東武8111号、スカイツリーへ

九州旅の途中ですが、ここで臨時ニュースです!(はぁ?)

2013年8月11日、18日、25日の日曜日、東武鉄道で営業運転を離脱し動態保存されている8000系8111号(6両編成)が臨時列車として復活運転された。
1963年から700両以上が製造され、東武鉄道といえばコイツというほど幅を利かせた8000系。今でも活躍が続いているが時を経て車体のカラーリングが変わったり、大規模リニューアルで前面デザインも変わり製造時の原型をよくとどめた車両はほぼ皆無となったほか、新型車両の投入により廃車も進んでいる。主要路線からはほぼ撤退状態で、まとまって見られるのは野田線や、主要路線でも終点付近のワンマン列車が中心となっている。そして全車8000系だった野田線でも、今年から新車60000系や10000系の転属でついに体制が崩れようとしている。
そんな8000系の中で原型を残しているのが8111号筆頭の6両編成、2012年に営業運転から離脱、カラーリングもデビュー当時のカラーに戻されたり、可能な限り当時のデザインが再現されて動態保存されている。今後もイベント等中心に走行する機会がつくられることだろう。
臨時列車は野田線の大宮から春日部経由でとうきょうスカイツリーまでを1往復。往路は大宮10時発、とうきょうスカイツリー11時着、復路はとうきょうスカイツリー15時43分発、大宮16時41分着。停車駅は大宮〜春日部間の各駅と北千住、とうきょうスカイツリーである。

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、とうきょうスカイツリー駅。
スカイツリーそのものはきたことがあるが押上駅から来たので、この駅に降りたのは実は初めてだったりする。かつて業平橋駅だった頃は時々通ったものだが。言うまでもないが面影はほとんどない。

IMG_3382

IMG_3385

停車する特急『スペーシア』。業平橋時代は特に普通の駅だったが、今は特急停車駅!駅ホームもソラマチにマッチするようなデザインにされている。

そしてやってきました、8111号の送り込み回送列車。ここでは折り返しが出来ないので一旦浅草まで行って戻ってくる。

 

IMG_3415

先に出る下り列車で隣の曳舟へ先回りし、通過する臨時列車を捉える。
いぇ〜〜〜い、スカイツリーショットぉ〜〜〜!!!

 

IMG_3417

大宮へ向け走り去っていきました。
前面にサボ受けがあり、行き先は特製の「大宮 とうきょうスカイツリー」のサボが入れられている。
また会う日まで・・・。

IMG_3402

曳舟に停車中の亀戸線8000系。カラーが変わり、新車並みにリニューアルされて前面マスクも変わっている。改めて見るとがらっと変わってしまったものだ。乗ってみればしっかり、60年代風の雰囲気があるが。

井の頭線あじさいライトアップ

今週に入って関東は雨が続き、すっかり梅雨らしくなりましたね。じめじめして蒸し暑くなりあまり好きになれないですが、やっぱり梅雨の時くらいはある程度降ってくれないと感じが出ないですね。関東以外ではすっきり晴れた上に早くも猛暑日になっているらしいですしね。
さて、梅雨時になると線路沿いに植えられたあじさいに彩られる京王井の頭線、この時期は本当にこれでもかというほど咲き誇っております。そして東松原駅の上りホーム側では毎年恒例のあじさいのライトアップが行われ、何気なく利用する普段の駅に独特のムードを演出しています。今年は6月10日〜6月24日の間、19時〜21時30分まで行われます。

IMG_2353

IMG_2356

ライトアップされたあじさい

 

IMG_2359

IMG_2364

上り電車とのコラボレーションも楽しみ

京王メモリアルスタンプラリー(2)

第2回、調布駅のスタンプをゲット。
図柄は23形。1920年から44両が製造され、当時の京王の主力として使用された車両である。
笹塚〜調布間で始まった京王だが、この頃には東西ともに延伸が進み東側は1915年に新宿追分まで開業、西側も1916年に府中まで開業し新宿追分〜府中間の路線となっていた。当初の京王電気軌道としての開業はここまでだったが、1925年には府中〜東八王子間に玉南電気鉄道が開業した。京王側は軌道(路面電車)として開業しゲージが1372mmだったが、玉南側は1067mmということで直通運転が出来ず当時は府中で乗り換えであったが、これで新宿と八王子が結ばれた。玉南電気鉄道は翌1926年に京王に合併、ゲージも1372mmに改軌されて新宿〜東八王子間で直通運転が始まった。ちなみに東八王子駅は現在の京王八王子駅とは200m程離れた場所に位置し1963年まで営業、八王子市の都市計画によって現在地に移転し、京王八王子駅と改称された。

IMG_5183

小田急MSE5周年記念ツアー

小田急電鉄、小田急トラベルでは東京メトロ千代田線に乗り入れるロマンスカー「MSE」(60000形)が2008年の運行開始から登場5周年になるのを記念して『MSE5周年記念ツアー』を開催する。
通常千代田線でロマンスカーが運行されるのは北千住までだが、今回は同線始発駅の綾瀬から運行される。代々木上原で小田急線に入り、新松田ではJR御殿場線に入って御殿場まで走行、その後唐木田、片瀬江ノ島を経由して新宿へ向かう。小田急線のほぼ全線と千代田線(本線)の全線を走破、御殿場線についても現在MSEで運行されている『あさぎり』のルートを走破することになる。
記念イベントとのことで記念弁当、関連のお土産品があるほか抽選会も行われる。
開催日は5月18日、19日、25日、26日の4日間(いずれも土・日曜日)、参加にあたっては小田急トラベルでの申し込みが必要とのこと。

京王メモリアルスタンプラリー(1)

IMG_2072

開業100周年のメモリアルスタンプラリーを開催している京王電鉄。4月15日〜12月25日まで、全10駅にスタンプが設置され、6駅分を集めると先着5,000名に商品プレゼント&Wチャンス応募ハガキが与えられるという企画です。
全10駅一度にではなく、12月になるまで期間を区切って少しずつスタンプを設置していくというこの企画。そんな企画に合わせて、今回は初の試みとして月ごとに逐一スタンプを集め、その模様を取り上げていくこととします!
忘れたころに続きがアップされていきますので、是非忘れずに時々見にきて下さいね!

4月〜6月は笹塚駅と調布駅に設置。まずは笹塚駅で1ゲット!ちなみに笹塚〜調布間はちょうど100年前の4月15日に初めて開業した時の区間である。今でこそ普通の鉄道として走る京王線だが、当時は主に甲州街道上を走行する路面電車で社名も「京王電気軌道」だった。当初の起点は笹塚であり、その後小刻みに東に延長されて今のターミナルの新宿に達するのは2年後の1915年のこと。新宿といっても今の京王線がある西口ではなく、JRの線路を越えた三丁目のあたりに新宿追分の名前で開業している。今の場所に移転した経緯はそのうち触れることになろう。
笹塚駅は当時の車両である9形が図柄。真に最初の車両である1形の改良版。記念すべき車両ではあるが活躍期間は意外と短かったらしい。

IMG_2068

 

 

ついでに笹塚駅で見た100周年記念のヘッドマーク付き9000系。中は広告がすべて100周年がらみのもので、京王の歴史をたどれるようになっている。

IMG_2058

京王電鉄100周年記念入場券、スタンプラリー

京王電鉄では今年で開業100周年となるのを記念して、記念入場券の販売及び京王メモリアルスタンプラリーを開催している。記念入場券は4月14日より京王電鉄の全69駅で発売(1枚120円)、当時のデザインの硬券で各駅の名前が入ったものを駅の窓口で発売している。発売期間は今年の12月31日までだが、各駅1,000枚の発売でなくなり次第終了する。複数駅分のセット販売は行わず、台紙なども特についていない。
スタンプラリーについては開催期間は4月15日〜12月25日までで、全10駅にスタンプが設置され月ごとに設置駅が変わる。スタンプ帳は各駅で合計5万部を無料配布している。6駅分集めると達成賞として先着5,000名にオリジナルのクリアファイルプレゼントとWチャンス賞の応募ハガキが与えられる。Wチャンス賞では全69駅分の記念入場券がセットになったものもプレゼントとして入っている。
100周年というだけに、全線全駅を巻き込んだ大掛かりなイベントである。ただしWebサイトや列車内などのポスターでは宣伝されているものの、実際のところ各駅では殺到防止のためか駅窓口も含めて、入場券の販売やスタンプ帳の配布など、目立つ案内はほとんど出ておらず窓口で駅員さんに聞くまで分からないような状態になっている。それがためか大々的なイベントとして行いつつも、意外と大きな混乱はないようで普段通りの駅として営業することに成功しているようである。参加される方は窓口で状況確認するとともに、ぜひとも心静かにお祝いしましょう!