多摩急行と野猿峠

東京都は八王子市内。多摩ニュータウンと、昔からの八王子市街の間にそびえる野猿峠。「野猿」という名前は色々なところで見られそこそこに知られてはいるが(もっともその多くはこの近隣にあるラブホテルによるのでしょうけどねw)改めてみると都内にも峠があるのかと思ってしまうもので、ちょっとした冒険好きには好奇心をそそられるところだろうか。

峠は多摩丘陵の北側に当たるところ、電車でいうと京王線と相模原線の間に挟まれるように位置している。京王線からは北野駅か一つ手前の長沼駅、相模原線からは京王堀之内から行くのが近い。今回は南側、京王堀之内の一つ手前の多摩センターから、多摩ニュータウンも歩きながら峠を越え、京王線の北野駅まで向かってみることにした。そしてせっかく行くならということで(!)京王相模原線ではなく敢えて小田急多摩線、多摩急行で向かった。

小田急多摩センターに発着する東京メトロ千代田線の6000系と16000系の多摩急行。多摩センター、確かに小田急もきているのだが昔からの経緯で京王の方がなんか勢力が強いし、多摩急行ができたのも割と最近のこと。多摩センターでみる千代田線の電車は、今になってもなんだか見慣れない気がする。

というわけで多摩センターで下車、まずはひたすらニュータウンを歩いていく。自然は多いがあくまでニュータウンだ。マンションなど人工物が多いし自然にしてもどこか手が入っている。

一つ丘を越えて八王子市へ。京王相模原線が走っており、このあたりは京王堀之内駅のエリアになる。

ここで野猿峠を越える野猿街道に入る。峠を越えるまではニュータウンらしくマ  ンションも目立つ。黄色い看板好きも集まるのかな。沿道にはラーメン二郎八王子野猿街道店があるぞ!

京王堀之内をすぎて少し行ったところ、下柚木で二手に分かれ、野猿街道はここで右折する。

ここから野猿峠越えに入っていく。なだらかだが長い登り坂が続く。峠越えとはいえ、住宅やコンビニがあるところが都内といった感じか。梅雨明けの休日、あぢー!


家並みが少なくなってきて峠という感じになってきた。

しかし片側二車線のありふれた道路…。

 

こんな看板が見られるのは峠という感じがしていいですな。もっと言えば昔からの景観を守って来られたら良かったんでしょうが。

 

いよいよ野猿峠。特に標高を示すものはないが、調べによると160mとか。まあ峠にしては低い方ではあるが。うっそうとした周囲の感じは峠らしいのだが、普通に片側二車線道路がぶった切ってしまっているし、峠を示すものが少ないのが寂しい。昔はもっと道も細く険しかったことだろうが。

 

峠のてっぺんにはかつての水飲み場の跡がある。苦しいながらも今も峠らしさを感じさせるもの。

しかし「峠」には普通に屋根付きのバス停に電話ボックス。この写真だけみるとありふれた町の一コマにしか見えない…。

頂上を過ぎると一気に下りになり八王子の市街地に向かう。多摩ニュータウン側、ここまで登ってくるところは割と緑が多かったが、この先八王子市街地に向かう沿道は頂上付近まで宅地化されてしまったようで、緑も少なくなってしまっている。仕方のない所ではあろうが。しかし写真の道路標識の通り、下り勾配6%と書いてある所はやはり峠らしい。きついな。

 

IMG_0725-768x1024-1

長く急な下りが続く。登るのは多摩ニュータウン側以上にきつそうだ。眼下には八王子の市街地を見下ろすことができ、見晴らしが良い。

 

だいぶ降りてきた。まっすぐ進むと国道16号の八王子バイパスと交差、その近くには京王線の北野駅があり、鉄道、道路ともに交通の便は良い。確かにこんな場所なら、山の上だろうが御構い無しに普通に開発されてしまうだろう。そういえばこのあたりの京王線に乗っていると車窓の上の方まで住宅で埋め尽くされている。逆に今回登ってきた多摩ニュータウン側の方は、京王堀之内駅から行けるものの駅からはそれなりに離れた場所にはなる。バスが通っているので交通自体にさほどの不便さはないと思われるが、景観の違いはこのあたりも遠因なのだろうか。

 

後ろを振り返ったところ。何の変哲もない片側二車線の道路だが、きつい登りが頂上まで続く…。

 

ほとんど下りきったところ、ここから東へと北野街道が始まる。北野駅も近く、高架を走る京王線の電車がわずかに写っている(というか無理矢理撮ったw)。

 

下りきって目の前に八王子バイパスが見える。勾配としてはやはり多摩ニュータウン側の登りよりも北野側の下りの方がきつい感じだった。

 

というわけで京王線、北野駅にゴール!北野にきたの(寒)

都内で街の中のような峠とはいえやはり峠、あなどるなかれ。軽くハイキングだったな…。いい運動にはなった!

ついでですが…

本当に用事のついでですが、やってきた調布駅前(旧南口)。地下化から1年半、出入口の場所も変わり、旧駅舎や工事関係でごちゃごちゃしていたのが何もなくなってかなり広々としていました。今後この辺りは駅前広場として整備されていくようです。旧線路跡は相模原線分岐の先、京王線西調布方面はアスファルトで奇麗に舗装されていましたが(まだ通行は出来ません)、駅付近は今後も工事という雰囲気です。計画では駅付近の線路跡を利用して3棟の複合商業施設が建設されることになっています。

IMG_4398

都営10-300形3次車

都営新宿線の新型車両として2005年から投入されている10-300形、今年度から3次車の投入が開始され営業運転を開始した。
元々、ほぼ同世代のJR東日本E231系に準じた設計になっているこの車両、3次車ではマイナーチェンジが施され、常磐線・千代田線乗り入れに使われているJRのE233系2000番台に共通した仕様となっているのが特徴である。
今の所10両編成のみが製造されており、主に本八幡〜京王線橋本間を結ぶ急行などに使用されている。10-300形の一員で車両番号は特に区分されず、10-490番以降の編成が該当する。

IMG_7926

笹塚駅新宿寄り、京王線ではおなじみのポイントから。急行橋本行きでおいでになった3次車10-500F。

 

IMG_7928

笹塚駅2番線に停車中の10-500F急行。右隣3番線には先輩の10-300形8両編成が並ぶ。先頭がブラックに塗られており外観の雰囲気がちょっと違うぞ。側面も窓上にグリーンの帯、窓下にブルーの帯と分けられている。先頭車のヘッドライトの位置もよく見ると変わっている(1、2次車は上、3次車は下)

 

IMG_7985

いったん新宿に出たが、その後特急橋本行きで京王稲田堤へ。調布寄りがカーブしていて撮りやすい場所。橋本から帰ってきた10-500Fを迎え撃つ。区間急行新線新宿行き(もちろん、実際は新線新宿から急行本八幡行きになって都営線に直通)。

 

IMG_7986

IMG_7990

本八幡へ向け走り去っていった。

 

IMG_7865

比較のために先輩格の10-450F。グリーンとブルーのカラーは同じだが、帯は基本的に窓下にまとめられており窓の上は何もない。前面、側面ともにかなりシンプルな印象デザイン。

 

IMG_4821

こちらは前にも取り上げているがモデル(?)になった常磐線・千代田線直通のE233系2000番台。似てるわな。

都営10-000形の快速本八幡行き

IMG_2075

京王線桜上水にて。都営10-000形の快速本八幡行き。夕刻など一部時間帯に都営車の本八幡行き快速が残る。昔は京王・都営直通列車のほとんどが快速だったためいつでも見られたような光景だが、現在直通列車の多くは区間急行になってしまい、快速の直通はだいぶ限定されてしまっている。都営車快速となれば結構貴重だろう。珍しくて撮ってみた。この日は10-240F充当、前は行き先、種別とも普通の方向幕だったが今はすっかりLEDになってしまった。

京王線地下化(6)

IMG_2266

IMG_2279

調布駅を越えて反対側へ。京王線は鶴川街道を過ぎた所、相模原線は品川通りを過ぎた所で地上に出る。どちらも交通量が多く、鶴川街道は元々踏切しかなかったが陸橋が後で追加されている(路地への交通のためか踏切も残されている)。品川通りについては元は地下道で相模原線をアンダークロスしていたが、今度は鉄道の方が地下になるため仮設の陸橋でオーバークロスする方式に変更された。そういえば西武池袋線の高架化工事でも、陸橋だった目白通りを地上に降ろすという「逆立体化」工事を一夜で行い、テレビのニュースにもなっていた。最近の立体交差化工事では用地の少なさもさることながら、こうした既設の立体交差との支障も加わり、ハデな工事になりやすい気がする。
左は品川通りを過ぎて調布駅へのカーブにさしかかる相模原線、右は鶴川街道の踏切を通過する京王線。

京王線地下化(5)

IMG_2258

IMG_2242

IMG_2225

ああ、脱線しているうちに完成、切り替わってしまった!まあいいか。今となっては貴重な光景なんだし。地下化前の調布駅、西側の大踏切と相模原線の分岐。
平面交差での分岐で信号待ちを強いられる列車、車体がふれあわんばかりの京王線、相模原線上り列車同士の同時進入、そんな構造の分岐にかかるなかなか開かない大踏切、と良くも悪くも長年に渡り京王線名物みたいな存在だったがついになくなっちゃいましたね。
地下線もちゃんと見て来たので、それのレポはまた別途。
右の写真はおまけ。沿線歩いていたらたまたま出くわした、大胆にも折り返しの為に踏切ふさいで止まっている列車。これも折り返し用の引き上げ線がない調布駅付近で見られた光景。地下化後はホームが上下線で二層となったため、直接の折り返しは出来ず回送される。