西武秩父線

西武池袋線の延長部のような感じで、秩父へと乗り入れている路線。池袋から特急『ちちぶ』(レッドアロー)が出ていることもあるし、運行も池袋線と一体化されていて西武秩父線内の折り返しはないので池袋線と思われていることが多いかもしれない。正確にいうと池袋線は、池袋から飯能のちょっと先にある吾野までの路線で、吾野から西武秩父までが「西武秩父線」に名前が変わる(秩父線だと思っていたら「西武秩父線」と「西武」が入るらしい。単に「秩父線」と言った場合「秩父鉄道」を指すからだろうか)。が、現在吾野で折り返す列車はほぼ皆無で(吾野発着は池袋線の上り一番列車と下り終電の1本ずつのみ)、池袋線も飯能を過ぎるとほとんど山間部を走っていて吾野もそんな中にある途中駅なので、ここが境界と言われてもまずピンと来ない。起点と終点を示すキロポストが構内に立っていることくらいか。

元々吾野まで来ていた池袋線を、秩父乗り入れのために昭和44年に延長したもの。途中正丸〜芦ケ久保間には当時の国鉄以外の私鉄では最長だった正丸トンネルが控える。長さ4000mを超える長大トンネルである。長いだけにトンネル内に信号場があって、そこで行き違いのために停車することがある。先に触れたように、飯能を過ぎれば池袋線も単線の山岳路線になるのであまり違いは分からないのだが、ちょっと目立つ違いもあって池袋線にはトンネルが一カ所しかないが、西武秩父線に入ると急にトンネルだらけになる。正丸峠を越える正丸トンネルは仕方ないにしても、それ以外の場所でも結構トンネルがある。その辺りは造られた年代の違いなんかも関係しているだろうか。

正丸トンネルを抜けて横瀬から秩父へと入って行く。横瀬付近では秩父のシンボルたる武甲山の麓付近を走り、山をバックに行く所は正丸トンネルと並んでこの路線のハイライト的な所だろう。

 

100_0045

横瀬駅。車両基地が隣接していて構内は広い。バックにうっすらと見える山が武甲山。石灰岩が多く含まれており昔から盛んに採掘されてきた。主たる採掘現場である北側(西武線側)の山頂付近の斜面は随所がえぐられておりちょっと痛々しく感じられる。まあ、大いなる自然の恩恵に預かっている訳だから仕方ないが。

 

100_0047

武甲山をバックに横瀬駅に停車する西武秩父線の4000系。特急以外は飯能で列車が区切れていて、飯能〜西武秩父間で4000系が折り返し運転している。2ドアでドア間はボックス席が並び長距離移動に快適な列車だが、池袋線の通勤輸送に適さないためか池袋にやってくるのは土休日の直通列車のみ。

 

100_0049

終点西武秩父駅。秩父の町の中心は秩父鉄道の秩父駅(西武秩父駅に隣接する御花畑駅から一つ目)あたりとあって、こちらは少々駅前が寂しい気もしなくもないが、駅舎、駅前ともに広々とした感じがいい。東京とダイレクトに繋がっていることもあって、乗客数は西武秩父駅の方が多い。

 

100_0106

100_0068

西武秩父駅付近では並行する秩父鉄道とレールが繋がっていて同線に乗り入れる列車がある。基本的に西武秩父の一つ手前横瀬で切り離して秩父鉄道の上下線両方向に乗り入れる。片方は横瀬から先、西武秩父を通らずに御花畑から秩父鉄道に入って長瀞まで、もう片方は切り離し後一旦西武秩父まで行き、逆向きになって影森から秩父鉄道に入り三峰口まで乗り入れている。ちなみに西武秩父と御花畑駅は運賃計算上同一駅として扱われているので、長瀞行き(発)列車で横瀬〜御花畑間を乗車すると横瀬〜西武秩父間の西武の運賃が適用され、三峰口行き(発)列車で西武秩父〜影森間を乗車すると御花畑〜影森間の秩父鉄道の運賃が適用される。
もっとも直通列車は平日は朝上り、夕方下りに1本ずつ、土休日も朝下り、夕方上りに2本ずつしかないのであまり利用しやすいものではない。大半は西武秩父と御花畑との間を徒歩で乗り換えとなる。
上写真は長瀞に乗り入れた4000系、下は三峰口でかつての急行『秩父路』(秩父鉄道3000系。後任の6000系に置き換えられ現存せず)と並んで休む4000系。

西武の芝桜臨

西武鉄道では毎年恒例の、秩父の羊山公園で見頃を迎える芝桜見物の輸送のために臨時列車(通称:芝桜臨)運行を行う。今年は4月27日(土)〜5月6日(月)の間に運転、特急を増発するほか、一般の列車も秩父方面が増発される。
以前は西武秩父へ行ける車両に限りがあったこともあり、普段見られないラインナップが見られちょっとした撮り鉄ネタになったものである。最近は西武秩父方面へ顔を出す車両も増えてきたため、あまり普段と大きく変わった感じはしないかもしれない。
詳細は西武鉄道ホームページにて。

相互乗り入れ開始の東急東横線

副都心線、西武池袋線、東武東上線と相互乗り入れを開始した東急東横線。開始初日の各列車の様子を都立大学〜自由が丘間で撮影。有名撮影地とあってある程度の人がいたので適宜動きながら撮ったのと、来る列車来る列車手当り次第に撮ってるので構図とか出来はいまいちですが、まあ記録程度に。しかしどの車両もLEDなもんでなかなか奇麗に行き先が映らないのが難点ですな。

IMG_4683
東急5000系、下り各停元町・中華街行き。直通してなくても見られたものですが、一応。

IMG_4685
東京メトロ10000系、下り特急元町・中華街行き。東武東上線からの乗り入れ。

IMG_4686
東急5050系、上り各停和光市行き。下りはそんなに変わっていないのでほとんど元町・中華街行きなのに対し、上りは色々な列車が来るが、どこ行きが多いかというと和光市行きのようだ。

IMG_4688
東京メトロ7000系、下り急行元町・中華街行き。正面に「8Cars」と書いてあるのは、8両編成という印。東横線の急行停車駅のホームが伸びたので急行は10両編成で走れるはずだが、実際見てみると8両編成が多かった。ちなみに昼間の急行は西武や東武に乗り入れない和光市行き、副都心線に入ると各駅停車に変わる。副都心線の急行は東横線内は「特急」になるので注意。

IMG_4689
東急5050系、上り急行和光市行き。「8Cars」とあるのでこれも8両編成。

IMG_4691
シャッタースピードが合わずLEDがちょんぎれちゃっているのだが、これは東急5050系の下り各停菊名行き。菊名行きは元々日比谷線直通で存在していたのが、そちらの直通運転が中止されて渋谷方面に切り替えられたもの。

IMG_4693
西武6000系、上り特急西武池袋線飯能行き。特急は15分間隔で、西武池袋線直通と東武東上線直通が30分に1本ずつ交互に運行。西武車はさっきも乗りましたね。

IMG_4695
東急5000系、下り特急元町・中華街行き。特急は西武・東武に乗り入れで、原則10両編成のようです。西武池袋線では快速急行で走るのと、東武東上線では各停になるものの同線が10両編成を原則とするためでしょう。

IMG_4696
これも見にくいが、東京メトロ7000系、上り各停渋谷行き。

IMG_4698
東急5050系、下り急行元町・中華街行き。

IMG_4699
東急5050系(4000番台)、上り急行和光市行き。

IMG_4702
そして乗り入れのもう一つの目玉、東武50070系の下り特急元町・中華街行き。

IMG_4703
おっと、そこへ東京メトロ10000系の上り特急が通過、他者同士のコラボレーション。

IMG_4707
LEDが英語かつ切れていますが、みなとみらい線Y500系、上り急行和光市行き。Y500系は8両編成しかないので特急には多分使用されないでしょうね。

IMG_4708
東京メトロ7000系、上り各停新宿三丁目行き。途中止まりのなかった副都心線ですが、輸送量の調整なのかはたまた新宿始発の便宜を図るためなのか、今回から出来てしまいました。こやつは池袋まで行ってくれません。しかし「三丁目」なんて行き先出してるのもなんだか妙な感じが。

IMG_4709
東京メトロ7000系、下り各停菊名行き。メトロサイドも日比谷線03系に代わって、副都心線の車両が担当しています。

IMG_4711
西武6000系、上り特急小手指行き。さっき乗ってきた特急の折り返しです。小手指(こてさし)という駅名、西武池袋線沿線に住んでいなければ明らかに分からないと思うのですが。飯能行きに出来なかったんでしょうかね。

IMG_4712
LEDちょん切れてますが、みなとみらい線のY500系、上り各停保谷行き。保谷はかつての保谷市(現在は田無市と合併して西東京市)ですね。池袋線では各停保谷行きが良くみられますが、まさかここで見られる日が来るとは。

IMG_4713
西武6000系、下り特急元町・中華街行き。6000系が意外とよく来ます。デザイン的には一番カッコいい気がする。前は前面も銀色でしたが、副都心線乗り入れに合わせて識別のためか白く化粧されました。そこだけはちょっと惜しいところですが。

IMG_4717
西武6000系、上り急行和光市行き。西武電車は副都心線の途中駅である小竹向原から西武線に戻れるので、本来和光市へ行かなくても良いのですが、ダイヤ上の都合で自社に戻らずに和光市へ行くこともあります。

IMG_4720
東京メトロ10000系、下り特急元町・中華街行き。さっきは西武だったのでこちらは東武東上線からの乗り入れです。有楽町線乗り入れの時からそうですが、東武東上線の直通はメトロの車両に当たる率が多い気がします。

IMG_4721
東京メトロ10000系、上り特急川越市行き。最初の方で撮った下り特急の折り返しですね。

IMG_4724
東京メトロ10000系、下り急行元町・中華街行き。これは10両編成のようですね。

IMG_4728
東急5050系、上り各停新宿三丁目行き。

IMG_4730
東急5050系(4000番台)、上り特急飯能行き。やはり西武池袋線といえば「飯能」が一番しっくり来る気がします。

IMG_4731
西武6000系、下り特急元町・中華街行き。西武車多いなぁ。

IMG_4732
東京メトロ7000系、上り各停石神井公園行き。石神井公園まで複々線が完成したということで石神井公園行きが出来たんですね。東武東上線直通はほとんど川越市行きに統一されているのに対し、西武池袋線直通は色んな行き先の電車が来ます。もっとも東武よりも西武への直通が圧倒的に多いので、ある程度は仕方ないことではありますが。

IMG_4736
東京メトロ7000系、下り各停元町・中華街行き。こないだは先行営業運転で撮りましたが、もう普通に見ることができます。

IMG_4737
東京メトロ7000系、下り急行元町・中華街行き。急行は8両編成が多いのでメトロの8両編成も使用されるんですね。細かいことですがこれは後期の車両なので側面の窓が大きいです。

IMG_4738
東武50070系、上り特急川越市行き。51076ということで先に掲載した元町・中華街行きの折り返しです。そんなに距離がないので意外と早く戻ってきます。って1時間以上もここで撮ってるわけですが。東武車はこの51076ともう一本(撮ったが見事にピントはずれなので載せていない)しか見ていません。世代の古い9000系と9050系も乗り入れてきますが、今日は一本も見られませんでした。乗り入れ開始初日ですから最新の車両をということなのかな。

IMG_4741
東急5050系(4000番台)、下り特急元町・中華街行き。東武東上線からの直通。やっぱり東武車少ない。
撮影を終えてY500系の新宿三丁目行きで帰路へ。ふぅ。。。