初乗り2017

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

というわけで初詣も兼ねて初乗りへ。だんだん毎年恒例と化しつつありますが柴又帝釈天詣でに行ってきました。

千代田線、常磐線経由で金町、そこから京成金町線で柴又へ。朝起きた時は天気が少し心配だったが着いたら気持ちの良い晴天。ポカポカ陽気で絶好の行楽日和。



お約束の草団子に甘酒で一服。甘酒一杯100円と安かった〜♪

寅さん記念館を見て矢切の渡しがある江戸川へ。暖かく歩いていて気持ちが良かった。せっかくなので柴又駅へは戻らずこのまま歩いてJR金町駅に出た。いい散策になった。

金町から常磐線で馬橋へ。そして今みで何度も前を通っていながらなかなか縁のなかった流鉄流山線に乗ってみた。馬橋〜流山を結ぶローカル私鉄だ。



車両は元西武の中古車で占められている。ワンマン運転していて車内案内表示器など設備面は充実している。発車ベルが電鈴なのがいい味だ。

常磐線と少し離れて並行するように走り、最初の駅、幸谷。JR新松戸駅に隣接している。武蔵野貨物線をくぐり常磐線から離れて行く。右側に竹やぶをみながら走る。

途中小金城趾で行き違いをする。短い路線の流山線、途中駅で行き違いできるのはここだけである。始発の馬橋と終点の流山も二列車入れるが、昼間は二本の列車しか使わないのでそちらでも二列車で使うことはない(但し流山駅には使用しない方の線路には車両が留置されている)。


電鈴が鳴り発車。住宅街を進んで鰭ヶ崎。片面ホームだが出札口付きで昔ながらのローカル線の駅の趣。

正面にセブンアンドアイの巨大な看板。新興住宅地を進む。平和台、駅前広場があり開けている。流山の中心部に入る。目の前にはもう流山駅が見えている。

ほどなくして終点流山に到着。車庫が隣接している。


駅前。バスターミナルなどはなく小ぶりな感じだ。しかしホームの駅名看板はやたらと文字がデカく、大変目立つ。

駅をそのまま進むと車庫に通じている。車両数が少ないので車庫もささやかな感じだ。



もう一方の線路には車両が留置されている。しかし車両ごとに塗装が違ってカラフルである。

さてと、今年はどんなところに行くことやら…。気まぐれに書いていきますが宜しくお願い致します。

日帰り銚子の旅(5)

香取から鹿島線に乗り、鹿島神宮へ。鹿島神宮手前で北浦を渡る。一度来てはいるが何度見ても見ごたえのある景色。

鹿島神宮から鹿島臨海鉄道に乗り込む。ここからは初めてだ。


運転系統的にはここが鹿島臨海鉄道の起点ではあるが、隣の鹿島サッカースタジアムまでは、実際はJR鹿島線である。しかし鹿島サッカースタジアム駅が臨時駅という事情もあってか、運転系統上は鹿島神宮駅で区切られている。

その鹿島サッカースタジアム駅には臨時停車した。サッカーの試合があったようだ。



おかげで駅をゆっくり見ることができた。そして車内には多くの乗客が乗り込み、列車も一気に賑やかになった。

ここから先は路線上も鹿島臨海鉄道に入る。ここまで電化されていたがこの先は完全に非電化となる。

長大な名前の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」

駅名看板もデカイ。

日帰り銚子の旅(4)

犬吠で降りて駅付近を少し撮影、また 弧廻手形にぬれ煎餅一枚の引き換え券がついていたので、駅内の売店で交換。これで今日のおやつをゲットw

外川から折り返しの銚子行きで戻る。今度は終点銚子まで戻り、鹿島臨海鉄道へと向かうべくまずはJR成田線へ。
がら空きのボックス席でぬれ煎餅を楽しむ。真面目に「しょうゆ味!」と言いたくなるほど醤油にどっぷり浸かった独特の甘辛い味と、フニャフニャ(笑)しながらもそこそこに歯ごたえのある食感が最高だ。 

香取駅で列車を降り、鹿島線に乗り換える。香取神宮の近くとあって神宮を模した駅舎が立っているが、実態は無人駅で改札はなく、スイカの簡易読み取り機があるだけ。建物は待合室の役割を果たすのみである。トイレは駅舎の隣に備わってはいるが駅構内ではなく、一旦外に出なくてはならない。

のんびりとした雰囲気の駅構内。人気なく、物音もそんなにしない。静寂に包まれている。



香取16時1分発の鹿島線に乗車。鹿島線に乗るのも二度目だ。これで鹿島神宮へ向かい、その先鹿島臨海鉄道に初乗車する。

日帰り銚子の旅(3)

さて、仲ノ町から銚子電鉄に乗るとしよう。

銚子から外川まで全長6.4kmを20分で結ぶ。

しばらくは銚子市街地を走る。沿線は住宅地で、私鉄路線らしい感じだが、列車は1両のみで駅も小ぶり、ちょっと路面電車感覚だ。仲ノ町から乗ったので、最初は観音駅。

少し小高くなり、緑に囲まれて本銚子。「もとちょうし」と読む。まあでも「ほんちょうし」といいたくなるもの。事実(?)、その読みにかけて銚子電鉄では銚子〜本銚子間の合格祈願の乗車券を販売している。もういっそのこと駅名の読みを変更してみては?(笑)

高台から銚子の市街地を見晴らしながら進む。そのバックには海が覗く。短いながらも面白い。

次は笠上黒生。ネーミングライツにより愛称が付けられているが、ここは「かみのけくろはえ」。少々安直な感じもする…。銚子ポートタワーも近い。

このあたりから市街地から少し離れていく。車窓にはキャベツ畑などが広がる。

  

西海鹿島、海鹿島と過ぎていく。海鹿島はあしかじまと読む。水族館でお馴染みのアシカがこのあたりにいたことに由来するそうであるが、アシカにも漢字の表記があるんですね。ちなみに海鹿島駅は関東地方最東端の駅である。

  
君ケ浜を過ぎて犬吠へ。列車はこの一つ先の外川で終点だが今回は犬吠で下車する。犬吠崎観光の拠点で駅も大きい。駅舎には土産物屋が入っている。  

   
休日とあって観光客も多い。まだ冬だったがこの日はポカポカ陽気。ヤシの木もお出迎え。ちょっと南国風。

日帰り銚子の旅(2)

銚子に着いたらもうお昼!

駅前の料理屋で腹ごしらえ。刺身に天ぷらがついて、なかなかうまかった。

少し時間があるので、銚子市街をぶらり。

さてこれからは銚電の旅だ。一つ隣の仲ノ町から電車に乗る。車庫のある駅だ。

   
 ヤマサ踏切、線路の向こうはでっかいヤマサの工場!独特の匂いがする。醤油でも名高い銚子。ご当地踏切といった感じだ。

踏切から線路沿いに行けば仲ノ町駅。車庫も隣接する拠点駅。営業キロが短く車両数も少ない銚電ではかなりこぢんまりした車庫だ。

  
この雰囲気は最高だな。駅舎に入るにも引き戸を開けるなぞ、なかなかお目にかかれない。

   
駅舎内部。こちらも時が止まったままの空間…。
時刻表だが、黒板に手書き?でもこれはこれで、味があっていいですなぁ。でも本数の少ない銚電だからできることでもあって、都会の路線なら書くのも一苦労ですな。親切にも、銚子で接続する総武本線、成田線の時刻まで書いてあります。

そうそう、夕方17時台、18時台には※印のついた臨時列車が設定されていますが、これは3月26日のダイヤ改正で定期列車になるとのことです。加えて今度は朝の時間帯に臨時列車が設定されるそうです。試験的に増発して、利用客が見込めれば定期列車として本数を増やすのでしょう。頑張っていますね。

  

   
駅構内。ホーム一面のみで行き違い出来ない簡素な駅。

ホームの電車と接する側は一段高くされており、駅舎側とは相当な段差があるので、乗り降りには足元に注意が必要。こんなところも昔のままだろうか。

あ、段差というと誰かが反応しそうですなw

 
   
そしてお隣は銚電の車庫だ。来るまで知らなかったがこの車庫はなんと公開されており、仲ノ町駅の入場券(150円)を購入すれば見学することができる。

かつての丸ノ内線の色を復元された営団からの車両や、これから活躍を始めるニューフェイスの元京王5000系が顔をそろえる。5000系は伊予鉄道から来たものだがちょうど整備中であった。

日帰り銚子の旅(1)

またもしばらく更新が止まってもうた…。

日帰りで、銚子、鹿島方面の旅に出た。特急しおさいで銚子、そこで昼食をとり銚子電鉄、再び銚子に戻り成田線で香取、そこからは鹿島線、鹿島臨海鉄道経由で水戸へ出るというルートだ。今回は連れがいる。

まずは東京駅から総武本線の特急、しおさい3号に乗り込む。連れもおれば話も弾んで自然と時間も経ってしまう。

  
晴れの予報だったが朝からぱっとしない天候、先行き不安な感じだったが千葉方面へ向かうにつれ青空が覗き始めた。

千葉までは快速線をさっそうと走行し割とあっという間に着く感じだ。途中錦糸町しか止まらないのは特急らしい。ちなみにしおさい1号は、途中錦糸町に加えて船橋にも停車する。

千葉から先は複線になり、千葉駅折り返しの普通列車がメインの区間となる。「総武線」といえば多くの人が見慣れているのは都心を走る「黄色い電車」だろうが、その電車も千葉駅までの運行である。

「上空」には都心の交通を担う千葉都市モノレールがしばらく並行し、千葉都心の風景が展開する。しかしその風景も長くは続かず、住宅が増え、少し行くと早くも田畑や小高い台地や山が目立つようになる。

途中佐倉までは成田線が乗り入れておりNEXや快速エアポート成田も走り、本数もまだ多めである。しかし佐倉を過ぎて成田線が分岐すると早くも単線となり、運行本数も1時間に2、3本に減る。

途中落花生で有名な八街や成東といった主要な町を過ぎていく。風景はすっかり房総半島といった感じだ。

12時30分、銚子着。関東地方東端、太平洋に面した地にやってきた。

   

  
 

南総横断(8)

大多喜を過ぎ、町を走る。すぐ城見ヶ丘に停車、東に曲がって、太陽が背になる。
ゆっくり、ゴトゴト走る。
このあたりは有数の米どころらしく、首都圏ではあまり見られない一面の田圃に囲まれる。かなり見ごたえのある光景だと思う。そしてここにも遮断機のない踏切もある。そしてその旨ガイドがはいるw ガイドによると鉄道写真家 中井精也さんお気に入りの場所として紹介されていた。

IMG_6377

 

国吉停車、行き違いで8分停車する。「風そよぐ谷 国吉」とあるがこれも命名権によるもの。というかそれ以上に駅名看板下の「上総出雲大社前」というのが気になる。この時まで知らなかったが縁結びで知られる出雲大社の分院である。

IMG_6378

IMG_6380

 

IMG_6388

構内には久留里線で活躍していたキハ30 62が保存されている。最近譲渡されたようだ。せっかくなのに近づけるようになっていないのが少々残念だが、まあこの雰囲気が良いから良しとしよう。保存というよりは何かに使われる、可能性がどうもあるようだが。

IMG_6379

駅ホームに展示されていた「人車」。かつてのこの路線は文字通り、人が押す力でレールの上を走るという人車軌道だった。今では考えられないことだが戦前には日本の随所で見られた鉄道の一形態である。そういえば都内でも寅さんでおなじみ葛飾柴又を行く京成金町線も、当初は人車だった。柴又にある寅さん記念館でも紹介されており、当時の軌道を再現した模型も見ることができます。

 

IMG_6382

IMG_6387

行き違いの列車がやってきて並んだ。同じ気動車だが風格がまるで違う。国鉄急行型の方がやはり頑強そうな印象。

山の中を過ぎる。途中左手に池があるがそこにはなんとムーミンと仲間たちが…
子供にしか見えません、なんて…子供ごころがあればちゃんと見えますよ、きっとwww

IMG_6393

そういえば列車にもついていますね~

 

しかし本当に田圃が多い!米どころなんだなぁ~!
と、ここで安全確認のため一旦停止、なんだ?でも何食わぬ顔ですぐに走り出した。何かと思ったら西大原駅の通過だった。通過扱いだが一旦停止が必要なようだ。

オルゴールチャイムが鳴る。まもなく終点大原だ。短い間ではあったが国鉄急行型の旅を楽しんだ。そして東京湾に面した五井から太平洋側の大原まで私鉄列車での横断を終えた。

IMG_6397

IMG_6398

IMG_6399

南総横断(7)

房総半島南部を横断する旅、内房線の五井から小湊鉄道で途中養老渓谷に立ち寄りつつ上総中野まで移動、そこからいすみ鉄道に乗り継いで外房線大原へと向かう。

いすみ鉄道では急行列車に当たった。土休日に臨時列車として、昔懐かしの国鉄車両を使用した急行列車が運行される。路線自体そう長くないし運行ダイヤも各駅停車に近く、純粋な急行というよりは観光列車というべきだろうが、鉄道ファンを中心に人気を集めている。
キハ52、キハ28の2両編成で運転、キハ28については指定席車である(ただし空いてれば指定券を持った人が来るまで座れる)。途中大多喜までは普通列車扱いで、そこから大原までは急行券が要る。車内で販売されるので特に事前に持っていなくても良い。

 

IMG_6356

IMG_6357

キハ28、列車名の札が入っている所もかつてを彷彿とさせるかのよう。昔は全国津々浦々だった急行列車、料金設定も廉価で遠路へ向かう手段として親しまれたが、時代を経てそのほとんどは特急化で消滅している。「急行型」として普通列車、特急列車とも違う専用の車両が用意されていたが、今やそんなこともなくなってしまった。

 

IMG_6353

こちらは自由席車となるキハ52。

車内はグッズ販売やスタンプコーナーがあったり、車掌の案内もガイド調だったりと完全に観光列車である。 後ろの自由席車キハ52に乗る。車内ではなんとJR西日本とかけれた扇風機!優先座席の表示も確かに西日本仕様だ。それもそのはず、元はJR西日本管轄の大糸線非電化区間(南小谷~糸魚川間)で活躍していた車両だからだ。ドアの上を見れば大糸線の路線図がそのままにされていた。

IMG_6390

IMG_6391

ということでボックスの席に座る。窓の下には「センヌキ」がついている。昔はよくあったかな。そう、車内に灰皿もあって、たばこも普通に吸えた時代ですな。まあそこはもっとも筆者には無縁のことではあるのですがwww 列車ってのも車内設備が相応にあったのが、時代を経るごとにどんどん削られてっているなぁと思います。今や自販機だってなくなってますからね…。もはやある意味「遺産」と化している気がします。まるで一般公開されている昔の著名人のお屋敷の設備やら家具やらを見て、「昔はこんなのが普通にあったんだよ~」なんて子供に聞かせるような心地になってしまったと思います。

 

発車するとオルゴールチャイムがなり放送が入る。 「昭和の観光急行の旅をお楽しみください」で放送が締められる。それと、軽く眠気を誘うような揺れが続くwww

西畑、総元(ふさもと)と過ぎていく。養老渓谷とは打って変わってもう里を走っている。
久我原、三陸学院大学とあるが、周囲は森林だ。

IMG_6365

急行券売りが始まったので購入。小谷松、次の駅は大多喜だが、「デンタルサポート大多喜」とある。なんじゃそりゃ、という印象だが昨今色々見かけるようになったネーミングライツというもので、県内の訪問歯科デンタルサポートが命名権を取得したものでこの名前となったもの。大多喜町の中心駅でいすみ鉄道にとっても乗客が多く、車庫があったりと中心的な駅。ここで乗客入れ替わり、少し増える。

 

IMG_6360

IMG_6367

南総横断(6)

養老渓谷を後にして、再び小湊鉄道で終点の上総中野へ向かう。
たった一駅だけだが、この路線の中では最果てというにふさわしい所だろう。前にも触れたが養老渓谷で折り返す便が多いため、列車本数は極端に少なく、平日6往復、休日7往復である。観光需要にこたえてか土休日の方が本数が多めに設定されている。が、総じて1~2時間程度に1本、本数の少ない平日は3時間ほど来ないことがあるなど、(失礼ながらも)首都圏とは思えない程。
駅間距離は4.2kmと、これも小湊鉄道では最長となる。山林の中を走ったりトンネルをくぐったりと、険しいというほどではないが山岳鉄道の趣である。

周囲は県道や国道が通っており、そんなにアクセス性が悪い所ではないし人里離れすぎているところでもなかろう。流動が少なく、あっても車が主体ということだろうか。山間を走っていると突如「千葉夷隅カントリークラブ」が現れて驚いたりする。

そんなところを走って終点上総中野へ。小湊鉄道の終点であり、いすみ鉄道との接続駅。

この駅に到着する時、なんか巨大な「竹?」と思しき丸い構造物が目に入ってくる。周囲には他にそれといったものが見えないだけに、非常に良く目立つ。一体なんだろうか。

IMG_6309

 

IMG_6314

というわけで到着。駅名票の褪せ具合がまた・・・。小湊鉄道、いすみ鉄道ともここが終点であるが、駅名票にはどちらの駅も書いてある。にしはた(西畑)は、いすみ鉄道の駅。

 

構内は小湊鉄道、いすみ鉄道が隣り合って並ぶだけの簡素な構造だが、ローカルムードは満点。

IMG_6317

IMG_6312

小湊鉄道の線路の最果て部分。すぐ右側にいすみ鉄道のホームがあり構内踏切で接続されているが、線路の方は車止めでしっかり止められておりその先繋がっていない。雰囲気的には、本当にそのまま乗り入れでもしそうな感じだが・・・。

 

IMG_6316

小湊鉄道ホームから養老渓谷方面を見る。
左側がいすみ鉄道のホームと線路になるが、こちらも車止めで途切れてしまっている。五井から上総中野を経由して大原へと向かう直通便の運行は、当面実現しそうにはなさそうだ。まあ、した所でどうなのかというだけの所だろうが。

 

そういえば駅到着前に見かけたやつ。
やっぱりどう見ても、竹だ!
かぐや姫の昔話を思わせるかのようだ・・・。

IMG_6311

 

乗り換えまで1時間近くあるので外をうろうろしてみる。
駅舎はログハウス風の木造駅舎。無人駅で中は待合室としてベンチが置かれているほか、駅ノートが置かれていたりする。

IMG_6323

 

 

駅の外に出ると先の竹の正体が分かる。
なんのことはない、公衆トイレだったwww
遠くから見てるとおおっ、と思わせてくれるのだが、ちょっとがっかり・・・。

IMG_6324

 

駅を離れて北側の通り(県道)を歩いてみる。少し行くと「大多喜城」の看板。行ってみようかとも思ったが「6.5km」の文字を見て、やめるw

IMG_6326

 

観光パンフレット、珍しいな

IMG_6327

 

いすみ鉄道の踏切を渡って反対側へ行ってみるか。

IMG_6330

IMG_6331

 

駅の裏側へ出た。しかし鉄ネタばかりだな。。。こう言っては何だが1時間だと回れる所は限られているし、つぶすのがちょっと退屈かもしれない。まあ、好きならなんぼでもいてもいいんだろうがw
そういえば、さっき駅を出る時にいた人と、歩いている時にまたばったり遭遇したりしている。考えることは皆同じようだ。

IMG_6336

IMG_6337

 

小湊鉄道、養老渓谷側にあるポイント。

IMG_6338

 

養老渓谷側にある踏切。見ると警報機も遮断機もない。「踏切左右確認」の標識がなかったら、存在すら気がつかないかもしれない。「第4種踏切」と言われるもので、安全性には問題が有るし都会にこんなのがあったらおっかないが、ここ小湊鉄道、いすみ鉄道はじめローカル線には未だに存在している。もっとも大概は人や自転車、バイクなどが通るのがやっとの細い道にあることが多い。ここも大型車は通行不可とされている。

IMG_6339

IMG_6341

IMG_6342

南総横断(5)

小湊鉄道は養老渓谷駅で下車。駅名になっている養老渓谷へ向かう。ちょうど駅前に止まっていたバスの発車時間だった。「栗又の滝」行きとあったが、このあたりの土地に明るくない筆者、向かう方向に行ってくれるかが心配になり、乗るのを止めたwww
ここで降りるのを想定して2時間程度とってはいたが、養老渓谷までは駅からちょっと距離が有る。あまり面倒なことになるのも避けたかった。栗又の滝とは養老渓谷の南部、渓谷を形成する養老川の滝で県内随一の観光名所となっている。駅から行くとちょうど北の方から渓谷を通って行く感じになるので、まあ途中通るであろうことは薄々分かっていたのだが、そうはいってもこの辺り、どこが中心?なのかもイマイチ良く分かってないし、どの辺で降りたらいいかも見当がつかなかったし。そんなときは、歩いてみるに限る。気になる所でいつでも立ち止まれるし、良さそうな店が有ったら入れば良い。
ちなみに「2時間程度」と書いたが、筆者が降り立ったのは12時18分、次の列車は14時12分ということでその間に列車がなかった。養老渓谷は終点上総中野の一つ手前だが、ここで折り返してしまう列車が多く終点上総中野まで行くのは1日わずか7本。それも始発は8時32分まで来ないし、終電も18時17分で終ってしまう。何とも寂しい・・・。

渓谷へは駅を出て右折し県道(清澄養老ライン)に入り、ひたすら歩いて行く。距離にして2kmほどある。
曲がって振り返った所。駅前には商店が何軒か。

IMG_6303

 

IMG_6265

温泉街まで1.7km、養老渓谷は温泉地としても知られる。初めて行く所だが、その辺りがおおよその中心である程度飲食関連も揃っていると見て良いだろう。

 

IMG_6301

少し行くと小湊鉄道の踏切を過ぎる。写真は上総中野方面。

 

IMG_6300

のどかな田圃の横を過ぎて行く。しかし渓谷らしいのが見えて来ない・・・。

 

IMG_6266

養老渓谷駅の辺りは割となだらかな地形で田圃等もあるが、少し行くと突如崖になり、道は一気に坂を下る。

 

IMG_6270

坂を下り谷底に降りて、養老川の渓谷に出た。

 

IMG_6273

水も澄んでいて気持ちがいい。魚を釣ることも出来るが遊漁規制がされており、組合員以外は遊漁料を支払い入漁証を携行するよう告知されている。

 

IMG_6275

IMG_6283

切り立った崖沿いに道が続き、そこに温泉旅館や飲食店が点在するという、なかなか厳しい地勢である。土砂災害でもあったらひとたまりもなさそうだ。結構な高さの崖、駅がある辺りはかなり高い所なんだな。ちなみにここが市原市と大多喜町の境界。ちなみに平成25年の台風26号襲来では首都圏各所で土砂災害が発生し、小湊鉄道でも養老渓谷〜上総中野間が長期に渡り不通になっていた。今年3月19日に復旧したばかりである。同じく千葉県内の京成線京成成田駅も、駅の乗っている築堤の法面が崩れて一部のホームが使用出来ない被害が出ていた。

 

IMG_6274

IMG_6276

渓谷にかかる観音橋、出世観音に通じる。

 

IMG_6277

残念ながら橋は閉鎖され、迂回するよう案内されていた。

 

IMG_6281

足湯の看板、温泉〜〜〜♪今回は入らなかったが。

 

IMG_6282

中瀬遊歩道入口、とある。キャンプ場もあるようだ。少し見に行ってみよう。

 

IMG_6286

IMG_6285

道を行くと渓谷へと降りていった。向かい側も崖で地層がむき出しで、見応えがある。どこへ行っても渓谷ってのはいいもんだな。静かな場所だが、休日とあってそれなりに人が集まっていた。高尾山などに比べると少し距離が有るが、たまには足をもう少し延ばしてこの辺りまで来てみるのも良かろう。

 

IMG_6292

昼食は県道沿いの食堂で鮎の塩焼き定食を頂いた。渓谷だけに出している所は結構あるようだ。散策を終えて駅へ戻る。さ、また登るぞwww