初乗り2017

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

というわけで初詣も兼ねて初乗りへ。だんだん毎年恒例と化しつつありますが柴又帝釈天詣でに行ってきました。

千代田線、常磐線経由で金町、そこから京成金町線で柴又へ。朝起きた時は天気が少し心配だったが着いたら気持ちの良い晴天。ポカポカ陽気で絶好の行楽日和。



お約束の草団子に甘酒で一服。甘酒一杯100円と安かった〜♪

寅さん記念館を見て矢切の渡しがある江戸川へ。暖かく歩いていて気持ちが良かった。せっかくなので柴又駅へは戻らずこのまま歩いてJR金町駅に出た。いい散策になった。

金町から常磐線で馬橋へ。そして今みで何度も前を通っていながらなかなか縁のなかった流鉄流山線に乗ってみた。馬橋〜流山を結ぶローカル私鉄だ。



車両は元西武の中古車で占められている。ワンマン運転していて車内案内表示器など設備面は充実している。発車ベルが電鈴なのがいい味だ。

常磐線と少し離れて並行するように走り、最初の駅、幸谷。JR新松戸駅に隣接している。武蔵野貨物線をくぐり常磐線から離れて行く。右側に竹やぶをみながら走る。

途中小金城趾で行き違いをする。短い路線の流山線、途中駅で行き違いできるのはここだけである。始発の馬橋と終点の流山も二列車入れるが、昼間は二本の列車しか使わないのでそちらでも二列車で使うことはない(但し流山駅には使用しない方の線路には車両が留置されている)。


電鈴が鳴り発車。住宅街を進んで鰭ヶ崎。片面ホームだが出札口付きで昔ながらのローカル線の駅の趣。

正面にセブンアンドアイの巨大な看板。新興住宅地を進む。平和台、駅前広場があり開けている。流山の中心部に入る。目の前にはもう流山駅が見えている。

ほどなくして終点流山に到着。車庫が隣接している。


駅前。バスターミナルなどはなく小ぶりな感じだ。しかしホームの駅名看板はやたらと文字がデカく、大変目立つ。

駅をそのまま進むと車庫に通じている。車両数が少ないので車庫もささやかな感じだ。



もう一方の線路には車両が留置されている。しかし車両ごとに塗装が違ってカラフルである。

さてと、今年はどんなところに行くことやら…。気まぐれに書いていきますが宜しくお願い致します。

北しなの線


平成15年の北陸新幹線開業に伴い、信越本線のうち長野駅以北に当たる長野〜妙高高原間を第三セクターのしなの鉄道に移管した路線。妙高高原から先の区間は、新潟県となるため別会社のえちごトキメキ鉄道に転換されている。

長野駅から妙高高原行きに乗り込む。JRとは別会社であるが特に改札は分離されておらずJRと共通、車両も譲渡された115系のためほとんど変わった感じがない。

特急『しなの』の接続待ちで遅れて発車。少し進むと長野車両センターが広がる。ほんの少し前までJRだった区間である。須坂か信州中野あたりが遠望できるが、こちらの方が高いことがよくわかる。長野電鉄をくぐり、新幹線とも分かれる。ちなみに北長野以北は単線である。豊野から少し行くと飯山線が分岐する。

少し眠くなってしまった。単独走行になって一気に車窓が変わり、渓谷沿いを行き、牟礼。豊野からかなり距離があった。このあたり、複線化しようとしたのだろうか。トンネルの廃坑があり抜けると複線分の路盤。

里の方に出て、古間。かつて使われていたホームの跡が残っている。黒姫は長野県最後の駅。左側にひときわ高い山が見える。黒姫山か?

次は終点妙高高原、ここから新潟県となる。黒姫〜妙高高原までは複線である。野尻湖近くを行き、終点妙高高原。ここから先はえちごトキメキ鉄道妙高はねうまラインとなり、駅も同線の所属となっている。かつて一本の路線であり単なる途中駅だったため終点という雰囲気はなく、むしろ今も直通運転があってもおかしくない雰囲気だが、今のところ直通運転は全く行われていない。とはいえダイヤは接続が考慮されている。まだ運行始まってそんなに経っていないし、利用状況次第ではいずれ直通も再開されるかもしれないと思う。

日本三大車窓からの夜景

長野県はJR篠ノ井線の姨捨駅。松本からひと山越えて善光寺平へと降りていく途中にある駅で周囲より標高が高く、駅ホームから善光寺平に広がる長野市街を一望ことができる展望スポットとなっており、日本三大車窓の一つに数えられている。

昼の景色も素晴らしいが、夜は夜で長野市内の夜景が広がるとあってこれもさぞ魅力的なことだろう。昼は以前眺めたことがあるので、今回長野旅行にきた際に夜景を見るべく夜に訪れてみた。しかしここで夜景を取り上げるのも初めてだなぁ。

長野駅19時6分発の普通茅野行きで姨捨駅へ向かう。以前は115系の天下だった長野も今やすっかり211系が主力となっている。東北・高崎・東海道線などから転属したもので中央本線を中心に山梨・長野県内の普通列車で活躍している。中央本線の普通列車用とあって都内も高尾まで入線し、立川や八王子にも一部顔を出している。しかしどうにも未だに115系のイメージが根強く、なんだかまだ見慣れない。

途中篠ノ井から篠ノ井線に入る。最初の駅稲荷山まではまだ普通の路線といった感じだが、稲荷山を過ぎると山に入り標高を上げていく。線路と同じ高さだった市街地をだんだん眼下に見下ろすようになり、長野の中心部からも離れていく。途中列車はスイッチバックし信号場で停車したが行き違いもなく発車。篠ノ井線はこのあたり急な上り坂が続くので信号場や駅をそのまま設置できず、姨捨駅や信号場はスイッチバック型の配線を取り、通過する列車のみ本線を直進させている。

信号場を過ぎるとだいぶ標高も高くなり、長野市街地からの距離も離れて街明かりも遠くに集まる感じになり、夜景らしくなってくる。

再びスイッチバックして姨捨駅に停車。列車を降りる。周囲は山だし乗降は少なく、普通ならこんな夜にここで列車を降りる人もそういないだろうと思うところだが、やはりここは夜景スポット!観光客やカップルが何組か見受けられた。


姨捨駅構内。急勾配の途中にあるため本線上にホームはなく、枝分かれした線路に位置するスイッチバック型の駅。駅名標もスイッチバックを強調するような図で描かれていた。写真上は駅構内の様子だがスイッチバックのため、写真奥の方向に進むと行き止まりで手前側だけが本線に通じている。以前は特急しなので本線を通過しただけだったので降りるのも初めてだ。


ホームには展望案内図が設置されている。日本三大車窓の文字も忘れずに。

さて、夜景を堪能してみようか。

おお〜❗️(笑)

山に囲まれた善光寺平に煌々と夜景が展開する。大都市の夜景と比べると、という部分はあるかもしれないが、旅先の鉄道駅からこんな夜景が見えるとなると感動モノだろう。

ちなみに上写真右の方に小さく花火が写っているが、この日何も知らずにきたら川中島古戦場まつりが開催されており、夜は花火が打ち上げられていた。旅に出れば思わぬ収穫やらトラブルやら色々あるが今回もまた思わぬ展開になったな。ちょっと遠くて小さくなってしまったが夜景との偶然のコラボは最高だ。


さて、当たり前だが乗ってきたからにはちゃんと駅を出てから戻りましょう。

洋風の洒落た駅舎を持っているが無人駅で窓口らしいものもあるが閉まっているのがちょっと寂しいところ。眺めもいいんだし駅舎を活用してちょっとした喫茶店にでもしたらどうかと思う雰囲気だが、まあ厳しいだろうか。無人なので切符はホームの回収箱に入れて下車。乗るときも券売機がないため、乗車証明書発行機で乗車証明書を発行し車内か下車駅で精算する。

次の長野行き列車で駅を後にする。秋に入り夜の長野はちょっと肌寒かったが、なかなかお目にできない非日常の光景であった。

長野電鉄(3)

信州中野で湯田中行き普通列車に乗り換える。3500系2両編成。旧営団3000系であるわけだが、営団時代も含めて乗ったことも見たこともないのでちょっと新鮮だ。営団の古い車両といえばドアの窓が小さいがこれも久々に見た気がする。子供の頃はそんな車両ばかりだったのでまだ背が小さくせ背伸びをしても届かずさっぱり外が見えなかったのを思い出す。とはいえ地下鉄で外を見るというのも変だが。今から考えれば、安全対策としてはよかったのだろうか。

以前にも書いた通り信州中野から終点の湯田中までは山登りとなり急勾配が続く。信州中野を出発るすると右カーブしながら早速登りに入る。周囲の風景はそんなに山岳区間という感じはなく丘を登っているような感じで、傾斜地にもりんご畑が相変わらず広がっている。

しかし前方黒い雲。しかも入道雲っぽいぞ。ほんの少し平坦にったところで中野松川、運転士は駅に着くなりなんと走って駅舎のドアを開け、切符を回収し、また戻るという忙しさだ。

前方に虹が見え始めた。おおお!


と思ったら雨にたたられ運転席はワイパーの出番!とはいえ晴れているので天気雨みたいなもんだ。

信濃竹原では特急通過待ちのため長時間停車した。風の吹き込み防止のため列車のドアは一旦閉まり手動で開閉になる。この間を利用して存分に写真を撮る。


写真を撮ってたら運転士さんが外に出てきて、「ドアは手動で開けられますから」と親切にも声をかけてくれた。気さくな方で少し話し込み、『のんびり号』の案内もして頂いた。明日走ると聞いたのだが、生憎別の行程を組んでしまっていたため明日は残念ながら来れないということを伝えると、相当残念がられてしまった(苦笑)。ここ信濃竹原駅で普段は閉まっている待合室がその時だけ公開になるらしい。後々考えたら日程変えておけばよかったなと思う。運転士さん、ありがとうございました。


昔ながらの佇まいを残す信濃竹原駅

特急の通過を待ってようやく発車。また登って夜間瀬。カメラをこちらに向けている方、いいね!広大なリンゴ畑を掻き分けながら登る。ここまでリンゴだらけで、さすがにぶったまげる。
目の前にホテル群が見えて終点湯田中へ。湯田中では列車が着くなり何やら歌が流れ出す。高原ホテルだぁ!

ただでさえ標高高く気温が低めなところに日もかげってきたので、寒い!

今日のもう一つの目的である、駅前温泉の楓の湯でひとっぷろ浴びる。あまり広くなく観光客で少し混んでいるが、気持ちいい。湯温43度としっかり熱め。露天風呂もある。


駅前温泉、檜の湯

秋の八ヶ岳を行く

久々に休暇を取り息抜きに信州方面へ向かった。あまり鉄道で行ったことがなく乗りつぶしと観光を兼ねたためそれなりなボリュームの行程となった。ざっとした行程としては新宿から特急あずさで小淵沢、そこから小海線で小諸、しなの鉄道乗り換えで長野に出て、長野市内を拠点に長野電鉄、上田電鉄、さらには北陸新幹線開業でJRから第三セクター転換された旧信越本線(北しなの線、えちごトキメキ鉄道)と、最後は当の北陸新幹線で東京に帰るという行程である。そういえばここ最近あんまり一人旅もしてなかったので、少々新鮮な気持ちで胸が踊る。

まずは特急あずさで小淵沢へ。そこから小海線に乗り込む。小海線に乗るのは昔清里方面で合宿があったのでその時に乗って以来だが、小淵沢から合宿地までしか乗っていない。今回は終点の小諸まで全線乗って車窓を堪能する。

小海線は八ヶ岳の麓を走り、八ヶ岳高原線の愛称を持つ。小淵沢側は標高1,000m以上とJRでもっとも高い所を走り、長野県の野辺山駅は標高1,345mでJR最高、隣の清里駅(山梨県)は第2位で1,275mの高さを誇る。ちなみにJRの駅の標高ベスト10で第9位まではすべて小海線の駅で占められている。標高1,000m級というとんでもない所を一定の距離走るのだからある意味当然のこととはいえ、凄い。
いつもの通り悪い癖でまた前置きが長くなったがw、そろそろ発車時刻の9:57だ。さあ出発としよう、と思いきや発車する気配がないぞ。乗務員のアナウンスが入り、中央線の特急が遅れており接続をとってから発車するとの由。本数少ない路線ならではの光景。しかし10分近くたっても特急はこず、結局待ち合わせすることなく10:05発車した。この日雨も降っていたのだがその辺も影響していたのだろうか。そういえば乗ってきたあずさも、あんまり走りっぷりは特急らしくなかったと思う。

キハ110の2両編成、中央線からの乗り換え客は多くなく車内はガラガラ、クロスシートで一人がけが空いてるので気兼ねなく陣取る。外は小雨が振り、発車して右カーブし中央線から分かれると、いきなり霧に覆われて白銀の世界に突入する。さっぱり視界が効かないが、列車はまるでいつものこととばかりに御構い無しに走る。標高の高いこのあたりなら、さして珍しくもないのだろうか。東京なら即、徐行運転か運転見合わせかしそうなレベルだw

車内アナウンスはワンマン化のため自動化されているが、その中では観光客向けに小海線自体の案内も入る。

林の中を途中ペンション群を通過しながら走る。八ヶ岳の麓の、アルプスあたりを連想させるこの光景も小海線ならではだ。しかしこの日は本当に霧に覆われ、林の中を行く様はなんだかそのイメージとはちょっと対照的な感じもする。下手すればミステリードラマ?といったら変だが多少の不気味さを感じさせるかのようだ。そういえば霧の中を行く列車を撮ることもなかなかないな。

甲斐小泉、甲斐大泉と進む。始発の小淵沢もすでに標高は高い(標高881m)が、小海線を進むうちにさらに高度を上げていく。

そして標高JR第2位の清里に停車。ここで一気に降りて車内はがら空きに。臨時の八ヶ岳高原列車と行き違う。しかしあたりは真っ白だ。ちょうど臨時の八ヶ岳高原列車なるものと行き違いをする。

次はいよいよJR最高駅の野辺山。アナウンスの前にはお約束、JRの最高駅と一言入る。

駅における最高は野辺山駅に間違い無いが、駅をのぞいた本当のJRの最高地点は清里駅と野辺山駅の間にあり、標高は野辺山駅よりさらに30m高い1,375mに達する。駅では無いので列車は何事もなく通過してしまうが、その地点には踏切があり、その側にJR最高地点を示す碑が立てられている。時間と足に自信があれば行ってみると良いだろう。今回はさすがにそこまで時間がないのでやめておくw ちなみに最高地点の近くに山梨県と長野県の県境が通っておりこの先長野県に入る。

最高地点を通過していよいよ最高駅の野辺山へ。ホームにもそれを示す碑がしっかり立てられている。とうとうここでも取り上げる日がやってきたか。


ここで結構な乗車があり車内も賑わってくる。
野辺山から少し走ったら少し霧が晴れてきた。地形も少し開けて、林中心の車窓から田畑が入り混じるようになる。しかし八ヶ岳は相変わらず曇っていて上の方がさっぱり見えない。進行方向右手の雲が切れて太陽がいきなり顔を出す。燦々とした日差し。『高原列車は行く』の歌でも浮かんできそうだ。

山間に家並みが広がって信濃川上。川上村の中心にある駅。標高1,000m台の駅がまだ続くが観光地的な風景は薄れ山間の町を結ぶ生活路線のような風景にだんだん変わってくる。しかし小海線、このあたりは次の駅までの距離・所要時間が長い。小淵沢をでてからまだ5駅、行き違いもそんなに長くなかったが時間はもう40分ほど経過している。ちなみに今走ってきた野辺山〜信濃川上間は駅間距離が小海線最長で8.1kmもある。

信濃川上は木造の駅舎を持つ昔ながらの駅といった感じだ。

しかし地図で見るとこの辺の線路はかなり曲がりくねっているのがわかる。

川を途中渡りながら並行で進む。渡っている川ははきっと信濃川(長野県内では千曲川)だろう。日本最長の川は甲武信ヶ岳を水源として小海線沿いに佐久地方を北上し小諸、上田などを抜けて長野に達し新潟方面へ流れるというルートを取っている。小学校の時に最長とは習いつつも、どう流れるのかと思ったらそんなルートを取っていたのか。

松原湖を過ぎる。湖からは離れていて湖畔の景色は拝めないものの、景色の良い車窓が続く。天気はすっかり秋晴れになった。

路線の名前になっている小海に到着。主要駅で一定の乗り降りあり。ホームに隣接して診療所があり立派だ。ここで5分停車し行き違い、ハイブリッドのキハE200系とすれ違う。

ちょうど小海が中心駅であるかのように、路線の風景もここからまた少し変わってくる。この先佐久の中心部に向けて山から下って町に入っていく感じになる。家並みもあまり途切れなくなり、駅間距離もこのあたりまで長かったがこの先は一転して短くなり1〜2km程度になる。小海線の場合最初が相当長いだけに、かなり短く感じる。

馬流、地元の学生が乗ってくる。佐久市へ向けて客が増え始める区間か。八千穂駅に出ていた名所案内は、どこも駅から10〜20kmも離れていて、徒歩で行くのは結構ムチャだ。というかこれなら近隣の他の駅からもいけそうなもんだが…。
気づけば車内は学生中心に乗客が増え、すっかり地元の通勤通学路線の趣になった。座席はとうに埋まり立ち客も結構出ている。関東なら八高線に近いか。八ヶ岳高原線の愛称を持つ小海線だが、この辺りではそのイメージはあまりなくなっている…。

山をバックに佐久市街が広がるのが見え始め、太田部。次の中込は佐久市中心部にあり乗降が多い。また小海線の運行の拠点で構内は広く、ここから小諸までの区間運転の列車も多い。

岩村田で一気に学生が降りた。この駅は中込よりも乗客数が多い。小淵沢を出た時の静けさと霧の中の風景はまるでなかったかのようだ。ちょうどここを中山道が通っており、かつて岩村田宿があったということで古くから宿場として栄えてきたようだ。

岩村田を出ると路線は高架になって佐久平に着く。北陸新幹線との乗換駅だが新幹線も高架だろうと思いきやなかなか見えない。知らなかったが小海線の方が高架で新幹線は地上にホームがあるのだった。普通これは逆のことがほとんどだから珍しいものだ。

地上に降りてすぐ中佐都。岩村田から佐久平を挟んで中佐都まで各々駅間距離は0.9kmと1kmを割っており小海線では最短となる。もともと佐久平駅は存在せず、新幹線開業に合わせて小海線に駅が新設されたためでもある。
国鉄型気動車の復刻塗装をされたキハ110とすれ違う。ちなみに車両番号がこれまた珍妙な111-111!そう言えば中込にはこれまた珍しいタラコ色がいたなw 小海線が平成27年で開業80周年となるのを記念したものだそうである。

三岡を出てs字カーブを描くと、かつての信越本線であるしなの鉄道に合流する。ここから終点の小諸まで線路が平行しており小海線は途中乙女、東小諸の駅があるが、しなの鉄道は小諸まで駅がなくお互い小諸まで行かないと乗り換えはできない。

遠くの方を見ると長い山裾に家々が点在する風景がなんだか長野らしさを感じさせる気がする。減速してホームが広がり、終点小諸に到着する。


せっかく信州に来たからにはやはり蕎麦を堪能したいと思い、出発前から気になっていた駅前懐古園のそばにある草笛本店でそばでも(別にオヤジギャグじゃないぞw)、と思ったが事前にちょっと把握してはいたものの予想以上の人気ぶりで長〜い順番待ちであった。残念ながら時間の限りで諦めて別の蕎麦屋で天ぷら蕎麦を楽しむ。でも蕎麦はやっぱりうまい。
腹も満たしたところでしなの鉄道に乗り長野市内を目指す。

日帰り日光と餃子の旅(4)

また間が少し空いてしまった。

JR日光駅にやってきた。ここから日光線で宇都宮へ向かう。

日光線は日光駅と宇都宮駅を結ぶJRの路線。全長40.5kmあるが駅は7駅しかなく、駅間距離がかなり長い。全線単線で車両は京葉線の中古を改造し帯を日光線仕様とした205系が使われている。

日光駅の標高は500m級で、日本国内最高のJR小海線野辺山駅(長野県、標高1,345m)には遠く及ばないものの、関東地方の駅の中ではかなり高い部類である。東京タワーの高さ(333m)を軽く凌ぎ、高さ634mの東京スカイツリーとではてっぺんには負けるものの、お客が入れる最高地点である第二展望台(450m)よりは高い。ちなみに関東で標高が高い駅は高い山地の続く群馬・栃木県にほぼ集中している。

この標高の高さのため宇都宮との高低差は400m近くあり、ほぼ全線にわたり日光に向かってひたすら登り坂となっている。カーブがきつくなく直線的だし勾配もそれほどきつくはないので箱根登山電車のような本格的山岳路線の雰囲気まではなく普通にスピードを出すが、特に今市周辺から日光間は(並行する東武線もそうだが)車窓からも段々畑などが見えたりして急な地形を登っているのがよくわかる。

日光を発車するとさっそく宇都宮に向けて急な下り坂を下り始める。先述の通り線路自体は割と直線的で、駅間が長いためそれなりにスピードを出す。

今市を出ると東武線が右カーブして交差、東京都心方向へ向かう。こちらはそのまましばらく直進し、少し間隔を置いて南下する。両線は間隔を置きながらも鹿沼市内までほぼ並行している。

鹿沼までは日光例幣使街道にほぼ沿って走り、車窓には杉並木が続く。なかなか見応えある車窓で、気持ちが良い。時に牧場を通過したりするのものどかなもんである。


鹿沼を過ぎると進路を東にとり宇都宮市街地に入っていく。鶴田あたりでは日光駅周辺の長閑な雰囲気とは打って変わって住宅街に囲まれ都会的になってくる。

やがて右から東北本線が合流してくる。まるで複々線のようになるが、線路自体は合流しないので日光線はあくまで単線で途中のすれ違いはできない。

東北新幹線をくぐり終点宇都宮に到着する。宇都宮とはいえありふれた都会の駅。パーティー一同「ああ、都会に帰ってきてしまったな」と、素直な感想を述べるw



宇都宮駅も日光線のホームは各駅共通のレトロな仕様。

でも、落ち着きがあってとてもいいと思う。どこも同じような駅デザインになる傾向がある昨今、都内の駅でも全部とは言わないので、どこかでやってもらえないだろうか…。

折り返しを待つ日光線電車。銀の車体にブラウン濃淡という帯はいままでになかなか見られなかった組み合わせだが暖色系の色ははあっていると思う(見方を変えると「カフェオレ」に見えるという感想はおいといてw)



ドンキの地下にある宇都宮きらっせで餃子タイム!各店の餃子を食べ比べできる。店毎に個性があって好きな店も分かれたりで面白い。そしてご当地ビールを片手に楽しむw

個人的には焼き餃子もよかったが宇都宮みんみんの水餃子も推しだった。


餃子浪漫、なんとも餃子のお供にと言わんばかりのご当地ビール。しかし日光のもそうだったが色も味も上品な印象。私はここで今日初めての酒に入るが、同行者さんはさてこれで何杯目でしょうかwww

そして酒の弱い筆者はこのあとすっかり眠気に襲われてテーブル席でも帰りの電車の中でもぐうたらしてしまったとさ…。

楽しい時間、とくに人といる時間というのはあっという間なもの。最終の東武特急スペーシアで帰るべく東武宇都宮から再び東武線へ。

栃木で最終の上りスペーシア、きぬ140号浅草行きに乗り換える。

旅の最後を飾る特急、やってきたのはなんと金ピカ仕様の日光詣スペーシアであった。


思いがけない収穫に一同興奮気味。栃木で撮る方に集中して、ここで乗るのを忘れてしまわないように…。北千住まで揃って乗車し解散。お疲れ様でした。

(完)

日帰り日光と餃子の旅(3)

湯元温泉行きのバスに揺られる日帰り旅。

バスは中禅寺湖を抜けて奥日光へ。戦場ヶ原を眠っている間に過ぎw、最初の目的地、湯滝。

湯滝入口のバス停でバスを降り、道路から少し下ったところにある。湯ノ湖から流れ落ちる滝で奥日光三名瀑の一つに数えられている(他に竜頭ノ滝とお馴染み華厳の滝がある)。

写真で見たことはあったが実物を見るのは初めて。とりあえず写真を出してはおくものの、これは迫力があり過ぎて実際に行かないと味わい難い。

滝の色は見事なまでに白い!「雪崩かと思った」と同行者。例えとしてはちょっと縁起が宜しくないかもしれないがそう形容してもおかしくはない景観。


大自然の威力に触れ、マイナスイオンもたっぷり浴びて(笑)、次は中禅寺湖へ戻る。

ちょうどお昼時となり湖畔の食事処で昼食にする。

日光といえば湯葉が名産、湯葉定食、湯葉そば、湯葉丼など湯葉尽くしの料理がメニューに並んでいて流石だと思う。ご当地グルメ色々あるけどやっぱり、こういう滅多に食べないものを食したくなるもの。そばを食べたかったので迷わず湯葉そばを頼む。そして同行者は迷わずここでもビールw 筆者は飲めないが(汗)ご当地ビールってのもなかなか面白いもので見た目や味がやはり全然違うものだ。


湯葉そばにご飯をつけてみた。そばというかまるでラーメンとライスにも見えるかw 

食後はお土産を買いつつ中禅寺湖畔を散策。華厳の滝も忘れずに。

小学校の修学旅行以来で、あんまり記憶にない…。エレベーターがあってそれで滝壺まで降りたのだけは辛うじて覚えている程度だ。

しかしエレベーターで降りるだけの高さとあって、実際来てみると改めて滝の高さが半端ではないことに気づく。今回はエレベーターで降りずに展望台から見下ろしたが展望台もかなり高い。そして高所恐怖症な筆者…。

下の方に見える細い滝との共演も美しいものだが、相当下の方にあるだけにそれらを見てるだけで怖さも増幅されるようだ…。

中禅寺湖も散策。華厳の滝の源となる湖だが滝があることをうかがわせないほど実に穏やかなこと。もちろん、スワンボートなどの観光客お約束の乗り物も完備(笑)


良い腹ごなしになった。

夕方は宇都宮で餃子を食べながらまたビールwってことになってるので、時間をとるためさっさと移動する。この辺りは本数があまりないので制約される。

バスで日光駅へ戻り、JR日光線で宇都宮を目指す。

日帰り日光と餃子の旅(1)

ちょっと忙しくなり大した旅もしなかった今日この頃。

気の置けない仲間と久々に再会。ひょんなことから日帰り旅をすることになった。

宇都宮餃子を食べたいということになり行き先は日光、宇都宮方面ということになった。

休日早朝から浅草駅に集合、8時ちょうどの特急スペーシアでまずは日光へ向かう。スペーシアに乗るのも何年ぶりだろうだろうか。

スペーシアのシートの作りの良さには毎回感心させられる。頭のところには枕も付いていて寝るにもうってつけだ。もっともそんな空間で絶えずくっちゃべりながらだから寝る暇などないw

浅草駅を出ると隣駅にそびえるスカイツリーに見送られるように北へ向かう。ちょうど浅草駅を出るところは急な右カーブになっており、乗っているとちょうどスカイツリーを足元にして前方の車両が曲がっていく構図になり絵になるところである。残念ながら写真は撮れず…。

浅草ではガラガラだった車内も北千住、春日部と進むうちに観光客を次々飲み込んで満腹状態になっていくw

いつの間にやら日光線に入り利根川も渡って埼玉県を抜けていく。仲間同士喋っていると時間が経つのはあっという間だ。



 新鹿沼を過ぎて下今市へ。ここで東武日光行きの普通列車に乗り換え。1分の接続なので慌ただしい。2両編成しかなく一気に観光客がなだれ込む。

上今市を過ぎ、杉並木を見ながら勾配をひたすら登って終点東武日光へ。ここからまずは湯滝を目指すべく湯元温泉行きのバスに乗る。

新たな世界遺産への道(3)

上州富岡駅で下車。富岡製糸場へ。

富岡製糸場、初めてやってきたが
世界遺産になったら入場券まちのすごいひと。お土産屋で先に買っておいてよかった。

上州富岡からさらに西へ。高台に上っていく。眼下に鏑川の清流。上州一ノ宮。景色がいい。

のどかな風景が広がる。カーブも少し増えてきた。

南蛇井を過ぎる。一気に山になって急カーブを曲がりながら進む。

千平を過ぎて終点下仁田へ。駅間距離は3.8kmで上信線最長である。しかも路線は急カーブが続き徐行運転するため所要時間も距離の割に相当長く、3.8kmの距離に7分ほどかかる。普通なら3、4分くらいで着く距離だろう。

終点下仁田駅。山間の閑静な雰囲気の中に昔ながらの駅構内。


帰りに南高崎で降りて、ひとっぷろ!日頃の疲れを癒す…。


そして最後はいつも通り?のだるま弁当片手に高崎線で帰路へ。

(完)

新たな世界遺産への道(2)

12:53の下仁田行きでまずは上州富岡へ向かう。高崎の市街地を走るが、隣の南高崎を過ぎるとのどかな風景が広がり始める。コトコトと音を立てながらのんびりと走る。

上越新幹線の高架橋の足下を邪魔そうに交差しながら走る。その交差地点には新駅の佐野のわたし駅がある。

神流川を渡り、根古谷へ。窓からの風が強い。このあたりから高台にへばりついて走り、高崎商科大学前。進行方向左手は少し離れて上越新幹線が並行している。左右にきつくカーブしゆっくり進む。

山名、旧西武101系と行き違い。右カーブで西に向きを変えていき、車窓には沿線の山々が近づいてくる。

のんびり走っていたが、このあたりから直線になってスピードを出す。途中高崎近郊町、吉井も走る。以前は吉井町であったが平成21年に高崎市に合併している。

全線にわたり近くに上信越自動車道が並行しており、吉井、富岡、下仁田とインターチェンジがある。しかし車窓からはほとんど見えず、神農原〜南蛇井間でくぐる程度である。

車中心であろう群馬県とあって事情はそれなりに厳しそうだが、沿線に学校が多く学生の利用が結構多いようだ。なんとかこの活気を維持して欲しいところ。

上州富岡に到着、駅舎はリニューアルされている。綺麗で立派なものだが、デザイン的にもうちょいレトロ調にならなかったかという気もする。

駅舎は建て替えられたが、駅ホーム部は昔のままの佇まい。

富岡製糸場は徒歩10分、しばしの非日常の散策といこう。