E531系

常磐線の中距離電車で活躍していた交直流電車415系グループを置き換える目的で平成17年に登場。水戸方面へ走る中距離電車に使用されるため先に登場したE231系の近郊タイプに合わせ片側4ドア、一部車両にトイレ、クロスシート、グリーン車付きとなっている(グリーン車は後に連結)。10両編成と5両編成があり連結して15両編成での運転が多い。
現在、茨城、福島県内完結の区間運転列車を除き、上野駅に乗り入れる中距離電車は全てこの車両で運転され、同じく交流/直流の切り替えが必要な水戸線にも乗り入れることがある。交流/直流両用という特殊性から、常磐線にのみ配備されている。最高速度130km/hでの運転が可能で、投入開始された平成17年から常磐線では特別快速の運転が開始されスピードアップを図っている。

 

100_0003

上野にやってきたE531系。デビュー間もない頃の写真でまだ本数が少なく、昼間は基本的に特別快速主体の運用だった。

100_0007

クハE531-1004。細かいが5両編成は1000番台に区分されている。

100_0011

折り返し、特別快速土浦行きになるE531系。

 

100_0008

というわけでコレに乗って、土浦までやってきました!いやー、速かった!

 

100_0019

交直流電車ということでパンタグラフ回りはそれらしい機器が載っていて、ちょっとごちゃごちゃしている。

 

IMG_8100

グリーン車が組み込まれた現在の姿(2013年撮影)。グリーン車はE231系近郊タイプと同様、2階建て車両が10両編成の4・5号車に連結されている。

 

IMG_8073

松戸で並ぶ常磐線快速用の車両同士。E231系(右)とE531系(左)、全く同じ線路を走る車両同士でありながら、仕様も走行出来る区間も違う。この路線の特異性を物語る。