多摩急行と野猿峠

東京都は八王子市内。多摩ニュータウンと、昔からの八王子市街の間にそびえる野猿峠。「野猿」という名前は色々なところで見られそこそこに知られてはいるが(もっともその多くはこの近隣にあるラブホテルによるのでしょうけどねw)改めてみると都内にも峠があるのかと思ってしまうもので、ちょっとした冒険好きには好奇心をそそられるところだろうか。

峠は多摩丘陵の北側に当たるところ、電車でいうと京王線と相模原線の間に挟まれるように位置している。京王線からは北野駅か一つ手前の長沼駅、相模原線からは京王堀之内から行くのが近い。今回は南側、京王堀之内の一つ手前の多摩センターから、多摩ニュータウンも歩きながら峠を越え、京王線の北野駅まで向かってみることにした。そしてせっかく行くならということで(!)京王相模原線ではなく敢えて小田急多摩線、多摩急行で向かった。

小田急多摩センターに発着する東京メトロ千代田線の6000系と16000系の多摩急行。多摩センター、確かに小田急もきているのだが昔からの経緯で京王の方がなんか勢力が強いし、多摩急行ができたのも割と最近のこと。多摩センターでみる千代田線の電車は、今になってもなんだか見慣れない気がする。

というわけで多摩センターで下車、まずはひたすらニュータウンを歩いていく。自然は多いがあくまでニュータウンだ。マンションなど人工物が多いし自然にしてもどこか手が入っている。

一つ丘を越えて八王子市へ。京王相模原線が走っており、このあたりは京王堀之内駅のエリアになる。

ここで野猿峠を越える野猿街道に入る。峠を越えるまではニュータウンらしくマ  ンションも目立つ。黄色い看板好きも集まるのかな。沿道にはラーメン二郎八王子野猿街道店があるぞ!

京王堀之内をすぎて少し行ったところ、下柚木で二手に分かれ、野猿街道はここで右折する。

ここから野猿峠越えに入っていく。なだらかだが長い登り坂が続く。峠越えとはいえ、住宅やコンビニがあるところが都内といった感じか。梅雨明けの休日、あぢー!


家並みが少なくなってきて峠という感じになってきた。

しかし片側二車線のありふれた道路…。

 

こんな看板が見られるのは峠という感じがしていいですな。もっと言えば昔からの景観を守って来られたら良かったんでしょうが。

 

いよいよ野猿峠。特に標高を示すものはないが、調べによると160mとか。まあ峠にしては低い方ではあるが。うっそうとした周囲の感じは峠らしいのだが、普通に片側二車線道路がぶった切ってしまっているし、峠を示すものが少ないのが寂しい。昔はもっと道も細く険しかったことだろうが。

 

峠のてっぺんにはかつての水飲み場の跡がある。苦しいながらも今も峠らしさを感じさせるもの。

しかし「峠」には普通に屋根付きのバス停に電話ボックス。この写真だけみるとありふれた町の一コマにしか見えない…。

頂上を過ぎると一気に下りになり八王子の市街地に向かう。多摩ニュータウン側、ここまで登ってくるところは割と緑が多かったが、この先八王子市街地に向かう沿道は頂上付近まで宅地化されてしまったようで、緑も少なくなってしまっている。仕方のない所ではあろうが。しかし写真の道路標識の通り、下り勾配6%と書いてある所はやはり峠らしい。きついな。

 

IMG_0725-768x1024-1

長く急な下りが続く。登るのは多摩ニュータウン側以上にきつそうだ。眼下には八王子の市街地を見下ろすことができ、見晴らしが良い。

 

だいぶ降りてきた。まっすぐ進むと国道16号の八王子バイパスと交差、その近くには京王線の北野駅があり、鉄道、道路ともに交通の便は良い。確かにこんな場所なら、山の上だろうが御構い無しに普通に開発されてしまうだろう。そういえばこのあたりの京王線に乗っていると車窓の上の方まで住宅で埋め尽くされている。逆に今回登ってきた多摩ニュータウン側の方は、京王堀之内駅から行けるものの駅からはそれなりに離れた場所にはなる。バスが通っているので交通自体にさほどの不便さはないと思われるが、景観の違いはこのあたりも遠因なのだろうか。

 

後ろを振り返ったところ。何の変哲もない片側二車線の道路だが、きつい登りが頂上まで続く…。

 

ほとんど下りきったところ、ここから東へと北野街道が始まる。北野駅も近く、高架を走る京王線の電車がわずかに写っている(というか無理矢理撮ったw)。

 

下りきって目の前に八王子バイパスが見える。勾配としてはやはり多摩ニュータウン側の登りよりも北野側の下りの方がきつい感じだった。

 

というわけで京王線、北野駅にゴール!北野にきたの(寒)

都内で街の中のような峠とはいえやはり峠、あなどるなかれ。軽くハイキングだったな…。いい運動にはなった!

伊予鉄道の旅(6)

さて、そろそろ市内線で道後温泉へ向かうとしようか。

市内線は市内を一周する環状線を筆頭にいくつかの系統で構成され、大概松山市駅、JR松山駅はカバーされている。道後温泉は環状線からは外れているが、3系統(市駅線)と5系統(松山駅前線)などが結んでいる。松山市駅からだと標準で16分、JR松山駅前からだと19分。
大概10分間隔で運行され利便性は高い。運賃は大人160円、子供80円均一、途中の指定停留所では乗換券をもらうことで別の系統に乗り継ぐことができる。ICカードの「ICい~カード」も利用可。

大部分で道路上を走行している。基本的に軌道内は電車専用とされてはいるが、信号待ちや右折などで時に進入してくる車でなかなか思うように進めないこともある。車両は昔ながらの板張り車両も見られるが、新車への置き換えが進んでいる。
夏目漱石『坊っちゃん』に登場する「マッチ箱のような汽車」を復元した坊っちゃん列車がこの市内線で運行されている。軽便鉄道時代のSL列車を再現したものだが蒸気機関車ではなくディーゼルに拠っている。なお、そもそもの列車は今の郊外線で運行されていた。

IMG_0116

松山市駅前から電車に乗り、道後温泉へ向かう。

 

 

IMG_0114

坊っちゃん列車乗り場。乗車には乗車券が要る。時期によって運行ダイヤが異なり、この時はタイミングが悪く乗車できず。。。(一番本数の少ない時期だった)

 

道後温泉駅

IMG_0174

IMG_0173

 

IMG_0171

IMG_0175

路面電車ではあるが立派な駅舎が用意されている。

 

IMG_0172

坊っちゃん列車、この時はいなかったがここで待機するようだ。

今日は道後温泉で一泊。宿についてきたチケットで早速道後温泉本館でひとっ風呂!最高だ。そういや北海道TV(東京MXTVでも放送)『水曜どうでしょう』のサイコロの旅、東京からサイコロを振って乗った夜行バス「オレンジライナー」で一番最初にきたのがここでしたね。大泉洋さん、ここで確か滑って転倒してたような気がします。。。確かあの頃はまだ大学生さんだったんじゃないですかね。もう今じゃすっかり全国的に有名になって、凄いですね…。

IMG_0161

IMG_0164

熊本観光

市電に乗って熊本城へとやってきた。日本三名城に数えられているとあって一度は行ってみたい所である。
城の有る所が丘のようになっているようで、天然要塞的に高い石垣と結構な数の石段で天守閣へ続く。なのでそこまで行くだけでも結構一苦労だったりする。さして詳しくないもので非常に僭越だが城造りの名人と称される加藤清正の築城ということはあるようだ。夏真っ盛りと有ってこれに暑さがまたのしかかる。天には遮るもの一つなくギラギラ日差しが容赦なく照りつける。とても「城攻め」なんて威勢のいいものではない・・・(笑)

IMG_7498

 

 

IMG_3087

ようやくたどりついた天守閣、ちょっとジュースで一服して中へと入る。
6階建てになっていて最上階からは熊本市街を一望出来る。かなり登っただけ有って相当見晴らしが良く、熊本市街地や周囲を取り囲む山々を見渡せる。城の周囲の中心街のビル、マンション群はざっと見る限り高いやつで15階くらいはありそうだが、それらをも凌ぐ高さがある。もっとも城の周囲は高さ制限が敷かれていて眺望に配慮しているという事情もあるが、後で見てみると天守台の標高が約50m、天守閣の高さが32mだそうで最上階の高さは80mほどということになり、この眺望に見合うだけの高さを十分に持っていることがわかる。大阪城、鶴ヶ城、松本城など旅する中でいくつかの城を回ったことがあるが、ここが一番見応えが有った気がする。

IMG_3642

IMG_3640

 

見物を終えて街のそば屋へ待避する。暑い暑い!名城は甘くない!www
食べ終えたらいよいよ最終目的地の阿蘇へ向かう。市電で熊本駅へ一旦戻り豊肥本線に乗ることにしよう。後で気づいたら、熊本駅とは逆方向の新水前寺へ行けばそこで乗り換えられたんですね(その方が早かった!)。まあ、初めてだし別にいいや。

IMG_3092

 

というわけで舞い戻った熊本駅。中央に堂々と構える鹿児島本線対し豊肥本線は駅南端の本当にはしっこのホームから発車。案内を見ないとちょっとわかりにくい。それに発車案内ののりば表示が「0B」とある。「オービーってなんや?ゴルフじゃあるまいし」と考え込むが「ゼロビー」であった。まあそんな小咄はさておき2両編成の普通列車に乗り込む。これで肥後大津まで行ってそこで阿蘇、大分方面のディーゼルカーに乗り換えである。

IMG_7530

京王れーるランドリニューアルオープン

九州旅の途中ですが、またまた臨時ニュースです!(爆)
去る2013年10月10日、東京は京王線の多摩動物公園駅前にある「京王れーるランド」がリニューアルオープンを迎えた。
多摩動物公園駅に隣接する形で2000年にオープンしたこの施設、元は鉄道模型ジオラマの展示を中心とした小振りな施設(「博物館」というより、駅に付属した「展示コーナー」みたいな感じ?)入場無料であった。旧施設は今年8月をもって閉館し、同じ駅前の別の敷地に改めて建設され装い新たにオープンした。新施設はコンセプトががらりと変わって本格的な「鉄道博物館」になっており、2000系、3000系、5000系など京王で活躍した歴代の実物の車両を屋外に展示しているほか、屋内には電車や線路の仕組みが分かるコーナーが設置されたり、6000系電車の運転シミュレータなどが設けられている。また車両展示のスペースの箇所には9000系を模したミニ電車の乗車コーナーが設けられ、子供連れも楽しめる。
グレードアップもあって入場料1人250円となり、入場に当たってはまるで駅に入るように、入口の自動券売機で購入、自動改札機を通って入るシステムになっている(運転シミュレータ、ミニ電車など一部コーナーは別料金あり)。

IMG_3693

IMG_3673

全景。真ん中が入口、右側が屋外の車両展示場。多摩動物公園駅と一体でリニューアルされている。

 

IMG_3677

車両展示場には京王の歴代の車両5両が展示されている。5000系も保存はされていたものの今まで基本非公開だったが、晴れて公の場に姿を現した(大げさな)。車内にも立ち入ることが出来る。

 

IMG_3675

1972年デビュー、2011年に全車両が引退した6000系もラインアップに。70〜90年代初頭の京王といえば本当にコイツばかり来たもんだ。しかし92年に8000系が登場すると、一気に各停主体の運用になってしまった。

 

IMG_3700

でもって現在の主力8000系の動物園線列車。れーるランドリニューアル記念のヘッドマークがついておりました。

東武8111号、スカイツリーへ

九州旅の途中ですが、ここで臨時ニュースです!(はぁ?)

2013年8月11日、18日、25日の日曜日、東武鉄道で営業運転を離脱し動態保存されている8000系8111号(6両編成)が臨時列車として復活運転された。
1963年から700両以上が製造され、東武鉄道といえばコイツというほど幅を利かせた8000系。今でも活躍が続いているが時を経て車体のカラーリングが変わったり、大規模リニューアルで前面デザインも変わり製造時の原型をよくとどめた車両はほぼ皆無となったほか、新型車両の投入により廃車も進んでいる。主要路線からはほぼ撤退状態で、まとまって見られるのは野田線や、主要路線でも終点付近のワンマン列車が中心となっている。そして全車8000系だった野田線でも、今年から新車60000系や10000系の転属でついに体制が崩れようとしている。
そんな8000系の中で原型を残しているのが8111号筆頭の6両編成、2012年に営業運転から離脱、カラーリングもデビュー当時のカラーに戻されたり、可能な限り当時のデザインが再現されて動態保存されている。今後もイベント等中心に走行する機会がつくられることだろう。
臨時列車は野田線の大宮から春日部経由でとうきょうスカイツリーまでを1往復。往路は大宮10時発、とうきょうスカイツリー11時着、復路はとうきょうスカイツリー15時43分発、大宮16時41分着。停車駅は大宮〜春日部間の各駅と北千住、とうきょうスカイツリーである。

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、とうきょうスカイツリー駅。
スカイツリーそのものはきたことがあるが押上駅から来たので、この駅に降りたのは実は初めてだったりする。かつて業平橋駅だった頃は時々通ったものだが。言うまでもないが面影はほとんどない。

IMG_3382

IMG_3385

停車する特急『スペーシア』。業平橋時代は特に普通の駅だったが、今は特急停車駅!駅ホームもソラマチにマッチするようなデザインにされている。

そしてやってきました、8111号の送り込み回送列車。ここでは折り返しが出来ないので一旦浅草まで行って戻ってくる。

 

IMG_3415

先に出る下り列車で隣の曳舟へ先回りし、通過する臨時列車を捉える。
いぇ〜〜〜い、スカイツリーショットぉ〜〜〜!!!

 

IMG_3417

大宮へ向け走り去っていきました。
前面にサボ受けがあり、行き先は特製の「大宮 とうきょうスカイツリー」のサボが入れられている。
また会う日まで・・・。

IMG_3402

曳舟に停車中の亀戸線8000系。カラーが変わり、新車並みにリニューアルされて前面マスクも変わっている。改めて見るとがらっと変わってしまったものだ。乗ってみればしっかり、60年代風の雰囲気があるが。

井の頭線あじさいライトアップ

今週に入って関東は雨が続き、すっかり梅雨らしくなりましたね。じめじめして蒸し暑くなりあまり好きになれないですが、やっぱり梅雨の時くらいはある程度降ってくれないと感じが出ないですね。関東以外ではすっきり晴れた上に早くも猛暑日になっているらしいですしね。
さて、梅雨時になると線路沿いに植えられたあじさいに彩られる京王井の頭線、この時期は本当にこれでもかというほど咲き誇っております。そして東松原駅の上りホーム側では毎年恒例のあじさいのライトアップが行われ、何気なく利用する普段の駅に独特のムードを演出しています。今年は6月10日〜6月24日の間、19時〜21時30分まで行われます。

IMG_2353

IMG_2356

ライトアップされたあじさい

 

IMG_2359

IMG_2364

上り電車とのコラボレーションも楽しみ

連絡バスで峠越え

バスターミナルに止まっていたJRの連絡バス碓氷線に乗り込む。
駅前を通っている中山道をひたすら下れば横川なのだが、バスはそちらからは行かず、一旦南へ進んで碓氷バイパスを経由するようだ。その方がカーブがきつくなく、走りやすいからだろうか。この辺りはほとんど来たことがないが、なるほど、地図で見る限り中山道はいろは坂のようなつづら折りのようだが、バイパスの方はカーブが比較的緩く数も少なめのようだ。
本ブログで本格的にバスのことを書くのも初めてかもしれない。筆者、バス事情はめっぽう疎いのだが、旅全般、特に長距離移動が好きな身にとっては選択肢として含めたい所でもある。バス路線は鉄道より細かいだけ有って、路線の再編等めまぐるしいかもしれないが、いずれ路線バス乗り継ぎも悪くない。
駅を出ると左折して一旦反対向きに中山道を走り、少し進んだ所で左折して県道43号線に入る。碓氷バイパスへ続く道である。県道に入ると沿道は、人の手が入ってますといわんばかりの、些か鮮やかすぎるように見えなくもない緑に囲まれた、ホテルや観光施設が点在する。軽井沢の典型的、リゾート地的景観という所だろう。賛否はともかく、これを見ないことにはここがリゾート地軽井沢だという実感は湧いてこないというものだろう。清里のペンション群や土産物屋の景観を見るのと、同じような感覚だろうか。景観の造るその土地のイメージというのも観光地にとっては大事な要素だ。

そんな所を抜けていき、左折して碓氷バイパスに入る。ここまで長野から穏やかな風景、最後は軽井沢のリゾート地と来たわけだが、ここからは舞台装置の如く景色が急変する。
道が山越えのようになり、徐々にカーブし始めてくる。一気に視界が開け、近傍の山々が車窓に広がるようになるとつづら折りに入って高度を下げて行く。降り始めは周辺に広がる山々よりこちらの方が高いようで、さながら航空機から見下ろしているような感覚で迫力がある。しかし見ているとどこも岩肌が露出し、切り立った崖のような山ばかりだ。周辺の景色とは似ても似つかぬほどの厳しい地形である。また細かいことを書いては恐縮だが「峠」とは、ある特定の道や鉄道路線などが山を越える所を指すというような意味の言葉である。「碓氷峠」というのは本来、中山道の通過する峠のことを言う(この言葉が重きを置くのは、どちらかというと地形というよりも通過する道の方にあるというべきだろう)ので、このバスが通る碓氷バイパスを指して言うのは、あまり適切でないかもしれない。だが、実感としては一体含めて「碓氷峠」と言って良い程である。それほど「碓氷峠」というとただの峠ではなく、この一帯の厳しい地形も総称して言うくらいのインパクトがあると思う。どんなルート、どんな交通機関であってもここを越えれば「碓氷峠を越えた!」と口にしたくなるはずだ。

絵になる風景が続く。

IMG_5766

IMG_5769

IMG_5772

IMG_5773

 

IMG_5775

だいぶ降りてきて、まもなく横川駅という所。もの凄く高い橋をくぐるが、これは上信越自動車道。ということで鉄道は新幹線で、道路も高速道路でこの碓氷峠を越えることができる。日本の交通網で最大の難所とされながら、今や陸路の高速な交通手段が揃っている状態なのが分かる。「まったく無茶な」という気もするのだが、裏を返せばそれだけこの信越(中山道)ルートが重要交通網であり、碓氷峠を越えることが日本の交通史における一つの課題とされてきたと言っても良かろう。なにせ明治年代からこの信越線ルートは重要視され、東京と関西を結ぶルートにしても今定着している東海道ルートより、敢えてこの険しいルートに注目が向いていた。防衛の観点で東海道ルートはほぼ全体的に海に面していてリスクも大きいと考えられるが、こちらのルートであれば心配も少ないからである。
在来線の廃止は確かに痛みもあったが、この区間があるために東京対長野の輸送の改善が困難になっていたというのも、また事実なのだろう。

IMG_5776

横川駅近くまできた。だいぶ降りて来てさっき見下ろしていた周囲の山も、見上げる程になった。とてつもない高低差である。しかし山の形はどれも特徴が有り、厳しくも面白い。

30分ばかりの峠の旅、これだけでも見応えがあった。横川〜軽井沢間のたった一駅、ここだけのためにどれだけの苦労があったか、実に良く分かる景色であった。かつては急勾配の線路を車輪だけで走行するのが難しく、アプト式といってもう一本、歯のついたレール(ラックレール)を敷いて車両にも歯車をつけ、噛み合わせることで昇り降りしていた。やがて路線が新線に付け替えられて、普通の鉄道として車輪だけで昇り降りできるようになったが、それでも前にも書いた通り、勾配対策で機関車の連結(登る方は押し上げ、降りる方はブレーキ強化として)が必須であった。両駅間、11.2kmを走るのに下り列車(峠を登る方)17分、上り列車(降りる方)は24分を要したとのことである。

東急世田谷線(7)

世田谷線の旅も最終回、終点下高井戸駅へ向かいます。それでは松原駅からスタート。

IMG_2167

IMG_2166

 

松原駅手前から都道が並行しているため、かなり広々とした印象です。道の狭い住宅街の中を走ることの多い世田谷線の中でも、相当びのびした感じの場所です。傍らには公園もあります。

IMG_2169

IMG_2170

しかし駅間の短い世田谷線、また少し歩くと線路沿いの道がなくなってしまいます。典型的な世田谷の風景に戻ったように家並みの間を通り抜けて、左に急カーブすると終点下高井戸駅です。

IMG_2171

松原で追い越されたピンクの電車が、三軒茶屋へ向けて折り返していきました。下高井戸駅も単線なので、着くと数分のうちに折り返し便として発車せねばなりません。意外とせわしないものです。

IMG_2173

下高井戸駅

IMG_2172

IMG_2174

というわけで終点下高井戸駅に到着、京王線との接続駅です。
京王線は各停と快速が停車します。京王線の駅舎は橋上駅舎になって改札口が2階になったため、乗り換えには登り降りが必須です。ことに京王線下りホームは世田谷線ホームと完全に隣り合わせですが柵でシャットアウトされており、乗り換えはやっぱり一旦2階に上がらなくてはなりません。九段下の壁もなくなった訳だし(事業者が違うか・・・)なんとかなりませんかね・・・。
駅西側の踏切の通りは駅を挟んで商店街になっており、踏切のすぐ北側には下高井戸駅前市場があります。マンモス商店街というにはちょっと惜しいかもしれませんが、日を問わず、かなり人が集まってきます。ちなみにその道を南側(踏切の反対側)へ行くと日大にぶちあたります。そちらの利用もあってか駅の乗降は多いです。
というわけで今日も賑わう下高井戸駅からお別れです、さようなら〜!

東急世田谷線(6)

IMG_2156

IMG_2157

宮の坂〜山下間にて。のんびり走る世田谷線を、今日もお楽しみ下さい!

 

山下駅
IMG_2159

山下まできた。小田急線豪徳寺駅と交差するところにあり、通路で繋がってはいないものの乗り換えることができる。

 

IMG_2162

駅を出てすぐの踏切。上は小田急線豪徳寺駅。各駅停車と区間準急しか止まらない駅だが、周辺は商店街が広がっており賑わっている。区間準急は新宿、代々木上原、下北沢、梅ヶ丘から先の各駅に止まる。まあ実質各駅停車みたいなもんである。だが豪徳寺は梅ヶ丘の次ということで新宿から4個目ということになるので、実は結構新宿まで早く行けたりする。それなりの効用はあるか。

 

IMG_2163

山下〜松原間、赤堤通りの踏切。タイミング悪く、切れた。このあたりは線路伝いに下高井戸まで道が並行している。

 

松原駅
IMG_2164

IMG_2165

というわけで松原駅。
松原とは世田谷区北部の地名で結構広い地域だが、筆者の印象としてはどうも駅でいうと少しややこしく、地名と駅名がいま一つ一致していないような感じのする地域である。北側の1丁目、2丁目あたりに京王線・井の頭線の明大前駅、北西端の3丁目に下高井戸駅、西側4丁目あたりに世田谷線の松原駅、東側5丁目あたりに井の頭線の東松原駅があり、4駅が松原地域を囲むように存在している。
一応主要な駅としては京王線の明大前になり、文字通りの明治大学や日本学園などの学校、井の頭線が交差していることもあり駅周辺も賑わっているため、見た目中心のような感じになっている。一方で、本家(?)の松原を名乗るこちらの松原駅は、駅周辺こそスーパーやマンションなどあってある程度駅前の雰囲気はあるものの、率直な所、なんだか損しているような気もしなくもない。井の頭線には明大前の次に東松原駅があるが、そちらも各駅停車しか止まらないし・・・。実はかつては京王線の駅が「松原駅」を名乗っていたというが、近隣に明治大が来るということで、明大前に改称されたそうである(当時、世田谷線に松原駅はなかったらしい)。少し惜しい所だが、大学の名前が出てきてはまあ敵わない。

東急世田谷線(5)

宮の坂駅

IMG_2150
上町でほぼ直角に曲がって西から北に向きを変えると宮の坂。隣の山下では小田急線の豪徳寺と接続しているが、その豪徳寺へは鉄道駅としてはここ宮の坂が一番近い。もっとも世田谷線は駅間が短いので、散策がてら小田急線豪徳寺から歩くのももちろんいい。

IMG_2155

IMG_2151
駅前、下高井戸行きホームの横には世田谷区の宮坂区民センターがあるが、そこには江の電601号が保存されている。かつての玉電を走行した車両で、後に江ノ島電鉄に譲渡され第二の人生を送ったが、そちらでの車両の世代交代により引退したという。

 

IMG_2153
車内にも立ち入ることが出来る。子供達の格好の遊び場にもなっているようだ。今日も子供達は電車ごっこで元気に遊ぶ。やはり子供にとって身近に憧れるものといえばまず電車なのだろう。その影響力は今も強い。

 

IMG_2136

豪徳寺は駅前の道路を東へ少し歩いた所、道路に面して参道の入口があり看板が立っている。ちょっと散策してみよう。

 

IMG_2138

IMG_2139

IMG_2140

IMG_2143

境内は相当広い。まるで京都に来たような感覚だ。世田谷にもこんな所があったとは驚きである。

 

IMG_2147

招猫殿、招猫観音が祀られている。よく商売繁盛の縁起物としてお店においてある招猫、一説では実はここ豪徳寺が発祥と言われている。