初乗り2017

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

というわけで初詣も兼ねて初乗りへ。だんだん毎年恒例と化しつつありますが柴又帝釈天詣でに行ってきました。

千代田線、常磐線経由で金町、そこから京成金町線で柴又へ。朝起きた時は天気が少し心配だったが着いたら気持ちの良い晴天。ポカポカ陽気で絶好の行楽日和。



お約束の草団子に甘酒で一服。甘酒一杯100円と安かった〜♪

寅さん記念館を見て矢切の渡しがある江戸川へ。暖かく歩いていて気持ちが良かった。せっかくなので柴又駅へは戻らずこのまま歩いてJR金町駅に出た。いい散策になった。

金町から常磐線で馬橋へ。そして今みで何度も前を通っていながらなかなか縁のなかった流鉄流山線に乗ってみた。馬橋〜流山を結ぶローカル私鉄だ。



車両は元西武の中古車で占められている。ワンマン運転していて車内案内表示器など設備面は充実している。発車ベルが電鈴なのがいい味だ。

常磐線と少し離れて並行するように走り、最初の駅、幸谷。JR新松戸駅に隣接している。武蔵野貨物線をくぐり常磐線から離れて行く。右側に竹やぶをみながら走る。

途中小金城趾で行き違いをする。短い路線の流山線、途中駅で行き違いできるのはここだけである。始発の馬橋と終点の流山も二列車入れるが、昼間は二本の列車しか使わないのでそちらでも二列車で使うことはない(但し流山駅には使用しない方の線路には車両が留置されている)。


電鈴が鳴り発車。住宅街を進んで鰭ヶ崎。片面ホームだが出札口付きで昔ながらのローカル線の駅の趣。

正面にセブンアンドアイの巨大な看板。新興住宅地を進む。平和台、駅前広場があり開けている。流山の中心部に入る。目の前にはもう流山駅が見えている。

ほどなくして終点流山に到着。車庫が隣接している。


駅前。バスターミナルなどはなく小ぶりな感じだ。しかしホームの駅名看板はやたらと文字がデカく、大変目立つ。

駅をそのまま進むと車庫に通じている。車両数が少ないので車庫もささやかな感じだ。



もう一方の線路には車両が留置されている。しかし車両ごとに塗装が違ってカラフルである。

さてと、今年はどんなところに行くことやら…。気まぐれに書いていきますが宜しくお願い致します。

芝山鉄道

千葉県は京成線の東成田駅から、芝山千代田駅までを結ぶ。営業距離わずか2.2km、途中駅はない。平成14年に開業し、現在の所日本一短い鉄道の座にある。延長の計画も元々あったものの、開業から10年以上経過した今でも特別動きはなく、この鉄道よりも営業距離の短い鉄道が出てこない限り日本一の称号は半永久的に守られることだろうw

成田市に隣接する芝山町のアクセス鉄道で、成田国際空港開港絡みでの交通不便解消の意図があるようだ。一駅のみの鉄道とはいえ、京成線と直通運転されており、芝山町から京成線経由で都心に出ることが可能となっている。

起点は先にも書いた通り東成田駅なのだが、列車自体は通常京成線に乗り入れ京成成田駅から出ている(朝夕などはさらにその先東京都心方面に乗り入れもあり)。それにいきなり東成田から書き始めるのにはなかなか土地柄苦しい所w もっとも東成田駅はそこはそこでネタの宝庫、ではあるでしょうが。

上野から京成線の特急で約1時間、京成成田駅。成田空港の手前、的な位置づけではあるが成田市の中心部だし、成田山新勝寺の最寄り駅で参拝客でも賑わう駅である。もともと京成線は成田山参拝のために営業を開始した路線であることから、空港開港まで長年の間終点だった駅でもある。今は空港アクセス路線のイメージが強かろうが、空港が開港したのは昭和53年だから、そのような路線として定着したのはだいぶ後の話である。
京成成田駅の2番線、折り返しの芝山千代田行き普通列車が発着する。芝山鉄道は一駅だけ、京成乗り入れを含めても途中東成田駅一つだけでわずか2駅、10分程度で着いてしまう。乗客も少ないので昼間は40分に1本というローカルなダイヤである。

ちなみに芝山鉄道ではPASMOなどICカードは使用できないので乗車券で乗る必要がある。とはいえ京成線でICカードがフルに使える現状、それで乗ってきてしまう客が後を絶たない、というか多分圧倒的多数を占めているかと思われるw。そういえばJR鹿島線でもそんな光景が見られたっけ。というか自分も多分にもれず、ついついいつもの癖でやってしまったわけだがwww
芝山鉄道も車両を一応持ってはいるが京成からのリース品だし、芝山鉄道を走る車両自体、多くの時間帯で京成の車両の「乗り入れ」ばかりなので、まず気づくことはなかろう。以前は京成からのリース車は帯の色も変えられていたので、それなりに変化のついた存在であったが、今の車両は特にそれもされていないのでなかなか気づかない。

次の東成田までは京成線を走る。「東成田」というと聞きなれない名前だし、普通に抱く印象としては「まあ成田の東なんだろう」くらいなものだが、その実体はかつての「成田空港駅」である。というわけでその名前だけで乗ってしまうとガチで空港の敷地内、となる。そんな所もあるので、この旅を東成田から始めるのはまあ苦しい話だ・・・。

成田空港に向かって京成線を走る。成田山新勝寺を見ながら市街地を抜け、緑の中へ。東関東自動車道をくぐって空港の領域に入っていく。まるでここだけ隔離されたかのような世界だ。
トンネルをいくつかくぐって目の前に空港の施設が現れる。手前に信号場があり、現在の成田空港行きの線路が左カーブして分岐するが、こちらはまっすぐ進む。速度制限もなく目の前に見えるトンネルに突っ込む。もともとこちらが成田空港駅だったので、こちらの方が直線になっている。

トンネルをハイスピードで走り、減速してポイントを渡る。これもターミナルを物語る構造だが、トンネルを抜けて今や明かりの中に現れるのは、機能を失い半分廃墟と化した無残な姿である。
ターミナルとあって、京成上野駅のように2面あったホームのうちかつて特急ホームだった1面は閉鎖、照明が消されている。もう1面のホームのみを使用しているが、現在もある程度の利用客はあるものの空港関係者の利用が中心、あるいは私のように「わざわざ」やってきた客といったところ。乗客の数はもはや京成の中でも下から数えたほうが早く、ホームにはさっぱり人気がない・・・。それも地下の駅とあって寂しさどころか、幽霊屋敷のごとく不気味さを際立たせているほど。照明の落とされた使われていないホームにはなんと、未だにかつての駅名看板が撤去されずにそのままにされており、「なりたくうこう」の文字がまるで亡霊のごとく、東成田駅のホームに立つ者に訴えかけてくる・・・。
かつての広大なターミナル駅の空間、広さがあっても人で埋め尽くされて喧騒に満ちていたであろうことが容易に想像されるが、機能を失った今のこの空虚感・・・。

そんな駅が図らずも(!)起点になってしまった芝山鉄道に入る。しかし東成田駅も含め芝山鉄道を強調したアナウンスは特にされていない。しかしここから変わる点が一つ、空港周辺という特殊事情からか芝山鉄道の一駅間だけ、列車内には警備員が常駐している。不用意な行動は慎みたい。むろん、何もなければ特に声はかけられることはない。

引き続き地下トンネルを走るが、ここから単線になる。
快調に飛ばすが、やがて大きく徐行し、わざわざ急なS字カーブを描く。これもここの空港絡みの事情から迂回して建設せざるを得なかったものである。S字カーブを過ぎると再び少し速度を上げて、地上に出る。なるほど進行方向右手は道路を挟んでもろに空港、飛行機が駐留している。
そんなところでまた速度を落とし、早くも終点芝山千代田。

階段を降りて改札口へ。自動改札機が並んでいるがICカードは使えずリーダーはない。案の定、PASMO等で入ってしまった人たちが駅員窓口に列を作っている。そして私もやらかしてしまったので、一緒にご厄介になるwww
駅員さんも対応も慣れたもの。対応としてはここで芝山鉄道の運賃(大人200円)を現金で支払い、必要な書面を手渡されるので、今度ICカードを使うときに駅員さんに見せて処理をしてもらうことになる。ICカードシステムの導入維持、お金のかかることではあるが、本当に滅多に切符を買わないくらい普及しすぎてしまったこのご時世、行き先が芝山と分かっていても、乗車駅ではついクセで乗車券を買うことなく改札にタッチしてしまうものである・・・。

(null)

(null)

(null)

(null)

 

うっす!

(null)

芝山周辺では数多くの埴輪が出土しているようである。

 

 

 

起動終端部を見る。

(null)

 

こんな施設があるのが空港近くらしい。。。駅の周辺は普通に歩ける場所ではあるが、本当に空港周辺といった感じで、他に特筆すべきものはあまりない。。。

(null)

 

あけまして2015

あけましておめでとうございます。このブログも開設して5年目に突入となります。更新ペースが鈍りつつありますが今年もよろしくお願いいたします。
早速ですが初詣がてらの乗り鉄へ、どこに行こうかと思案するも去年に続き柴又帝釈天へ。半ば恒例化している気がします。いや、なんとなく適度に距離があってそれほど混雑も酷くないようですしね。
行きは都営浅草線、京成押上線経由で京成高砂、そこから京成金町線に乗り換えです。3500形がお出迎えです。

IMG_8116

 

柴又駅に到着、今日も人多い…。改札は通常一か所だけですが正月は臨時改札もあけて対応、でもそちらはPASMOが使えず、結局通常の改札へ移動。
2列車体制の金町線、単線のためここで行き違い。今日は3500形2本。乗ってきた方(右)はリニューアルされておらず今となっては貴重な存在。前面に板で「普通」と書いてある車両も、今はなかなか見られないですね。ある意味、運の良いことかもしれません。

IMG_8118

IMG_8127

 

帝釈天へ。駅を出てからここまでは人でびっしりですが、参道に並ぶ店や境内のスポットで分散するのでしょうか、意外と普通に流れていてお参りするのに行列で待たされることはないようです。川崎大師などだと、2日に行っても駅から長蛇、動かなかったりしますね。もっとも大晦日~元旦にかけてはまあ、凄いのでしょうが。今年も息災でありますように。

IMG_8120

 

参道の店で昼食をとり、さらに駅前の屋台の甘酒であったまりました。
ちょっと寄り道(というレベルなのか…これについてはまた別途)をした後、帰りは再び金町線で金町に出て、常磐線の各駅停車で帰路へ。
柴又行くときは大抵高砂から行くので、金町で降りたことがほとんどなかったですが、そちらからでも行けるんですね。
高砂と同じで1線しかないホーム、それもスペースもあまりないようで結構狭いですな。京成の路線で駅は立派なものですが地方私鉄のような可愛さがありますかね。

IMG_8173

IMG_8172

IMG_8174

2014初詣&乗り初め

皆様、あけましておめでとうございます!
ついこないだ年末〜なんて言っていたらもうあっという間に2014年になってしまいましたね。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

早速初詣がてら出かけて参りました。柴又に長らく行ってないな〜、京成・新京成も乗り&撮りしてないなぁ〜、よぉし今年はまずそこだぁ〜!エンヤコラァ〜!!!(???)
ということで柴又帝釈天へ行ってきました。
最寄り駅は京成金町線の柴又駅、日暮里から京成線に乗車、高砂で金町線に乗り換えました。

 

IMG_4346

日暮里駅、何年も来ないうちに様変わりしてしまったもんですね。京成線の駅は成田スカイアクセスが開業した際に下りホームが高架になり、駅前には高層マンションが林立しています。

 

IMG_4350

3500形の特急で高砂へ向かいます。今年で生誕42年になる3500形、3000形の新造で減って来てるかなぁと思いましたがまだまだ特急にも使われていてバリバリ現役なようです。個人的にはガッチリしたイメージで結構好きですね。大幅なリニューアルでデビュー当時とはイメージが大きく変わっています。

 

IMG_4353

高砂で金町線に乗り換えです。もはや希少になった3300形ですが元気に活躍しています。
前は本線と同じホームに発着していましたが、2010年から金町線のみが高架化され5番線が設置されました。駅の東側に大踏切があり、過密ダイヤのため開かずの踏切となっており本当は全ホームを高架化したいところでしょうが、周囲にはほとんどスペースがなさそうです。高架化にあたっては従来の橋上駅舎にそのまま接続する形態をとったためか、本線との乗り換えには中間改札が設けられています。
4両編成で普段は15分間隔ですが今年は1月1日〜1月5日まで臨時ダイヤで10分間隔での運転になっているようです。時間帯がまだ午前ということもあってか、列車は空いていました。そういえば京成本線をそのまま行けば成田山新勝寺にも行けますが、本線の特急もそんなに混んでいませんでしたね。

IMG_4356

金町線は高砂〜金町間の2駅、途中駅は柴又のみです。すぐに柴又に着いてしまいます。現在の所全線単線で、交換出来るのが柴又のみ(起終点の高砂、金町とも一列車しか入線不可)のため常時行き違いが行われます。高架化前は高砂〜柴又間が複線でしたが、旧下り線の線路を一部潰す形で高架化、旧上り線は高砂車両基地への出入り用に地上で残されて現在の形になっています。
柴又駅は相対式ホーム、駅舎は上り高砂行きホーム側だけにあり下りホームとは構内踏切で連絡しています。なので、下り列車を降りてから出口に出るには踏切が開くのを待つ必要があります。初詣時は混雑するためICカードでない普通の乗車券を持っている乗客は下りホームの臨時出口が利用出来るようですが、今やほとんどの乗客がカードで乗ってしまうでしょうからそこから出る人はほとんどいないようで・・・。

 

IMG_8159

IMG_8153

この日の金町線。3300形と3500形各1本が使用されていました。3300形は「こち亀」ラッピングがされていました。

 

IMG_8149

柴又駅で交換する3300形と3500形、お昼くらいに撮ったものですが凄い人だ。

 

 

IMG_4358

駅を出ると早速、寅さんの像がお出迎え。

 

IMG_4361

IMG_4362

さて、帝釈天さんに向かいます。駅を出た所から人が増えた印象でしたが、参道も含めこの一帯が狭いためか参拝用順路が設定されており、行きは脇の細い道から行き、帰りは参道を通るようになっていました。なので移動はスムーズでした。それにまだ午前とあってかごった返すほどではなく、境内にも参拝待ちの列はなかったです。列が出来てたのはおみくじの方でした。筆者はどうにもくじ運というものがないもので・・・。
今年も実りある一年となりますように!

 

IMG_4363

二天門(参道から来た所の門)を入ってすぐの所にある大鐘楼。
これもお馴染みですね、『男はつらいよ』各作品序盤の展開で出てきます。ファンという程、作品を隅々まで見まくった訳ではないものの好きで時々見ている筆者、この展開もたまりませんねぇ!

 

IMG_4366

400m程歩いた江戸川沿いには寅さん記念館、山田洋次ミュージアムがあります。せっかくなので見学しました。
中には実際に使われた撮影セットが移転保存されていたり、寅さんの生い立ちや名シーンを見たり、なんと寅さんと一緒に記念撮影!まですることが出来ます。名シーンを見て周りの皆も自分も思わず声を上げて大爆笑してました。たまりません!!!それとちょっとマニアックな所ではかつて金町〜柴又間に存在した人車鉄道のミニチュアなんかもあります。帝釈人車軌道が明治〜大正にかけて運行していたもので、現在の金町線の前身に当たる路線です。

 

IMG_8148

記念館のすぐ近くを江戸川が流れています。ここもオープニングなどでお馴染みですよね。

 

IMG_4374

IMG_4381

IMG_4382

せっかくなので帝釈天に戻って参道も歩いてみました。こちらは帰り用とはいえ、凄い人でした!お店に入ろうかなぁと思いつつもどこも行列。駅前のやきそば屋台でお昼にしました。

この後高砂で何枚か京成電車を撮り、津田沼から数年ぶりに新京成を訪れて帰りました。新京成についてはまた改めて書きます。

 

 

 

なんとなく新京成

なんつータイトルやねん!というわけで今回も写真整理でバリバリいきます。いつまで続くんでっしゃろ〜?
さて今回は2005年頃の新京成です。といいつつも始発の京成津田沼で撮ったので京成線の写真もちょろっと混じっています。時期的にはまだ京成との乗り入れをしていない頃ですね。といいつつも京成津田沼で撮る=松戸行きということで今と何が違うんだ?となりそうな気はしますが。滅多に新京成乗る機会がないもので、すみません。(汗)
撮りに来た訳ではないのでさしたる枚数はないですが、どうぞ。

 

100_0026

くぬぎ山のたぬきさんこと8000形。この翌年に京成津田沼で接続する京成千葉線に乗り入れることとなります。その時に塗装が少し変更されたらしいですね。

 

100_0031

主力の8800形。この編成は「アートトレイン2004」ということで、沿線の学校によるイラストでラッピングされていました。

 

100_0029

お隣、京成線の3700形。まあ、これもしょっちゅう見るのであまり言うことないですかね。一応、細かいこというと上写真はたった2編成しかない3700形6両編成による普通列車、ということであまり見る機会の多くない光景ではあります。

 

100_0027

京成津田沼駅上野寄りに並ぶ車両群。新3000系(写真中央)が当時増え始めて、3200形などの古豪(写真左)が数を減らしていった時期ですね。

新型スカイライナー

またまた今更感ですが、今回は京成線の新型スカイライナーです。できたてほやほやだった頃ですがもうだいぶ経ってしまいましたね。

京成上野へ向かいます。ホームに降りると偶然にも復刻塗装された3300形の赤電が停車していました。今となってはこちらの方が貴重かな。

IMG_1120

 

そしてやってきました、スカイライナーAE形。全体採れなかったのがちょっと残念だが。地下駅なので辛いところ。

IMG_1112

 

京成高砂から、成田スカイアクセス線(北総線との共用区間)に入ります。こちらに入るととにかくぶっ飛ばしますね。印旛日本医大からはお約束、最高速度160キロ許容区間で新幹線的にぶっ飛ばしてました。
IMG_1124

博物館動物園駅

2004年には正式に廃止になった京成線の博物館動物園駅。国会議事堂にも似た特徴的な駅舎で今も保存されている。
始発駅の上野と日暮里の間、文字通り国立博物館や上野動物園のある上野公園一帯にあった地下駅。普通列車のみ停車、それもホームが短く4両編成しか止まれなかったため限られた列車しか止まらず、終電も夕方6時頃で終っていた。上野駅まで歩いて行ける範囲でありわざわざ待って乗ることもなく、乗客も少なかった。1997年には営業休止されている。

101_0456

このあたりの京成線には駅が続いており、地下トンネル内には博物館動物園と寛永寺坂の二つがあったがいずれも廃止になり、日暮里〜上野間の途中駅はなくなっている。

 

101_0454

JR線を越えて上野へ向かうトンネルに入る3200形普通列車。

京成の赤電引退

3月20日をもって京成電鉄から通称「赤電」が引退する。
昭和30年代〜40年代にかけて投入された車両にかつて施されていた塗装で、車体の下半分を赤に塗装したことから「赤電」として親しまれた。その後、車体全体をファイヤーオレンジ一色に塗る塗装に変更、平成に入って以降ライトグレーをベースにブルー、ピンク帯を配する現在の塗装へと変遷した。赤電になる前は真反対(?)の「青電」なる塗装と、京成は車体の色についてバリエーションが豊富な路線であった。
一旦は姿を消した塗装であったが、2009年頃に3300形3324編成(4両編成)1本が復刻塗装として復活し運転されていた。他に青電塗装、ファイヤーオレンジ塗装の電車も復刻されている。しかし3300形自体が寿命を迎えており、新型3000形への置き換え対象となりこの度引退することになった。3300形までは普通鋼製車体で車体全面が塗装されているが、昭和47年の3500形からはステンレス車体に移行したため銀色の無塗装車体にカラー帯を入れたスタイルになっているため、間もなく全面塗装された電車そのものが京成から姿を消すことになる。ちなみに青電塗装は3356編成で2月18日に一足早く引退、ファイヤーオレンジ塗装の復刻車両は3312編成でこちらは3月24日をもって引退するという。
2年程前に京成上野駅でたまたま遭遇した時の赤電写真がありました。酷いですが一応。

IMG_1105