北しなの線


平成15年の北陸新幹線開業に伴い、信越本線のうち長野駅以北に当たる長野〜妙高高原間を第三セクターのしなの鉄道に移管した路線。妙高高原から先の区間は、新潟県となるため別会社のえちごトキメキ鉄道に転換されている。

長野駅から妙高高原行きに乗り込む。JRとは別会社であるが特に改札は分離されておらずJRと共通、車両も譲渡された115系のためほとんど変わった感じがない。

特急『しなの』の接続待ちで遅れて発車。少し進むと長野車両センターが広がる。ほんの少し前までJRだった区間である。須坂か信州中野あたりが遠望できるが、こちらの方が高いことがよくわかる。長野電鉄をくぐり、新幹線とも分かれる。ちなみに北長野以北は単線である。豊野から少し行くと飯山線が分岐する。

少し眠くなってしまった。単独走行になって一気に車窓が変わり、渓谷沿いを行き、牟礼。豊野からかなり距離があった。このあたり、複線化しようとしたのだろうか。トンネルの廃坑があり抜けると複線分の路盤。

里の方に出て、古間。かつて使われていたホームの跡が残っている。黒姫は長野県最後の駅。左側にひときわ高い山が見える。黒姫山か?

次は終点妙高高原、ここから新潟県となる。黒姫〜妙高高原までは複線である。野尻湖近くを行き、終点妙高高原。ここから先はえちごトキメキ鉄道妙高はねうまラインとなり、駅も同線の所属となっている。かつて一本の路線であり単なる途中駅だったため終点という雰囲気はなく、むしろ今も直通運転があってもおかしくない雰囲気だが、今のところ直通運転は全く行われていない。とはいえダイヤは接続が考慮されている。まだ運行始まってそんなに経っていないし、利用状況次第ではいずれ直通も再開されるかもしれないと思う。

北陸方面

写真整理してたらもう10年前のものになるが北陸方面の写真。もともとほとんど行くところのない地域ですしにわかには実感の湧かない話ですが来年には金沢まで新幹線が開業、並行在来線になる金沢以東の北陸本線は第三セクター化されてなくなっちまうんですな~!そうものすごく遠い所でもないし、また出かけてみるかな~!

100_0141

475系?(たぶん、あまり詳しくないもんで)
少し前までは413系や食パンこと419系と併せて北陸本線普通列車をほぼ全面的にカバーしてました。今や223系似の新型521系に押されて活躍範囲は大幅に縮小されているようですね。元をただせば急行型車両。まあ長野地区の169系など地方では普通列車への使用は珍しくない話とはいえ、大都会に住む者にとってはやはり贅沢なと思ってしまいますね。
ちなみにこの写真は高架化工事まっただ中だった福井駅です。この少しあとに高架化されて車両ともども様変わりしてます。

100_0179

こちらは七尾線の415系。北陸本線の津幡から和倉温泉へ向かう能登半島を走る路線。途中金沢~津幡間は北陸本線に乗り入れます。七尾線含め、金沢より東にある北陸本線の支線区は、新幹線開業後も第三セクターにはならずJR西日本が引き続き管轄することになっています。大糸線の非電化区間なんかも結局そうなるようです。こちらは北陸本線金沢から相当離れてかなりの「飛び地」になってしまいます。