山間の通勤路線

IMG_0899

IMG_0898

IMG_0900
通勤電車といえども大都会ばかり走る訳ではない。というか、逆に山間ばかり走る路線がある。
港町神戸の中心部、新開地を始発駅に、市内北部や周辺都市へと路線を延ばす神戸電鉄(神鉄)。神戸は、阪急や阪神も乗り入れる、私鉄王国関西の一角である。四路線があるが、今回は私用だったので有馬・三田(さんだ)線だけ乗車。新開地から有馬口を経由して三田に至る神鉄のメインルートで(有馬温泉へは、有馬口でシャトル便に乗り換え)、神戸への通勤だけでなく新開地、三田双方から大阪にも行けるため沿線はかなり宅地化されている。ワンマン運転で自動化された放送からは、次の駅と共に直営スーパーの神鉄食彩館や沿線の施設情報などが放送されいかにも都会的な感じがする。ただ、地形は六甲山系の山そのもので、行く手はひたすら、坂!運転席の後ろから見ていると「車輪の粘着力だけで良く上り下りするなぁ」と思いたくなる長い急勾配がそこかしこに存在する。まさに関西版、箱根登山電車である。駅にしても多摩ニュータウンみたいな駅があるかと思うと、山奥の秘境駅チックな駅もあって面白い。
急勾配だらけとあってそちら向けのチューニングやブレーキ装備が必須である上、あまり速く走れない。単線区間の複線化、線路の改良等で速度向上もしてきたが、投資としては高負荷のはずでそれらは高額な運賃という不利な条件にも繋がる。さらに近年急速に道路網が整備され、速くて快適なバス路線の進出もあって危うくなってきている。特に鈴蘭台から分岐する粟生(あお)線は輸送人員がピーク時(1992年)の半分に落ち込み、近年は毎年10億円もの赤字を計上しており沿線自治体、兵庫県から支援を受けつつ再建策に乗り出しているが、都市近郊路線でそんな事態が起こっている。
ちょっとセンセーショナルになってしまったか。どうか頑張って欲しい。いつか粟生線も訪問してみたいと思う。写真は谷上駅と三田駅にて。