タイトル画像_南海ラピート

185系の特急

2021/3/14 アーカイブ

今年春のダイヤ改正前日となる2021年3月12日、185系が特急『踊り子』の運用を終了し、定期列車としては運用終了となりました。

185系については主力で使われた『踊り子』も含め、実は乗ったことはほとんどなく写真も少ないですが、アーカイブ第1回目として、手持ちの過去の写真からピックアップしてみます。




201109_185系踊り子

伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れた185系『踊り子』修善寺にて(2011年9月)



201109_185系_伊豆箱根鉄道の車両とともに

伊豆箱根鉄道の車両と並ぶ(2011年9月)




201808_185系はまかいじ

201808_185系はまかいじ2

横浜駅始発で、横浜線を走って八王子から中央本線に入り、松本までを結んだ特急『はまかいじ』。土休日運転の臨時特急で1994年から2019年1月まで運転され、185系200番台が使用されていました。

2018年8月のこと、この時はちょうど八王子から特急『あずさ』に乗って長野への旅に出るところで、ホームに降りたところで偶然遭遇したものですね。

臨時とはいえ、横浜線を走る唯一の特急列車でありました。興味本位でも一度くらい、乗ってみれば良かったなと思いますが結局乗らずに終わってしまいました。




201808_185系方向幕があかぎ

特急『あかぎ』高崎行き…に見えますが、これは上と同じく八王子で撮った『はまかいじ』でして、方向幕がなぜかここだけ違っていたのでしょう。(笑)

『はまかいじ』に使用された185系200番台は、もともと高崎線方面で運行されていた165系の急行を置き換えるために投入されたもので、この『あかぎ』など、群馬方面の各地へ向かう特急(当初は急行)で使用されてきました。

185系と言えばまず『踊り子』が連想されますが、高崎線方面の沿線の方なら『あかぎ』、『草津』、『谷川』といった列車が思い浮かぶところでしょうか。筆者も幼少期はそちらの方に住んでいたため、乗ることはなかったもののそれらの列車で見かける機会は多く、185系といえばそちらの方が、馴染みのある列車でありました。

185系200番台、高崎線系統の定期運用は『踊り子』より早く、2016年3月のダイヤ改正で撤退しました。ですので、この写真の頃には既に185系の『あかぎ』は運行されていません。過去の栄華を伝えたいと訴えてくるかのような感じでしょうか。(笑)

あれからもう5年も経つのですね。早いものです。



関連記事


TOPに戻る