東武乗りつぶし(5)

赤城から桐生線に乗車、しばらくは上毛電鉄を戻るように並行して走り、右カーブして分岐後、今度はわたらせ渓谷鉄道と合流し接続駅の相老に着く。桐生から2つ目、東京からダイレクトに来られる同線の駅であり特急『りょうもう』も停車する。

桐生の市街地を進んではいくが、市の中心的な場所はJR桐生駅、上毛電鉄西桐生あたりである(市役所もそちらの方にある)。もっともだからといって不利ということもそれほどない。産業の栄えた町だし、こちらは東京とをダイレクトに結んでいる分の利もある。なんてったってビジネス特急『りょうもう』が1時間に1本走る路線である。伊勢崎線の伊勢崎方面はほとんど普通列車しかやって来ないので、それだけ特急需要があるということなのだろう。
わたらせ渓谷鉄道と分かれてJR両毛線を跨いで走ると新桐生。桐生の中心部に近い駅だが、桐生駅のある市の中心は渡良瀬川を挟んで2km近く離れている。しかし東武にとっては桐生の玄関駅ということで乗降客は多く、駅の規模も大きい。

新桐生を過ぎ、特急の通過する阿左美(あざみ、難しい名前)を過ぎるとちょっと市街地を離れた感じになり山も迫ってくる。この先も特急停車駅の藪塚(やぶづか)、治良門橋(じろえんばし)と難しい名前の駅が続く。
三枚橋を過ぎて高架になり太田市街に入る。伊勢崎から来た伊勢崎線が合流し、終点太田に到着する。
伊勢崎線、桐生線、小泉線の3路線が交差する駅で元は地上だったが、駅付近の踏切による交通のネックが生じていたことから高架化された。どの路線も本数はそう多くないものの3路線が乗り入れているだけにターミナル駅となっており、どこから乗るのかちょっとまごつくかもしれない。
さて、ここからは小泉線に乗り換えるとしよう。

101_0427

101_0428

東武乗りつぶし(4)

というわけで赤城到着、東武桐生線に乗り換えます。

101_0421

101_0422

桐生線は太田〜桐生間を結ぶ路線、佐野線同様普通列車は1時間に1本程しかありませんが、特急『りょうもう』が1時間に1本乗り入れています。かつて急行だった頃から『りょうもう』は桐生線メインの列車として運行されています。それだけ見込めるということでしょうか。

 

101_0424

 

停車中の5050系普通列車。すぐ隣は上毛電鉄ですんなり乗り換えられます。余談ながら当時は4両編成で太田〜桐生間の運行でしたが、現在は太田で接続する小泉線と一体化され2両編成に縮小されているようです。
しかし現役の東武の電車と元京王井の頭線の電車が普通に隣同士で並んでいますね。京王井の頭線と東武線は全く接点がないですから本来ならまずあり得ないことですね。こんな夢のようなことが普通に起きてしまうのも地方私鉄ならではのことと言えましょう。
ちなみに、東京の西を走る京王電鉄と北東を走る東武鉄道。元々お互いの接点は全くなかったですが、京王線は都営新宿線と相互乗り入れしており、2003年からは東武鉄道が半蔵門線に乗り入れた結果、双方の地下鉄の乗換駅が一応の接点になりました。そして今は九段下にあった半蔵門線と都営新宿線を隔てていた壁が撤去されて双方のホームが見渡せるようになった結果、同駅で両線の車両を一度に見られることになりました。ということで運が良ければ九段下で京王、東武同士の並びが見られるということになります。いや〜、壁撤去の効果が意外なものを生み出しましたね。
まあ、多くの乗客にとってはどうでもいいことですが。

101_0423

 

101_0425

ここも当時は群馬県大間々町でしたが、この数ヶ月後の2006年3月にやはり大合併されて現在「みどり市」になっています。本当に当時は色々と変わったもんです。