花見2018

寒い日が続いていたがいきなり暖かくなってきて一気に桜の開花、お花見のシーズンを迎えてしまった。ついこないだは雪がふったというのに。全く季節の移り変わりは、最近よくわからない。

というわけで3月24日の土曜日は天候に恵まれ、桜も咲き始めて少し早いながら各地お花見日和となった。用事のついでに花見をすることにして、方角がちょうど良かったので東急線で目黒川に向かった。前にも目黒川は行っているが中目黒駅近辺しか歩いたことがなかったので、今回は大崎あたりからゆっくり長く歩いて見ようと思った。

大井町線に乗ってきたので、旗の台で池上線に乗り換えて大崎広小路駅へ。池上線も久しぶりだ。

 

最近は新型が増えた池上線だが、以前からの7700系電車もまだ現役。元は昭和37年、東横線・日比谷線の相互乗り入れに当たり、東急側の車両7000系として製造されたもの。同期である京王井の頭線の3000系、大阪の南海6000系とともに、アメリカのバッド社との技術提携により東急車輛製造の手で製造された国内初のオールステンレス車両である。この当時ステンレス車はまだまだ高価で珍しく、国電は普通鋼で路線の色一色で塗装した101系や103系が大量生産されていたが、80年代以降は国電、JR(E電?)にも普及して今や銀色の電車の方が当たり前になっている。

登場してから年月が経過し、時代背景から冷房装置がなかったこともあり昭和末期からは新型車両に代替されて日比谷線直通からは退いたが、車体がオールステンレスで腐食しておらず状態が良かったため、多くの車両は7700系に改造されて池上線などに転用されたり、一部地方私鉄に譲渡されて第二の人生を送っている。近年になって本格的に廃車が出ているがまだ全車両の引退には至っておらず、今も全車両が残っている南海6000系とともに、製造からすでに50年以上経過しても現役である様はまさに「さびない鉄人」と言える。新型は新型で技術革新、新しい設備とメリットは多いが、古い車両を大事に使うのもまた良さかと思う。

 

大崎広小路駅で下車。五反田駅から目と鼻の先にあり歩いてでも行けるほどの距離だ。山手通りに面していて目黒川も近い。山手通りといえば椎名林檎の『罪と罰』にも歌われている。あれは確か初台あたり、だったでしょうか。環状6号線に指定されていることから環6と呼ぶ人も多い。時代は流れて、今や地下には首都高中央環状線の山手トンネルが通っている。

 

というわけで早速目黒川へ。せっかく来たのですぐ近くの大崎あたりから遡って中目黒方面へ向かった。

 

場所にもよるがまだまだ三分咲き〜五分咲きくらいな感じ。川といえば橋から見る桜並木の眺めも圧巻だが、まだちょっと寂しい感じかな…。花とは打って変わって人はかなり多かったが、どこからも「まだだねぇ」の声が聞こえる。最高な状態で眺めたいのは誰も同じ、人間のワガママは際限がない…。

 

目黒、中目黒と遡るにつれてやたらと人が増えてきた。呼応するかのように桜もこの辺りまで来るとそこそこ咲いてる木も増えてきたようだった。場所や木によっても随分差があるものだ。

 

駒沢通りを越えて中目黒駅へ。毎年祭りで賑わうところでもっとも人通りが多い。この時は歩行者は一方通行にされていた。凄い人だったが綺麗だったのでゆっくり進めてちょうど良い。

近隣のお店がおつまみやお酒などを出している。チョリソーソーセージを食べながら歩く。花より団子なのは皆同じやな…。

さらに足を伸ばして大橋まで歩いた。246との交差地点で、川はこの先暗渠になってしまう。桜並木もこの辺りまで。

川沿いの巨大な円柱状の建造物は、首都高の大橋ジャンクション。前に登ったことがあるが屋上は公園になっている。こんなものまで作ってしまうんだから、人間て凄いなぁ…。(はいぃ?)

大橋からは246を走るバスで帰路へ。大崎から5kmほどとかなり歩いた。午前中は別件で出かけていたこともあって、帰って見てみると20,000歩を超えていた。最近iPhoneにFitbitのアプリを入れてからというもの歩くことにもハマっている。良い運動になった。しばらく走っていなかったが、暖かくなって来たことだしまた少し走ろうかな。

祐天寺から

いきなりこんなタイトルではナンノコッチャという感じだろうが、まあ通な方はこれだけみてもすぐにピンと来るかもしれない。ということで、行ってるようで行ってなかった、兼ねてから行って見たいと思っていた、通な方には(最近はそうでなくても?)有名な祐天寺のカレー店、ナイアガラに足を運んだわけです。

この手の店として愛好者なら好きな方も多いだろうし色んなところで紹介されてるだろうから、細かい説明は割愛するが取り敢えず店内店外問わず(!)鉄道グッズをそこかしこにひたすら散りばめたカレー店である。

まずは東横線で祐天寺駅に降りる。各駅停車しか停車しない。そう用事のある地域でもなく祐天寺駅に敢えて降りたこともない。

ちょうど上下線のホームの間にもう一本の線路を敷く工事が進行中で、完成するとこの駅でも列車の追い抜きが可能になる。しかし高架という拡張がやりづらい環境で、うまいことホームを後退させてスペースを設けたものである。祐天寺に限らず東急線沿線は割とびっちり宅地化されていて線路の周囲に余裕のない箇所がほとんどである。つい10年ほど前まで武蔵小杉〜日吉間の高架化も余裕のないところで線路の上に高架が建設されていた。難工事であることは容易に想像でき見ている方もなかなか胸躍る(?)ものであった。
祐天寺駅を出て線路沿いの路地を中目黒方面に向かって歩く。駅前にケンタッキーがあるがそこにその店の広告が道案内のごとく掲げられていた。しかし飲食店それもチェーン店の入る建物に広告がかかげられているとはちょっと挑戦的な印象。
ちょうど右に折れて線路から離れた先にその店はあった。そしてその辺まで来る頃踏切の音が聞こえて来る。東横線が近いのでそちらの踏切の音かと思いそうになるがこの界隈の東横線は高架なので踏切は存在しない。店に近づくとだんだん音が大きくなる、ということで店の前に踏切が置かれていてそいつがずっと鳴りっぱなしということであった。


店の周囲は住宅街で、最初は店に近づかないと存在にちょっと気づきにくいかもしれない。しかし踏切の音が聞こえると思わず反応してしまうだろう。ちなみに踏切の音は周囲に配慮してかボリュームは控えめにされているようだ。さすがに普通の踏切の音量でずっとカンカン鳴らされたらたまらないというか、本当に間違えそうだ。

店の入口のドアは、客車の乗降用ドアがそのまんま使われている。押して入るのだが客車のドアって折戸式だしそもそも自分で開けることまずないので、まあ、慣れない…。(笑)

店内に入るとカウンター数席にボックス席というこぢんまりした配置。

まずは最初に食券を購入、そしてこれは昔からなのだろうか、メイドさん風の女性店員が接客をされていて食券を渡す。こうして書くと一見、昨今の風潮を連想してしまうが、あくまでもそう言う格好というだけで接客は(後で書くがある部分を除いては)普通の店員さんである(というか、今こんなスタイルがあまり見られなくなって物珍しいだけの話だろう)。ついでに食券機も駅の券売機風なデザインにして切符調の券がでてきたら面白いかも、ってそんなこと注文してどうする…。

好きな人はとうに足を何度も運んでることだろうし、あくまでお店の中ではあるし、あんまりむやみに中のことを載せては逆につまらないだろうし、とはいってもとっくのとうにメディアやらネットやらで紹介されてしまってるだろうから、店内の写真をここにあれやこれや載せたりあんまり細かく書いたりするのはよそうと思うが、とにかく中は鉄道関連で埋め尽くされている。取り敢えずまだ行ったことないという方は是非足を運んでみて下さい、はい(笑)!

筆者はカウンターに座ったが、ボックス席の方は昔の車両で使われていた鉄道車両のボックス席(固定式のクロスシート)である。壁には国鉄時代のものであろう駅名の看板、 カウンターの向こうはまるで駅さながらに「定期券はハッキリとお見せ下さい」とある。その横には駅長さんから寄せられた色紙が掲げられている。そして大きな丸いものがかかっていると思ってよくみたら0系の団子鼻だ!

カウンター席のテーブルはガラスになっていて中には模型が並べられている。そして筆者は直接味わえなかったもののボックス式の座席には線路が通じていて、SL牽引の模型列車が料理を運んできてくれる。メイドさんが威勢良く「新幹線カレーが発車しまーす!」などと、駅員さん風の掛け声とともに模型を操作している。なんとも徹底的に鉄にこだわった店内だ。

ハンバーグカレー辛口を頼む。結構本格的なカレーだ。ご飯の盛り方も独特だ。それなりに辛みがあって美味い。店のたたずまいからついカレーのことを忘れそうになってしまうが、来る前にこの店のことをわずかながらも店のサイトで見てみたら、この店の店主ならぬ駅長さんのカレーに対する思いもまた特別なものであったことを知る。

そしてそんな中でも「カツカレー発車しまーす!」

威勢のいい発車の合図が何度となく響き渡るw

つい長居したくなる雰囲気だが、席数がかなり限られているので、食べ終えたは早々に店を出る。言うまでもないだろうが家族連れにも大人気で筆者の入った後にボックス席はすぐ埋め尽くされた。

店を出ようとすると当のメイドさんに呼び止められた。何かと思えば記念に切符を発行してもらえるとのことだった。記念のスタンプとともにありがたく頂戴する。

滅多に来ないこの辺りだが、少し歩くと三宿に近いことがわかり、バスもあるのでそこまで歩くことにした。ということで歩いていたが途中で小雨が降り出し、空も明るいのでまあそんなに長くなかろう、と思ってたらこの野郎、強くなりやがった(笑)というわけで半ばずぶ濡れで三宿からバスに揺られたとさ。

ともあれ、たまに足を運んでる鉄道模型バーのバー銀座パノラマに加えて、今後時々足を運ぶかもしれないな…。バー銀座も本家の銀座が変わってから行っていないし、また足を運んでみるとするか!

東横線渋谷駅

東横線の地下化から1年半、かなり経ちましたね。日々渋谷駅を通っているのでまあいつものことと思いつつ見てますが最近は東横線ホームもすっかり解体、撤去されていよいよ何もない空間となりつつあります。銀座線ホームを覆っていた東急百貨店もほぼ解体され、ただでさえ狭い銀座線ホームも天井や壁面の工事で余計窮屈になっています。今度はこのホームが移転することになる訳ですな。

IMG_7994.JPG

IMG_7995.JPG

東横線ホーム跡地。駅ホーム部はすっかりなくなっており246をまたぐ橋脚などがわずかに残るのみとなっています。見慣れていた者には、ちょっと信じがたい光景かもですな。

IMG_7997.JPG

IMG_7996.JPG

渋谷駅を出て川沿いを代官山へと向かう区間
ここもほとんど解体が終わっています。フェンスがなかったら跡地とはわかんないですね。

IMG_7998.JPG

山手線を跨ぐ通りの交差地点に、まだわずかに残っていた橋脚

IMG_8001.JPG

IMG_8002.JPG

山手線との交差地点に近づいてきました。こちらも少し高架が残っていました。

IMG_8004.JPG

山手線交差地点。ここは鉄橋が長らく残っていましたがもう撤去されていました。鉄橋の撤去、早口言葉になりそうなwww

多摩川にて

今年は異常に寒い日ばかり続き、例年にない降雪にも見舞われてましたが、関東近辺は4月も半ばに入ってきて、ようやく陽気が少しずつ良くなってまいりましたね。しかし北海道方面はまだ季節外れの雪が降ったりしているようですからね…今年の夏はいったいどうなるんでしょうかね。
ともあれ、そんなポカポカ陽気に誘われて(?)今年最初の多摩川サイクリングを楽しんできました。いつもは上流へ向かうのですが、今回は初めて下流の川崎方面へと向かってみました。気持ち良いものですがすっかり日照りが強くなってきていて、帰ってきてすっかり焼けてました(笑)。途中東横線多摩川駅付近で、休憩がてら何枚か行ってみました。

IMG_5469

東急目黒線5080系

 

IMG_5467

メトロの7000も多摩川を普通にわたってますな。

 

IMG_5471

東急多摩川線の7000系。こっちの方に来ることないもんでなんだか見慣れないですな。

東急サークルK

※2014年4月当時の記事です。ダイヤ改正により情勢が変わっています。
いきなり何だ?って感じですが。東急通の方にはお分かりでしょうが有名コンビニチェーンのことではありません。(笑)東急田園都市線に存在する〇に「K」のステッカーがつけられた車両のことであります。半蔵門線経由で東武鉄道乗り入れがすっかり定着した田園都市線ですが、東武線乗り入れの対象外とされている車両があり先のステッカーがつけられて他と区別されています。乗り入れ対象外というからにはまあ都合があり、機器搭載や乗務員訓練等の手間などを省く意味でもともと数の少ない車両が外された、ということで「レア車」の宝庫となっています。
東武線に入れないため田園都市線中央林間~半蔵門線押上間しか走行できず、運用も限られ使用される列車は決まっています。主に車両が大量に必要になる朝夕ラッシュ時に集中する傾向があり、ほぼ終日見られる運用は非常に限られています。2014年4月当時のダイヤでは、平日は渋谷駅19時19分発の田園都市線下り中央林間行き、19時22分発の半蔵門線上り清澄白河行き(田園都市線内は急行)あたりが一度に二本見ることができて狙い目でした。

IMG_5415

「サークルK」の代表格である2000系。貫通路の右上に小さい「K」のステッカーが見える。平成4年に当時の田園都市線の新車として投入されたが10両編成3本、計30両で製造打ち切りになってしまった。最初は8500系に交じって普通に運用されていたが、平成15年3月の東武線乗り入れ開始時以降、乗り入れ対象外とされて朝夕中心の運用になっている。なかなか見る機会がなく新車の割になんだか恵まれていない。平成24年には就役20周年を記念して記念入場券も発売されたものの、待遇は特に変わっていないw。東武線乗り入れ前後からは新たに5000系が投入開始され、そちらが主力となりつつある。

 

IMG_5384

8590系。もともと東横線に所属していたが平成に入って田園都市線に転属してきた。こちらも10両編成2本のみのレア車でやはり東武線乗り入れ用からは外されている。急行清澄白河行となっているが、運用自体が限られているサークルKの中でもこれまた数少ない急行運用。

 

IMG_5432

田園都市線の主力車8500系。大部分が東武線乗り入れに対応しているが、初期車など対象から外されたものが存在する。写真は8506F、方向幕もLED化が進んだ中、いまだに幕のままというのが珍しい。5000系の増備で廃車が進行しており、時間の問題といったところか。

2013年を振り返って(1)

さあて、今年も残す所あと8日となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年も色々ありました、鉄ネタはもう、言うまでもないという感じもしますが。
いや、厳密に言えば住んでいる地域によっても今年印象に残ったことというのは違うはずなのですが、そこは、どうか赦して下さい(笑)。というわけで今年をちょっと振り返ってみたいと思います。余この手のネタ、得意じゃないんでぐだぐだぐになるかもしれませんが。
第一弾は、今年3月に地下に切り替わった東急東横線渋谷駅。都会のターミナル駅の一つが大きな変化を遂げた訳でファンならずとも注目した出来事でした。切り替え日が近づくに連れてカメラや携帯で撮影される方もどんどん増えていきましたね。本ブログでも何度か取り上げました。
さて年の瀬となった今、跡地はどうなっているんでしょうか。

 

IMG_4179

駅前の歩道橋から見る旧東横線渋谷駅ホーム。特徴あったドーム屋根はもうほとんど解体され、ホーム部がほぼむき出しの状態です。写真後方で工事中の建物は、解体中の東急東横店東館です。

 

IMG_4178

首都高速の真下から見たホームの様子。屋根の骨組みがわずかに残っている箇所が。

 

IMG_3969

渋谷駅構内、旧東横線ホームの改札口跡は12月現在このようになっている。「過去のものになったんだなぁ」と、改めてしみじみ・・・。

 

IMG_3817

線路沿いの道に出てみる。終端に向かって幅の広くなる渋谷駅に合わせて道がカーブしている。見る限り、駅へのアプローチ部分の高架橋はほぼ撤去されたようだ。

 

IMG_3823

上写真の道を南下していき、JR渋谷駅の新南口前まで来た所。奥に見える歩道橋の手前を東横線のガードが横切っていたが、既に撤去されすっぽり空いている。

 

IMG_3824

ガードのあった所までくると、まだ撤去されていない高架橋に出くわした。使われておらず途切れている所だけ見るとなんか痛々しい。

 

IMG_3826

渋谷川沿いを行く高架橋。架線柱がまだ残っているところがある。高架橋の解体後、このあたりもいずれ何らかの手が入れられるのだろうか。

 

IMG_3827

代官山に向かって歩いて行く。JRの線路群を越える手前あたり。この辺りはまだ割としっかり残っているが、橋脚のくたびれ具合が半端ない。中がしっかりしてるだろうから良いのだろうが、良くこんな所を毎日超過密ダイヤで通勤電車が走っていたものだ。

 

IMG_3828

JRを越える鉄橋の所まできた。既に撤去されたかと思ったが、意外にもまだ残されていた。まあもっとも、JRとの調整が必要だろうからそうすぐには行かないことだろうが。ご覧の通り代官山側は奇麗に撤去されて鉄橋を渡るともう完全に切れていて、なんだかまぬけ。昔流行った映画『スピード』なら「一部切れてる!さあ、どうする?飛び越えろ!」なんてことになるんでしょうか。(だめですよぉ〜)

 

IMG_3834

IMG_3835

そんな鉄橋をくぐるJR線の列車たち。

 

IMG_3837

埼京線の新車E233系7000番台。東横線が地下になった後にデビューしたため、この鉄橋を渡る列車と共演する機会は残念ながらなかった。

東横線とJRのコラボ

東横線渋谷駅が地下化されてもう半年近く経とうとしている。早いものだ。渋谷駅という東京の一大ターミナル駅の移転工事ということで世間を巻き込む話題となった。そういえば竹内まりやのヒットソング『駅』のモデルとなっているのが東横線渋谷駅らしく、山下達郎が自身のラジオ番組で少し触れていたようだ。
そちらの方はまあ落ち着いただろうが、地下になって乗り換えが不便になったという声がやっぱり増えただろうか。が、今後は次のステップとして銀座線のホーム移転が待っている。計画によればかなり東に移転してヒカリエあたりにホームが造られるとか。まるで東横線の地下化などほんの序章に過ぎぬぞと言わんばかりだ。
まあそんなこんなだが地下化前のなつかし写真(?)から。渋谷〜代官山間、JRの線路群を跨ぐ鉄橋を渡るシーンを集めてみた。

IMG_4480

東横線5050系。山手線E231系とのコラボ。本数が多いので割とクロスしやすいかな。

 

IMG_4501

東横線9000系。地下化と共にお役目御免になった。

 

IMG_4500

みなとみらい線のY500系

 

IMG_4485

埼京線に乗り入れているりんかい線とのコラボ。りんかい線の車両自体が少ないのでなかなか見られないかも。

 

IMG_4492

全身緑色の山手線。かつて運転されていたウグイス色の103系の復刻塗装。

 

IMG_4492

復刻塗装とコラボする東横線、隣には湘南新宿ラインも。

東急大井町線

2011年頃の東急大井町線の様子。
長年主力だった8090系が撤退しましたが当時はまだ残存してましたね。徐々に9000系に置き換えられつつ有りましたが。
大井町〜二子玉川間を結ぶ短い路線で、各停が5両編成で走るのみと京王井の頭線のような路線でしたが、この頃には田園都市線の複々線化も兼ねて溝の口まで路線が延長され、急行列車も設定されました。田園都市線の混雑はもう日本屈指ですからね。

IMG_1285

当時の主力、8090系。東横線のやつが回されることが多いこの路線、この車両も元々はそうですね。今は8500系共々、秩父鉄道などに譲渡されてますね。

 

IMG_1284

IMG_1293

8500系。元は二子玉川で接続する田園都市線用ですが、だいぶ廃車されてます。元々両線共通用として大井町線でも使えるようになっていた編成が、大井町線用として走っています。

 

IMG_1288

9000系。元は大井町線では少数でしたが、例によって東横線から回されて数が増えていった頃ですね。

 

IMG_1282

急行用6000系。5両編成だった大井町線ですが溝の口延長で新設された急行は6両編成となり専用の6000系が使用されています。全駅のホームが延長されていないため完全に急行専用車で、各停に使われることはありません。設備的には各停用とそう変わらず、特等席的なものがある訳ではないですが。
それにしても各停用の先頭部は東急らしく(?)完全に切妻ですが、急行用6000系の先頭部は流線型に近くスピード感を感じさせますね。急行用としてのアピールもあるんでしょうか。

2005年の東横線(2)

前回に続いて2005年夏の東横線の様子から。

100_0026

8000系歌舞伎塗装!当時の東横線のシンボル的存在であった。

 

100_0027

みなとみらい線から乗り入れるY500系。東急の5050系とそっくりで兄弟のような車両だが、本家の5050系よりも先にデビューしている。

 

100_0028

東京メトロ日比谷線から乗り入れの03系。当時は思いもよらぬことだったが、2013年3月で日比谷線の乗り入れは中止されてしまった。

 

100_0031

同じく日比谷線乗り入れの東急1000系。こちらも乗り入れ中止とともに東横線からひっそり引退してしまった。

 

100_0032

8590系の各停元町・中華街行き。8000系のグループだが車体構造が変化したマイナーチェンジ車。長らく急行専用車の位置づけだったが、新しく特急が出来てからは種別に関係なく使われていた。

 

100_0041

たまたまやってきた、目黒線を行く東京メトロ03系の回送電車。5扉車です。

割とまとも(?)な中から選んだので数がそんなに多くないですが、まあこんなもんで。

2005年の東横線(1)

このところ写真を整理していたらまあ色々と出てきまして。当時のことなので撮り方はかなりめちゃくちゃなのですが、当時あった珍しいのとかも出てきましたしちょっと載せてみようかな。というわけで桜木町に続いて2005年夏頃に撮った東急の写真からです。今思えばまあ酷くて暗いのとかもだいぶありましたがとりあえずPCの力を借りて補正しちゃってます!(笑)場所は東横線多摩川駅にて。

100_0012

暗い上に前面影入りまくりですが、9000系9013Fの下り各停元町・中華街行き。「TOQ-BOX」号で車内広告が一社で統一されていて、トレードマーク的に車体がシャボン玉をあしらった模様でラッピングされていた。当時はさっぱり意識してなかったはずですが、今改めてよく見るとなんか機関車トーマスの絵が入っていますね。当時ちょうど運転されていた、きかんしゃトーマス60周年記念号だったようです。

 

100_0013

並行する目黒線を走る埼玉高速鉄道2000系と9013Fのトーマス列車。こうして見るとトーマスいっぱい貼りついてたんだなぁ。

 

100_0015

目黒線を走る3000系。これはまあ今も変わらないですね。

 

100_0016

東横線5050系の急行元町・中華街行き。今はすっかり主となった5050系だが当時はデビューから1年経った頃で、まだ数はそんなに多くなかった。

 

100_0040

目黒線を走る、都営三田線から乗り入れの6300系。目黒線は当時まだ武蔵小杉止まりだった。日吉まで伸びてから、もう5年経ったんですね。

 

100_0021

東横線8000系、東京メトロ南北線9000系(目黒線)。8000系のこの編成は当時デビュー時の外観が復刻され、前面についていた帯が剥がされ完全銀色の状態になっていた。数は減らしていたが当時はまだ8000系も現役だったな。