乗換で出雲大社前まで行くこともできる(列車により出雲大社前直通もあり)。ローカルな雰囲気とレトロな車両が目玉、最近はすっかり映画『RAILWAYS』で全国的にも知られるようになった路線である。せっかく来たのなら後者をぜひとも味わっておきたい。

IMG_6793

IMG_6792

IMG_6795

九州へ

下関で小倉行きの列車に乗り換える。途中駅は門司のみ、わずか2駅で終着となる。本州と九州を結ぶシャトル便みたいな感じだ。時刻表を見ると今や関門海峡を通る列車のほとんどは、その手の列車になってしまっているようだ。国鉄からの415系に乗り込む。

 

IMG_7443

駅を出てしばらくは下関の町を見ながら走行、本州最後の景色をしばし堪能する。ほどなくして関門トンネルに突入する。関門海峡自体が狭く、人道用のトンネルもあるくらいなので長さは3600m程度でしかないが、れっきとした海底トンネルである。1942年に完成、世界最古の海底トンネルと言われている。複線のトンネルだが、戦時中に造られたトンネルということで、いざという時のことを想定して単線並列の構造になっていてどちらかの線路が止まってももう一方で上下列車を運行できるようになっているという。

北海道の青函トンネルは53.9kmもあり海峡を抜けたという気がするが、こちらはそんなに経たないうちに終ってしまい外へ出る。九州島へと入る。トンネルの出口は山のトンネル等とは違って地下鉄の出口みたいに坂を上がって行くような感じ。なんだか地下鉄から出て来たような感じでやっぱり海峡という感じがあまりしない・・・。
ここから直流から交流になるので、デッドセクションを通過する。新しい車両なら補助電源により車内灯が消えることはないが、国鉄生まれの415系では非常灯以外の車内灯が一旦消えて、セクション通過後に再びつく。

 

IMG_7445

一駅目の門司に到着、下関から先はJR九州になる。そんな訳で細かいことながら駅名票のデザインも九州仕様に変わる。ここで山陽本線が終わり、鹿児島本線に入る。同線は門司港から小倉、博多、熊本などを経由して鹿児島方面へ向かう(今や新幹線が出来て第三セクターになってしまった所が有るので、残念ながら過去形みたくになってしまったが)、九州の大動脈である。列車は基本的に門司港発着が多く、下関はシャトル便というのが基本のようだ。

海峡を渡るとすぐ北九州市なので、都市部を普通に走って小倉に着く。八幡製鉄所で知られる昔からの産業都市である。

下関へ

小野田からまた戻るように山側へ戻り、新幹線と合流して厚狭へ。ここは1999年に新幹線が停車するようになった。
だいぶ日が西に傾いてきた。夏場とはいえもういい時間だ。
小刻みにカーブとトンネルが続く。こちらが山側だからかは分からないが、車窓から人家はあまり見えない。海も近いし道路も通ってるから、それなりに人口はあることだろうが。

IMG_7422

117系とすれ違う。色が黄色じゃないせいもあってか、なんだか珍しい。いやあ、別にそんなにイヤがってる訳でもないんですけどね…。

小月、この先合流する山陰本線が近いせいかは分からないが、気動車を見かけるようになった。

IMG_7425

 

長府を過ぎる。下関が近づいてだいぶ西へ来た感じがする。本州ももうすぐ終わりだ。
新下関で新幹線と再び接続、新幹線ならここで本州の駅は終わり、次はもう新関門トンネルを抜けて小倉である。
幡生で日本海沿いを走ってきた山陰本線と合流、もう本州等の西端部であり駅の東側は瀬戸内海だが、西側は日本海である。地図を見てみると日本海沿いにずっと南下してくる山陰本線に、ここまでほぼ西向きに進んで来た山陽本線が合流する形である。ここで西側の陸地が途絶えて、進路は南向きになる。
そんなところもあってつい本州最後の下関駅が本州最西端と思いたくなるが、実際は少し西側へふくれつつ下関へと南下してくる、山陰本線の梅ヶ峠駅が最西端である。
端っことか一番とかいうと「どこだどこだ」となるのはご愛嬌!ともかく一駅走るといよいよ本州最後の駅、下関である。

IMG_7427

 

かつては東京から九州方面への名だたるブルートレインは言うまでもなく、普通列車もここを越えて九州へと「越境」していた訳だが、東海道・山陽方面のブルートレインが消滅、普通列車もここで全て乗り換えになってしまい、現在ここを越えて直通運転する営業列車は存在しない。
ターミナルとしての貫禄は十分、構造的にも昔ながらの高架駅という感じで、古き良き国鉄の駅といった面影を特に残しているところがいい。

IMG_7426

IMG_7429

IMG_7436

 

 

IMG_7432

昔からある時計だろうか。好きだなぁ!

さて、ここで小倉行きの列車に乗り換え、九州に突入する。

IMG_7433

さらに西へ西へ…

もう17時をまわって、日もだいぶ傾いてきた。夏の盛りだし日本国内でも西方とあって、日没は東京よりも遅くまだ明るいことは明るいが、照らされる車窓はもうだいぶ黄金色になり夕刻という雰囲気は感じられる。しかし夏は日が長くなる分、旅には有利だ。冬場だったら17時はもう暗い。西へ向かっているということで、本当に太陽を追いかけるように移動している。不思議なもんだが地上から見ていると太陽や月など天体というのはさして動いてなく止まっているかのように見えるものだが、実際の動きというのは猛烈に速いもので、ふと気がつくと先へ先へと逃げてしまっているものである。そういえば昨年金環日食が東京等で見られ、太陽、月、地球と一直線に並んで、角度的に月が太陽を隠すほんのわずかな領域で見られた訳だが、金環の状態を実際見られる時間はせいぜい数分である。それぞれの位置関係や移動もありつつも、天体の運動というのはまあ主に地球の自転によって見えているもんだから、言うなればその速度がそんだけ速いっていうことなのだろうが、そんな星に我々は住んでおるわけで、まあそんなこと疑ってもとは思うのだが、まあ我々よくそんな星に住んでいるよなぁ、と思いたくもなる。
どうでもいい話が過ぎた。ああ、決して太陽を直視してはいけませんよ!

櫛ケ浜で岩徳線と再び合流、徳山を過ぎる。新幹線接続駅で結構大きい。

IMG_0107  

防府を過ぎ、この列車の終着新山口へ。もう17時を回っている。今日はほとんど乗りっぱなしだ。 宇部線としばし並行、山陽本線はこの辺りからちょっと内陸寄りのルートになり、代わって(?)宇部線が海沿いルートを担当する。平野の少ないこの地域、山陽本線側は険しくはないが山がちという感じになる。 しばらくは見事なまでの直線区間が続く。地形の関係でカーブの多い山陽本線にしては珍しいのではないだろうか。左右はほとんど田畑でその中を突っ切る感じ。  

IMG_7415

本由良を過ぎると山越えっぽくなり、林の中をアップダウンしたり左右のカーブもきつくなる。しかしそれに反して列車は結構なスピードを出しているので、揺れが結構激しい。ちょうど車内のトイレで用を足そうとしたのだが、まあしづらかったw 山越えが終ると山陽新幹線と合流して厚東(ことう)、新幹線がべったりだが駅はない。新幹線はこの先ほぼ直線でトンネルで山を突っ切るが、こちらはここで大きく左に迂回して海側へ回る。また山を下りてくると宇部。海沿いを辿ってきた宇部線とここで合流する。さらに次の小野田では小野田線と合流する。広島から山口にかけては用途に合わせて路線網が結構発達している。沿岸都市の発達を象徴するかのよう。まあ、運行本数は必ずしも・・・ではあるのだが。小野田線の105系とすれ違ったがこれも昔の色で珍しかった。黄色になる日が、そのうち来るのだろうかw  

IMG_7419

山口県へ

岩国で新山口行きに乗り換える。もう山口県だ。そういえば山口県には入ったことがなく、これが初訪問となる。今回県内で駅から出ることがないので、地を踏まずに終るのが寂しいが。

IMG_0076

IMG_0077

 

南岩国駅前にはレンコン畑が!岩国はレンコンの山地でもあるそうで。

IMG_0089

 

砂浜が広がる。瀬戸内海を走るということで海は良く見えるのだが、地形の関係もあってか、砂浜になっているところはそんなに多くないようだ。

IMG_0094

 

降りて歩いてないから実際のところどうかという所もあるが、瀬戸内海の海の光景っていうと、だいたいこんな感じな気がする。

IMG_0097

 

光(ひかり)駅。市名も光市でともに縁起の良い名前。もとは周南町だったとのこと。
おやっ、下の写真は駅名票と柱がなんか斜めになってるぞ!
走り出した車内からセンサーの遅いスマホで撮ったからです。すみません。

IMG_3049

IMG_3050

 

相変わらず海が続く。

IMG_0101

IMG_0102

くしがはま(櫛ケ浜)

西へ西へ…

今日は鉄道の日ですな。でも特にイベントも行かず。淡々と続けますw

広島からはひたすら山陽本線を西へ向かう。今日は博多まで向かうのだ。もうあとは余計な寄り道せずに乗り継いでいくのみだ。

おお、珍しい広島色の電車。今の黄色に塗られる前の、昔からの色ですな。

IMG_0036

 

でも乗る列車は黄色い。。。まあでも、総武線だと思えば大したことないのかw。当の総武線も真っ黄色の電車はなくなってしまったが。これで岩国まで行く。

 

西広島から宮島口まで広電が並走している。10年前にも一度来たことが有りその時に一度乗っているが、あまり覚えてない(笑)。確か夕方だったもんで混んでるばかりで面白くなかったような気がするが。山陽本線は国鉄なので駅間が長いが、広電は路面電車なのでちまちま駅がある。

IMG_0058

IMG_0057

 

宮島を過ぎ、大竹、岩国へ向かって行く。また海沿いを走る。

IMG_0065

IMG_0062

 

大竹市に入る。瀬戸内海は海上交通の便もあってか工業地が多いがこの辺りもそうで化学工場が集まる。

IMG_0068

少し行くともう終着の岩国。ここから徳山までは岩徳線でも行けるが、本数が少なく時間もないので今日は素直に山陽本線で行く。

IMG_0076

 

 

 

 

 

 

 

そして広島へ

呉線を進み、乗り継ぎ駅の広へ。ここから先は広島の都市圏に入るので本数が増え、乗客も増える。この先も海沿いを行くので瀬戸内海は見えることは見えるが、ゆっくり楽しめるのはまあこの辺りまでか。

IMG_0011

広駅。どうでもいいが呉線には漢字一文字しかない駅名が揃っている。この先、路線名になっている「呉」と、「坂(さか)」という駅がある。

 

IMG_0012

13時3分発の快速安芸路ライナーに乗り継ぐ。ちょっと混んでいるが広島まで短縮してくれる。順調にいけば2時には広島に着ける。

 

IMG_0019

呉を過ぎる。路線の由来であり中心的な駅。戦時中に軍港として栄えたことは言うまでもない。当時はこの付近を走行する際、外を見えなくするようにする措置がとられたという。

IMG_0020

左側は海だが、右はすぐ山が迫っている。瀬戸内海一帯は、特に狭く険しいようだ。山もなんか岩肌むき出し。

ちょうどいい時間なので、三原で調達した駅弁でも食べるとしよう。

呉から先は快速運転、あっという間に広島市内へ入る。海田市で山陽本線に再び合流。おっと、左手の指が入っちまった。。。

IMG_0024

 

広島到着。ここから先は下関まで山陽本線をたどる。ちょっと用足し、買い物兼ねて一旦出よう。

IMG_0032

IMG_0030

 

広電止まってる〜。なんか久しぶりに見た。

IMG_0028

 

今日のおやつは、にしき堂の生もみじ。この後の列車でいただきました。

IMG_0041

三原市内散策

三原で2時間ほど待ち時間が出来たので歩いてみることに。
福山から広島県内に入っており、三原は尾道と並んで県内の南東部に位置する都市で三原城の城下町。そして鉄道は大胆にもその三原城の敷地を横切るように建設されている。瀬戸内海に面し駅から数分歩けば三原港である。

IMG_7329

駅舎

 

IMG_7357

高架ぎりぎりに立つ三原城の石垣

 

IMG_3046

三原城遠望

 

IMG_7356

城を整備した小早川隆景の像もある

 

IMG_7344

三原港

 

IMG_7348

三原はタコの町としても知られる。駅前にはそのPRの場として案内所「みはら タコのつぼ」が開設されている。一休み兼ねてちょっと入ってみた。バケツに普通にタコがおる。

 

IMG_3045

たこつぼアイス。名前が気になるが、美味しいです。

 

IMG_7367

駅に戻る。看板にもタコの絵が描いてあるんですね。

 

IMG_7364

お目当ての呉線がやってきたのでこれで三原を後にする。途中広で乗り継ぎ、広島方面へ出る。105系だがやっぱり黄色い。

2日目スタート、三原へ

九州旅もようやく2日目を迎えた。7時57分岡山発の山陽本線に乗るが、途中笠岡〜大門間で人身事故との情報。嫌な予感がする。今日は博多まで移動するつもりで、ここからであればそんなに辛くはないから余裕はあるのだが、それでもあまり遅くなって欲しくないところ。
来たのは今となっては珍しい通称カフェオレ色。JR化後、この地域はこのカラーに塗られた車両が結構いた。

IMG_7293

IMG_7294

停車中の快速マリンライナー。まともに見たのは初めてだったりする。

空いていたので先頭車、運転席後ろに陣取って展望する。ずっと立っていては疲れるが、やっぱり時には前の景色も気になる。
広大な岡山貨物ターミナルの横を過ぎていくが、速度はいまいち乗っておらず、案の定赤信号になって停止した。数分止まって発車、ようやく最初の駅の北永瀬に停車する。このペースではちょっと先が思いやられるぞ。

岡山の町が続き、伯備線が分岐する倉敷へ。ここは新幹線がない分すっきりした印象。ホームの土台が城壁を模したものになっていて面白い。新幹線とはこの先の新倉敷で接続する。

IMG_7305

 

町を外れてきて、田んぼが増えてのどかな景色が続く。

IMG_7307

 

それにしても、今日の相方はずっとスマホをいじっていて車窓はさっぱり見ていない。まあ別にいいが。
鴨方を過ぎる。ホームが広く、リニューアルされたのか設備もかなり奇麗だ。

笠岡〜大門間を走行中、シューッともの凄い空気音と共に急停止した。前の踏切で非常ボタンが押されたとのことである。さっきここで人身事故があってそっちは復旧してはいるようだがよりによって同じ所でまた停止を食らうとは。しばらくして発車したが、列車の遅れはもう12分になっていた。予定ではこの先三原に9時26分に到着し、9時29分に接続する呉線に乗るのだがもう明らかに大幅オーバーしている。時間に余裕があれば遅れを待ってくれることもあるし相方もそう言いつつのんきそうにしていたものの、ちょっとさすがにこの遅れでは厳しいだろう。ましてや呉線は単線なので、あまり大きく遅れては反対列車に響いてしまう。予定列車はあきらめるしかなさそうだ。

福山までやってきた。相方はいつの間にか眠っている。結構な乗客がいて車内は混んでくる。尾道を通過していく。ここも山と海とに挟まれた奇麗な町で、町並みも昔ながらの建物が今も多くを占めており一度散策してみたいとは思うのだが、今日は時間がない。いや、後で思い返せば三原で予定列車に乗り継げないと早く分かればここで降りておくべきだったという気もしてきた。まあ意図していなかった以上、仕方ない。(おい、さっきからそんなことばっかり言ってるぞ)

IMG_7319

 

糸崎を過ぎて三原へ。さて、予定の呉線はというと案の定「本日は接続いたしません。申し訳ございません」とのアナウンスだった。呉線は三原から広島方面を海沿いに結び(広島手前の海田市で山陽本線に合流)、広島側の本数は多いが三原側はさっぱり来ない。予定していた9時29分発の次は11時15分までない。別にこの先呉線に乗らずに山陽本線に乗れば良いのだろうが、二人とも呉線乗りたさがあって結局ルートを変えようという選択肢はなかったw。ということでここで約2時間待ち、駅周辺散策と相成った。
一応全体の行程としてはこれでも問題はなく、順調にいけば夜9時くらいには博多に着ける。予定より1時間ちょっとオーバーだがまあ仕方ない。それに、遅れたおかげ(というほどでもないか)もあってか、呉線では珍しいのをゆっくり見ることができた。

IMG_3044

IMG_7325

岡山へ

備前片上を過ぎる。ちょっと高い所を走り、眺めがいい。瀬戸内海に面した山に囲まれた小都市、という感じか。

IMG_7221

 

伊部(いんべ)、難しい駅名。ここで213系とすれ違う。黄色ばっかりになったこの地域では珍しいステンレスカーで、銀色の車体にブルー系の帯という異色の存在である。元々は瀬戸大橋線の快速「マリンライナー」用として、岡山と高松を結ぶ足として活躍した車両だが、近年跡継ぎの5000系、223系5000番台が登場し、以後岡山周辺の普通列車にもっぱら使用されている。
側線があったのか、構内は広い。

山陽新幹線が並行する所が有るが、よく見ると池の上を通過している。

IMG_7228

 

香登(かがと)、長船と過ぎて行く。岡山市街が近づいて来たのと夕方ラッシュにかかったということで、各駅乗る人が増えてくる。もう6時である。しかし赤穂線も難しい駅名が結構多い。邑久(おく)もちょっと難しい名前。
西大寺、ますます人が増える。昔ながらの湘南色の電車とすれ違い。今や貴重な色だ。
東岡山で赤穂線は終点になり、ここで山陽本線に合流する。ただし赤穂線の列車も原則山陽本線岡山か、その先へ乗り入れる。高島でまた人がどっと乗る。かなり立ち客が出ている。こちらは窓側のボックス席に陣取っているのでそんなに気にはならないが。西川原・就実(にしがわら・しゅうじつ)を過ぎる。妙な名前だが新設された駅で就実大学が駅近くにある。

IMG_7254

IMG_7259

岡山市外が車窓に広がり始め、旭川を渡っていよいよ岡山へ。この日はここで一泊する。『ながら』で車中泊だったので2日ぶりに床で寝られる。というか、ここまで来るだけでもだいぶまた書いてしまったな。

 

というわけで今日の夕食。岡山ご当地B級グルメ『デミカツ丼』

IMG_3037

 

おまけ。夜の岡山市中をぶらついていて遭遇した、岡電バスの回送。すみません回送中です!回送表示にも色々あって、時にこう丁寧な言い回しで書かれている所まである。英語表記がある所では「Sorry Out of Service」となっている所もある。

IMG_3035