あおなみ線(2)

IMG_3756

IMG_3757

IMG_3793

左に並ぶ在来線と並行して名古屋を発車、新幹線をくぐり関西本線、近鉄名古屋線と並行しつつ進む。最初のささしまライブ駅(凄い名前だ)では貨物列車とすれ違う。名古屋付近でJRの線路群と並んでいたり貨物列車が走っているのは、元々貨物線だったのを旅客化したため。線路配置もそれらしい所があるし、現役の貨物駅を通過したりもする。近鉄名古屋線の烏森(かすもり)駅付近で左にカーブして、ここまで並行して来た二路線と分かれる。南荒子あたりに来ると進行方向左手にコンテナ群が見えてくる、名古屋貨物ターミナル駅である。たてに長く、次の中島駅付近まで広がっている。
貨物列車が有るのは今はここまでのようで、この先は旅客用に整備された真新しい高架線をゆく。荒子側公園は名前の通り川沿いに大きな公園が広がっており、駅を過ぎると斜張橋で川も渡る。この路線のハイライト的な所だろう。住宅、マンションなどが景色をしめて来たが、港に近づいて来てトラックターミナルや倉庫群などとだんだんそれっぽくなってくる。車庫への分岐を過ぎて野跡(のせき)、この辺りまで来ると場所柄、利用者も少ないようでガラガラになってくる。港周辺の景色の中を走っていくと目の前に伊勢湾岸自動車道のとてつもなく高い橋、それを過ぎると終点金城ふ頭である。ポートメッセなごや、リニア・鉄道館などしか目立ったものはない。伊勢湾岸道の橋とインターチェンジがあることもあって、横浜の大黒ふ頭みたいな感じである。リニア・鉄道館は出口を出てすぐの所、リニアモーターカーをモチーフにした外観が特徴的。さあ、どんな車が出迎えてくれるかな。
あおなみ線はどこもドアがついてるので、車両をキレイに撮るのは難しい。終点金城ふ頭だけは全面ガラス張りなので、ちょっと映り込みが出てしまうがなんとか撮れるだろう。

あおなみ線(1)

IMG_3747

IMG_3748

名古屋に着いて太閤通口地下(エスカ)の矢場とんで味噌カツを食べる。やっぱり名古屋に来るとまず足が向いてしまう。通常はここから近鉄特急に乗れば伊勢へひとっとびな訳だが、その前にちょっと寄り道。昨年3月にオープンしたリニア・鉄道館を訪問すべく、あおなみ線で金城ふ頭へ向かう。平成16年に開業した路線だが、名古屋港方面へ向かうだけの短い路線であり乗り換えも名古屋以外ないので、地元でもなければ乗らないだろうと思われた。しかし博物館がオープンしたことで、そこへのアクセス路線ともなった。リニア・鉄道館は開業1年で入場者数100万人突破、ということであおなみ線もそこへの交通手段として利用されているんでしょうな!ちなみに金城ふ頭までの運賃は350円、多分に漏れず高額である。博物館の入場料は1000円なので名古屋駅から鉄道利用だと入場に実質1700円、結構なもんだが、それでも経営的には苦しいようで・・・。ちなみに新幹線の場合、往復の新幹線・あおなみ線の切符、入場券をセットにした「リニア・鉄道館☆往復きっぷ」なるものもある。ただ、それでもぷらっとこだまの方が安いんですが。
名古屋はJRの在来線と新幹線に挟まれた所にホームがある。4両編成しかないので短く最低限みたいな感じだが、ワンマン運転をしていることもありホームドアがついている。名古屋駅の中でもかなり端の方にあるため乗り換えはちょっと時間がかかり、乗り場を示す案内もあまり多くないように見受けられた。私も最初反対方向に歩いてしまったが、初めて訪問する時はちょっと迷うかもしれない。旅行者も多いだろうしもうちょっと目立つようにした方が良いのではと思うが。

こだまの旅(1)

IMG_3671

束の間の休みで伊勢に行って来たので、またその模様を。2年ぶりの訪問だ。名古屋までは新幹線だが、今回はぷらっとこだま利用したので往復ともこだま。のぞみと比べると1時間余、余計に時間がかかるが、名古屋までなら2時間半少々なのでそんなに苦でもないし、価格的にもお得なものはなかろう。ワンドリンク付きで、駅の指定の売店で引き換えられるクーポンがついているのも嬉しい。グリーン車に乗ってもプラス1000円で済み、かつ正規料金(乗車券+特急券)より安い。ということで行きは新幹線のグリーン車に初めて体験乗車してみた。
品川から乗車、8号車のグリーン車に乗る。高級感を醸し出す間接照明に出迎えられる。座席は1列あたりの席数を減らした分、シートを広くとり肘掛けも大きくとっている。テーブルは肘掛けに収納されており、フットレストと、仕切り部分にオーディオがついていてヘッドフォンを繋ぐと飛行機みたいにサービスの音楽を聴ける。
こだまではグリーン車も含めて車内販売はなく、車内で買えるのは自動販売機での飲料のみ、その旨のアナウンスも繰り返しされる。途中で頻繁に追い抜かれるので5分程停車する駅も多く、ホームに降りて買う人のために長時間止まる駅がアナウンスされることもある。むろん時間内に売店を見つけて戻って来なくてはならないので、まあ事前に買っておくのが得策だろう。
9時4分、こだま641号で品川発、各駅に停車し名古屋まで2時間半。さあ、何本の列車に追い抜かれるか(笑)