青春18きっぷ(平成25年春季用)発売

JRグループでは2月20日から、平成25年春季の青春18きっぷを発売する。発売期間は2月20日から3月31日までで、利用可能期間は3月1日から4月10日まで。JR全線の普通、快速の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム。気仙沼線)とJR西日本の宮島フェリーに乗車できる。特例として津軽海峡線蟹田〜木古内間、石勝線新夕張〜新得間は普通列車がないためこの区間の相互発着に限り特急・急行の普通車自由席に乗車できる。また奥羽本線青森〜新青森間と宮崎空港線宮崎〜宮崎空港間には普通列車があるものの、この区間の相互発着に限り特急・急行の普通車自由席に乗車できる。奥羽本線青森〜新青森間の特例については2010年の東北新幹線新青森延伸開業時に、普通乗車券のみで特急の普通車自由席に乗れる特例を設けたが、当初青春18きっぷには反映されておらず、2012年夏の発売分で初めて反映された。

JRグループ周遊きっぷ販売終了へ

JRグループでは平成10年から販売してきた周遊きっぷを平成25年3月31日をもって販売終了すると発表した。日本各地域の一定の場所にゾーンを設け、出入口までの割引切符とゾーン内の周遊券をセットとしたものであった。終了の要因としては利用状況をふまえたものとしている。

九州新幹線「開業2周年・お隣ワンコインきっぷ」発売

JR九州では九州新幹線が今年で全線開業2周年になるのを記念し、3月16日(土)に限り同新幹線の隣の駅同士を500円で利用出来る「開業2周年・お隣ワンコインきっぷ」を発売する。通常であればどの区間も運賃と新幹線自由席特急料金で1000円以上になるので、半額以下で利用可能となる。利用出来るのは九州新幹線の自由席のみで、発売日は2月16日〜3月15日、枚数限定はないのでこの間であれば購入出来る(但し利用出来る3月16日当日の販売はないので注意)。発売は九州新幹線の各駅と大牟田駅、玉名駅と、一部のJR九州旅行センターにて。