多摩急行と野猿峠

東京都は八王子市内。多摩ニュータウンと、昔からの八王子市街の間にそびえる野猿峠。「野猿」という名前は色々なところで見られそこそこに知られてはいるが(もっともその多くはこの近隣にあるラブホテルによるのでしょうけどねw)改めてみると都内にも峠があるのかと思ってしまうもので、ちょっとした冒険好きには好奇心をそそられるところだろうか。

峠は多摩丘陵の北側に当たるところ、電車でいうと京王線と相模原線の間に挟まれるように位置している。京王線からは北野駅か一つ手前の長沼駅、相模原線からは京王堀之内から行くのが近い。今回は南側、京王堀之内の一つ手前の多摩センターから、多摩ニュータウンも歩きながら峠を越え、京王線の北野駅まで向かってみることにした。そしてせっかく行くならということで(!)京王相模原線ではなく敢えて小田急多摩線、多摩急行で向かった。

小田急多摩センターに発着する東京メトロ千代田線の6000系と16000系の多摩急行。多摩センター、確かに小田急もきているのだが昔からの経緯で京王の方がなんか勢力が強いし、多摩急行ができたのも割と最近のこと。多摩センターでみる千代田線の電車は、今になってもなんだか見慣れない気がする。

というわけで多摩センターで下車、まずはひたすらニュータウンを歩いていく。自然は多いがあくまでニュータウンだ。マンションなど人工物が多いし自然にしてもどこか手が入っている。

一つ丘を越えて八王子市へ。京王相模原線が走っており、このあたりは京王堀之内駅のエリアになる。

ここで野猿峠を越える野猿街道に入る。峠を越えるまではニュータウンらしくマ  ンションも目立つ。黄色い看板好きも集まるのかな。沿道にはラーメン二郎八王子野猿街道店があるぞ!

京王堀之内をすぎて少し行ったところ、下柚木で二手に分かれ、野猿街道はここで右折する。

ここから野猿峠越えに入っていく。なだらかだが長い登り坂が続く。峠越えとはいえ、住宅やコンビニがあるところが都内といった感じか。梅雨明けの休日、あぢー!


家並みが少なくなってきて峠という感じになってきた。

しかし片側二車線のありふれた道路…。

 

こんな看板が見られるのは峠という感じがしていいですな。もっと言えば昔からの景観を守って来られたら良かったんでしょうが。

 

いよいよ野猿峠。特に標高を示すものはないが、調べによると160mとか。まあ峠にしては低い方ではあるが。うっそうとした周囲の感じは峠らしいのだが、普通に片側二車線道路がぶった切ってしまっているし、峠を示すものが少ないのが寂しい。昔はもっと道も細く険しかったことだろうが。

 

峠のてっぺんにはかつての水飲み場の跡がある。苦しいながらも今も峠らしさを感じさせるもの。

しかし「峠」には普通に屋根付きのバス停に電話ボックス。この写真だけみるとありふれた町の一コマにしか見えない…。

頂上を過ぎると一気に下りになり八王子の市街地に向かう。多摩ニュータウン側、ここまで登ってくるところは割と緑が多かったが、この先八王子市街地に向かう沿道は頂上付近まで宅地化されてしまったようで、緑も少なくなってしまっている。仕方のない所ではあろうが。しかし写真の道路標識の通り、下り勾配6%と書いてある所はやはり峠らしい。きついな。

 

IMG_0725-768x1024-1

長く急な下りが続く。登るのは多摩ニュータウン側以上にきつそうだ。眼下には八王子の市街地を見下ろすことができ、見晴らしが良い。

 

だいぶ降りてきた。まっすぐ進むと国道16号の八王子バイパスと交差、その近くには京王線の北野駅があり、鉄道、道路ともに交通の便は良い。確かにこんな場所なら、山の上だろうが御構い無しに普通に開発されてしまうだろう。そういえばこのあたりの京王線に乗っていると車窓の上の方まで住宅で埋め尽くされている。逆に今回登ってきた多摩ニュータウン側の方は、京王堀之内駅から行けるものの駅からはそれなりに離れた場所にはなる。バスが通っているので交通自体にさほどの不便さはないと思われるが、景観の違いはこのあたりも遠因なのだろうか。

 

後ろを振り返ったところ。何の変哲もない片側二車線の道路だが、きつい登りが頂上まで続く…。

 

ほとんど下りきったところ、ここから東へと北野街道が始まる。北野駅も近く、高架を走る京王線の電車がわずかに写っている(というか無理矢理撮ったw)。

 

下りきって目の前に八王子バイパスが見える。勾配としてはやはり多摩ニュータウン側の登りよりも北野側の下りの方がきつい感じだった。

 

というわけで京王線、北野駅にゴール!北野にきたの(寒)

都内で街の中のような峠とはいえやはり峠、あなどるなかれ。軽くハイキングだったな…。いい運動にはなった!

小田急多摩線

新百合ケ丘を起点に多摩ニュータウンへ向かう路線。2000年代以降、我孫子から常磐線・千代田線を経由して、小田急多摩線の終点唐木田へ向かう多摩急行が運転されるようになった。というわけで最近は千代田線のアナウンスで唐木田の名前を聞くようになったが、小田急沿線や多摩方面の在住でなければ、ちょっとピンとこない所もあるかもしれない。まあ、それも乗り入れの面白い所だろうか。
京王相模原線と同様に多摩ニュータウンへのアクセス路線となっており、途中永山、多摩センター間は完全に並走する。当初は新百合ケ丘〜多摩センターまでで、昭和49年に開業した。もともとはこの多摩線〜千代田線のルートは東京9号線という仮想的な(?)一本の路線として計画されており最初から乗り入れをするはずであった。しかし昭和53年に千代田線が代々木上原まで通じて小田急に乗り入れた時には、新百合ケ丘で小田原線をそのまま直進し本厚木までの乗り入れとされ、多摩線との乗り入れは果たされなかった。20年以上経過した平成14年に多摩急行が設定され、ようやく千代田線との乗り入れが開始された。
そんなこともあり、多摩ニュータウン乗り入れといいつつも影が薄く、都心に乗り入れ本数の多い京王相模原線に比べると本数、乗客ともずっと少なく閑散としていた。永山や多摩センターなどを除けば沿線開発もろくに進まず、短く古い電車(こんな調子だから以前は小田急の中でも古参の車両の集積地となっていた)が走る光景は「ローカル線」そのものであった。多摩急行設定の前後になって開発が進み乗客数も増加していき、ロマンスカー『ホームウェイ』が乗り入れたり平成16年には黒川〜小田急永山間に新駅、はるひ野駅が開業している。
現在は多摩急行がほぼ終日30分間隔、ほかに新百合ケ丘折り返しの各駅停車も従来通り運行される。

千代田線6000系の多摩急行に乗車、前から2両目で、それなりに乗っていたが新百合ケ丘で一気に下りてしまう。昼間だからだろうが寂しい車内。高架で小田原線と分かれ起伏の激しい多摩丘陵をゆくが、沿線には斜面だろうが御構い無しに住宅びっちりだ。栗平停車、ただでさえ少ないのにここで結構人が降りる。もう1両に数人になってしまった…。乗客が増えてきたとはいえまだ京王に比べると今一つといった感じ。次の停車駅は小田急永山だが、大半の利用客は京王で向かうのだろう。
登り坂を登って行き高台にある黒川を通過、トンネルを過ぎる。進行方向右手にマンション群やゴルフ練習場など見た事ある風景が見えてくるがあそこは若葉台で、京王相模原線が通る。小田急はここで新駅のはるひ野を通過する。京王相模原線が右から寄り添ってきて多摩センターまで並走するようになり、一緒にトンネルに入る。もう一つトンネルを抜けて小田急永山。京王永山駅と隣り合わせである。京王同様リニューアルされているのか、まるで新路線の駅のよう。京王側は昼間でも乗客が多いが小田急側は大変ひっそりしている。多摩センターにかけて京王と並走するものの、京王の電車とは遭遇しなかった。双方とも本数があまり多くない昼間はなかなか遭遇シーンはない。

小田急多摩センター、上り6000系の多摩急とすれ違う。今日は6000が多い。多摩センターに6000系はやはり違和感…。元は隣り合う京王と同様2面4線の駅で、列車の追い越しが可能だったが実際に追い越しをする機会はなく、現在は外側の2線は使用停止されホームも柵で仕切られている。

多摩センターを出てそのまま緩い左カーブを走ると終点唐木田に着く。2面3線で、先はそのまま車庫につながっている。乗ってきた多摩急行は車庫へ引き上げていったが、各停などそのまま折り返す列車もある。出口は南側の端っこにしかなく、各ホームともホーム先端の階段(エスカレーター付き)がエレベーターが一箇所ずつというシンプルな構造である。
もともと多摩センターまでだった多摩線だが、地元住民の請願や小田急としても車庫建設のために平成2年に一駅だけ延長されたものである。

IMG_7726-0.JPG

IMG_7727-0.JPG

 

ニュータウン内の新駅の割に駅前はあまり広くなく、駅舎前をななめに横切るのは片側一車線道路、そこに京王バスの循環バスの唐木田駅停留所があるだけでバスターミナルはない。ほかは屋根付きの小ぶりなタクシー乗り場のロータリーがあるくらい。駅前の店舗はデカいケーヨーデイツーが構えるほかはコンビニがある程度。隣に多摩センターがあるせいかあまり商業的な賑わいはなくもっぱら通勤通学の駅といった印象。

IMG_7729-0.JPG

IMG_7730-0.JPG

 

 

「うむ、何か視線を感じる」と思ったら、彼か…

 

IMG_7731-2.JPG

 

駅前の通りを渡り、自転車置き場を過ぎるとそこには小田急の車庫が広がっている。駅や車庫などの鉄道施設は高台を掘り返してつくったであろう谷底にあり、街は高台にある。車庫はすり鉢状の地形の底にあり、見下ろすように全体を見わたすことができる。少々小ぶりだが通勤車両の各車が止まっておりメトロの車両も留置されている。線路は目視して数えたところざっと16本はありそうだ。幅はあり線路の数はそこそこあるものの奥行きがなく突き当たりは高台に阻まれている。長さは10両編成の列車が1本入るくらいしかない。
先に乗ってきた6022F多摩急行もここでしばし休んだあと、折り返しの仕事に入っていった。
ちょうどこの道の先に大妻女子大、大妻多摩中学高等学校がある。午後だったこともあり帰宅の学生で賑わっていた。

IMG_7733.JPG

 

次の多摩急行はメトロ16000だった。

IMG_7734.JPG

 

唐木田大橋から見た車庫。ちょうど二つ上の写真で車庫を横切っている大きな橋。

IMG_7735.JPG

小田急MSE5周年記念ツアー

小田急電鉄、小田急トラベルでは東京メトロ千代田線に乗り入れるロマンスカー「MSE」(60000形)が2008年の運行開始から登場5周年になるのを記念して『MSE5周年記念ツアー』を開催する。
通常千代田線でロマンスカーが運行されるのは北千住までだが、今回は同線始発駅の綾瀬から運行される。代々木上原で小田急線に入り、新松田ではJR御殿場線に入って御殿場まで走行、その後唐木田、片瀬江ノ島を経由して新宿へ向かう。小田急線のほぼ全線と千代田線(本線)の全線を走破、御殿場線についても現在MSEで運行されている『あさぎり』のルートを走破することになる。
記念イベントとのことで記念弁当、関連のお土産品があるほか抽選会も行われる。
開催日は5月18日、19日、25日、26日の4日間(いずれも土・日曜日)、参加にあたっては小田急トラベルでの申し込みが必要とのこと。