5000系・223系5000番台

高松~岡山間を結ぶ予讃線・瀬戸大橋線(本四備讃線・宇野線)の快速『マリンライナー』用に、1988年の運行開始から使用されてきた213系の世代交代を目的として2003年から運行開始した。JR西日本で当時製造中だった223系をベースとし、JR四国が5000系、JR西日本が223系5000番台と名乗っているが、どちらもほぼ同一設計であり連結して運行されている。一世代前の213系は全車両がJR西日本所有であったが、この5000系の登場で『マリンライナー』に初めてJR四国所有の車両が加わることになった(但しJR四国の車両自体は、5000系登場以前から他車が特急・普通列車で瀬戸大橋線を走っている)。
両者とも外観・設備上の違いはほぼ皆無で、相互に連結することもあってか利用者にとって特に設備の違いを意識せずに利用できるようになっている。一般車で目立つ違いはJRマークくらいである。ただし、『マリンライナー』は主に3両+2両の連結5両編成で組まれ、5000系が高松寄り3両側、223系5000番台が岡山寄り2両側を担当しており、前任の213系では高松寄りにグリーン車・指定席車が連結されていたことから、5000系については高松寄り先頭車がグリーン車・指定席車とされている。213系ではすべて平屋建ての車両だったが、5000系では該当部分のみ2階建て車になっている。
基本的に『マリンライナー』専用車として位置づけられており、もっぱら高松~岡山間で運用されている。

 

IMG_8347

高松駅にて、手前側3両が5000系、奥2両が223系5000番台。高松寄り先頭車は2階建て車でユニークな外観。

 

IMG_4636

2階建て車のサイドビュー、「MARINE LINER」のロゴが特徴的。

 

IMG_8344

高松駅で2本並ぶ『マリンライナー』

 

IMG_4631

岡山側先頭車の223系5000番台。こちらはグリーン車ではなく乗車券だけで乗れる普通車。連結の都合上5000系の普通車は前面に出る機会がほとんどないが、外観は同一。