多摩急行と野猿峠

東京都は八王子市内。多摩ニュータウンと、昔からの八王子市街の間にそびえる野猿峠。「野猿」という名前は色々なところで見られそこそこに知られてはいるが(もっともその多くはこの近隣にあるラブホテルによるのでしょうけどねw)改めてみると都内にも峠があるのかと思ってしまうもので、ちょっとした冒険好きには好奇心をそそられるところだろうか。

峠は多摩丘陵の北側に当たるところ、電車でいうと京王線と相模原線の間に挟まれるように位置している。京王線からは北野駅か一つ手前の長沼駅、相模原線からは京王堀之内から行くのが近い。今回は南側、京王堀之内の一つ手前の多摩センターから、多摩ニュータウンも歩きながら峠を越え、京王線の北野駅まで向かってみることにした。そしてせっかく行くならということで(!)京王相模原線ではなく敢えて小田急多摩線、多摩急行で向かった。

小田急多摩センターに発着する東京メトロ千代田線の6000系と16000系の多摩急行。多摩センター、確かに小田急もきているのだが昔からの経緯で京王の方がなんか勢力が強いし、多摩急行ができたのも割と最近のこと。多摩センターでみる千代田線の電車は、今になってもなんだか見慣れない気がする。

というわけで多摩センターで下車、まずはひたすらニュータウンを歩いていく。自然は多いがあくまでニュータウンだ。マンションなど人工物が多いし自然にしてもどこか手が入っている。

一つ丘を越えて八王子市へ。京王相模原線が走っており、このあたりは京王堀之内駅のエリアになる。

ここで野猿峠を越える野猿街道に入る。峠を越えるまではニュータウンらしくマ  ンションも目立つ。黄色い看板好きも集まるのかな。沿道にはラーメン二郎八王子野猿街道店があるぞ!

京王堀之内をすぎて少し行ったところ、下柚木で二手に分かれ、野猿街道はここで右折する。

ここから野猿峠越えに入っていく。なだらかだが長い登り坂が続く。峠越えとはいえ、住宅やコンビニがあるところが都内といった感じか。梅雨明けの休日、あぢー!


家並みが少なくなってきて峠という感じになってきた。

しかし片側二車線のありふれた道路…。

 

こんな看板が見られるのは峠という感じがしていいですな。もっと言えば昔からの景観を守って来られたら良かったんでしょうが。

 

いよいよ野猿峠。特に標高を示すものはないが、調べによると160mとか。まあ峠にしては低い方ではあるが。うっそうとした周囲の感じは峠らしいのだが、普通に片側二車線道路がぶった切ってしまっているし、峠を示すものが少ないのが寂しい。昔はもっと道も細く険しかったことだろうが。

 

峠のてっぺんにはかつての水飲み場の跡がある。苦しいながらも今も峠らしさを感じさせるもの。

しかし「峠」には普通に屋根付きのバス停に電話ボックス。この写真だけみるとありふれた町の一コマにしか見えない…。

頂上を過ぎると一気に下りになり八王子の市街地に向かう。多摩ニュータウン側、ここまで登ってくるところは割と緑が多かったが、この先八王子市街地に向かう沿道は頂上付近まで宅地化されてしまったようで、緑も少なくなってしまっている。仕方のない所ではあろうが。しかし写真の道路標識の通り、下り勾配6%と書いてある所はやはり峠らしい。きついな。

 

IMG_0725-768x1024-1

長く急な下りが続く。登るのは多摩ニュータウン側以上にきつそうだ。眼下には八王子の市街地を見下ろすことができ、見晴らしが良い。

 

だいぶ降りてきた。まっすぐ進むと国道16号の八王子バイパスと交差、その近くには京王線の北野駅があり、鉄道、道路ともに交通の便は良い。確かにこんな場所なら、山の上だろうが御構い無しに普通に開発されてしまうだろう。そういえばこのあたりの京王線に乗っていると車窓の上の方まで住宅で埋め尽くされている。逆に今回登ってきた多摩ニュータウン側の方は、京王堀之内駅から行けるものの駅からはそれなりに離れた場所にはなる。バスが通っているので交通自体にさほどの不便さはないと思われるが、景観の違いはこのあたりも遠因なのだろうか。

 

後ろを振り返ったところ。何の変哲もない片側二車線の道路だが、きつい登りが頂上まで続く…。

 

ほとんど下りきったところ、ここから東へと北野街道が始まる。北野駅も近く、高架を走る京王線の電車がわずかに写っている(というか無理矢理撮ったw)。

 

下りきって目の前に八王子バイパスが見える。勾配としてはやはり多摩ニュータウン側の登りよりも北野側の下りの方がきつい感じだった。

 

というわけで京王線、北野駅にゴール!北野にきたの(寒)

都内で街の中のような峠とはいえやはり峠、あなどるなかれ。軽くハイキングだったな…。いい運動にはなった!

終電ウォッチング

このブログで終電を取り上げることもなかなかないですな。というワケで京王線新宿発の終電に乗った。0時30分発の各停若葉台行き。厳密にいうとこの後に新線新宿からの桜上水行きがまだ2本有るのだが、ホームの違う京王線の新宿駅からの列車はこれが最後だし、上北沢から先西へ向かう列車もこれ以降はない。

IMG_6088

 

終電とあって普段耳慣れない各駅での乗り換え終電の放送が丁寧に入る。井の頭線の渋谷行きは終わり、世田谷線も三軒茶屋まで行かず上町止まりだ。
千歳烏山ではつつじヶ丘発桜上水行きの上り最終各停とすれ違うが、これには都営新宿線の車両が使われているのが特筆される。それに桜上水にも都営車がすでに停泊していたりする。

IMG_6089

 

混み具合を少し心配したが、各停だし10両編成とあって電車は割と空いていて普通に座れた。一本前の25分には最終の特急高幡不動行きがでるがこちらは混んでいた。

京王電鉄 新宿・渋谷どちらも乗降できる定期券

京王電鉄では2014年9月1日より、明大前以西の京王線各駅と新宿または渋谷駅の間を結ぶ定期券について、金額をプラスした上で新宿・渋谷どちらの駅も乗り降り可能な定期券を発売するという。
京王電鉄は京王線の新宿、井の頭線の渋谷という二大ターミナルを持つ。いずれも都内屈指の繁華街であり距離も近いため行き来のしやすい所である。休日に新宿か渋谷で定期と違う方面へ行くことはもちろん、平日でも朝は通勤で新宿あるいは渋谷へ行くが、帰りに食事したり飲んだり買い物したりでお互い違う駅のエリアに移動する、なんてことも結構あるものと想定される。新宿はことにヨドバシビックロなど揃っているので(渋谷も別にないでもないが売り場の規模全然違うので…)、そちらの方面でも出向くことがあろう。そんな向きにはちょっと助かる一枚かもしれない。プラスの分は1か月定期の場合1000円、新宿・渋谷とも明大前までの普通運賃はICカードで片道133円、普通乗車券140円だから1か月に4往復もすればもとが取れる。ついでながら間を取り持つ山手線もなんとかなればもっと嬉しい所だが…さすがにJRですからね…。

京王8000系のリニューアル

京王8000系の8703Fにたまたま乗ったらリニューアルされてたんですね。座席が変わっていました。ビミョウに硬く妙にでこでこした感じで、違和感…。やはり最近の車両の座り心地はどうもしっくりこないですね。
8000系の10両編成は全て6両、4両の連結編成でしたがこの編成はこの工事で10両貫通編成になっています。運転席は完全撤去、存在した部分はステンレスの車体が引き伸ばされて客室スペースが増やされています。

京王線新宿~笹塚間を歩いてみた(4)

幡ヶ谷駅前公園。奥のビルをくぐったところが現在の幡ヶ谷駅。
IMG_4494

 

幡ヶ谷駅。隣に京王グループのベーカリー「ルパ」が併設されている。
IMG_4495

 

公園からの道は駅を過ぎても続く。ちょうどルパの店舗の裏から道の脇に柵が続くが、これは現在の京王線上りのトンネル入口。ということで地上線の跡もこのあたりまでということになる。
下り線のトンネル出口はもう少し先、京王新線と合流したところで出てくる。上り線だけ入り口がずれているのは京王新線を地下で交差させているため。
IMG_4496

 

新宿への長いトンネルに進入する7000系各停。
入り口

 

トンネル入り口のすぐ手前にある、上り線だけに存在する踏切。線路が単線だし踏切も人道用なのでかなり小ぶりなスタイル。ただし列車自体は過密ダイヤなので、この一本の線路だけでも結構な頻度で通るが。
IMG_4500

 

通過する9000系快速
IMG_4501

IMG_4503

 

踏切の先で京王線下りと京王新線が地上に顔をだし、高架の複々線になって笹塚駅に進入する。
IMG_4505-41

 

すっかり日暮れになった。笹塚駅西側の引き上げ線で折り返しを待つ都営新宿線10-000形。ステンレスの銀の車体の夕映えは美しい。ああ、この日いいカメラを持って出なかったのが残念!www というわけでお疲れ様でした!
IMG_4506

記録的大雪の中を…

2014年2月8日土曜日、滅多にない大雪に見舞われた関東地方です。東京では夜になって積雪27cmを記録、これは45年ぶりのことだそうです。こんな日は普段なら家の中にこもってますがこの日はどうしても外出せねばならず、降りしきる雪の中を行軍してまいりました。「不要不急の外出は控えて!」とニュースで盛んに言ってましたがマジでそんな調子でしたね。朝から道は歩きにくいわ交通機関は乱れるわで散々で、目的地にとりあえず時間通りに行けさえすればあとはなんとでもなれと半ば投げやりでしたが、なんとか家に帰ってこられてホッとしました。そして時はちょうど受験シーズン、昨日入試だった受験生の皆さんもさぞ大変だったことでしょう。夜にはかなりの地域で停電もありましたね。雪だなんてはしゃいでられるレベルじゃないです。

雪の朝の京王線。この時点ですでにダイヤは乱れ、一部運休や列車の順番が入れ替わったりしていた。発車すると空転しまくりだったし速度も出ていない。8000系急行京王八王子行き。
IMG_4573

IMG_4578
夕方6時台の京王線新宿駅の発車案内。この時特急など上位の列車はすべて運休、各停と快速しか動いていなかった。ということで通常ダイヤの半分くらいしか走っていなかったのではないだろうか。そもそも土曜日だったし外出が必要な人が比較的少なかったためか、ホーム、列車とも大した混雑にならずに済んだのが救いだった。平日だったら間違いなく帰宅困難者で溢れかえっていたに違いない。ちなみにご丁寧に各列車の発車時刻が表示されているものの、実際は10分程遅れていたり、間隔調整のためもう少し止まりますとかで、役に立っていない。筆者もおとなしくとりあえず止まっていた各停で帰る。夜になり風が強まってきて吹雪くようになってきた。駅でホームの屋根がない吹きっさらしの所ではドアが開くたびに冷気と雪が舞い込み冷凍庫の如く急激に冷える…。

 

IMG_8273
すっきり晴れ渡った翌日。晴れて暖かいのは良いがそこかしこ雪だらけでみな除雪作業に追われる。子供たちがそりで遊んでたり、はたまた一生懸命お父さんがどかした雪をまた持ち出してきては叱られていたり…待ってましたとばかりにはしゃいでますな。
線路もまだふわふわの雪の絨毯ですな。

というわけで束の間の雪に彩られた京王線。ダイヤも平常に戻りいつもの速度で特急が走っている。

IMG_8298

IMG_8292

京王線新宿~笹塚間を歩いてみた(3)

初台を過ぎてなお遊歩道を歩いていく。少し歩くと右から甲州街道と首都高4号線が寄り添ってくる。かつてはそのあたりで線路が地上に出ていた。

IMG_4467

IMG_4469

 

甲州街道と首都高。ここにも玉川上水旧水路緑道と書かれている。玉川上水もさることながら甲州街道も五街道のひとつとして整備された歴史を持ち、ともに長く根付いてきたものだ。時を経てこんな景観になるとは、当時は到底想像もつかなかったことだろうが…。

IMG_4471

IMG_4473

 

振り返ってみる。高くそびえるのは初台はオペラシティの高層ビル。

IMG_4476

 

ここも橋が架かっている。

IMG_4475

 

幡ヶ谷に向けて歩いていく。基本的に緑道なので、回りが道路で少し騒々しいことを除けば歩いていて気持ちがよい。

IMG_4477

 

西原一丁目公園

IMG_4482

 

あ、にゃんこ!

IMG_4487

 

この先も続くが、隣の公園は工事中で通れず、いったん甲州街道に迂回する。

IMG_4490

 

甲州街道から出る細い道を発見

IMG_4491

 

今回は工事中で通れなかったが、先の公園を突っ切ればこのポイントに出る。

IMG_4492

 

幡ヶ谷駅前公園。公園といいつつも細い道みたいなスペースしかないが。その公園を進んだところに今の幡ヶ谷駅がある。かつては初台の先で地上に出ていたため幡ヶ谷駅も地上にあったものの、今は跡形もない。廃線跡というほど遺構らしきものは本当にほとんど残っていない。その代わりといっては何だが公園などにところどころ排気口があって、地下を通る電車の音が時々聞こえるくらいだ。

IMG_4493

京王線新宿~笹塚間を歩いてみた(2)

新宿~初台間、文化学園大を過ぎて玉川上水跡の公園を歩いていく。しばらくすると首都高速4号線が見え、西参道と交差する。

IMG_4445

 

IMG_4448

 

かつて新宿付近の京王線は駅の数が今より多く、実際西参道という駅もあったようだ。しかし時を経て統廃合されたり、戦時下の1945年に不要不急の駅として廃止されるなどして、初台、幡ヶ谷だけが残った。なお、当初は甲州街道上を走る路面電車的な路線だったが、かつての新町駅(文化学園大学付近)以西が1936年に玉川上水のルートを利用した現在のルートになった。その後も新宿駅付近が依然甲州街道上に残されたが、こちらは1963年の新宿駅地下化をもって解消された。

西参道、上で分岐するのは首都高の新宿出口。首都高もこのあたりは1964年の東京オリンピックに合わせて開通した部分で京王線の地下化と重なっている。2020年にも東京オリンピックが決まったが、60年代はまだ都心の交通網もビルなんかもそんなに発達してなかった頃だろう。当時の建設ラッシュぶりがうかがえる。

IMG_4449

 

首都高をくぐると駐車場があるが、脇に小道があるのでそのまま進む。

IMG_4451

IMG_4452

 

駐車場の先がまた公園になっている。

IMG_4453

 

公園を歩いていくとまた首都高に遭遇、新しくできた中央環状線の西新宿ジャンクションである。この辺も高速網がすっかり発達したな。

IMG_4454

 

首都高西新宿ジャンクション。甲州街道と山手通り(環状六号線)の初台交差点の真上、既存の4号線と交差点際に立つビル、本当に限られたスペースに無理やり押し込んだように造られている。よく造ったものだ。まさに都会のジャングルだな。しかし素人目にはこんな細い橋脚でよく二段の道路を支えられてるな~と思う…。ちなみに初台駅はここからもうちょい先になる。

IMG_4455

IMG_4456

 

ジャンクションを過ぎてもなお遊歩道が続く。本当によく整備されている。

IMG_4458

 

川もないのに橋がかかっている。伊東小橋。玉川上水に架かる橋だったのだろう。いや、橋があるってことは暗渠化して下にまだ残っているんだろうか。

IMG_4459

 

しばらく行くと幅の少し広い公園に出る。このあたりがかつての初台駅だったらしい。ベンチのところには鉄道柵が今も一部残っていた。この京王線の地上線路跡でそれを明確に示すものは少なく、オブジェみたいに人工的に残されたものもないのが少し寂しい。まあ地下で今もこの地を通っているからなのだろうが。

IMG_4461

 

公園を過ぎると現在の初台駅がある。甲州街道から左に入った路地に駅入り口がある(街道反対側のオペラシティー側にも出入り口あり)。1964年に京王線の駅として地下化、78年に甲州街道下の新線に移動した。今も新宿発着の京王線の電車に乗ると旧ホームの跡が見える。

IMG_4465

IMG_4462

 

初台駅前の道には玉川上水に架かる橋として改正橋が今も架かっている。かつての初台駅の駅名でもあった。

IMG_4463

京王線新宿~笹塚間を歩いてみた(1)

京王線の新宿~笹塚間は3.6kmもあり、途中駅がない上に笹塚手前までずっと長いトンネルという、東京都心部ではあまり例のない区間である。途中の初台、幡ヶ谷が新線に移ってしまったからだが、京王線利用者にとって、ここを好きでない方は結構いるんじゃないだろうか。数分間ひたすら続く暗闇、特に上りは大抵新宿駅手前で列車が詰まるので、トンネル内で信号待ちで停止することもしばしばあってなお鬱陶しい。特に子供にとっては耐え難い環境である。自分も小さい頃といえばいや~なところであった。今もここを乗っているとトンネル長い~っていう声が時々聞こえてくる。そういえば2013年暮れになって、京王線新宿~笹塚間(新線含む)でトンネル内携帯電話がようやく通じるようになった。すでに地下鉄や私鉄の地下路線の大半が整備を終えていて、もうすっかり何気なく使ってしまっているもんで、ついくせで京王線でも使えると思いこんでいたのだが、確かに最近まで「圏外」だった(慣れってこわいなぁ…)。しかし、本でも読んでるか、ケータイでもいじってるかしてないと、ちょっとヒマな区間である。

この長いトンネル、一気にできたわけではない。まず1963年に新宿駅とその付近だけが地下化され、翌64年には東京オリンピックに合わせて一つ目の初台駅の先までが地下化(山手通りとの立体交差目的)された。しかしその後は10年以上、その状態のままであった。そして78年には新宿~笹塚間の混雑緩和と都営新宿線乗り入れのために京王新線が開業して初台と幡ヶ谷がそちらに移転、この時点で京王線は新宿~笹塚間ノンストップとなる。さらにトドメのように83年、地上のまま残っていた旧初台駅付近から笹塚の手前までが地下になって、今の長いトンネルが出来上がった。結構な段階を踏んで出来ていったものだ。初台駅は64年に地下化されて78年に新線ができるまでの間は京王線のトンネルで営業していたため、照明こそ消えているもののホームはトンネル内に今も残っており、車窓から上下の線路の間に柵付のホームらしきのが構えているのが見える(今も資材置き場として使われているようだ)。

地下鉄ってのはほんとに地下でなんも見えないから、用事のある駅で降りてそこの様子はわかるにしても、途中がどうなっているかなんてわからない。外はどうなっているんだろうか?と、ちょっと気になるところだろう。京王線のこの長いトンネルの上も、さてどうなっているんだろうか。線路の真下にトンネルを掘ったため、最初から道路の下に造ることの多い地下鉄とは少し勝手が違うのだが、実は京王線のトンネルの上もほとんどは公園か遊歩道になっていて、徒歩でたどることができる。かつてそこを通っていた電車、どんな景色が見えたんだろうか。ランチに調子こいて大盛りチャーハンなんかたいらげちゃっておなかパンパンだったことだし、新宿でレコード店物色のついで、散歩がてら歩いてみることにした。

新宿駅
IMG_4434

京王線のターミナル駅、新宿駅。今回は三丁目からJRを越えて甲州街道を歩いてきたので、これは新線の入り口。まあ、ここは別にさして変わりませんし、お馴染みの場所でしょうから…。

 

新宿 - コピー

甲州街道、新宿駅ルミネ前の風景。ルミネの下が京王線新宿駅。新線は線路、駅とも甲州街道の真下を通るが京王線は急カーブして北向きに新宿駅に入る。ちなみに元々の京王線の始発駅は甲州街道上を進み国鉄の線路を越えて三丁目の方にあった新宿追分駅。戦時中、空襲で設備が被害を受けたことにより西口に移転し、その後1963年に地下化されて現在に至っている。

 

IMG_4437

さて、新宿駅から笹塚へ向かうとしよう。その昔は甲州街道の上を走る路面電車だった京王線、高速化のためのちに街道南側の専用軌道に移転している。
甲州街道を歩いていると、ここだけ道路が妙に横っ腹みたいに突き出ているのだが…。

 

IMG_4440

新宿から甲州街道を数分歩くと文化学園大学があり、そのあたりで甲州街道から左に分岐するように道が始まっているが、京王線はそのルートをたどる。1963年に新宿駅が地下化された折にはこのあたりで地上に出ていたらしい。
ちなみに大学手前の甲州街道下には地下トンネルの換気口があり、付近を歩いていると地下を行く電車の音が大変よく聞こえる。

 

IMG_4442

IMG_4443

大学を過ぎたあたりに公園があり、その先も歩道や公園がほぼ途切れずに続いている。
しかし、このルートはもともと玉川上水のルートだったことから、あくまでも名目上は玉川上水跡の公園・緑道として整備ということになっているようだ。だが、そのおかげでこうして京王線の跡をたどることもできるようになっている。ある意味、運のいいことかもしれない。

ついでですが…

本当に用事のついでですが、やってきた調布駅前(旧南口)。地下化から1年半、出入口の場所も変わり、旧駅舎や工事関係でごちゃごちゃしていたのが何もなくなってかなり広々としていました。今後この辺りは駅前広場として整備されていくようです。旧線路跡は相模原線分岐の先、京王線西調布方面はアスファルトで奇麗に舗装されていましたが(まだ通行は出来ません)、駅付近は今後も工事という雰囲気です。計画では駅付近の線路跡を利用して3棟の複合商業施設が建設されることになっています。

IMG_4398