近鉄特急、阪神に乗り入れへ

2009年に阪神なんば線が開業し、大阪難波で線路が繋がった近鉄と阪神。現在のところ直通運転は最長近鉄奈良〜阪神三宮間で特急以外の一般列車だけで、兼ねてから特急の直通運転の話が持ち上がっていたが、このほど3月22日から晴れて運行開始されることになった。
列車は当初言われていた通り団体専用の貸し切り列車で、阪神三宮から伊勢志摩へのツアーとして施行される。車両は近鉄22600系が充当される。

まだ団体列車のみだが、いよいよ相互乗り入れによるネットワーク拡大の本領発揮といった感じになってきた。近鉄は東は名古屋から西は大阪までと中部・近畿に広範囲の路線網を持ち、阪神電鉄も自社線内に神戸、またレールの繋がっている山陽電鉄を経由すれば須磨や姫路にも到達できる。お互いのビジネスチャンス拡大に大いに寄与する所であろう。また、この直通運転により、JR以外の私鉄列車の運転距離日本最長記録を更新するという点も注目される。なにせ三宮から伊勢志摩まで200km超あるからだ(現在の私鉄日本最長は近鉄の京都〜賢島間の通称京伊特急で195.2km、これでも十分長い。というかこれ近鉄の路線網だけで完結している。どんだけ広いねん)。その気になれば近鉄名古屋発山陽姫路行きの特急を運転することも可能で、もしこれが実現すれば距離にして300km近くなり大幅な記録更新になる。まあその辺りは新幹線とルートが被るので需要的にはどうかという所もあるが、もうそれくらいの夢が描けるレベルにはなっている。
いずれは団体列車だけでなく定期列車でも観光目的で設定されるのだろうか。伊勢志摩なら伊勢神宮参拝、観光需要が高いので恐らくそう遠くはないだろう。ダイヤが乱れるとお互い影響するなど苦労も多いが、長距離特急列車の運転は乗り入れの面白い部分である。