北しなの線


平成15年の北陸新幹線開業に伴い、信越本線のうち長野駅以北に当たる長野〜妙高高原間を第三セクターのしなの鉄道に移管した路線。妙高高原から先の区間は、新潟県となるため別会社のえちごトキメキ鉄道に転換されている。

長野駅から妙高高原行きに乗り込む。JRとは別会社であるが特に改札は分離されておらずJRと共通、車両も譲渡された115系のためほとんど変わった感じがない。

特急『しなの』の接続待ちで遅れて発車。少し進むと長野車両センターが広がる。ほんの少し前までJRだった区間である。須坂か信州中野あたりが遠望できるが、こちらの方が高いことがよくわかる。長野電鉄をくぐり、新幹線とも分かれる。ちなみに北長野以北は単線である。豊野から少し行くと飯山線が分岐する。

少し眠くなってしまった。単独走行になって一気に車窓が変わり、渓谷沿いを行き、牟礼。豊野からかなり距離があった。このあたり、複線化しようとしたのだろうか。トンネルの廃坑があり抜けると複線分の路盤。

里の方に出て、古間。かつて使われていたホームの跡が残っている。黒姫は長野県最後の駅。左側にひときわ高い山が見える。黒姫山か?

次は終点妙高高原、ここから新潟県となる。黒姫〜妙高高原までは複線である。野尻湖近くを行き、終点妙高高原。ここから先はえちごトキメキ鉄道妙高はねうまラインとなり、駅も同線の所属となっている。かつて一本の路線であり単なる途中駅だったため終点という雰囲気はなく、むしろ今も直通運転があってもおかしくない雰囲気だが、今のところ直通運転は全く行われていない。とはいえダイヤは接続が考慮されている。まだ運行始まってそんなに経っていないし、利用状況次第ではいずれ直通も再開されるかもしれないと思う。

日本三大車窓からの夜景

長野県はJR篠ノ井線の姨捨駅。松本からひと山越えて善光寺平へと降りていく途中にある駅で周囲より標高が高く、駅ホームから善光寺平に広がる長野市街を一望ことができる展望スポットとなっており、日本三大車窓の一つに数えられている。

昼の景色も素晴らしいが、夜は夜で長野市内の夜景が広がるとあってこれもさぞ魅力的なことだろう。昼は以前眺めたことがあるので、今回長野旅行にきた際に夜景を見るべく夜に訪れてみた。しかしここで夜景を取り上げるのも初めてだなぁ。

長野駅19時6分発の普通茅野行きで姨捨駅へ向かう。以前は115系の天下だった長野も今やすっかり211系が主力となっている。東北・高崎・東海道線などから転属したもので中央本線を中心に山梨・長野県内の普通列車で活躍している。中央本線の普通列車用とあって都内も高尾まで入線し、立川や八王子にも一部顔を出している。しかしどうにも未だに115系のイメージが根強く、なんだかまだ見慣れない。

途中篠ノ井から篠ノ井線に入る。最初の駅稲荷山まではまだ普通の路線といった感じだが、稲荷山を過ぎると山に入り標高を上げていく。線路と同じ高さだった市街地をだんだん眼下に見下ろすようになり、長野の中心部からも離れていく。途中列車はスイッチバックし信号場で停車したが行き違いもなく発車。篠ノ井線はこのあたり急な上り坂が続くので信号場や駅をそのまま設置できず、姨捨駅や信号場はスイッチバック型の配線を取り、通過する列車のみ本線を直進させている。

信号場を過ぎるとだいぶ標高も高くなり、長野市街地からの距離も離れて街明かりも遠くに集まる感じになり、夜景らしくなってくる。

再びスイッチバックして姨捨駅に停車。列車を降りる。周囲は山だし乗降は少なく、普通ならこんな夜にここで列車を降りる人もそういないだろうと思うところだが、やはりここは夜景スポット!観光客やカップルが何組か見受けられた。


姨捨駅構内。急勾配の途中にあるため本線上にホームはなく、枝分かれした線路に位置するスイッチバック型の駅。駅名標もスイッチバックを強調するような図で描かれていた。写真上は駅構内の様子だがスイッチバックのため、写真奥の方向に進むと行き止まりで手前側だけが本線に通じている。以前は特急しなので本線を通過しただけだったので降りるのも初めてだ。


ホームには展望案内図が設置されている。日本三大車窓の文字も忘れずに。

さて、夜景を堪能してみようか。

おお〜❗️(笑)

山に囲まれた善光寺平に煌々と夜景が展開する。大都市の夜景と比べると、という部分はあるかもしれないが、旅先の鉄道駅からこんな夜景が見えるとなると感動モノだろう。

ちなみに上写真右の方に小さく花火が写っているが、この日何も知らずにきたら川中島古戦場まつりが開催されており、夜は花火が打ち上げられていた。旅に出れば思わぬ収穫やらトラブルやら色々あるが今回もまた思わぬ展開になったな。ちょっと遠くて小さくなってしまったが夜景との偶然のコラボは最高だ。


さて、当たり前だが乗ってきたからにはちゃんと駅を出てから戻りましょう。

洋風の洒落た駅舎を持っているが無人駅で窓口らしいものもあるが閉まっているのがちょっと寂しいところ。眺めもいいんだし駅舎を活用してちょっとした喫茶店にでもしたらどうかと思う雰囲気だが、まあ厳しいだろうか。無人なので切符はホームの回収箱に入れて下車。乗るときも券売機がないため、乗車証明書発行機で乗車証明書を発行し車内か下車駅で精算する。

次の長野行き列車で駅を後にする。秋に入り夜の長野はちょっと肌寒かったが、なかなかお目にできない非日常の光景であった。

長野電鉄(3)

信州中野で湯田中行き普通列車に乗り換える。3500系2両編成。旧営団3000系であるわけだが、営団時代も含めて乗ったことも見たこともないのでちょっと新鮮だ。営団の古い車両といえばドアの窓が小さいがこれも久々に見た気がする。子供の頃はそんな車両ばかりだったのでまだ背が小さくせ背伸びをしても届かずさっぱり外が見えなかったのを思い出す。とはいえ地下鉄で外を見るというのも変だが。今から考えれば、安全対策としてはよかったのだろうか。

以前にも書いた通り信州中野から終点の湯田中までは山登りとなり急勾配が続く。信州中野を出発るすると右カーブしながら早速登りに入る。周囲の風景はそんなに山岳区間という感じはなく丘を登っているような感じで、傾斜地にもりんご畑が相変わらず広がっている。

しかし前方黒い雲。しかも入道雲っぽいぞ。ほんの少し平坦にったところで中野松川、運転士は駅に着くなりなんと走って駅舎のドアを開け、切符を回収し、また戻るという忙しさだ。

前方に虹が見え始めた。おおお!


と思ったら雨にたたられ運転席はワイパーの出番!とはいえ晴れているので天気雨みたいなもんだ。

信濃竹原では特急通過待ちのため長時間停車した。風の吹き込み防止のため列車のドアは一旦閉まり手動で開閉になる。この間を利用して存分に写真を撮る。


写真を撮ってたら運転士さんが外に出てきて、「ドアは手動で開けられますから」と親切にも声をかけてくれた。気さくな方で少し話し込み、『のんびり号』の案内もして頂いた。明日走ると聞いたのだが、生憎別の行程を組んでしまっていたため明日は残念ながら来れないということを伝えると、相当残念がられてしまった(苦笑)。ここ信濃竹原駅で普段は閉まっている待合室がその時だけ公開になるらしい。後々考えたら日程変えておけばよかったなと思う。運転士さん、ありがとうございました。


昔ながらの佇まいを残す信濃竹原駅

特急の通過を待ってようやく発車。また登って夜間瀬。カメラをこちらに向けている方、いいね!広大なリンゴ畑を掻き分けながら登る。ここまでリンゴだらけで、さすがにぶったまげる。
目の前にホテル群が見えて終点湯田中へ。湯田中では列車が着くなり何やら歌が流れ出す。高原ホテルだぁ!

ただでさえ標高高く気温が低めなところに日もかげってきたので、寒い!

今日のもう一つの目的である、駅前温泉の楓の湯でひとっぷろ浴びる。あまり広くなく観光客で少し混んでいるが、気持ちいい。湯温43度としっかり熱め。露天風呂もある。


駅前温泉、檜の湯

長野電鉄(2)

長野電鉄の旅を続けよう。

先に途中下車した須坂駅は車庫のある拠点であるとともに平成24年まで屋代線が分かれていた駅でもあった。かつて3つの路線から成り今よりも長い路線網を持っていた長野電鉄だが、平成に入り屋代線も含めて一部の路線が廃止、長野〜湯田中間の長野線33.2kmだけが残り現在に至っている。屋代線はつい最近まで営業していたが乗客減が著しく、利用促進に向けての社会実験も行われたが残念ながら廃止となってしまった。駅で売られている鉄道グッズ、何気なく見ていたら屋代線の写真集と、権堂〜須坂駅間開業90周年の記念入場券セットが売られているではないか。ということで、窓口にて早速購入!普段旅先で鉄道グッズを目にしてもそんなに買うこともないが、今回はさすがにちょっと気になってしまった。自分用のいいお土産が出来たな。

さて、お土産も買った所で電車に乗る。

この先直線が続き、列車は80kmを超える速度で快走する。主力である東急からの譲受車8500系に乗るが、東急線時代を彷彿とさせる走りっぷりだ。

北須坂は無人駅。行き違いはできるものの、上下線に挟まれたホームは大変狭い。振り返るといつの間に座席は乗ってきた学生で埋め尽くされていた。

そしてこれまた長野らしくリンゴ畑の中を快走する。実に気持ちいい。この先車窓はリンゴ畑があまり途切れずに続き、見慣れない者にとってはちょっと感動を覚える。本場はやっぱり規模が違うものだ。

途中、遮断機のない踏切を通過する。第4種踏切というやつだ。地方私鉄を中心に残っているものだが、長電にもあるんだな。

小布施。ホームに隣接して長電電車のひろばがあり、かつての特急車、2000系が保存されている。

小布施駅は小布施町の中心駅で、特急も停車する。同じ特急停車駅の須坂に比べると規模感は小さめだが、駅構内では野菜などを売っていたりカフェも営業するなど独特な雰囲気。

次の都住は駅前にりんご畑が広がっている。ここまでりんごだらけだと何やら違和感を覚えてしまうが、地元の人にとってみればこれも日常の一部で見慣れたものであろう。

カーブして山裾に取り付き、桜沢。延徳を過ぎて、快走しながら少し上りになり信州中野に着く。湯田中まで路線は続くが普通列車は基本的にここで乗り換えで、一旦ここまでで終着駅となる。この先は湯田中に向けて急勾配の続く登山区間となり抑速ブレーキを持たない車両は乗り入れできない。ふつ主力の8500系は抑速ブレーキを搭載していないため信州中野までしか入線できず、この先は湯田中までは特急列車を除き、今も3500系の独壇場となっている。

ということでここで湯田中行きに乗り換える。

長野電鉄(1)

JRと接続する長野駅をターミナルとして、志賀高原の玄関口でもある温泉地湯田中へ向かう私鉄路線。地方の私鉄にしては長い路線で、観光客も多いほか長野近郊の通勤需要にも応えている。観光面では専用の車両による特急列車が運転されているのが特徴で、現在は小田急ロマンスカーを譲り受けて運行開始された『ゆけむり』号が看板的存在である。

JR長野駅善光寺口前、長野大通りの直下に位置する長電長野駅。長野駅周辺の地下道も兼ねており東口まで歩いて行くことができる。改札口は広めでベンチが多数置かれ、鉄道グッズや特産品が売られている。改札は駅員による有人改札である。

長野駅から3つ先の善光寺下駅の先までは地下化されており、地方の私鉄では珍しい地下鉄となっている。しかし、(地方の鉄道としては本数の多いほうではあるが)昼間は普通列車で20分〜30分間隔というダイヤなので、大都会の地下鉄のように「待たずに乗れる」というわけには行かず、時刻表は確認しておく必要がある。列車の編成も短く、普通列車は最大でも3両編成である。

改札を入るとさらにもう一層おりて地下2階にホームがある。2面3線のホームで、少々幅が狭く都会に比べると小ぶりではあるがいかにも私鉄のターミナルらしい。設備は地下化当時からあまり変わっていないようで少々くたびれた感じもしなくもないが、駅名票は駅番号もつけられており都会の地下鉄とあまり遜色ない感じだ。

信州中野行きの普通列車に乗り込む。以前の車両は看板の特急用2000系を始めオリジナル車両も多数あったが、現在はすべて他社から譲受したもので最近は東急からやってきた8500系が主力である。かつて営団日比谷線(3000系)で活躍していた3500系も在籍し、8500系の投入で数は減らしてはいるが活躍を続けている。

発車して暗闇を進んでいく。しばらくの間は本当に大都会と変わらない地下鉄である。こう言ってはなんだが本当にここだけ乗っていると長野県内という感じがあまりしない。

ただ、途中駅に着くと都会の地下鉄と様子が違うのが、どうにも目につくところだ。長野を出てあまりスピードを出さないうちに最初の駅、市役所前に着くが、さっぱり人気がない…。コンクリート打ちっ放しの壁と照明も少なく薄暗く少々不気味である。

次の権堂は市内中心部の繁華街最寄とあって、人も少し多めだった。
最後の地下鉄となる善光寺下。参拝帰りか、それなりに乗車があったものの、ここも寂しい感じが否めない。善光寺の最寄駅でお寺へは駅を出て東参道を10分ほど歩いていくと行けるが坂であるし、長電の本数もそれほど多くないのでアクセスルートとしてはあまり認知されていないだろう。長野駅からバスで行くのが一般的で、そちらの方が門前に到着できるし本数も多い。
ちなみに善光寺帰りに善光寺下から長野まで、敢えて長電に乗ってみたが、20分くらい列車が来ず、こちらのホームには誰もいなかった。薄暗い駅ホームは静かなもので列車が本当に来るのかという感じで、駅上の通りの救急車のサイレンの音が普通に聞こえるくらいであった。

地方私鉄では珍しい地下鉄区間が続く。善光寺下駅
地上に出て本郷。途中朝陽までは複線で、私鉄路線らしい風景が広がる。しかし桐原のように木造駅舎の駅もあるなど、地方の私鉄らしい風情を感じられる所もあるのがいい。

信濃吉田は駅前にマンションが何棟か立ち橋上駅舎を持つ。都会の私鉄の駅といった感じで乗降も多い。しなの鉄道の北長野駅も至近である。

この先、北陸新幹線、しなの鉄道と交差し。カーブしながら急坂を下っていく。千曲川近くに出るためだろう。

次の朝陽から単線になる。しかし今は朝陽で折り返しの列車はなく、特にここから本数が減るということもない。複線区間であっても単線並みの本数で、地下区間で3500系1本とすれ違ったほかに遭遇する列車はなかった。そんなところはちょっと寂しい。

柳原で8500系と行き違い。構内踏切を持つ。単線区間ではあるが行き違い待ちは長くなくそれほど待たずに発車する。


この先の村山橋で千曲川を渡る。近年架け替えられており真新しい。トラス橋だが、鉄道と道路で橋が共用されており、すぐそばに自動車を追い抜きながら走る。速度もかなり乗っていて気持ちが良い。

橋を渡ると地上に降りて村山、上信越自動車道をくぐる。直線を進んで日野、片面ホームの無人駅。単線区間では、行き違いできない駅がところどころある。

山が目の前に迫ってくるが、周囲はそれとは裏腹に須坂の市街地に入って行く。長野周辺の主要都市。家並みが途切れることがない。

車庫が広がって須坂駅に到着。長野電鉄の中心的な駅でもあり始発、終着になる列車もある。

赤帯が外され、営団日比谷線3000系時代の全面銀色の姿に復元された3500系が一本留置されていた。筆者の幼少時代、日比谷線にはまだ3000系が走っていたものの、日比谷線自体乗ることがほとんどなかったので、3000系を生で見たことは一度もない。時期的には既に新車03系への置き換え前後で引退も迫っていた頃だったので、仮に日比谷線に乗ったとしても3000系に出会う確率は低くなっていただろう。

駅の上には歩道橋がかけられていて、車庫のある駅として鉄道スポットとなっている。歩道橋の側面は壁になっているが、線路の上に当たるところだけはご丁寧に窓が設けられていて、そこから眺められるようになっている。

長電オリジナル車として活躍したOSカー10系も留置されている。営業運転に入ることはなくちょっと痛々しい感じもするが、貴重な姿を見ることができる。

    秋の八ヶ岳を行く

    久々に休暇を取り息抜きに信州方面へ向かった。あまり鉄道で行ったことがなく乗りつぶしと観光を兼ねたためそれなりなボリュームの行程となった。ざっとした行程としては新宿から特急あずさで小淵沢、そこから小海線で小諸、しなの鉄道乗り換えで長野に出て、長野市内を拠点に長野電鉄、上田電鉄、さらには北陸新幹線開業でJRから第三セクター転換された旧信越本線(北しなの線、えちごトキメキ鉄道)と、最後は当の北陸新幹線で東京に帰るという行程である。そういえばここ最近あんまり一人旅もしてなかったので、少々新鮮な気持ちで胸が踊る。

    まずは特急あずさで小淵沢へ。そこから小海線に乗り込む。小海線に乗るのは昔清里方面で合宿があったのでその時に乗って以来だが、小淵沢から合宿地までしか乗っていない。今回は終点の小諸まで全線乗って車窓を堪能する。

    小海線は八ヶ岳の麓を走り、八ヶ岳高原線の愛称を持つ。小淵沢側は標高1,000m以上とJRでもっとも高い所を走り、長野県の野辺山駅は標高1,345mでJR最高、隣の清里駅(山梨県)は第2位で1,275mの高さを誇る。ちなみにJRの駅の標高ベスト10で第9位まではすべて小海線の駅で占められている。標高1,000m級というとんでもない所を一定の距離走るのだからある意味当然のこととはいえ、凄い。
    いつもの通り悪い癖でまた前置きが長くなったがw、そろそろ発車時刻の9:57だ。さあ出発としよう、と思いきや発車する気配がないぞ。乗務員のアナウンスが入り、中央線の特急が遅れており接続をとってから発車するとの由。本数少ない路線ならではの光景。しかし10分近くたっても特急はこず、結局待ち合わせすることなく10:05発車した。この日雨も降っていたのだがその辺も影響していたのだろうか。そういえば乗ってきたあずさも、あんまり走りっぷりは特急らしくなかったと思う。

    キハ110の2両編成、中央線からの乗り換え客は多くなく車内はガラガラ、クロスシートで一人がけが空いてるので気兼ねなく陣取る。外は小雨が振り、発車して右カーブし中央線から分かれると、いきなり霧に覆われて白銀の世界に突入する。さっぱり視界が効かないが、列車はまるでいつものこととばかりに御構い無しに走る。標高の高いこのあたりなら、さして珍しくもないのだろうか。東京なら即、徐行運転か運転見合わせかしそうなレベルだw

    車内アナウンスはワンマン化のため自動化されているが、その中では観光客向けに小海線自体の案内も入る。

    林の中を途中ペンション群を通過しながら走る。八ヶ岳の麓の、アルプスあたりを連想させるこの光景も小海線ならではだ。しかしこの日は本当に霧に覆われ、林の中を行く様はなんだかそのイメージとはちょっと対照的な感じもする。下手すればミステリードラマ?といったら変だが多少の不気味さを感じさせるかのようだ。そういえば霧の中を行く列車を撮ることもなかなかないな。

    甲斐小泉、甲斐大泉と進む。始発の小淵沢もすでに標高は高い(標高881m)が、小海線を進むうちにさらに高度を上げていく。

    そして標高JR第2位の清里に停車。ここで一気に降りて車内はがら空きに。臨時の八ヶ岳高原列車と行き違う。しかしあたりは真っ白だ。ちょうど臨時の八ヶ岳高原列車なるものと行き違いをする。

    次はいよいよJR最高駅の野辺山。アナウンスの前にはお約束、JRの最高駅と一言入る。

    駅における最高は野辺山駅に間違い無いが、駅をのぞいた本当のJRの最高地点は清里駅と野辺山駅の間にあり、標高は野辺山駅よりさらに30m高い1,375mに達する。駅では無いので列車は何事もなく通過してしまうが、その地点には踏切があり、その側にJR最高地点を示す碑が立てられている。時間と足に自信があれば行ってみると良いだろう。今回はさすがにそこまで時間がないのでやめておくw ちなみに最高地点の近くに山梨県と長野県の県境が通っておりこの先長野県に入る。

    最高地点を通過していよいよ最高駅の野辺山へ。ホームにもそれを示す碑がしっかり立てられている。とうとうここでも取り上げる日がやってきたか。


    ここで結構な乗車があり車内も賑わってくる。
    野辺山から少し走ったら少し霧が晴れてきた。地形も少し開けて、林中心の車窓から田畑が入り混じるようになる。しかし八ヶ岳は相変わらず曇っていて上の方がさっぱり見えない。進行方向右手の雲が切れて太陽がいきなり顔を出す。燦々とした日差し。『高原列車は行く』の歌でも浮かんできそうだ。

    山間に家並みが広がって信濃川上。川上村の中心にある駅。標高1,000m台の駅がまだ続くが観光地的な風景は薄れ山間の町を結ぶ生活路線のような風景にだんだん変わってくる。しかし小海線、このあたりは次の駅までの距離・所要時間が長い。小淵沢をでてからまだ5駅、行き違いもそんなに長くなかったが時間はもう40分ほど経過している。ちなみに今走ってきた野辺山〜信濃川上間は駅間距離が小海線最長で8.1kmもある。

    信濃川上は木造の駅舎を持つ昔ながらの駅といった感じだ。

    しかし地図で見るとこの辺の線路はかなり曲がりくねっているのがわかる。

    川を途中渡りながら並行で進む。渡っている川ははきっと信濃川(長野県内では千曲川)だろう。日本最長の川は甲武信ヶ岳を水源として小海線沿いに佐久地方を北上し小諸、上田などを抜けて長野に達し新潟方面へ流れるというルートを取っている。小学校の時に最長とは習いつつも、どう流れるのかと思ったらそんなルートを取っていたのか。

    松原湖を過ぎる。湖からは離れていて湖畔の景色は拝めないものの、景色の良い車窓が続く。天気はすっかり秋晴れになった。

    路線の名前になっている小海に到着。主要駅で一定の乗り降りあり。ホームに隣接して診療所があり立派だ。ここで5分停車し行き違い、ハイブリッドのキハE200系とすれ違う。

    ちょうど小海が中心駅であるかのように、路線の風景もここからまた少し変わってくる。この先佐久の中心部に向けて山から下って町に入っていく感じになる。家並みもあまり途切れなくなり、駅間距離もこのあたりまで長かったがこの先は一転して短くなり1〜2km程度になる。小海線の場合最初が相当長いだけに、かなり短く感じる。

    馬流、地元の学生が乗ってくる。佐久市へ向けて客が増え始める区間か。八千穂駅に出ていた名所案内は、どこも駅から10〜20kmも離れていて、徒歩で行くのは結構ムチャだ。というかこれなら近隣の他の駅からもいけそうなもんだが…。
    気づけば車内は学生中心に乗客が増え、すっかり地元の通勤通学路線の趣になった。座席はとうに埋まり立ち客も結構出ている。関東なら八高線に近いか。八ヶ岳高原線の愛称を持つ小海線だが、この辺りではそのイメージはあまりなくなっている…。

    山をバックに佐久市街が広がるのが見え始め、太田部。次の中込は佐久市中心部にあり乗降が多い。また小海線の運行の拠点で構内は広く、ここから小諸までの区間運転の列車も多い。

    岩村田で一気に学生が降りた。この駅は中込よりも乗客数が多い。小淵沢を出た時の静けさと霧の中の風景はまるでなかったかのようだ。ちょうどここを中山道が通っており、かつて岩村田宿があったということで古くから宿場として栄えてきたようだ。

    岩村田を出ると路線は高架になって佐久平に着く。北陸新幹線との乗換駅だが新幹線も高架だろうと思いきやなかなか見えない。知らなかったが小海線の方が高架で新幹線は地上にホームがあるのだった。普通これは逆のことがほとんどだから珍しいものだ。

    地上に降りてすぐ中佐都。岩村田から佐久平を挟んで中佐都まで各々駅間距離は0.9kmと1kmを割っており小海線では最短となる。もともと佐久平駅は存在せず、新幹線開業に合わせて小海線に駅が新設されたためでもある。
    国鉄型気動車の復刻塗装をされたキハ110とすれ違う。ちなみに車両番号がこれまた珍妙な111-111!そう言えば中込にはこれまた珍しいタラコ色がいたなw 小海線が平成27年で開業80周年となるのを記念したものだそうである。

    三岡を出てs字カーブを描くと、かつての信越本線であるしなの鉄道に合流する。ここから終点の小諸まで線路が平行しており小海線は途中乙女、東小諸の駅があるが、しなの鉄道は小諸まで駅がなくお互い小諸まで行かないと乗り換えはできない。

    遠くの方を見ると長い山裾に家々が点在する風景がなんだか長野らしさを感じさせる気がする。減速してホームが広がり、終点小諸に到着する。


    せっかく信州に来たからにはやはり蕎麦を堪能したいと思い、出発前から気になっていた駅前懐古園のそばにある草笛本店でそばでも(別にオヤジギャグじゃないぞw)、と思ったが事前にちょっと把握してはいたものの予想以上の人気ぶりで長〜い順番待ちであった。残念ながら時間の限りで諦めて別の蕎麦屋で天ぷら蕎麦を楽しむ。でも蕎麦はやっぱりうまい。
    腹も満たしたところでしなの鉄道に乗り長野市内を目指す。

    中央西線

    というわけで松本から中央西線の始発列車に乗る。松本駅の一番端っこに0番線があり、そこに今回乗る列車は入線する。車両は115系長野色3両編成だ。

    100_0113

    100_0115

     

    塩尻まで篠ノ井線を戻り、そこから中央西線に入る。夏とあって6時も過ぎればもう空はすっかり明るくなっている。
    中央西線は中山道沿いに木曽を経由して名古屋へ至る。東京〜塩尻間の中央東線は大月、甲府、小淵沢、諏訪と、山梨、長野の主要都市を結び、山々が広がるものの高原のような感じで車窓の変化も割と穏やかである。それとは対象的に、中央西線は路線こそ古くからの街道には沿いつつも、ほとんどが山間部を通り沿線の集落を結びながら走るような感じである。車窓はかなり山深く、家並みも少なく緑や渓谷が多くを占め、厳しい自然の中を行く路線という感じである。途中、上松には景勝の「寝覚の床」が控える。ローカル線チックに自然を味わうには良いだろう。このあたりの普通列車は1〜2時間に1本しかない。

    塩尻の次の洗馬辺りまではまだ松本平といった感じでそれほど険しくないが、急に左右に山が迫ってきて渓谷を中山道とともに進むようになる。トンネルもくぐる。塩尻を出た時点では複線だが、途中何カ所か単線になる所がある。

    100_0116

    100_0117

     

    そんな所を抜けながら木曽福島へ。木曽町の中心駅で特急も停車する。車窓左側には木曽川が流れ、この先途中離れはするものの名古屋方面を目指すことになる。次の上松を出た所で寝覚の床が広がる。木曽川の流れによって浸食された花崗岩の地形である(写真を撮っておかなかったのが悔やまれる。また行くか)。
    上松では長いこと停車したのでちょっとホームをうろうろ。

    100_0119

    100_0118

    「木曽檜の里」ということで堂々檜が置かれている。

     

    100_0120

    名古屋側を望む。すぐ山が迫っている。

    木曽の町の中心を抜けて、再び険しい山間部を単線で通過して行く。夜行列車であまり寝付けなかったためかだいぶ眠気も来ているが、もったいないのでなんとかこらえる。といいつつもあまり詳細に覚えていないが。
    岐阜県に入り、木曽川から離れていくと中津川。中津川市の中心駅であるとともに、ここから先は瑞浪、土岐、多治見といった都市が続く名古屋都市圏に入るため本数が増える。運行上の拠点となっている駅である。基本的に普通列車はここで乗り換えとなっており、塩尻側は1、2時間に1本しかないが、名古屋側は1時間に2本程度の列車がある。途中瑞浪、多治見など主要都市でまた折り返しがあって本数が増えていく。ここまで3両編成ボックスシートのローカル線に乗ってきたが、ここで一気に8両編成、長椅子の都会電車になる。車両はJR東海の211系か313系が使用される。

     

    100_0124

    中津川にて、ここまで乗ってきた115系(左)。JR東日本所属の長野色。中央西線はJR東海の路線だがここまで乗り入れており、長野色の115系が見られる最西端の駅でもある。

     

    100_0123

    名古屋の通勤輸送の主力、211系(右)。東京でも東海道線や東北本線でおなじみの車両だったが、そちらの方は今やほとんど新型に取って代わられてしまった。

     

    100_0121

    留置線が広がっており広々としている。セントラルライナーに使用される313系8000番台が休んでいる。セントラルライナーは名古屋発着の座席定員制(名古屋〜多治見間では310円の乗車整理券が必要)の快速列車。この当時は現役だった訳だが、つい先頃2013年3月のダイヤ改正で廃止されてしまい、今は特別料金の要らない単なる快速になっている。

     

    中央道とぴたり並行しながら開けた所を走る。2つ先の恵那では明智鉄道線が分岐するが、今回は残念ながらスキップする。多治見までは町が続き、名古屋の手前に近づいた感じが、するがちょっと面白いのはここで再び渓谷に戻る。ちょうど愛知と岐阜の県境だが、庄内川上流にあたる土岐川が渓谷を作っている。この区間に古虎渓、定光寺と二つの駅が存在する。名古屋近郊のため止まる列車こそ多いが、周囲が周囲だけに、利用客は極端に少ない。
    渓谷区間を抜けて高蔵寺、愛知環状鉄道と接続する。愛知万博では輸送ルートの一つとして活躍したルートである。ここから先は本格的に名古屋近隣の都市部に入り、春日井市を経て名古屋市に入る。もう車窓から家並みが途切れることはほぼなくなり、ごくありふれた通勤路線の車窓になっている。車両が211系だけに東北本線、高崎線などを連想してしまうかもしれない。しかし東京と名古屋の二大都市に乗り入れる中央線、間はローカルだが、都市部となる路線の両端はどちらも似たような事情の、混雑の激しい通勤路線である。東京側は良く知られているだろうが名古屋側の混雑もかなり激しいらしい。東海道線の場合、名鉄などが並行しているため輸送シェアの奪い合いがあるが、中央線では並行路線がないため混雑が集中するようだ。

    名鉄瀬戸線、地下鉄、ゆとりーとラインと接続する大曽根を経て名古屋都心部に入る。しかし名古屋だけに、池袋あたりでおなじみの大手予備校の看板がやたらと目立つ。東京にいるときはそんなに感じないが、やっぱり名古屋なんだなと思う。
    高架で名古屋の都心を闊歩して、東海道線と合流して金山に到着する。名鉄とも接続する名古屋のターミナルの一つ。もう一駅で終点名古屋なのだが、私はここで地下鉄に乗り換えるために列車を降りた。夜行も使いつつであったが初めて中央線だけで東京〜名古屋を移動した。乗り鉄にはまりだしてそんなに経たない頃だったということもあり、かなり感動を覚えた。

    ムーンライト信州乗車記

    100_0100

    もう10年も前のことになるが、ムーンライト信州に乗ったことがある。新宿から中央本線、篠ノ井線、大糸線を経由し白馬へ向かう臨時の夜行快速列車である。主目的と言えば北アルプス方面の登山、観光向けだろうが、早朝に長野県に着くということで移動手段としても使える列車である。中央西線の初乗り狙いでもあったので、松本まで行ってそこから中央西線の始発で名古屋方面へと向かう計画であった。きっぷは青春18きっぷを利用した。

    新宿23時54分のムーンライト信州81号に乗車する。5番線発、中央線の特急ホームは当時まだ5、6番線だったんだなぁ。今はNEXなどが発着するホームとなっている。車両は183系国鉄色だ。

    100_0106

    100_0102

    100_0107

     
    時刻はまだ23時台、夜遅い時間ではあるものの、残業やら飲みやらでこれからようやく帰宅という人々もまだまだ多いはずだ。山手線や中央線はまだ普通に動いている。特にこの時間の中央線といえば深夜の下り高尾行きで寝過ごして、終点高尾まで行ってしまう乗客が多いことで有名である。夕方6時、晩飯時にやるテレビニュースで特集ネタになっていたこともある。高尾まで行って戻れるのだったら良いのだが、悲しいことに深夜の上り高尾発は早く終ってしまう一方で下りは高尾行きが多いため、本当に罠にはまりやすい。今日も寝過ごして高尾で起こされるヨッパライが出るのだろうか。しかし前は面白半分そんなニュースを見ていたものの、今や自分もすっかり同じ立場、もう笑えたものではない。
    そんな調子で営業する中央線があるかと思えば、お隣の埼京線はなんともう店じまいの時間になってしまう。真っ暗なホームに、車内灯を消した電車が不気味な雰囲気で既に眠りについている。新宿〜池袋間は、貨物線を走る関係か知らないが営業時間が短く、朝は6時過ぎから始まり夜は23時台には終ってしまう。6時前と0時以降の埼京線は池袋で折り返しとなり、新宿から埼京線に乗るには山手線で池袋まで行って乗り換えなくてはならない。かつての赤羽線状態だ。

    ともあれそんな雰囲気の新宿駅を発車、まだバリバリ深夜営業中の中央線を走る。世界一の繁華街新宿、今日もネオンはきらびやかだ。こんな夜の大都会の風景、クリスタルキングの『大都会』でもでっかい声で歌ってやりたくなりそうな光景に囲まれつつも、今から旅に出るというのもとても妙な心地だ。本当に寝てる間に長野まで連れて行ってくれるのか。白馬行きといいながら、どっかその辺の車庫で一夜を明かすことになりはしないか、と心底不安になる(うそつけ)。
    でも列車はそんなことは構わずに夜の中央線を走る。30分ばかり走れば高尾を過ぎ、都会の光景も薄らいできて山の中へと入って行く。もう夜なので灯りが多いか少ないか、全く見えなくなったかで雰囲気を感じ取るしかないが。

    真っ暗だし時間も遅いので、検札が終ったら寝る。しかし、どうにも車内の空調が利き過ぎなのか、寒い。なかなか寝付けない。それでもある程度は寝たのか、多くの区間のことはすっ飛んでいる。はっきりしてきたのは諏訪辺りに来てから。この列車の終着は白馬だが、自分は松本で降りるので寝過ごしてはまずい。岡谷の当たりで寝ないように立っておく。しかしそれでも眠気が襲ってきて少しこっくりしている。夏ではあったが時刻はまだ午前4時台、さすがにまだ真っ暗だ。

     

    100_0108

    塩尻では特に接続列車もないのに、時間調整か10分近くも停車した。ここから中央西線が始まり、そちらへ向かう予定なのだが同線の普通の始発は朝7時近くまで来ない。それに列車は松本始発ということなので、松本まで行って朝飯を食べて戻ってくるつもりであった。ちなみに中央東線、篠ノ井線の始発は6時頃なので、4時という時間ではそれらの始発に乗るにもまだ時間がありすぎる。

    篠ノ井線を少し走って松本に到着。上野おばさんの「まつもとぉ〜、まつもとぉ〜」の到着アナウンスで、思わず吹き出しそうになって一気に目が覚める。(笑)上野おばさんとは、アニメ声優、ナレーションなどで活躍されている沢田敏子さんの担当するJRの一部駅のアナウンスのこと。上野駅の「うえのぉ〜、うえのぉ〜」の独特な放送が注目を浴びた(?)ことでそんな名前がついて有名になった。
    中央西線の始発までだいぶある。このままいても仕方がないのでとりあえず外に出て、やっていたコンビニで朝飯を調達、少し早いが腹に入れておく。こんな時間でまだどこもやってないし眠いがとりあえず中央西線を待つ。空が白んで列車も町も動き出してきた。

    連絡バスで峠越え

    バスターミナルに止まっていたJRの連絡バス碓氷線に乗り込む。
    駅前を通っている中山道をひたすら下れば横川なのだが、バスはそちらからは行かず、一旦南へ進んで碓氷バイパスを経由するようだ。その方がカーブがきつくなく、走りやすいからだろうか。この辺りはほとんど来たことがないが、なるほど、地図で見る限り中山道はいろは坂のようなつづら折りのようだが、バイパスの方はカーブが比較的緩く数も少なめのようだ。
    本ブログで本格的にバスのことを書くのも初めてかもしれない。筆者、バス事情はめっぽう疎いのだが、旅全般、特に長距離移動が好きな身にとっては選択肢として含めたい所でもある。バス路線は鉄道より細かいだけ有って、路線の再編等めまぐるしいかもしれないが、いずれ路線バス乗り継ぎも悪くない。
    駅を出ると左折して一旦反対向きに中山道を走り、少し進んだ所で左折して県道43号線に入る。碓氷バイパスへ続く道である。県道に入ると沿道は、人の手が入ってますといわんばかりの、些か鮮やかすぎるように見えなくもない緑に囲まれた、ホテルや観光施設が点在する。軽井沢の典型的、リゾート地的景観という所だろう。賛否はともかく、これを見ないことにはここがリゾート地軽井沢だという実感は湧いてこないというものだろう。清里のペンション群や土産物屋の景観を見るのと、同じような感覚だろうか。景観の造るその土地のイメージというのも観光地にとっては大事な要素だ。

    そんな所を抜けていき、左折して碓氷バイパスに入る。ここまで長野から穏やかな風景、最後は軽井沢のリゾート地と来たわけだが、ここからは舞台装置の如く景色が急変する。
    道が山越えのようになり、徐々にカーブし始めてくる。一気に視界が開け、近傍の山々が車窓に広がるようになるとつづら折りに入って高度を下げて行く。降り始めは周辺に広がる山々よりこちらの方が高いようで、さながら航空機から見下ろしているような感覚で迫力がある。しかし見ているとどこも岩肌が露出し、切り立った崖のような山ばかりだ。周辺の景色とは似ても似つかぬほどの厳しい地形である。また細かいことを書いては恐縮だが「峠」とは、ある特定の道や鉄道路線などが山を越える所を指すというような意味の言葉である。「碓氷峠」というのは本来、中山道の通過する峠のことを言う(この言葉が重きを置くのは、どちらかというと地形というよりも通過する道の方にあるというべきだろう)ので、このバスが通る碓氷バイパスを指して言うのは、あまり適切でないかもしれない。だが、実感としては一体含めて「碓氷峠」と言って良い程である。それほど「碓氷峠」というとただの峠ではなく、この一帯の厳しい地形も総称して言うくらいのインパクトがあると思う。どんなルート、どんな交通機関であってもここを越えれば「碓氷峠を越えた!」と口にしたくなるはずだ。

    絵になる風景が続く。

    IMG_5766

    IMG_5769

    IMG_5772

    IMG_5773

     

    IMG_5775

    だいぶ降りてきて、まもなく横川駅という所。もの凄く高い橋をくぐるが、これは上信越自動車道。ということで鉄道は新幹線で、道路も高速道路でこの碓氷峠を越えることができる。日本の交通網で最大の難所とされながら、今や陸路の高速な交通手段が揃っている状態なのが分かる。「まったく無茶な」という気もするのだが、裏を返せばそれだけこの信越(中山道)ルートが重要交通網であり、碓氷峠を越えることが日本の交通史における一つの課題とされてきたと言っても良かろう。なにせ明治年代からこの信越線ルートは重要視され、東京と関西を結ぶルートにしても今定着している東海道ルートより、敢えてこの険しいルートに注目が向いていた。防衛の観点で東海道ルートはほぼ全体的に海に面していてリスクも大きいと考えられるが、こちらのルートであれば心配も少ないからである。
    在来線の廃止は確かに痛みもあったが、この区間があるために東京対長野の輸送の改善が困難になっていたというのも、また事実なのだろう。

    IMG_5776

    横川駅近くまできた。だいぶ降りて来てさっき見下ろしていた周囲の山も、見上げる程になった。とてつもない高低差である。しかし山の形はどれも特徴が有り、厳しくも面白い。

    30分ばかりの峠の旅、これだけでも見応えがあった。横川〜軽井沢間のたった一駅、ここだけのためにどれだけの苦労があったか、実に良く分かる景色であった。かつては急勾配の線路を車輪だけで走行するのが難しく、アプト式といってもう一本、歯のついたレール(ラックレール)を敷いて車両にも歯車をつけ、噛み合わせることで昇り降りしていた。やがて路線が新線に付け替えられて、普通の鉄道として車輪だけで昇り降りできるようになったが、それでも前にも書いた通り、勾配対策で機関車の連結(登る方は押し上げ、降りる方はブレーキ強化として)が必須であった。両駅間、11.2kmを走るのに下り列車(峠を登る方)17分、上り列車(降りる方)は24分を要したとのことである。

    しなの鉄道(5)

    あまり険しさこそ感じられないが、このあたりでまた町を離れていく。車窓左手には浅間山が見えてくる。間近で見ることはほとんどなかったが、火山というだけに特徴的な山体をしている。

    IMG_5733

    IMG_5731

     

    次の信濃追分にはホームにも「浅間山」の表示がある。

    IMG_5737

     

    雨が降っていて、北はまだ日が射しているが南は真っ暗だ。大丈夫だろうか・・・。
    住宅が増えてきて、中軽井沢。軽井沢のリゾート地にも近づいてきた感じだ。木々がそれっぽくなってきて、各々の建物の間隔も広い気がする。
    上田で別れた新幹線と再会、右隣に寄り添ってくる。いよいよ終点、軽井沢である。
    ここから先、かつての信越本線は碓氷峠越えとなる。上り下りとも厳しい勾配となるため自力で走る訳に行かず、峠越えとなる軽井沢〜横川間だけは補助の機関 車が必ず連結された。今はここから高崎、東京へのアクセスは新幹線が機能を担い、旧信越本線の鉄路は完全にここで途切れている。

    IMG_5757

    IMG_5756

     

     

    IMG_5755

    昔ながらの構内。よく見ると写真右に腕木式の信号が。

     

    IMG_5750

    駅には軽井沢駅舎記念館が併設されており、かつて碓氷峠越えで活躍した機関車が保存されている。今回はそこまで時間がないので外から申し訳程度に見るしかなかった。頼りになる助っ人、ロクサンことEF63形電気機関車。碓氷峠越えのためにEF62形と共に開発、投入された機関車。これがなければ、どの列車もここを通過できなかった。

     

    IMG_5747

    IMG_5748

    こちらは10000形、同じく碓氷峠用だが1912年の導入。ドイツから輸入された海外生まれの機関車。またこちらはアプト式時代のものだった。

     

     

    IMG_5751

    新幹線ホームを望む。明治時代から機関車補助による連結で昇り降りしていたここにも新幹線が通るとは。

     

    IMG_5760

    IMG_5763

    群馬側を見る。線路は無惨にも途切れている。いつでも再会出来そうな雰囲気だが。

     

    峠を越えた横川〜高崎間はJRが信越本線として今も営業を続けており、現在途切れている横川駅まではJRの連絡バスが結んでいる。途切れた碓氷峠区間では新線に切り替わる前の線路が遊歩道「アプトの道」として残されており、めがね橋へも行くことができるが、またの機会にする。とりあえず今回は碓氷峠をまともに訪れたのが初めてであったし、連絡バスで碓氷峠を味わってみたいと思う。