タイトル画像_南海ラピート

近鉄12200系定期運用終了関連

2021/3/5 TOPICS

近鉄では今年2021年2月12日に特急車両12200系が定期列車としての運用を終了した。3月からは引退を記念しての、記念乗車券・記念グッズの販売が行われるほか、5月15日(土)には青山町車庫にて記念の撮影会ツアーが開催予定である。

12200系は1969年に登場、半世紀にわたり近鉄特急の中心的存在として活躍してきた。車両数も168両と特急車両では最多、通勤車両を含めた近鉄の車両全体でも多い部類である。汎用的な特急車両として、南大阪線を除く標準軌の各線で運用されてきた。
筆者、関東在住なもので近鉄はたまに旅行(伊勢旅行中心)で乗る程度でありあまり思い出を語れるほどでもないが(笑)、ちょっと前の世代の近鉄特急の代表格といえば『ビスタカー』、あるいは名阪特急の『アーバンライナー』といった面々がやはり思い浮かぶ。それらも確かに看板的な存在であるが、運行区間も限られていたり(アーバンライナーは基本名阪特急)、数的にはそれほど多くない存在ではあり、どちらかというと限定的な存在ではないかと思う。それだから看板たり得るとも言えるのだが。12200系は12000系スナックカーを発展させた形でスナックコーナーも設けられた特急車として登場するが、後にスナックコーナーも客席化されるなどして、車両の製造数や運用範囲とも相俟ってひたすら汎用の特急車両という役目に徹していたような印象がある。しかし、名阪や対伊勢輸送に限らずほぼ全路線に特急のネットワークを持つ近鉄特急、その特急網を支える存在として活躍してきた12200系も重要な功労車と言えるのではないだろうか。
後に続く存在として『サニーカー』と称される12400系、12410系、12600系といった系列も登場し、平成に入って22000系ACEが登場するまで一大勢力を築いた。

ちなみに余談であるが、筆者は12200系と12400系以降の違いがなかなかわからずにいた…。前面の塗装塗り分けのパターンからして違うわけだが、どちらが青基調でどちらがオレンジ基調か、よくごっちゃになっただろうか(笑)。子供の頃、特急電車の本で近鉄の特急がオレンジに青の電車ばかりなのを見て、「ビスタカーと何が違うんだろか」なんて思ってた記憶もありますかね(笑)。それは多分ビスタカーを最初に見て以降、「オレンジ色の特急がビスタカーだ」と勝手に思い込んだためですが。ビスタとは「眺望」を意味するということで、2階建て車両が連結されているのを「ビスタカー」と呼ぶ訳だが(ガキの頃はまあ、そんなことはわかりませんです)。先ほど『アーバンライナー』や『ビスタカー』を連想と書いたのもこの頃からの記憶による。この二つの特急は名前もあって特徴的なのに、12200系とかの特急は「ビスタカーに似てるけどなんだろう?」とか「特急としか書いてないけどなんていう列車なの?」みたいに思っていた。近鉄は、特急の車両に愛称はついているが、小田急の『はこね』、『あしがら』みたいな列車名にあたるものが基本的になく、車両の種別表示にも基本的に「特急」としか書いていない。あと、関東では基本的に車両と列車が対の関係になってることがほとんどであり、どの特急にも使える汎用の車両という発想もあまりないだろう。

そのあたりのこともなぜかと思えば、やはり各線に特急が走るほどの路線網を持っているからということになるだろう。関東の私鉄とそこを走る特急は、やはり事情が違う。東京都心を中心に路線が放射状に伸びているので、必然的に東京対郊外のネットワークに絞られるからだ。
関東私鉄の中でも、東武が路線延長の長さで近鉄に次ぐ第二位と規模は大きいが、それでも東京対郊外が基調であることは変わらず、特急が走るのは基本的に幹線クラス(伊勢崎線・日光線)に決まっている。近年500系『リバティ』が登場して、これが汎用特急的な位置付けに思えるが、伊勢崎線や日光線以外では一部が野田線に乗り入れたり、会津方面に行ったりする程度である。350系使用の、浅草〜東武宇都宮間の特急『しもつけ』は利用も少なかったか、ついに廃止となってしまった(筆者、一度も乗らずにおわってしまいました、涙)。

対して近鉄の場合、大阪と名古屋という地方の違う二大都市(近畿地方と中部地方ですね)を結び、その間で伊勢や奈良、京都といった各拠点に向けて分かれている。路線網自体が広大かつ、拠点も大阪が最大にはなるものの、ある程度距離の離れた地域に分散していて、東京のように一極集中にはなっていないと言える。やはり、そんな形のネットワークが各線に特急の需要を生んでいると言えるのではないだろうか。近鉄の路線網の広さを改めて感じる。やはり12200系は、それだけの路線網を支えてきた特急車という訳である。



関連記事

新快速50周年
185系『踊り子』定期運用終了
3月13日ダイヤ改正
東武鉄道 ソーシャルディスタンス確保で隣席特急券の特例購入可能に
東武東上線 みなみ寄居駅本設置化 全46駅記念乗車券も発売

TOPに戻る