8800形

1986年に登場、8000形をベースに発展させたような車両で、96両が投入され新京成では最大勢力となっている。
外観や車内設備としては8000形をベースに、前面を変更したり側面窓を当時主流の一枚窓に変更したりという程度だが、足回りでは制御装置にVVVFインバータ制御を当初から本格的に採用している点が先進的であった。1986年当時、VVVF制御はまだ初期の頃で価格も高く、試験や試作車製造は盛んになっていたが量産車に本格採用された例は少ない。ほぼ同時期に登場した量産型のVVVF車両としては東急9000系や、近鉄3200系がある。本家の京成電鉄が1988年に3200形を改造して試験を実施し、1990年にAE100形(2代目スカイライナー)が初の量産車になったことからしても、かなり先を行っている。
登場から年数が経過して近年はリニューアルが施され、自動放送装置やLED式の案内表示装置、ドアの交換などが実施されている。また当初は8両編成12本の組成だったが、京成千葉線乗り入れ以降6両編成への組み替えが進められ、現在は6両編成16本に組成されている。ただし全編成が乗り入れ出来る訳ではない。帯の色も違っていて乗り入れ可能な車両は新京成マルーンでN800形に準じたデザインだが、そうでない車両は従来からの単なる茶色一本の帯となっている。今も全車両が活躍し、最大勢力ということで新京成に乗れば高確率でこの車両に当たる。

 

IMG_8233

京成3500形と並ぶ8900形(右)こちらは従来からの塗装で京成千葉線乗り入れに対応していない編成。
京成津田沼にて

 

IMG_8239

京成千葉線乗り入れ対応編成。帯がN800に似た新京成マルーンに変更されている。北習志野にて