伊勢路(7)

IMG_3929

IMG_3955

IMG_3966

賢島を散策して昼食、伊勢うどんなるものを初めて食べた。大変太くかなりもちもちの麺が、濃いめの甘辛なたれに浸かっている。見た目はまあうどんっぽいが、食べた感じはあまりうどんらしからぬ、ちょっと一風変わった味。
特急も出ているが、今回は普通で戻る。特急を使わず新幹線もこだまにしたので、そろそろ出ないと時間が厳しい、ということでこれから帰路の始まりである。
11時45分の白塚行きで賢島を後にする。時刻表によると伊勢中川で松阪始発の名古屋行き急行に連絡するようだったので、松阪からその急行に乗ることにした。そこまででも1時間半、結構な距離だ。とりあえず来た道を戻っていく。なんか眠た〜くなりそうだ。
宇治山田に戻ってくるとまた本数が増える。この先は通過待ちがあり、本数の割に抜きどころがあまり多くないので結構待たされる。明星で早速特急を1本退避、櫛田では特急、急行、特急と3本に抜かれた。明星では長く止まるので写真でも撮ろうかなと思い、ホームに降りたらなんとドアを締められ、呆然。開かず発車したらどうしよう・・・と思いつつ近づいていったら開けてくれた。やれやれ。どうやら停車時間の長い駅では一旦全てのドアを閉めてしまうようだ。もちろん乗り降りが有るときや、発車の直前には再度開けてくれる。大概、私鉄では一部のドアだけを開ける機能があって寒い日の長時間停車時に使われているが、近鉄の車両にはそれが備わっていないようだ。ともあれ誤解を招いてはいかんのでもう降りるのはよします。
そんなこんなで13時14分松阪に到着、普通を見送り19分発の急行に乗り換える。クロスシートの多い名古屋線急行だが、この列車は珍しく全車ロングのようだった。よく見ると世代の違う車が一緒になっているのか、車体の大きさが違い編成が異様にデコボコしている。トイレは付いているんだろうか?まあこれで名古屋までハイスピードで戻れます。

伊勢路(小ネタ)

IMG_3796

IMG_3804

IMG_3896

伊勢土産の代表といえば言うまでもなく赤福。本店は伊勢神宮内宮にあるおかげ横丁に構えているが、むろん圏内どこの店でも売っておりまず目立つ存在である。
土産屋で目立つだけではない。駅でもまるで「お忘れなく!」と言わんばかりにしっかり目立っている。伊勢市、宇治山田、伊勢中川、この辺りの駅のベンチの広告はみな赤福なのだ。右も左も、赤福、赤福、赤福・・・ベンチがずらりと並べば、赤福もずらりと並ぶ。素晴らしい程徹底的に赤福なわけだが、なんかちょっと気味悪いような。。。しかしまあ、こうして写真を公開するだけで立派な赤福宣伝になってしまうんだからなぁ。

上:名古屋からやってきて、伊勢中川で早速お出迎えの赤福 中央:伊勢市駅にずらりと並ぶ赤福 下:翌日の五十鈴川駅、やっぱり赤福。隣のホームにも。
あのぉ、ちゃんと買いましたから・・・

伊勢路(4)

IMG_3852

IMG_3808

IMG_3813

桃園を過ぎて川を渡ると右側に単線の線路が分岐、大阪線への短絡線で名阪特急が通る。その後右から大阪線が合流してきて伊勢中川。両線合流するため構内は広く、また一部を除き両側にホームがあり急行も両側のドアを開ける。一方の当駅止まりがもう一方から伊勢方面へ直通する列車に連絡することが多い。
名古屋線、大阪線ともここまでで、この先は山田線となる。急行はこの先松阪、伊勢市、宇治山田と停車する。松阪牛で全国に知られる松阪、しかしまあ実際行ってみるとそんなに牛、牛という雰囲気はない。まあ、電車に牛が乗って来られても困るがw。山田線は直線が多く、駅付近の住宅以外は目立つものも少なく開放感がある。通過区間も長いので気持ちがよい。ただ、ダイヤは一杯らしく速度はあまり乗っていない。途中先行の普通に追いついて徐行した。
伊勢の町に入り、JR参宮線と合流して伊勢市、高架に上がって右カーブするとすぐに終点の宇治山田である。内宮を始め各所へのバスがあり、伊勢観光の拠点になっている。駅舎は1931年に出来たもので旧式のターミナル駅らしい特徴的な外観、内装を持つ。駅は拠点という感じがするものの、街は隣の伊勢市駅共々シャッターが目立ってしまっている。外宮である豊受大神宮への最寄り駅でもあり、お伊勢さんは外宮、内宮とお参りするのが習わしと言われている。それならもっと賑わっていても良いはずだが、皆直接内宮へ行ってしまうのか外宮の参拝者自体があまり多くないようだ。外宮は休日でもさほど混雑していない。
外宮は歩いて10分程、4時になってしまったので早々と外宮へ。参拝時間が決まっており10月は午後5時まで。正宮をお参りする。前回来た時は別宮も含めてゆっくりお参りした。深い緑の中を歩けて、本当に日常から離れられる場所である。
夕食をとって宿へ。移動に少々時間がかかったものでちと忙しかったなぁ。