レッドアローで秩父路へ

日帰りで秩父へ行くことになった。
今回は一人ではなく同行者がおり、数人で行ったので結構賑やかだった。
秩父というとまあ気軽に日帰りで行ける観光地として名高いところで、SLパレオエクスプレスも人気がある。そちらも全員の総意として目当てであったが、どっちかというと「聖地」訪問がメインになった旅であったw
そう、秩父といえば言わずと知れた『あの花』(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)の舞台とされておりますね!
恥ずかしながら詳細をあまり知っているわけではないがまあさわりくらいは知っている、つもり・・・。といいつつも深い話題になるとほとんどついてけませんでしたとさ。帰ったら、ちゃんと見ておきますw
とはいえ行くまでそんなに「あの花、あの花」ってわけでもないだろう、と思っていたのですが実際秩父の街に行ってみると、相当びっくりするほどの熱の入れようであります。

早朝の池袋に集合、前日までの疲れも引きずって若干眠眠状態での到着。まずは7:30発の特急レッドアローで西武秩父へ向かう。思えば西武レッドアローは乗ったことがなく今回初めてである。

レッドアローに使用されるのは10000系。平成に入って造られたもので外観はかっこよく綺麗だし特急車両らしく車内設備も整っていて良い。が、足回りが初代レッドアローなどの流用品である関係でほとんどが古く、モーターの騒音もでかい。車体の構造上もあるようで普通特急車というと割と静かなはずだが、この車両はバンバン音が響きまくっている。通勤電車に乗ってるのとあんまり変わらない・・・。

IMG_1002

IMG_1001

IMG_0999

ダイヤなどもあってそこまでハイスピードではないものの、特急とあって所沢、入間市、飯能と止まる駅はかなり限られている。所沢を過ぎると埼玉西部に入って田畑や緑も目立つ。稲荷山公園周辺は航空自衛隊入間基地に挟まれるように走りなかなかの眺めである。

飯能でスイッチバックする形となり進行方向が変わる。東飯能を過ぎるとだんだん山へと入っていき、カーブも増えてくる。また飯能からは単線とあって随所で行き違いのために停車する。実際には飯能の次は終点の一つ手前の横瀬まで降りることはできない。

IMG_1008

高麗で特急同士すれ違いのため停車。ドアは開かない。

 

IMG_1010

吾野を過ぎて池袋線が終わり、西武秩父線に入るとだいぶ山深くなる。このあたりまでは割と目立った民家などもあまり見られなくなる。正丸を過ぎると長大な正丸トンネルで正丸峠を越える。4km少々あるトンネルで、一時期は私鉄で最長のトンネルであった。トンネル内に信号場がありそこだけ複線化されて行き違いが出来る。この特急は行き違いはなかったが、ダイヤによっては暗闇のトンネル内で停車して対向列車を待つというちょっと楽しくも不気味な光景を味わえるだろう。

トンネルを抜けて芦ヶ久保を通過するといよいよラストスパート、山岳区間も終わり横瀬の町に出る。工場などもあり賑やかになってくる。
最後の停車駅横瀬では秩父鉄道乗り入れ、長瀞行きの4000系が停車していた。一般の列車は秩父鉄道直通が有り、一部列車は三峰口行きと長瀞行きを連結した8両編成で、横瀬で切り離しを行い各々秩父鉄道に乗り入れる。三峰口、長瀞はお互い反対方向、また西武秩父駅周辺の設備の関係で、三峰口行きは終点西武秩父まで西武線を走ってからスイッチバックして秩父鉄道に乗り入れるが、長瀞行きは西武秩父駅には停車せずに、同駅手前で連絡線に入ってダイレクトに秩父鉄道に乗り入れる。そのため長瀞行きの場合、横瀬を出ると次の停車駅は秩父鉄道の御花畑となる。
横瀬を過ぎて最後の一駅を走行、羊山公園をトンネルで抜けて、カーブしつつ秩父市街地を回り込み、秩父鉄道と合流して終点西武秩父に到着する。

 

IMG_1014

うますぎる気もするがここで隣に停まっていた4000系、なんと「あの花」ラッピングがされていた。まるで秩父市が二次元化してないかと錯覚しそうな熱の入れよう。秩父市内の駅だの商店街だの、果ては電車のラッピングだのとあちこち引っ張りだこのめんま、もはや話の筋と合ってないようでなんだか可哀想な気もしてきます…。

西武秩父線

西武池袋線の延長部のような感じで、秩父へと乗り入れている路線。池袋から特急『ちちぶ』(レッドアロー)が出ていることもあるし、運行も池袋線と一体化されていて西武秩父線内の折り返しはないので池袋線と思われていることが多いかもしれない。正確にいうと池袋線は、池袋から飯能のちょっと先にある吾野までの路線で、吾野から西武秩父までが「西武秩父線」に名前が変わる(秩父線だと思っていたら「西武秩父線」と「西武」が入るらしい。単に「秩父線」と言った場合「秩父鉄道」を指すからだろうか)。が、現在吾野で折り返す列車はほぼ皆無で(吾野発着は池袋線の上り一番列車と下り終電の1本ずつのみ)、池袋線も飯能を過ぎるとほとんど山間部を走っていて吾野もそんな中にある途中駅なので、ここが境界と言われてもまずピンと来ない。起点と終点を示すキロポストが構内に立っていることくらいか。

元々吾野まで来ていた池袋線を、秩父乗り入れのために昭和44年に延長したもの。途中正丸〜芦ケ久保間には当時の国鉄以外の私鉄では最長だった正丸トンネルが控える。長さ4000mを超える長大トンネルである。長いだけにトンネル内に信号場があって、そこで行き違いのために停車することがある。先に触れたように、飯能を過ぎれば池袋線も単線の山岳路線になるのであまり違いは分からないのだが、ちょっと目立つ違いもあって池袋線にはトンネルが一カ所しかないが、西武秩父線に入ると急にトンネルだらけになる。正丸峠を越える正丸トンネルは仕方ないにしても、それ以外の場所でも結構トンネルがある。その辺りは造られた年代の違いなんかも関係しているだろうか。

正丸トンネルを抜けて横瀬から秩父へと入って行く。横瀬付近では秩父のシンボルたる武甲山の麓付近を走り、山をバックに行く所は正丸トンネルと並んでこの路線のハイライト的な所だろう。

 

100_0045

横瀬駅。車両基地が隣接していて構内は広い。バックにうっすらと見える山が武甲山。石灰岩が多く含まれており昔から盛んに採掘されてきた。主たる採掘現場である北側(西武線側)の山頂付近の斜面は随所がえぐられておりちょっと痛々しく感じられる。まあ、大いなる自然の恩恵に預かっている訳だから仕方ないが。

 

100_0047

武甲山をバックに横瀬駅に停車する西武秩父線の4000系。特急以外は飯能で列車が区切れていて、飯能〜西武秩父間で4000系が折り返し運転している。2ドアでドア間はボックス席が並び長距離移動に快適な列車だが、池袋線の通勤輸送に適さないためか池袋にやってくるのは土休日の直通列車のみ。

 

100_0049

終点西武秩父駅。秩父の町の中心は秩父鉄道の秩父駅(西武秩父駅に隣接する御花畑駅から一つ目)あたりとあって、こちらは少々駅前が寂しい気もしなくもないが、駅舎、駅前ともに広々とした感じがいい。東京とダイレクトに繋がっていることもあって、乗客数は西武秩父駅の方が多い。

 

100_0106

100_0068

西武秩父駅付近では並行する秩父鉄道とレールが繋がっていて同線に乗り入れる列車がある。基本的に西武秩父の一つ手前横瀬で切り離して秩父鉄道の上下線両方向に乗り入れる。片方は横瀬から先、西武秩父を通らずに御花畑から秩父鉄道に入って長瀞まで、もう片方は切り離し後一旦西武秩父まで行き、逆向きになって影森から秩父鉄道に入り三峰口まで乗り入れている。ちなみに西武秩父と御花畑駅は運賃計算上同一駅として扱われているので、長瀞行き(発)列車で横瀬〜御花畑間を乗車すると横瀬〜西武秩父間の西武の運賃が適用され、三峰口行き(発)列車で西武秩父〜影森間を乗車すると御花畑〜影森間の秩父鉄道の運賃が適用される。
もっとも直通列車は平日は朝上り、夕方下りに1本ずつ、土休日も朝下り、夕方上りに2本ずつしかないのであまり利用しやすいものではない。大半は西武秩父と御花畑との間を徒歩で乗り換えとなる。
上写真は長瀞に乗り入れた4000系、下は三峰口でかつての急行『秩父路』(秩父鉄道3000系。後任の6000系に置き換えられ現存せず)と並んで休む4000系。

西武の芝桜臨

西武鉄道では毎年恒例の、秩父の羊山公園で見頃を迎える芝桜見物の輸送のために臨時列車(通称:芝桜臨)運行を行う。今年は4月27日(土)〜5月6日(月)の間に運転、特急を増発するほか、一般の列車も秩父方面が増発される。
以前は西武秩父へ行ける車両に限りがあったこともあり、普段見られないラインナップが見られちょっとした撮り鉄ネタになったものである。最近は西武秩父方面へ顔を出す車両も増えてきたため、あまり普段と大きく変わった感じはしないかもしれない。
詳細は西武鉄道ホームページにて。