タイトル画像_南海ラピート

京都、山崎を巡る旅(3)

2018/6/17 旅行記

(注)2018年6月に訪問しました。

二日目は淀屋橋からまず京阪電車で伏見稲荷へ。そのあとは京都観光で、各自行きたい場所を取り入れながら適宜回った。
京阪特急に乗るのも久しぶりだ。


201806_淀屋橋_京阪特急
201806_淀屋橋_京阪特急2


気持ちの良い特急車のシートでついうたた寝してしまう。前日割としっかり寝ただろうに。


伏見稲荷駅には特急が止まらないので、手前の丹波橋駅で接続する各駅停車に乗り換えである。寝過ごさないようにね〜(笑)


というわけで伏見稲荷駅に到着、駅構内からすでに稲荷神社の装飾だ。通常の日曜日でも結構な人出でした。年明けの初詣も大変な賑わいなのでしょうね。大晦日は京阪電車もしっかり終夜運転で頑張ってくれます。


201806_伏見稲荷駅
201806_伏見稲荷駅2
201806_伏見稲荷駅3



駅を出て踏切を渡り参道を歩いていくが、駅を出たところからもうすごい人で危険な感じだった。天気も良かったしスポットとしても人気が高いのだろうか。ついでにこの日は、京都競馬場で競馬開催だったらしく京阪電車も臨時ダイヤで、踏切がなかなか開かないというオマケ付きでした。(笑)


201806_伏見稲荷参道



神社に向けて少し歩くと、JR奈良線を踏切で渡る。ちょうど近くに稲荷駅がありJR側の伏見稲荷最寄駅となっている。奈良線を走る103系、ウグイス色に警戒帯の入った独特のスタイルは西日本ならではだ。しかしこの光景も新旧交代で貴重なものとなりつつある。そして、その置き換えのためにやってきたのが阪和線で活躍を終えたスカイブルーの205系。関西の205系はもともと数が少なく、行き先が自ずと限られそうな感じはしたものの、なんだか妙な感じだ。


201806_奈良線103系



というわけで伏見稲荷大社へ。観光客や修学旅行生でいっぱいだ。我々もすっかり修学旅行気分に戻っている(笑)


201806_伏見稲荷参道2
201806_伏見稲荷
201806_伏見稲荷_千本鳥居


テレビでもよく見られる千本鳥居もくぐる。真面目に鳥居のトンネルで見応え十分だ。


晴れやかに終えて神社を後にする。

京都、山崎を巡る旅(4)に続きます。



関連記事

京都、山崎を巡る旅(1)
京都、山崎を巡る旅(2)
京都、山崎を巡る旅(4)

TOPに戻る