E233系

2006年に登場した、JRの首都圏通勤車両の最新型で、現在も量産が続けられている。2000年に登場した、ひと世代前のE231系をベースとしステンレス車体を採用、設備的にも同車に準じるが若干の変更が加えられている。E231系同様、それまであった通勤形と近郊形(中距離電車)の両タイプを持っており、近郊形では一部車両にクロスシート、グリーン車を組み込み、トイレも設置されている。
2006年に中央線快速・五日市線・青梅線用にオレンジ色の帯を巻いてデビューした。その後、京浜東北・根岸線(スカイブルー)、東海道本線・高崎線・宇都宮線(オレンジとグリーンのいわゆる湘南色)、常磐線各駅停車・地下鉄千代田線直通(エメラルドグリーン)、京葉線(ワインレッド)にそれぞれ投入され、活躍の幅を大きく広げている。中央線快速と京浜東北線は現在全ての車両がE233系に統一されているほか、常磐線各駅停車や京葉線でも大多数がこの車両となっている。
2013年6月からは埼京・川越線に投入開始、さらに今後は横浜線、南武線への投入が予定されており、勢力拡大は当面続きそうである。椅子の座り心地さえなんとかしてくれれば、結構いい車両と思うのだが。
※常磐線各駅停車のE233系の写真を追加しました。

 

IMG_4879

中央線快速のオレンジ色のE233系(八王子にて)

 

IMG_4418

E351系『スーパーあずさ』とのツーショット(新宿にて)

 

IMG_0210

京浜東北・根岸線用のE233系1000番台。同線は既存の209系を全て置き換え、全車両がE233系に統一されている。(大井町〜大森間にて)

 

IMG_0352

東海道本線のE233系3000番台。これを撮ったのは3年程前、当時はまだ数が少なく、よりによって失敗してしまった。そのうちちゃんとしたのを撮って来ようと思います。E233系では数少ない近郊タイプの車両で、グリーン車やトイレがついています。(熱海にて)

 

IMG_3493

常磐線各駅停車・地下鉄千代田線直通用のE233系2000番台(左)。東京メトロ千代田線の06系とのツーショットになってしまいました。でもメトロの06系もこの1本だけしかない車両ですから、06系と他車とのツーショットという写真も、ある意味貴重かもしれません(なんという言い訳だ…)。
(代々木上原にて)

 

IMG_4821

と思ってたら小田急線下北沢地下化の頃に、昼間の編成写真をたまたま撮っていたのが出てきました。E233系狙いでは全くなかったため撮ったことなど忘れていて整理してたら気づいたというパターンです。だめですねぇ!しかも「取手」行きというなんかあまり見られない行き先(朝夕時間帯しか行きませんからね)。

 

 

IMG_0937

京葉線のE233系5000番台。京葉線も短期間で大量に投入され、一気に主力車種になった。かつてはスカイブルーの103系や201系が活躍していたが、ステンレスの205系で帯色がワインレッドになりE233系にもそれが引き継がれ、現在スカイブルーの車両は同線では見られなくなった。(南船橋にて)

 

IMG_6643

2013年6月にデビューしたばかりの埼京・川越線用E233系7000番台。以前ここでも取り上げた、デビュー当日(6月30日)の写真からです。こちらも増殖のペースはかなり早いようで既に結構な数が置き換えられたようです。(新宿にて)