京王電鉄

東京西部の通勤路線であり高尾山や多摩動物公園など手軽な観光スポットへの足ともなっている私鉄。新宿と八王子を結ぶ京王線をメインとし、途中で分かれるいくつかの支線と、明大前で接続する井の頭線で構成される。
歴史的な経緯から井の頭線だけはレールの幅が異なり(京王線系列は1372mmなのに対し井の頭線はJRと同じ狭軌1067mm)、両者間の車両の融通は出来ない。車両は別のものが用意され、井の頭線は独自の系譜をたどってきた。それでも現在同線に走る1000系は京王線と同じ20m4扉となっており、ほぼ共通の仕様に近づいている。ただし3000系で導入された編成毎に塗り分けるレインボーカラーはすっかり井の頭線の色として定着、これは今も井の頭線車両だけの「特権」である。

しかし身近な路線なもので写真は既に京王線だけで相当数揃っていることに気づく・・・。ひょっとすると全編成集まってしまうのではという勢いである。そんな訳でそんなことしても仕方ないのではあるが、せっかくなので撮れた編成を片っ端から載せてみることにした。まあここまできたら、全編成制覇ですな。形式毎にさらにグループ毎に分け各編成を掲載するとしよう。

写真かタイトルをクリックすると該当の車両解説、写真集のページに飛びます。

9701Fデビュー2-2

9000系