N800形

2005年に登場した、現時点で最新の車両である。従来の車両はオリジナルの設計を持った車両が投入されてきたが、本形式では同時期に製造が進んでいた京成3000形とほぼ共通の設計になっている。また8800形、8900形は8両編成で投入されたが、本形式では当初から6両編成で投入されている。
配色も従来とは大きく異なり、前世代の8900形で採用されたレッド、ブルーの2色の帯ではなくかつての800形を連想させる新京成マルーンが採用された。
経年が進み老朽化の進んだ800形や8000形の初期の編成の置き換え用として投入、2014年現在、6両編成3本18両が在籍する。

 

IMG_8230

京成津田沼駅に進入するN821編成。

 

 

IMG_4388

京成の3000形と並ぶ(左)。帯の色が違うくらいで外観はそっくり。

 

IMG_8260

N811編成、松戸行き。北習志野にて

 

IMG_8265

現時点では最新のN831編成、千葉中央行き。北習志野にて

 

IMG_4393

松戸で折り返しを待つN811編成。